FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
簡易 キバ 第4話「夢想・ワイルドブルー」
 …。

 あー。

 書くほどの「何か」が、ねぇ…。orz

 ちょっと無理筋な設定はあちこちに感じつつも、まあ、個人的には別に目くじらを立てるほどのことではないし。つまんなかったかと言えば、「つまんなかった」と言いたいほどのこともなく、まあそこそこ前向きに面白く見れたし。じゃあ、その「面白かったところ」について書けばいいのかと言えば、これまた何かを考察したり邪推したりして、掘り起こそう、とまで揺さぶられるものまではないし…。

 どうすりゃいいんですかね、これは?人に聞くなって?いやはやごもっとも。orz
 

 いくつか、自分なりにキバの「ポイント」かなぁと思ってた部分について、雑感を記してみます。

【「過去」と「現在」の二重語りについて】
 ストーリー的ギミック、と言うと何やらわからんかもですが、「時間をまたいで多重構造的に張れる伏線」と言うと、もう少しイメージが湧きやすいでしょうか?まあ、ストーリー上で過去に行ったり現在に戻ったりしても、語られる「物語」としては一本道には違いないので、そういう意味では「多重構造的」と感じるのは一種の錯覚なのですが…。

 「過去」は、あくまでも「既に起こってしまったこと」です。動かしようのない事実であり、もうこの「現在」の前提として、仮に見えてなくてもどこかにある(あった)もの、なんですね。だから、「現在」の中で進行するような、時間的に遡ったりしない普通のドラマの中では、あくまでも伏線は「手前」に張られる必要が出てきます。

 ところが、時間軸を遡ったり元に戻ったりして描写する作品においては、「作品世界の中では時間的に後」の部分を先に語り、「作品世界では時間的に前」である「過去」を後に語ることで、時間的に逆転する伏線、というものを張ることができます。別な有名作品から引用すれば、例えば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。物語の最初の方で「Twin Pines Mall(ふたごの松の遊歩道)」という看板が出てきますが、そこにはその名の通り、二本の松の木が植わっています。ところが、マーティが過去にジャンプした際、誤ってそこにある木の一本をデロリアンでへし折ってしまうのですね。その後、マーティが無事に「現在」に帰った際、同じ場所にある看板は「Lone Pines Mall(一人ぼっちの松の遊歩道)」に変わっていて…。「未来」で示した伏線が、「過去」の出来事と関わる、有名な一例です。

 私がキバの第二話で感じた面白さが、このギミックによるものでした。あくまで結果に過ぎない「穴の穿たれたヴァイオリン」を「現在」のシーンで前もって示しておくことで、「過去」における一瞬の出来事が「単なる出来事」としてではない、大きな意味を持ってくる…。これは、インパクトもありますし、何よりもその線が解けた瞬間が見ている側にとって大きな快感になるのですよ。

 今回で言えば、「現在の渡にハッパをかけていたあの女弁護士に、過去の音也が実は声をかけていた」というのが該当しますが…ちょっと、弱かったかなぁ、インパクトも快感も。むしろ、その時にあの女=ファンガイアが、実はそんな気持ちでいたのか…ということの方に気持ちを引っ張られてしまって、面白さが分散してしまったような印象があります。

 その他の「今話における過去描写」が、それほど物語の主軸を語る上で必然性のない、いわゆる「薄味」のシーンが多かったことも、ちょっとマイナス要因だった気がします。過去の音也が風呂にもぐって、その直後に湯船に顔を出すのが現在の渡(しかも、どちらも顔に赤いアザを作っている)などというのは、確かにちょっと面白いシーンには違いないのですが、それ以上の何かをもたらしてくれるわけではないんですね。

 でも、この二重語りを続けていく以上は、多分そのやり方が潜在的に持っている「ギミックとしての方法論」を、どこかに生かしながら物語が紡がれていくと思うのですよ。将来的に自分の何かを揺さぶってくれる、その仕掛けが来ることに期待して見ていきたいですね。


【好みの問題】
 引っ張るだけ引っ張る、という方向性。


 方や。


 その前後のエピソード内で、心憎い連関を示しながらモチーフを紡ぐ展開。



 私は、明らかに、後者の方が好きです。まあ、あまり引っ張られると「覚えてられない」というのもあるんですが(苦笑)、それよりも、待たされているウチに期待の方が膨らみすぎて、いざご開帳!となった際に「余程のこと」がない限り、「…なぁんだ」になってしまうのですよ。なんつーんでしょうか…いいところでCMに行かれる感覚と同じものがあると言いますか…引っ張られる展開を見た瞬間に、脊髄反射的に「諦め」の気持ちになっちゃうんですよね。

 そこから言うと、ガルルに関してナニも語られていない今回の流れは、私には非常にフラストレーションが溜まりました。いいんですけどね、やっぱし松田さんは渋くてカッコイイし、「シャバの空気でも吸いに行くか…」なんてヤクザ然としたセリフでさえ、妙にはまってるし。だけど、「単なるピンチのお助けキャラ」としてしか今回絡まなかったのが、とてもとても残念です。

 フォームチェンジ自体が嫌いなわけではないんだけど、物語的に何か繋がりがあってのチェンジ、というのがやっぱツボなんですよね。とりあえずピンチだから出て来た強化フォーム、というだけだと、ワクワク感が足りないんです。まあ、モスファンガイアの剣に対処するための剣ありフォームではあるんだけど…贅沢な悩みですかね?これならまだ、小暮さんが持ってきたという音撃セイバーによる変身の方が色々語ってくれてたかなぁ(アレが好きかと言われると微妙なんですが…)。

 その他で「好み」の問題としては…サブタイ、とかかなぁ。毎回定型にはめているとこは好きですし、音楽記号を間に挟んでいるのも好きなんですが…そこにどんな意味が、というところまで踏み込ませてくれない辺りが物足りないんですね。今回で言えば「夢想」は…花に音楽を聴かせる父の思いを夢想していたもの、かなぁとは思うのですが…決め手がありません。そして、後半のワイルド・ブルーは…ガルルの登場(野性的な感じをワイルドに、基調の色をブルーに込めている)に合わせているのと、真実がわかるまでの渡の「荒くすさんだ気持ち」を表す言葉とのダブルミーニングなんだろうとは思うのですが…それが映像から端的に伝わってくるシーンが、残念ながらあまりない。表層的にさらっと流れている感じですね。ましてや、「夢想」と「ワイルド・ブルー」を繋ぐ線を探そうとすると…う~ん。ううう~ん。…と唸ってしまうわけです。間をつないでいる音楽記号も、今回はフォルテでしたが、これはガルルフォームが強いことは表していそうだけど、それ以上の意味となると…。

 とりあえず私、全体としてはそんなにイヤな感じで見ているわけではないんですが、改めて考え直しても「ツボな箇所」がそんなに無い、という状況に陥っているわけですね。まあ、アレだなぁ。「毎回書く」と決めてかかるよりも、「ツボったら書く」という風に方針転換した方が幸せかも知れませんね。使われているヴァイオリン曲について、もっと詳しかったらそこから切り込めるのかも知れんけど…所詮、シャコンヌとかぐらいしか知らんしなぁ。ああ、音也が先週と今週弾いていたのは「ツィゴイネルワイゼン」ですね。これは「ジプシー(最近は『ロマ』と言うそうな)のメロディ」という意味なので、放浪するが如く自由気ままな行動を取る音也を表した選曲かも知れませんが、はてさて。

 まあ、かなり散漫になりましたが今週はこんな感じで。あ、音楽記号は次回はトリルだったので、もうテキストでは表せないってことで、今週からウチの記事の記載ももうこれで行きます。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 けいおん!! #10 先生! (2010/06/23)
 ヤマト第六章封切り日、波高し。 (2013/06/15)
 仮面ライダーカブト・26 (2006/09/18)
 リトバス 第9話「学食を救え!」 (2012/12/02)
 Kanon 第5話「魔物たちの小夜曲~serenade~」 (2006/11/03)
 ジョジョ見終わった。 (2013/09/21)
 天元突破グレンラガン 第23話「行くぞ 最後の戦いだ」 (2007/09/02)

テーマ:仮面ライダーキバ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
イマイチなら無理して見る必要ないですよー(*^-^*)
ときめくまで見続けてみるなんて時間の無駄ですっ♪
私キバは1話の途中までしか見てません。
淋しい時は電王みたり☆
そういう人多いだろうなーと思ってブログめぐりしてみたら
好きじゃないのに4話まで見てるって人がけっこういてびっくりしました。

無理は精神衛生上絶対良くないです(*^-^*)
キバの感想はキバが好きな人(いるのかな?)に任せておけばいいんですよー。
無理しない☆
2008/02/22(金) 10:24:43 | URL | あさみん #qbIq4rIg[ 編集]
遅くなりました
>あさみんさん

コメントありがとうございます。

私については、「無理して見ている」というほどでもないんですよね。フツーに、それなりの楽しさを感じつつ見ています。レビューを一生懸命に書くほどの何かは感じない、という具合ですね。

ご心配頂きまして、ありがとうございます。とりあえず、本当にイヤになったら見るのを中断しようかとも思いますが、今のところはまだ「見よう」という気持ちの方が若干強いようです。
2008/02/28(木) 01:01:55 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1901-5831ac74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「仮面ライダーキバ(第4話:夢想・ワイルドブルー)」   今回の1番の見所! いつ、ザンキさん・・いや、ガルルがいつ登場するか! まさか、前回のように登場なしということにはなるまい。 前半終了・・・まだ出演なし 8時20分過ぎ・・まだ出てこない ...
2008/02/17(日) 21:32:33 | 特撮ヒーロー追っかけ隊ブログ
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーキバ』、第4話「夢想・ワイルドブルー」の感想ですっ。 釣り人 秒殺、コワッ(笑)!
2008/02/17(日) 22:25:12 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
先にいくぜ!              -、 、  ノj/丿   ノ)            (ー 、_) Y´ //⌒\'ー\' ∠ ,___ 、 ヽ ...
2008/02/18(月) 22:58:42 | ルーツ オブ ザ まったり!
バイオリンがよ・・・・・4億!?被害者に会った渡は落ち込んでいた頭をかかえて苦悩してます。お父さんのことを調べるのを拒否。マル・ダムールへやって来た渡。恵を見てびくっ。そして後ずさり。恵怖がられてます。名護がやって来て相談にのると。恵いじけてます。男を...
2008/02/19(火) 22:07:00 | Sweetパラダイス
相変わらず意味は無いガル。 すいません、途中で襲われた釣り人は何だったんでしょうか。 あまりに何の脈絡も無かったので笑ってしまいま...
2008/02/20(水) 21:38:15 | 『真・南海大決戦』
♪ゲラッ!ゲラッ!ゲラッ!ゲラッ!バ~ニラ~(゚∀゚)今週の1986年ソングは「DESIRE」でした。そういえば中森明菜も第一線で活躍してましたねぇ~。実に懐かすぃ~♪もう毎週の楽しみは、これだけになってしまいましたよ(爆)それでも少しは井上敏樹による「...
2008/02/21(木) 12:44:20 | ユルユル行こう
人気ブログランキングの順位は? 娑婆の空気でも吸いに行くかぁ・・・ ザンキさん、トドロキっす。 会いたかったっす!
2008/02/23(土) 02:22:51 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!