FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
劇場版 仮面ライダー電王+α「クライマックス刑事」
 実は、封切りの日に見に行きました。で、「今この体調で『レビューを書かなきゃ』と思ったらカラダに悪そう」という理由のみで何も書かずにいたわけですが(爆)。楽しく見て参りましたよ、ええ。記事タイトルにした通り「キバいらないんじゃ?」とは思いましたが(^^;;;、それはそれ。色々とオトナ的な都合もあって「キバ」も対等にタイトル上はフィーチャーされてますが、内容的には完全に「電王の映画」でした。キバはゲストであり、電王以後のライダーもよろしく!という、デネブ的な意思の発露と見るのが正解でしょう。

 ともあれ。

 電王好きをいい感じに楽しませてくれる、肩の凝らないエンターテイメント映画だったと思います。多くのファンのアンコールの声に応えての、銀幕への再登場!という感じがあちこちから香る気がして、特に最後のスタッフロールでは役者さんの一カット毎にズシンと来るものが…。

 電王に登場する各キャラクターに思い入れの強い方は、見に行って損無しでしょう。「これで終わりなんて!アンコール!アンコール!」と再度声を上げるのも良いかもしれません。作り手と受け手の幸せな関係は、次なる「史上初」を生むかも知れませんから…。
 
~~~

 さて。二つの側面から簡単に、私が今覚えている範囲で内容について触れてみましょう。

 まず、ストーリー的な部分についてですが、これはもう最初から「番外編」という意識で見に行った方が絶対に良いです。間違っても、TV版ラストからリニアに繋がっている部分はどこかとか、今回の劇場版の状況に至った経緯はどうかとか、そういうことを真剣に考えてはいけません。

 例えば、今パッと思いつくだけでも、こんな大きな問題があります。

・TV最終回で良太郎と爽やかなお別れをしたデンライナーが
 どういう経緯で良太郎の元に戻ってきて、あまつさえどうして
 「デンライナー署」なんつーものを当たり前のようにやっているのか。

・自分に対する人々の記憶を消費しないと変身できない
 ゼロノスなのに、当然のように変身しているのは何故か。

 この辺は、TVシリーズでは電王全体のストーリーに大きく絡む「根幹」部分の設定なので、そことの整合性がどうしても気になる!という人は、この映画に不向きかも知れません。恐らく、そういう部分の整合性を保とうという観点では、この映画は作られていないのだと思います。だから、やっぱり「番外編」という位置付けが適格だと思うのですね。

 でも、もう一つの側面、「電王らしさ」という点から見ると、これがもう憎らしいほどに見事に電王らしく仕上がっていて、ファンならもうたまんない出来だと思います。主要キャラの用い方が、もうイチイチびったりとはまるはまる。イマジン達のそれぞれに「らしい見せ場」が用意されていて、最初はある種の懐かしさを持って見ていたはずが、気が付けば「楽しかったあの頃」にタイムスリップ状態ですよ?演技力、脚本力などを初めとして、スタッフ一丸となってこの映画に取り組んだ結果なんだろうなぁと自然に思えます。

 TVシリーズでは無かった侑斗へのウラタロス憑依が、ホントに憑依したとしか思えないくらい見事だったり、渡に憑依したモモタロスの演技がなかなか健闘していたり。また、最初はどう考えても「余計なゲスト」としか見えなかったダメ刑事=鈴木くんが、実はTVシリーズの各回における「契約者」の立ち位置を持っていて、最後はしっかりと「電王らしいホロッと来るシーン」を演じて見せてくれたり。そういう、「こちらの予想をいい意味で裏切るポイント」もいくつもあって、飽きることなく楽しめました。つーか、鈴木君のアレは…よく考えたら、去年の劇場版における良太郎のアレと実は関連してないか?やってくれるじゃないか!

 いい具合に「楽しかった過去」となりかけていた電王の記憶を、また起こされてしまった感じがしますね。できれば毎年、こういう電王の「番外編」をやってもらえないかなぁ。劇場版は無理でも、ルパンみたいに定期的に長編が作られる、というのでどうでしょう?歴代平成ライダーたちと夢の共演!とかも楽しそうですよねぇ。まだまだ、クライマックスは終わらないんじゃないか?という願いを、ほのかに温めつつ、今のところは最後とされる彼らの活躍に、喝采を送りたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 ダリフラ 第4話「フラップ・フラップ」 (2018/02/09)
 仮面ライダー電王 最終話「クライマックスは続くよどこまでも」 (2008/01/23)
 むぅ…まさかそんなことが… (2011/01/24)
 氷菓のBlu-ray BOXが発売されるらしい。 (2014/11/08)
 9回目のけいおん! (2012/02/01)
 CLANNAD、映画化? (2006/03/24)
 「破」が届かないので「序」を鑑賞。 (2010/05/27)
コメント
この記事へのコメント
ホント、楽しかったですね
私も堪能させていただきました。

でも、見事なくらいにTV時代のセットは一つも使われていませんでしたね。
(っていうか、もうないんですよね)

それであっても、また続き作ってくれないかなー、と淡い期待を抱かずにはいられないのですが。

p.s.久々に感想書いたのでTB遅らせていただきますね。
2008/04/17(木) 20:46:22 | URL | かれん #-[ 編集]
楽しみました
>かれんさん

見ていらしたんですね。素早い!

>(っていうか、もうないんですよね)

撮影が終わってすぐに、デンライナー車内を初めとするセットは壊してしまった、と聴いていたので、興味津々で見に行きましたら…なるほど!ですよね。「デンライナー車内を出せないこと」を、「デンライナー署に改造してしまった」という形に絡めて語ってくるとはね。

続きは…まあ、普通に難しいのでしょうが、絶対にムリとまでは言えないと思います。響鬼の関連でも、ちょっと色々と考えているところですよ。次回更新…おっとっと、これぐらいにしておきます。

TB、ありがとうございました。そちらは、今はTB受付はされてないのですね。いただいてすぐに楽しく読ませていただいたのですが、その証としてのTBが送れず、コメントレスも遅くなってしまったことをとても申し訳なく思っておりました。すみません。
2008/04/21(月) 22:43:27 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/2008-b35f58d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ついに公開されました! 仮面ライダー電王の新作劇場版。 でも、地元も、隣町の映画...
2008/04/17(木) 20:47:44 | Passing Pictures 3rd
コハナが強すぎる…。 時の警察列車デンライナー 時を越える犯罪者、イマジンが起こす事件を徹底的にクライマックスで解決する刑事たち。 ...
2008/05/03(土) 00:24:54 | 『真・南海大決戦』
29日祭日。2度目でもまっっっったく飽きることもなく。あ~おもしろかった。あらた
2008/05/06(火) 22:23:39 | 好きなもの