Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
CLANNAD 第6回「姉と妹の創立者祭」
 しょっぱなからかなりの部分で、「覚えの無いモチーフ多数」という状態に。あれーっ?ヒトデパンって原作に出てきたっけ?FINAL HITODE TSUKAIの物語もあまり覚えが、つーかムダにクオリティ高っ!!親衛隊?いたか、こんなの。春原と風子の勝負、っつーのも、記憶に…んー、オレってホントにこのゲームクリアしたのか?どう考えてもこの反応は初体験の人のそれに近いんjアッー!!けろぴー!!名雪さんどこっ!!(そこには反応するのかよっ!!)ハァ、ハァ、好きだ、好きだ(最悪ですっ!!)

 …しかしながら、テキストを検索してみると、恐るべきことに「全部存在する」ことが判明…。うーむ、これが「老人力」というヤツなのでしょうかねぇ、齢四十にして(苦笑)。体験済みの物語も、全てを忘れることで「はじめての新鮮さ」で繰り返し出会える幸せ。んー、忘れる、ってことも、悪いことばかりとは言えないのかしら…。

 だけど、忘れられる側は?

 自分の行動も、交わした会話も、存在そのものさえ忘れられてしまうとしたら?……うおおおおおおおおお!!風ーーーー子ーーーーっ!!!
 
 「祭り」らしく、コミカルかつテンポのよい「楽しいシーン」が多数あって、すっかり気を許していたわけですが……最後の数分でストン、と落としてくるのが相変わらずのグッジョブぶり。サブタイ見れば「やってくる」てぇことが容易に予想できるんですけどね…。初体験の人には「姉と妹の再会」というミスリードを誘いつつ、原作を知っている者には「寸前まで別な方向へ気持ちを向けさせて、予め覚悟することを許さない」という、万全の仕込みで挑んでくる辺りがもうね…。

 「そもそも見えていない」という表現。お互いの視線は絡まず、一方はすり抜け、一方は地面に落ちてしまう…。対峙しているその姉妹の間には「無言歌」さえありません。その直前まで、風子の思いが周囲の人々へと次第に広がってきていることが丁寧に丁寧に描かれていただけに、「肝心の思い」が伝わっていないことのショックは、あまりに大きすぎます。

 忘れられた、道端のタンポポ。何度かインサートされたその花は、風子そのものです。愛らしいその花は、しかし存在に気付かれずに通り過ぎられてしまう宿命も持っています。風子の運命は、Aパート半ばで風子が待っていた歩行者信号のように、どちらの方向も「赤」であった信号に象徴されるように、八方ふさがりなのでしょうか…。

 …ま、少なくとも、オイラは八方ふさがりです。ここまでの文章を書くために、もう一時間半も費やしてしまいました…。しかも、この先に何を書くか、まだ全然まとまっていません。こんなペースでは、今日の出勤は絶望的です。…どうでしょうか、ここで提案なんですが、以下は「世間的には忘れられているかもしれない名雪さんへの私の愛を切々と語り続ける」という趣向でまとめさせていただくということで?(で?じゃねぇよ)


【「最悪なもの」は何か】
 前回のレビューでも書いたとおり、「近い将来に反転するための布石」は今回も着々と置かれていきます。ひっくり返されるためにこそ示されていくモチーフたちは、私のような「先を知っている者」には複雑な思いを呼び起こしますが…初見の方の目にはどのように映ったのでしょうね。

 でも、単体でも十分にいいシーンに仕上げられているところが、またある種のミスリードを誘うグッジョブな仕事ぶりです。前回は「自分に欠けている人とのつながりを求める風子」を表現するための仕掛けとして登場していた三井さんが、今回は「まだ続けていた」という彼女の懸命さに打たれて風子の思いを受け止めるところなど、その最たるものでしょう。このシーンでかかる「同じ高みへ」というBGM、大好きなんですよ…。以前にこんな記事も書いてるぐらいでして。この曲のかかるところの多くは「普通ならば届かないものが辛うじて届く」というシーンが多いんですよね…私にとっては、もう爆泣パーツの筆頭みたいな曲です。これがかかっただけでドラム缶三杯分は楽に泣けるんじゃないかってくらい…ああ、話がそれました。

 このBGMがかかる中、「届かないはずの思いが届いた」ことを理解し、今までに見せたことのない表情を見せて再度力強く「はいっ」と答える風子は、とてもいい絵になっていました。あの、ほほを赤く上気させて笑顔に移っていく描写とか、たまんないです。でも、その直後、なんですよ?「届くはずの思いが届いていない」ことを示す、公子・風子姉妹の再会のシーン。まだ「同じ高みへ」がかかっているのに、この仕打ち。惨い、あまりにムゴイじゃないですかっ!

 色々な良き物が、多分反転するために示されていく…それは、「最悪」なのでしょうか、それとも…。

~~~

 アバンからしてそうでしたが、今回は「最悪」という言葉がとても多く使われていて、その言葉を視聴者に印象付けようとしているように思えます。じゃあ、一体どれが最悪だったと思います?


 早苗のヒトデパン?


 変質者まがいの秋生?


 下心で手伝いを申し出る春原?


 自信満々であっさり負ける春原?


 「真剣な愛」を語った直後にナンパに走る春原?


 啖呵を切っておいて愛らしい着ぐるみにあっさり負ける春原?


春「ちょ、それって僕に偏ってませんかねぇ!」


 いや、まあ、春原だし、しょうがないですよねぇ?(笑)それは冗談としても、他にも「いらないと言われても食い下がるキモめの親衛隊」「兄妹に間違われる朋也・風子」などなど、最悪っぽいシチュは色々とあったわけですが…この中のどれが最悪か、と改めて言われると…なかなか選べません。「最悪」と言われていても、本当にそうかを考え直すとそこまででもないような…え、やっぱし春原が断トツで最悪っぽいですか?(^_^;

 バカゆえの憎めなさを標準装備している春原は別格として、その他の数々の行動が最悪に見えないことには、理由がある気がします。どれも、その行為には「思い」がこもっているんですよ。早苗さんは決して悪意でヒトデパンを作っているわけではなく、本人は良かれと思ってやっています。秋生だって、何も娘の友だちにセクハラをしようと思ったわけではなく、気心知れた連れ合い相手にお茶目な謝罪をかまそうとしただけです。キモく見える親衛隊も一生懸命に風子を応援しようとしていましたし、兄妹であることを互いに嫌がっていた朋也・風子だって、渚が指摘したように「口ほど嫌っていない」んですよね。

 「最悪」を願っている者など、ここには誰もいません。「良きこと」「少しでも状況が改善すること」を願っている人がいるだけです。その結果として、ともすれば最悪に見えてしまうことが、たまたま起こってしまっているだけなのです。それは、何と悲しいことなのでしょうか。

 風子を公子に会わせたい、という、渚と朋也の思いも、結果的には「最悪」と見える状況に繋がってしまいました。二人を励まそうという行為が、励ますどころか辛い現実に向き合うことになってしまったのです。状況が飲み込めぬ公子はともかく、風子も辛いし渚も朋也も辛い。見ているこっちだってメチャ辛い。こんなことなら、思いなんて、抱かない方が良かったんじゃないか?


 ホントに?ムダな思いなど抱かない方が良いと?実は、それこそが「最悪」なのでは?


~~~


 「私、ふうちゃんに教えられました」


 渚はそう言いました。頑張ることで、得られるものが何かしらある。そのことに気付いたからこそ、出てきたセリフなのだと思います。とても大きな実りがあったわけではない、ちっぽけな実りだったとしても、そこには思いの行き着く先がある。渚が抱く演劇部への思いも、大きな壁に突き当たるかもしれませんが、きっとどこか、行き着く先はあるんですよ。だから、今はまだ同じように「先の見えない思い」を抱いている風子は、渚に向かって木彫りのヒトデを差し出すんです。


 「どうぞ」


 お姉ちゃんの結婚式を祝って欲しいという願いとはまた別の、風子の願いです。渚さんも、頑張ってください、と。届かないかもしれない思いを、どうかどこかに届けてください、と。思いでうるんだ大きな目をいっぱいに開けて。

 ちょっと違う意味で目をうるませていたこの人も、こんなことを言っていました。


 「秋生さん、やっぱり早苗一人ではムリでした…」


 早苗さんの言うとおり、思いを届けるのは一人ではムリなのかもしれません。でも、彼らは一人ではないのです。早苗さんがすばやく立ち直って見せたように、彼らもまたどんな困難にあっても歩みを止めることはないでしょう。思いがそこにある限り、「最悪」などというものはないのです。


【ファンサービスのその先に】
 あっ!!春原がナンパしてるの、智代アフターの河南子じゃねぇか!!声優さんまでがPS2版のすずきけいこさんだし、登場シーンも「くま智代」と絡めているという徹底ぶり。やるなぁ、相変わらず。

 そうかと思えば、風子が見たという夢のシーン、明らかにAIRの「国崎最高」のセルフパロですよね。原作では同様の描写はあるものの、夢の中で朋也が叫ぶのは「イヤッホーーゥ!」のみで、「岡崎最高ーーーっ!!」なんて言ってないわけでして。他にも、途中からタッチが手書き風で止め絵になる事と言い、バックを彩る夕焼けの色合いと言い、朋也の口調がまるで「緑川光っぽい」ことと言い、朋也が現れる直前の「ヒトデと戯れる風子」が子ども二人のあのラストシーンを思わせることと言い、もう何から何までAIR尽くしって感じです。

 他にも、FINAL HITODE TSUKAIのシーンでは「いたる絵そのもののタッチで描かれた亜人」なども登場していて、KEY=京アニ節全開という感じでした。こういう、「知っている人」だけがわかるお遊びって、嫌う方も多いみたいなんですけど、私は好きですね。自分がわかってるところはもちろんですし、私が知らない「ONE」などのネタがKanon中に出てきた時も、「やるなぁ」と思いこそすれイヤにはならなかったです。むしろ、「これがわからんとは、まだまだ修行が足りんなぁ…」とか反省してしまって、途端に自分のヲタとしての業に気付きプチ最悪な気分になったり…。(^^;;;

 ネタを知らなければ知らないで、他に見るべきところがいっぱいあるわけですし、それはそれで楽しみようがあると思います。また、これらの「ちょっとしたファンサービス」は、作る側も生半可な知識では盛り込めないレベルに達しているものが多く、「作品へ向き合う制作者の思い」を感じさせてくれるんですよ。

 ちょっとだけプラスアルファを届けようとするこの思い。そこに対してどう向き合うのかは、こちらの思い一つです。ならばこちらも全身全霊の思いで迎えようではないかっ!出でよ京アニっ!とか思ってしまうのは、やはり私のヲタとしての業ゆえなのでしょうか?求む、同じ業をもってともに歩んでくださる方っ!


 ところで…確かに「KEY=京アニ節全開」ではあるんですけれど…あの、もうちょっと、こう、何か、ねぇ?ちょっとだけ足りないものっつーか、追加してもいいんじゃないかなーって要素、ありません?例えばですね、そう、名雪さんとか。(結局それかっ) え?Kanon分が不足しているんですかっ!(誰も言ってねぇっ)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 電王27話 (2007/08/05)
 中二病でも恋がしたい!戀 Epi.I「復活の…邪王真眼」 (2014/01/14)
 ハルヒ記事リンク集のススメ (2006/05/01)
 キルラキル 第19話「たどりついたらいつも雨ふり」 (2014/03/02)
 ストーリーものの行き着くところは皆アニメ化なのか (2008/10/02)
 ちはやふる -上の句- (2017/04/17)
 らき☆すた 第11話「いろんな聖夜の過ごし方」 (2007/06/19)

テーマ:CLANNAD - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
てりぃさんの声は届くのでしょうか。
や。でも、けろぴーまできたわけですし。
かなりイイ線までいっていると。
名雪さんまで、あともう一歩ですね。
というか、ぼくはTBSで第6回を観て以来、てりぃさんが視聴する今日この佳き日を心待ちにしていた感じですw

それではー。
ていうか、自分のとこの第6回更新を終わらせないと…
2007/11/30(金) 05:53:51 | URL | たこーすけ #luvxoLW6[ 編集]
大サービス?
>「ヒトデと戯れる風子」が子ども二人のあのラストシーン
 あのシーンの女の子の声優さんって風子と同じ人ですよね(自信ないですけど)やっぱり河南子とけろぴーにはビビりました。次は智代アフター?とか・・・。 

 話ズレますが智代のサントラ買っちゃいました。かなり良かったと思います。
2007/11/30(金) 06:47:22 | URL | u-suke #-[ 編集]
てりぃさん、ふぁいと!だよ
原典ではこの祭りでやる渚の演劇
一体どうするのかと思えば
何と「創立者祭」の後に「学園祭」をやるようですね
寮を持つほどには大きい所ですが
学園と言えるような巨大な場だったかなぁ?
むぅ…忘れてる

何はともあれ、きっと学園祭で登場するんですよ
てりぃさんが愛して止まない青髪長髪の彼女は
2007/11/30(金) 08:28:16 | URL | molten #a.FsQ20E[ 編集]
大丈夫です。きっと彼女は登場しますとも。今回の最後の方に、あの国崎最高がちょろんと登場したくらいですし。
2007/12/04(火) 00:06:03 | URL | MA #k12f31x.[ 編集]
「京アニじゃないCLANNADに意味はあるんでしょうか?」
(AIR、美凪のセリフより)
別に劇場版に文句を言ってるわけではなく、
特に深い意味は無いんです。浅い意味もありませんが。
やっぱり、てりぃさんはそこはかとなくナユキストですね。

記事中にある「どれが最悪だったか?」というのは
やはりいつでもどこでも名雪のことを忘れないてりぃさんですね。
嘘です。むしろ、いやっほぅ!てりぃ最高!です。

まだまだ笑えるようなシーンを大量に折り込みつつ
ラストのあのシーン…。うますぎて困ります。

原作を知らないのでどうなのか分からないのですが、
風子の諦めない姿を見て、自分もがんばろうと思う渚
というのがいいですね。
AIRやKanonの時は(アニメも原作も)ヒロイン同士の
絡みがあまり無かったので、なんというか、うれしいです。

番組の休止の話ですが、
よく考えるとMBS、CBCよりは早くなるわけですね。
まだTBSより1週間遅れ…なんてのは高望みですね。
いしかし、元はBS-のみの放送であったことを考えると…
2007/12/06(木) 02:26:10 | URL | つちむ #-[ 編集]
あと一時間足らず…
>たこーすけさん

>てりぃさんの声は届くのでしょうか。

や。むしろ、届いてもらっては困ります(汗)。てりぃとは全く関係ない部分で、名雪さんが登場するのであれば諸手を上げて賛美するところですが…万が一、てりぃがぴーぴー言ったがために名雪さんが予定外に登場するようなことがあれば、私はなんと言ってお詫びして良いのやら、と。

まあ、そんなことはない、とも思うのですけれどね。


>u-sukeさん

>あのシーンの女の子の声優さんって風子と同じ人ですよね

ご指摘頂いて、見直して初めて気付きました。薄いですね、私…。


>智代のサントラ買っちゃいました。かなり良かったと思います。

実は私、まだ全部聞いてないんですよね…。早くプレイし終えて聞かなきゃ…。


>moltenさん

>てりぃさん、ふぁいと!だよ

こないだ、妻からのメールでも同じ言葉をもらって、返って冷静になりました。「これでいいのだろうか?」って(笑)。

>学園と言えるような巨大な場だったかなぁ?

全部をリニアに流すために、お祭りを二つに分割したようですね。まあ、まだ先行きがわからない中での邪推に過ぎませんが…。


>MAさん

>あの国崎最高がちょろんと登場したくらいですし。

むしろ、これに気付いていませんでした(爆)。てゆーか、どこですか?探しても気付かないオレは、ひょっとしてナユキスト失格?!


>さん

>「京アニじゃないCLANNADに意味はあるんでしょうか?」

京アニじゃないCLANNADにも意味はあるさ!それが、CLANNADだった時の想い出だからな!

…いや、他意はありませんよ?あるはずがないじゃないですか。

>AIRやKanonの時は(アニメも原作も)ヒロイン同士の
>絡みがあまり無かったので、なんというか、うれしいです。

AIRについてもKanonについても、原作を知っている身としてはアレでもかなり「ヒロイン間の絡みが増えたなぁ」という感想です。なかなか、人によって感じ方は異なるのですね。

>しかし、元はBS-のみの放送であったことを考えると…

むしろ、逆に考えましょう。こんなに早くシフトしたのだと思うと…ふわぁ…<風子モード
2007/12/07(金) 00:19:03 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1790-4c91f173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
もう、バカばっか!(;゚∀゚)          バカばっか(ノ∀`)              バカ、ばっか・・・(ノД`) ダメだよ、今週・・・ 腹筋痛いよwww 主役も脇役...
2007/11/30(金) 07:36:07 | 中濃甘口 Second Dining
CAUTION -チュウイ- トップページにはTBS視聴分のレビューがあります。/  予想通りのオチだったー!
2007/11/30(金) 13:08:44 | おカネの錬金術師の錬成日記
CLANNAD第6話の感想いきまーす! 朝、古河家に訪れた朋也が目にしたものは棚に並んだヒトデでした。 無駄にリアルだwww 笑顔で感想を求めてくる早苗さんに朋也は「最悪です」と一刀両断。早苗さん崩れ落ちました。 「秋生さんと同じ反応っ・・・」 ...
2007/11/30(金) 16:42:57 | !!填装力活
泣きますね。うん、泣きます。 本編でも涙が出ていますが、本当に悲しい場面を表現するのに涙が使われていないことが、ちょっと興味を引きました。 このところ、CLANNADを見て感想...
2007/11/30(金) 20:10:44 | みすぼらしいぶろぐ
keyネタの宝庫だ! いきなりエロ可愛いな17歳w お前にレインボーを聞いていてもわかるが、喜久子さんもいい人っぽいし。 いや、ラジオはそんなに好きじゃないな。 凡百の声優ラジオと対して変らないし。
2007/11/30(金) 23:34:07 | 特撮の軌跡
JUGEMテーマ:漫画/アニメ    第6回  「姉と妹の創立祭」  姉と風子を会わせよう。そうすれば二人は喜んで、風子が本当に妹かどうかもわかるはず。
2007/12/01(土) 23:32:44 | blue bleu
今回も冒頭からギャグを飛ばしまくっていたなぁ。 ヒトデパンをしっかりと描かれてたり変な再現映像も力入れすぎで頑張りすぎだよなぁ(笑)それでも本編崩れないのはさすがってとこ...
2007/12/02(日) 22:00:38 | 蒼碧白闇
ひとでパンを最悪だと言われて倒れ込む早苗のタイミングの良さは、志村けんのコントを思いだしてしまいました(笑)。 それも含めてこのアニメ、もうベッタベタなギャグをかましてきており、会話などでハズされたキャラが「ズッコケる」という絵面は70年代を彷彿させま..
2007/12/04(火) 00:15:36 | バラックあにめ日記
グッド。正にグッジョブ。京アニの底力が見えてきました。 なに勘違いしているんだ?京アニの本気はまだまだこれからだぜっ!
2007/12/07(金) 00:18:55 | 万聞は一見に足るやも
 イヤッほおおぉぉぉぉおおおおおうううううぅぅぅーっ!!!  岡崎最高ぅぅぅううううううう~!!!!!!!!ヽ(`Д´)ノ  小ネタが多いよ京アニ。  進行速度が一話と比べて...
2007/12/08(土) 23:32:40 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
あんぱん♪しょんぱん♪ かれ~~~~ぱ~ん♪             / : / : : : :/: : / :,: : : : : : :\: : : : : :\               / :.:/ : /.: /: : / :/: : : : : : : : :.ヽ : : : : : :ヽ ...
2007/12/10(月) 22:45:33 | ルーツ オブ ザ まったり!