FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
クリエーターの表現の幅と目的とに、ユーザーが物申すの?
 ん、釣られてみることにした。

 曲芸商法の一つとして、東鳩2やリトバスEXのパターン、すなわち「人気の出た全年齢向けゲームを、あえて18禁として売る」というのがあると言われていますが…これ、自分としては全然抵抗がないです。や、「18禁だと買えないじゃん!」という18歳未満の人たちの不満はわかりますけどね。

 そういった話題からよく再燃するのが、「エロゲにおけるエロ不要論」なわけですが…まあ、色んな考えがあるから、どんな意見が出てもいーとは思うんだけどさ、それこそ色んな意見はいつまででも出てくるだろうから、「結論」は出ないよなぁ、これ。あくまで「自分にとって正しいと思う道」が決まるだけであって、それを以て世の中全てに納得させるのなんて無理だろうし。「オレはエロゲにエロは不要だと思う!」という人と「オレは(略)必要だと思う!」という人とが、ある程度の割合で両方いることにしかならんでしょ。そして、そのどっちが間違っている、ってことにはならなくて、「エロゲにエロを求めない人」「エロゲにエロを必要とする人」の両方がいる、ってだけのことにしかならないと思うんだけどなぁ…。

 …追記部分に入る前からこんなにエロエロと連呼したら、ウチのブログも「アダルトサイト」に認定されてしまうんだろうかと思いつつ…もうちょっと続けます。(^^;
 
~~~

 まあ、むしろこっからが本題、なわけですが。

 それでもまだ、「エロゲにエロは不要」と連呼したい人、もいらっしゃるようです。だけど、それってどうなのよと。

 作り手がイヤイヤ入れてるとか、不要だと思いながらも何らかの都合で入れざるを得なくて入れている、それがエロゲのエロだとでも?

 全部が全部そうだとは言わないけれども、「エロを表現の対象として捉え、まさしく『それを表現したいから』という理由で入れている」というケースだって、十分にあるとは思いませんかね?少なくとも、KEYの麻枝さんはそんなことを言われていた覚えがあるんですけどね、ちょっとソースを辿れなくて申し訳ないんだけれど、確か智代アフター(18禁版)を出される前後に。どうだったかな、全年齢向けのゲームもいいけれど、やっぱり性的な表現でしかできないことがあって、たまにはそっち方面にも力をぶつけてみたくなる、というような、そんな文脈じゃなかったかと記憶しているんですが(曖昧な記憶なので鵜呑みにしないでくださいね)。

 エロゲに限らず、色々な分野でこの手の「エロ不要論」は昔からあります。私が見聞きしたわずかな範囲でも、SF小説分野で平井和正氏の狼男(ウルフガイ)シリーズとか、マンガでは池上遼一氏のクライングフリーマンとか。全て共通する論調は、大体こんな感じです。

その手のシーン抜きでも十分に面白い作品なのに、何故、あえて、不要と思われるいやらしいシーンを入れるのでしょうか?


 うん、まあ、そのように言う人自身が、エロが好きではないことはよぉくわかりますよ。だけど、「不要」ってぇのはどうなんだろうね?その作品を生み出したクリエーターが、表現の手段・目的・対象として選んだその素材を、「不要」呼ばわりでしょ?そりゃ、その作者さんが、気を悪くしかねない発言だと思うんですが、どうですか?

 年齢制限なども絡む「エロ」というものだからどうしても特殊に扱われがちですけれど、例えば、こういう言い方を作品に対してするのと、本質的に何ら変わるところがないと思うんですけどね。

その手のシーン抜きでも十分に面白い作品なのに、何故、あえて、不要と思われる青春を描くシーンを入れるのでしょうか?(アニメ版「時をかける少女」に対して)

その手のシーン抜きでも十分に面白い作品なのに、何故、あえて、不要と思われる戦いのシーンを入れるのでしょうか?(映画「プラトーン」に対して)

その手の曲抜きでも十分に良いアルバムなのに、何故、あえて、不要と思われる恋のマイアヒを入れるのでしょうか?(アルバム「DRAGOSTEA DIN TEI」に対して)


 ホンネを言っちゃえば、どれもこれも大きなお世話とちゃうんかと(笑)。いや、いいんですよ?「時かけ」の青春を描くシーンが嫌いな人はいたっていいし、戦争映画に対してさえ戦いのシーンを描くことを拒む人だっていていいですよ。だけど、自分が嫌いだからってそれが「不要と思われる」はないんじゃないかと。何で自分の「好き嫌い」を勝手に普遍化して語ってるんだ(笑)。

~~~

 まあ、さ。みんな安心したいから、どうしても「みんなも自分と同じことを思っているはず」という風に持っていきたいわけですよ。でも、その思いを作者さん達に、そういう形でぶつけちゃいかんです。言っていいのは、「私はこれこれの部分が好きになれませんでした」でしょ、あくまでも。「私」の感想として言おうよ、自信を持って。

 ちなみに、私自身は、例えばKanonに対して性的な表現は求めていないクチです(笑)。かと言って、別に18禁版を毛嫌いするようなこともなく、あくまでもニュートラル。だって、全年齢版にしたって「あからさまな描写」が出ていないだけで、どう見たって同じ部屋の同じベッドで一夜を明かしているでしょ、祐一と名雪さん。あからさまな描写さえなければいいんだ、という人は全年齢版OK・18禁版NGなんでしょうが、もっと潔癖な人だったら全年齢版ですらNGになっちゃうでしょ。人によってバラバラですよ、その辺の線引きは。

 エロゲはその名前からして「エロを含むゲーム」なわけですよ。不要とか何とかじゃなくて、そういう要素を含むものとして割と初めから企画・制作・販売されているわけ。そこには販促上の都合だって絡んでいるだろうけど、「クリエーター自身がそれを表現の一つとして位置づけている」ことだって否定しきれないわけですよ。「エロがなければもっと売れるのに」と1ユーザーが思うのは勝手ですけれど、そういう風に経営的に判断されなかったから、もしくは表現としてエロ自体を求めたから、結果としてエロを含む形で出されているのです。本当に誰の目にも明らかなほどエロが不要であれば、不満もガンガン出るだろうし売り上げもアレになるだろうから、次第に淘汰されていくはずでしょうが…少なくとも現状はそうなっていません。それはもう「ある程度以上の決して少なくない人間がそれを是として受け入れている」ということにしかならないんじゃないかしら?

 以上、決して「エロ万歳!」と叫びたいのとは違うんです…ただ、「不要論」というのはちょっとナニであるなぁと、言いたいのはそういうことです。まあ、エロが是であろうと非であろうと、名雪さんにかけるオレの思いはちっとも揺るがないぜ!!(なんだそりゃ
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 iPadのShift JISテキスト文字化けが。 (2013/11/26)
 久しぶりに、名雪さんのハナシ。 (2010/12/11)
 出口なし (2006/11/15)
 「見ない」「聞かない」という選択肢 (2008/11/25)
 「異化して安心」には賛同できない。 (2015/02/07)
 どこまで買う?Blu-ray (2008/05/18)
 リーディングスキルとか、色々。 (2018/05/29)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/2283-c9103ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック