Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
CLANNADオフィシャルコミック5巻
 一年の計はワンタンにあり!(違

 つーわけで本日は、「今年も色々趣味的なことを書いていくぞ!」という決意の元、まずは年末にかけて「書こうか」と思いながらも書けずにいた類のレビューを、ちょこまかと上げていきたいと!

 で。

 CLANNADオフィシャルコミックの5巻、発売時に霜月版Kanonと同時にゲッチューしてあります。当然、読み終わってもおります。以前上げた1巻・3巻の評価をお読みになった方は、私がこのシリーズをあまり高く評価していないことをご存じと思いますが…実はレビューを上げていない2巻・4巻は、「それほど大きな不満を感じずに読める」という感じなんですよね。2巻辺りは特筆すべきところ、突出したところも特に無く、レビューを書くのがすんごく難しかったので書かず終いでしたが。

 でも、4~5巻にかけて、ちょっといいかもと思えるところが確実に増えている気がします。原作における「感動ポイント」を丁寧に、ページを多く割いて表現しようとしておられるところは好印象ですし、実際よく書けているところも多くて、大きくプラス評価していいかなと。「アフター」に入ってからちょっと化けたなぁ、という感じですね。
 
 以前同様に「全身立ち絵」にはデッサン上の難点を未だ感じてしまう私ですが、1巻で「そりゃムチャだ」と思っていたコマ割り的な不満とかは、最近はほとんど感じずに済んでいます。これは気のせい、では多分なくて、やっぱり上達しておられるんだと思うんですね。

 年末にあちこちを巡回していた時に見て愕然としたのですが、少年ジャンプで連載していた人気漫画「スラムダンク」ってご存じですか?あの漫画の作者・井上雄彦さんは、その後のバガボンドなどを見ても実にいい絵を描かれますし、「ウマイ人」という印象しかなかったんですが…その巡回先のページで紹介されていたのは、スラダンの初期の頃のシュートシーンと、終盤の頃のそれとの比較だったんですね。これがもう!素人目にも明らかにわかるほど、レベルが違うんですよ。初期のそれは、構図も平面的ならキャラクターも全然動いて無くて、効果線とか擬音とかでフォローしてはあってもやっぱり無理がある絵なんですね。ところが、終盤のそれは、効果線も擬音も一切無いのに、「動いている動画の一瞬を切り取りました」と自然に思えるような、ムチャクチャ躍動感のある絵になってるわけですよ。「それまでの動きの激しさ」と「息を飲むこの一瞬」というものを、たった一枚の絵で伝えてくる凄みがあって。井上雄彦さんの、総合的な画力の向上というものを、目の辺りにしたわけです。

 連載を続けていく、自分の精一杯をかけてある作品を書き続けていく、ということは、やはりその書き手に対して正の蓄積となって還ってくるわけですね。そういうものが、CLANNADオフィシャルコミックの書き手・みさき樹里さんにも訪れていることを実感します。キャラクターを可愛らしく描くことに関しては以前から評価されていたと思いますので、そこに漫画としての構成力(絵的なものにしろストーリー的なものにしろ)などが加わっていくと、それらの利点が相互に影響しあって、全体のレベルを高める効果を生むのだと思います。

 面白いことに、女性キャラクター中心で進んでいるページに比べて、男性キャラクター中心で進んでいるページの方が、そういった「構成力」が非常に高まっていることを感じさせてくれるんですよ。今回で言えば、朋也とアッキーの勝負のシーンとか、実に熱くて良かったっす。二人とも、とても魅力的に見えて、「いい」んですね。男性のシーンの方にそれを強く感じるのは、何故でしょうねぇ…女性キャラ中心になると、表情の書き込みの方にリソースを取られちゃうのかしら。

 あと何巻で描かれるのか、終盤の展開はどうするのか、楽しみに待っていたいと思います。あ、そうそう、アニメ版を今視聴中で、アニメ版が初CLANNAD、という方は、コミック版はまるまるネタバレになりますのでご注意を。そうねぇ、読まない方が吉かもですねぇ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 ジャイアントロボ バベルの籠城 3巻 (2012/12/01)
 暗殺教室にはまり始めてたり。 (2014/04/20)
 木根さんの1人でキネマ (2016/11/15)
 夢幻紳士 新・怪奇篇 (2013/09/21)
 霜月版Kanonを買ってきたわけですが (2007/04/05)
 パトレイバーおもすれー (2008/08/01)
 夢幻紳士 幻想篇 (2005/06/17)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1832-ae69f6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック