Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
CLANNAD 第18回「逆転の秘策」
 うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!


 このオレに一体どうしろと!「CLANNADのキャラの中で誰が一番好きか?」と問われたらコンマ一秒で迷いもせず「杏!」と叫ぶであろう私に、一体どうしろと!「ま、わかってたけどね…」と言わせておいて、その後の妹の言葉で為す術もなく崩れ落ちるような彼女を見て、一体私にどうしろと!どうしろと言うんだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!


 終了だ。もうこの先、一文字足りとも書ける気がしない。…いや、今日飲み会だったからヘベレケでどうにもならないとか、そういう理由じゃなくて、もうね、もうね、もうもうもう…。

 「名雪さんが愛の告白に来てるぞ?!」

 マヂかよう!うっひょおおおおおお!!←死んでいいと思います
 
 杏シナリオは再現されないんじゃないか、てゆーか、普通に無理でしょ。とか言っていた仲良しのかみやんのブログに行っては、こんなことを私は言っていました(第2回放映直後)。

>(杏シナリオを)むしろ切っちゃっても文句は特にないかなぁ・・・。

だぁぁぁぁぁぁ!!

わかっちゃいねぇ!わかっちゃいねぇよ!CLANNADから杏シナリオ取ったら、アフターでのあの保母さんのシーンでナンも悶絶せんだろうが!!


 いやね。そりゃわかってましたよ。「本筋」を描こうとすれば、智代のシナリオも杏のシナリオも、完全に描くことはままならぬ、と。だから、文字通りそのまんまの「杏シナリオ」が描かれるとは、私は思っていなかったわけで、でも、何らかの形で「あのシナリオの悶絶具合」を盛り込んでくるだろうと、そういう確信はあったんですよね。京アニはそういう会社だと、思っていましたから。絶対にあゆシナリオとは相容れないはずの名雪シナリオを、ああいう形で結実させた京アニの技は、CLANNADにおいてもオレを殺しにかかるだろうと、そういう確信があって。

 それを事前に覚悟した上で。加えて、既に18回を体験した各所のブロガー様の記事を、ほとんど内容は読まないまでも、「なんとなく香る」レベルでわかってしまって。そうして、更に覚悟を深くした上で臨んだ第18回が

 このレベルですか!!


 死ぬ!これは死ぬ!元の杏シナリオを、遥かに上回る殺人的なシナリオじゃねぇっすか!!つーか、むしろ…いやいっそ、殺してくだーたい!


 何という悶絶。


 何という切なさ爆発。


 うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!杏ううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!


 オレ的には、ここまで「杏シナリオの切なさ」を、違った角度で再現してもらって、心底満足なんですよ!いや!でもこれはない!いやアリだ!でもこれではあんまり!いやむしろこうでなきゃ!いやいやこれじゃあまりにやりきれない!!いやいやいや!!!(以下無限ループ)


【涙の跡に】
 言い争いをする両親の横で、行儀よく座る坂上姉弟。その二人の前に、綺麗に用意された、紅茶のカップ。だけど、決してこぼれてはいけないはずの、紅茶の湯滴が、皿にぽつり、ぽつりと…。

 本来ならば、こぼしてはいけないもの。人目に触れては、いけないもの。そういう、暗示です、これは。

 家族が不仲であることは、本来ならば子どもたちに見せてはいけないことなんですよ。そりゃ、事情は色々とあるでしょう。間違って家族を形成してしまったケースもあるでしょうし、元はまともな家族だったけれど途中からそれが変質してしまったケースもあることとは思います。だけど、もしそれがどうしようもないことなのだとしても、それを、子どもに見せては、いけない。

 取り繕うことが善だとは思いません。ですが、「不仲を目の当たりにして育つ子どもたち」のことを考えると、その影響はいかばかりかと。たとえ大人の不仲が避けようのないものなのだとしても、せめて子どもたちが健やかに育つまでは、それは見せてはいけないものなんだと思うのです。それが、自らの責任で一緒になった親の責任。大人の責任です。人により、異論も色々あろうとは思いますが、子どもの視点を最優先にするならば、そういう答えしか私には見当たりません。

 でも。そういう冷静な考えは別にして、ヒートアップしてしまう言い争いも、やっぱり世の中にはあるのです。我が家だって、小さな言い合いはありますが、それが子どもたちに見せるべきでないことは、二人ともわかっているのです。だけど、その言い争いは、どうしても起こってしまいます。些細なこと、重要なこと、そういう重みの違いにに拘わらず、いつでも。当事者にもどうすることもできずに。

 家族の理想形、というものは、あるのでしょう。唯一無二のものはないでしょうが、それぞれに思い描く「それぞれの理想」はあると思います。だけど、必ずそこにたどり着けるかどうかは、当事者の願いがどんなに強くても確定できません。思いもしない方向に進んでしまったり、恐れている方向に行ってしまったり。それが、人生というものです。

~~~

 治療を受ける息子の横で、行儀よく座る坂上一家。その彼らが身につける、綺麗な余所行き風の、衣服の数々。だけど、決してこぼれてはいけないはずの、涙の滴が、その膝にぽつり、ぽつりと…。

 本来ならば、こぼしてはいけないもの。人目に触れては、いけないもの。そういう、暗示です、これは。先の「紅茶」と同様に。

 「罰」なのか。「報い」なのか。それとも、単に、「因果ではなくたまたま起こった出来事」に過ぎないのか…いやいや、そう思えるわけはありません。笑った顔を見せることがなかった息子。彼に対して家族としてしてあげられなかったことが、こういう形で帰ってきたんじゃないか?子どもに対して見せてあげなきゃいけないはずの「幸せな家族」を、見せてあげられなかった報いがこうして、「見たくはなかった不幸」になって帰ってきているんじゃないか?…そんな思考に陥る人を、誰も責めることはできないでしょう。

 紅茶の跡が、何かを残す。それは、幸せな結末ではないかもしれない。涙の跡が、何かを残す。それは、次へ進む道しるべになるかもしれない。いずれも、「可能性」を秘めた滴です。こぼれた以上は、もう元には戻らないけれど、必ずそれが何かに影響する、そういう意味を持って…。それは、ある種の「逆転」です。そのように流れることは無かったであろうものが、最後の最後の一手でひっくり返って、違った道を進み始める、という。

 これまでCLANNADで示されてきたような、「見えなくなることで見えてくるもの」ではなく、「見えるようになってしまった以上は、必ず何かを残す」というモチーフが、今回はあちこちに見えていたように思います。こぼれた紅茶とこぼれた涙は、ちょうど中間部にこうして表現されることで、今話全体に一本の筋を通していたように思えるんですね。

 最後の、涙なくしては見られない「藤林姉妹の姿」にも、こぼれてはいけないものとその影響が香っていました。


【ビルは、人ごみの向こうに】
 智代の活躍シーンにも拘わらず投入された挿入歌は、杏のテーマソングをアレンジした名曲「オーバー」でした。アレンジ曲集「ソララド」の中で、私が最も惚れ込んだ曲が、こんな形で、こんな…。


 どはあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!


 咀嚼しすぎっす!やりすぎっす!本来は「イメージソング」だったはずのものに、二重の意味を仕込んで投入してくるこのやり方!…いや、確かに今回が初めてなわけじゃないから、いい加減学習しろよ、と言われると辛いんだが…ここまでやるなんて、想定外もいいとこだろ!!


「坂上さん、大丈夫でしょうか…」


 いや!ここで心配すべきは智代でも椋でもなくて、杏のことなんですよ渚さん!!だって!だって!だって!だっt

~~~

 ことみ。朋也の幼馴染であり、「朋也くんのことが好きだったの」と自分の口で伝えることができた少女。彼女には、朋也のおかげで広がっていく世界の美しさがある。

 智代。わかりやすい積極的な行動で朋也にアプローチを続ける、一つ年下の少女。彼女には恋愛感情とは別に、成し遂げたいと思っている目標が、進むべき道が見えている。

 椋。姉の杏の計らいで、自分が秘める思いを間接的に朋也に伝えることができている、控え目な少女。アニメ本編では描かれていないが、彼女には彼女なりの、芯の強さが実はある。

 …杏は?杏は一体、どうやって、自分の思いを朋也に伝えているの?


 彼女だけは、伝えてないんですよ。


 どんな行動もすべて椋を先に立てて。自分が真っ先に前に出ることは決してしないで。朋也にアピールする時はいつも、「椋が」「椋に」「椋を」……そのおかげで、椋の思いは朴念仁の朋也にも、さすがに伝わっていましたよ。だけど、杏自身の思いは。余った挙句に「スクーターで追突」してしまうほどの強い思いは。伝えなくていいの、秘めたままでいいの。

 それで、椋が幸せになれるなら。

 その一心で、永久に自分の本心を中に沈める決意をした少女。それが、藤林杏なんですよ。椋が幸せになれるなら、自分自身は幸せになれなくてもいい。辛くても、厳しくても、そっちの方が…。

 何という泣かせる選択ですか。これだから、私は、杏が好きなんです。ゲームシナリオ中では椋と朋也がくっついた後、色々あって「自分の気持ちに嘘がつけなくなる」という展開を見せる彼女ですが、それを責める気には自分はなれません。そこまで強い自分の思いを、とにかく押し込めようというその動機と行動自体が、どうしようもなく私を悶えさせます。

~~~

 お昼付き合ってよね。椋があんたのことを好きだから。

 お弁当作ってきたわよ。椋があんたのことを好きだから。

 杏の行動は、全て「椋の好意」に結びつける形でしか説明されません。結果、朋也の目に映るのは「椋の好意」だけです。「杏の好意」が微かに見えるのは、「椋の好意」の向こう側、なんですよね…。

 ビルは、人ごみのオーバー(向こう側)。

 目の前には人ごみしか見えず。注意を凝らして、その向こう側にあるものを見ようとしなければ、ビルは見えません。見ようとしなければ見えないところに、しかし間違いなくあるもの。そんな、人ごみの向こうのビルのような思いを抱える杏ですが、やはり朋也と渚の絆の前には敗北します。

 そのためには自分の気持ちなど見せなくてもよい、とさえ思っていた、椋の願いは叶わず。

 そのとき同時に、自分の思いも永久に叶わないことを理解して。


 私たちの恋は、終ったわ。(We are Over.)


 その涙が!!自らの思いを直接伝えることさえなく、終ってしまった恋の悲しさに、どうしようもなく流れてしまう涙が!!最後までこぼしてはいけないはずなのに、ついこぼれてしまった涙が!!バックで「二重の意味」を響かせながら鳴る「オーバー」が!!そんな犠牲の杏に「ごめんね」を伝えた椋の涙が!!


 ぬはああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!


 なんでここで泣いてるんだオレ!原作の杏シナリオじゃ泣かなかったぞ!!悶えてねじれて、すんごく好きだった杏シナリオだけど、原作プレイ時には泣いてないんだよオレは!!なのに、何でここでゲル泣きしてるんだオレは!!反則すぎる「星占いゲーム」のモチーフ再現で愁いの表情を見せる杏も、椋を立てる形で自分だけ先に帰る杏も、弁当合戦で椋の代弁者としてだけ戦う杏も、もうみぃんな大好きだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!



 そんな風に、救いがないエンドを迎えたやに見える杏に、ほんのちょっとの救いを、一つだけ。停学中の朋也が、春原の部屋に入り浸っていた時のセリフを、覚えておいでですか?

春「お前ずっとここにいる気?」
朋「ああ。たちによろしくな」

 自分に明確な思いを伝えたことみではなく、積極的に迫ってくる智代でもなく、同じクラスの椋でもなく。あえて、杏を。そうだよ、杏は、恋愛の対象ではなかったけれど、朋也にとっては「頭ひとつ抜きんでた存在」だったはずだ。だからこそ、前回のおまじないで思い浮かべたのも杏だったわけで。

 彼女にとって直接の救いにはならないかもしれません。でも、杏は朋也にとっては、ある種の「ベストチョイス」だったはずなのです。他の誰でもない、椋の姉でさえない、杏自身という存在として。

 恋せよ乙女。朋也への恋心は潰えても、この先の未来にはまた別な出会いもあるだろう。杏の行く先に、どうか、明るい未来があらんことを…。



 …あ、もちろん、智代にも椋にもことみにもね。つーか、風子も結局そうなのか。ややこしいな、もう…。

 智代が、「なるほど」と目を伏せるだけで自分の思いを封じるシーン、それに、泣きに泣く藤林姉妹を見て、ただ空を見上げるシーンも大好きです。智代というキャラクターの「芯の強さ」が出ていますよね。相変わらずの細かさですよねぇ、この辺…。


【ベストチョイス】
占いが当たってしまうと、
未来が一つしか無いみたいじゃないですか。
でも、外れれば、
他の未来もあったんだなって思います。


 朋也が渚を好きになるのではなく、杏を好きになったかもしれない未来。椋を好きになったかもしれない未来。ことみを好きになったかも、智代を好きに、いや、風子を…。どれも、あったかも知れない未来です。前回のレビューでも触れたとおり、今回のシリーズではあえて「マルチシナリオの構造」「アナザールートの存在」を匂わすような部分が見え隠れしていますね。上記のセリフのシーンもそうですし、その際に朋也の眼前に広がる風景が「分かれ道」になっているのも、とても象徴的です。

 しかし、「ベストチョイス」を迫られるシーンに、彼が選ぶべき選択肢は存在しません。辿り着きたい場所は、そこには見えないんです。挙句、ギャグ的演出のためとは言え、セリフは「ベストチョイ…」と途中で切られてしまって…。

 彼の思いは、もう決まっています。その事実を自分の中に沈め、気持ちに整理をつける少女たちの物語が、今話だったのだと思います。「見えてしまった朋也の気持ち」によって、自ずと決まってくる、彼女らの未来…。

 それは、彼女たちなりの、ベストチョイスです。

 ことみは、今までどおりに「友達を増やしていく」未来を。

 智代は、念願の生徒会長になって、桜並木を残していくという目標を。

 椋と杏は、前回語られた自分の夢を目指していく進路を。

 風子のように先が見えないキャラクターもいますが、それはそれ。この先はいよいよ本丸に切り込んでいくのでしょうね。家族というものの意味を、その形を、描いていくフェイズに、満を持して。

 予想される残り話数は、とりあえずはあと6回。2クールであってもそれ以上のプラスアルファがあっても、私のやることは変わらないでしょう。今は、それだけで十分です。年度末に向けて一層激しさを増す私生活にあって、ここだけは死守していきたいと思います。それが、ブロガーとしての自分の、ベストチョイス。頑張っていきますよ、最後まで名雪さんが出てこないとしても!!(なんか違う…)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダーキバ 第2話「組曲♪親子のバイオリン」 (2008/02/03)
 Clannad After Story 第20回「汐風の戯れ」 (2009/03/20)
 真マジンガー 第6話 (2009/05/10)
 ハルヒの消失レビューを終えて (2010/03/07)
 オーズ特集~仮面ライダーオーズ記事リンク集 (2011/05/08)
 「アクマイザー3」について (2007/04/23)
 とんでもねぇな京アニは!! (2011/12/19)

テーマ:CLANNAD - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
杏乱のナユキスト
てりぃさん、おひさです!
今回の記事、間違いなく叫びから入ると信じていました(笑)

シナリオ的な美しさから「アリ」と思ってしまう自分と、杏が切な過ぎて「ナシ」と思ってしまう自分との無限ループw
これは正直「やられた!」と思いましたです。
”あの”杏が人前で泣く、しかも一旦耐えそうになるけど溢れる感情を抑えきれずに泣いてしまう。文字通り「オーバー」。これで彼女の想いがすごく表現されていたと思います。トドメを刺したのは椋ですけど(コラ

>最後まで名雪さんが出てこないとしても!!
最後まで諦めないでいてください(笑)
2008/02/29(金) 12:14:48 | URL | maharia #-[ 編集]
ようやくか。ようやくだ。
今回は凄い。間違いない。
CLANNADで初めて心の底から良いと言える回でした。いや、この表現ではまだ不足か。ともかく良かったです。
特にテニスコートシーンでの描写力と演出力は、本当に「京アニ最高!!」と叫びたくなる勢いです。

>救いがないエンド
ただまぁ、杏好きにとっては辛い回だったようですが(汗
獅子丸さんも「一番不遇なヒロイン」と言ってましたし。

ただ、特定ヒロインに思い入れてない身としては、杏はちゃんと救われていると思うのですが。
俺の感想としては、むしろ「良かったね、杏」と言いたいくらいなのです。
いや、切なさ大爆発なのは間違いないですよ?
しかし、「お姉ちゃん、ごめんね」という椋の言葉が、それによって涙を流せた事が、杏にとって相応の救いになっていたと思うんです。

その想いは確かに、朋也に伝わる事は無かったけれど。
自分の想いをうやむやにする・蓋をして我慢するという事無く、ちゃんと自分の想いを認めて、そしてちゃんと失恋をする事が、それを純粋に悲しむ事が出来たんですから。少なくともこれで、ちゃんと終わらせる事が出来るはずです。
椋を応援してきた事も、後悔せずに済みそうですし。というかこの姉妹、今回の事でかなり絆が深まったでしょうね。

俺は原作はやってませんが、
>椋と朋也がくっついた後、色々あって「自分の気持ちに嘘がつけなくなる」
こんな状態になるよりは、アニメ版の方が何倍も救いがあると思います。責めはしませんが、これはあまりに憐れすぎる・・・。
いやまぁ、これはこれで何かしら救いが描かれるんでしょうけど。

というわけで、俺はアニメ版の椋をとても評価していて、それ故に他ヒロインと比べて杏をことさらに悲観視する事はありません。そして、だからこその今回の高評価でもあります。
大体、不憫というなら14回Aパートでのことみの方がよっぽど(ry
2008/03/01(土) 01:22:06 | URL | 東西南北 #7SMSw2C6[ 編集]
文才が欲しい・・・
どうも伝え切れてない気がするので、追記させて下さい(汗

>CLANNADで初めて心の底から良いと言える回
自分的には、「心の底から良いと言える回」は1回あればもう相当上等なアニメであります。
ちなみにAIRで2回です。

>杏はちゃんと救われている
ヒロイン中、一番辛く悔しい失恋だったのは確かだと思います。切なさ大爆発です。
が、想いに蓋をしたままでは「失恋する事」すら出来なかったわけで。それよりは何倍も良いだろうと。切ないけれど、哀れよりは良い。

傷跡は、しばらく大きく残るでしょうけど。
それでも失恋出来たからこそ、杏は次に進める。ならそれは、彼女にとって切なく辛い救いだったと。
だから俺は言います。「杏、失恋出来て良かったね」と。そして「椋グッジョブ!」と。(前者は、当人の前で言ったらぶん殴られそうですがw)

朋也に想いを伝えていたら?
その場合、他ヒロインと同位置に並べる代わりに姉妹間に後味の悪いものが残ったと思うんですよ。互いに責める気は一切無いのに、互いに負い目を持ち合う事になる。
それはやはり哀れ。俺にとってはこちらの方が余程「救いがないエンド 」に思えるわけです。

そんなわけで、想いが報われる以外では一番「救いがあるエンド」だったと考えます。
以上、長々と失礼しました。
2008/03/03(月) 03:52:00 | URL | 東西南北 #7SMSw2C6[ 編集]
「ねぇ、京アニのCLANNADまだ覚えてる?」
(Kanon、名雪、7年ぶりに再会した祐一に対して)
やっぱり、てりぃさんはナユキストチョイスですね。

えーと、今回で智代シナリオは終了ですか?
なんというか、AIRやKanon、
風子やことみと比べても、なんかあっさりしてるというか
(あくまで終わりがですけど。
 途中の修羅場とか杏と椋の涙や
 智代の表情とかもりだくさんではありますが)。
舞の時みたいな補足でも入るんですかね?

なんというか、2クールで収まりそうな気がしてきました。
もちろんここから渚だけなのか、他もあるのか、
原作はここからまだまだあるのか、「少年と少女」の話とか、
どのくらいあるのか分からないので、
どうとも言えないのですけど、
このまま渚の話で終わり。って感じがします。
とゆーかこれ以上他に色々できそうにないというか。

「京アニなら」ってのもあるのですが、
過度の期待はしない、ということで。
いくら京アニでもやたら原作の内容が膨大(と聞きました)な
作品を、全て網羅するのは時間的にムリでしょうし、
全部やったら逆に中途半端になる、という考えならわかります。
全力疾走、最後にダウンよりも適度な手抜き
(「結局はわかり得ないんだけど、京アニの話。」に関連させて)、
といった感じですか。
Kanonの時は放送前から佐祐理さんの話もすると
石原監督から発言があったので心配無用だったわけですが、
CLANNADに関しては「原作ファンには申し訳ないけど…」
てな感じなる気が。あくまで推測ですけど。

どうになるにしても、
最後まで楽しく見えるだろう原作未プレイの自分は
ある意味勝ち組と言えるかもしれません
2008/03/06(木) 03:03:48 | URL | つちむ #-[ 編集]
3時間切った!
>mahariaさん

>今回の記事、間違いなく叫びから入ると

完ッ全に読まれてましたカー!(笑)

>トドメを刺したのは椋ですけど(コラ

うははははははw

いや、まあ、マジメな話をしますと、あれでお互いわだかまりなく、イーブンになれたんじゃないかと思いますよ。引き続き仲の良い姉妹としてやっていっていただきたいものですね。

>最後まで諦めないでいてください(笑)

ボク、もう頑張れないよ…。(色々混じってるなw)


>東西南北さん

>文才が欲しい・・・

何やら混迷の道に入られているようですが(^^;、ご無事でらっしゃいますかー!

>杏はちゃんと救われていると思うのですが。

あー、なんと言いますか。その通り。確かに、そういう観点で記事を書いてなかったのですが、私もあれは「救い」だと思います。ちゃんと失恋することが出来た、ってお言葉、正鵠を得ていると思いますね。

>>色々あって「自分の気持ちに嘘がつけなくなる」
>こんな状態になるよりは、

いやそれが奥さん!(笑)これはこれで!確かに辛い時期は通過しますが、ラストに至るところのカタルシス、私は大好きなんですよ?まあ、こればっかりはプレイする機会でもないと伝わりにくいので、「原典ファンの戯れ言」とでも思っといて下さい(笑)。


>つちむさん

>えーと、今回で智代シナリオは終了ですか?

終了です。多分、ですが。

気付いたら、智代に関して、あまり記事中で触れてませんね、私。いや、気付いてはいたのですが、へべれけの状態では「紅茶と涙」に触れるのが精一杯、でございました。

今週のレビューで、その辺のリゾンベ(誤)をしたいものですが、はてさて、そういうことを書ける流れになりますかどうか…。

>なんというか、2クールで収まりそうな気がしてきました。

そうですねぇ、いわゆる「学園編」だけなら入るでしょうねぇ(ナニ

原典体験者にとっては、「既に続編ありき前提の進行」というのがほぼ定説化しつつあるようです。ま、下駄を履くまで先はわかりませんけれど。

>過度の期待はしない、ということで。

それが一番の覚悟、でございましょうね。私も、間違いなく楽しく見られるような気がしておりますので、そういう意味では「いい側」にいることができて幸せでございます。
2008/03/06(木) 22:07:21 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
恋が一つ(三つ)消えてしまったの
なんとなくこの回のことを端的に言ってしまうと『らんま1/2』のEDに有った「恋が一つ消えてしまったの」を思い浮かべてしまうのですが、よく考えたら朋也くんの行動で消えた恋は一つでは無くて、二つ、もしかしたら三つだったかも知れないのですね。

でも、杏さんたち姉妹の人目憚らぬ号泣は次の回を見つけるための区切りとして、智代さんの天を仰ぐ姿も恋とは違う想いに買えるきっかけとして、前向きに作用するに違いありません。

…というのはちょっと無責任でしょうか?
2008/03/07(金) 03:40:06 | URL | きつねのるーと #GhMHlou2[ 編集]
今日、恋が。
>きつねのるーとさん

らんまについては、原作の最初の方をちょっと読んだくらい、という程度の知識しか持ち合わせていなかったりします…。私にとっては原作のめぞん終了ぐらいまでが、手放しで高橋留美子作品に入れ込めた時期ですね。

そんなわけで、せっかく振っていただいたネタですが、ごめんなさいなのです。orz

杏の号泣については…人は皆、泣いて強くなっていくものですからねぇ。本人は今は辛くても、きっと糧になりますよ。はい。
2008/03/07(金) 21:40:03 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1919-edab5376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
さて、CLANNAD第18回「逆転の秘策」を観ましたので、その感想などを。 以前から書いておりますが、難航いたしました。 根幹をなす部分を別記事であげてしまいましたし、18回の感想の別記事がなんかとても満足できるものになってしまいましたので、気が抜けたと
2008/02/29(金) 05:58:51 | 丈・獅子丸の咆哮 (新館)
もう、オーバーフラッグス! 今回の朋也を一言で言うならこんな感じ(笑) 数あるすべてのフラグをぶち折って、カスタムフラッグを選択し...
2008/02/29(金) 11:43:35 | 中濃甘口 Second Dining
最速組が今週は休みという事で、ようやく追いつける事になりそうです・゚・(ノД`)・゚・。 23話辺りまで一緒のはずなので、とりあえずはネタ...
2008/02/29(金) 20:11:16 | 万聞は一見に足るやも
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・...
2008/02/29(金) 22:26:28 | !!填装力活
★★★★★★★★★☆(9) 表情の描写が丁寧なのは毎回そうなんだけど、 今週は特に神掛かっていたような。 ラストの泣き顔は言わずもが...
2008/02/29(金) 22:28:58 | サボテンロボット
 (TBS放送分の19話のレビューを日曜日に上げる予定です。) /渚が復帰した瞬間に「本編」が再開してしまって、「やれやれ」
2008/03/01(土) 01:12:03 | おカネの錬金術師の錬成日記
ええい!こんな地方局の放映を待っていられるか! ワシは感想を書くぞ!
2008/03/01(土) 12:26:04 | みすぼらしいぶろぐ
朋也をめぐる少女達の熱いバトルが繰り広げられますが… メインヒロイン帰還と同時に終息した第18話の感想です。
2008/03/02(日) 00:03:10 | さくら日記
第18回「逆転の秘策」  分かれ道があった。 占いは当たらないほうがいい。そのほうが未来の可能性を多くするから。そう椋は言った。 朋也は選んだ道は一つだけ。 ドラマCD CLANNAD-クラナド-Vol.5 坂上智代 ドラマ,桑島法子,野島健児,阪口大助,藤村歩,高橋
2008/03/06(木) 22:16:51 | blue bleu
智代! 可愛いよ!智代!!! エプロン姿も 体育着にポニーテール、スイムキャップにスク水姿、剣道着姿、私服姿そしてテニスウェア姿も、追想のセーラー服姿も全部全部可愛いよ などと壊れていた前半でした。 あとは・・・ 停学中の朋也くん宅にお料理を持って現れた
2008/03/07(金) 03:41:14 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
さて、まだまだ周回遅れ。本放送中に追いつくかが微妙な今日この頃。 今回は、『智代編』を中心に、色々な問題を解決させた雰囲気でした。 ...
2008/03/21(金) 05:27:54 | yukitaの想い出日誌