Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
CLANNAD 第5回「彫刻のある風景」
 
 ……。


 やっ……ヤベェッ!!


 この人たちゃあ…マヂだっ!!



 マヂでこっちを泣かす気、満々ぢゃないかっ!!



 まあ…それは最初からわかっていた、と言えなくも無いですが…それにしてもですね、もうちょっと手加減とかですね、いや、それもしないことはよくわかっていますけれど…むぅ。結局どうして欲しいんだ>オレ。


 はは…結局、「どうして欲しいのか」なんて、自分自身が一番よくわかっていないモンなのかも知れませんねぇ…。
 
~~~

 今週の描写が私には、もう全てが全て、「近い将来に反転するための布石」にしか見えません。これは、先を知ってる原作体験者のサガとも言えますが…そういう展開に耐えるだけのクオリティを投入してきていることは、紛れも無い事実。CLANNADはこのアニメが初、或いは劇場版しか見たこと無い、という方は、風子の物語が一段落したところで是非この回も見直していただきたいと!きっと涙なくしては見れんですよ、これ。マヂで。

 風子中心のストーリーに入ったと思われる今話。いよいよ、いくつかの太い「幹」を描いていくフェイズに入ったということなのでしょう。Aパート冒頭の朋也・渚の二人を後ろから映すカットに配された赤の信号機が「渚本編の一時停止」を、そしてそのやり取りの最後で青に変わるそれが「風子編スタート」を表しているようにも思えますし…。

 でも、そんな中にも、全体を見据えて少しずつ配置されているモチーフもあるところがさすがです。本日はその辺から。


【近くでは見えないものたちへ】
「お前、他人のことだと、やたら一生懸命になるのな」

 いや、それ、お前のことだろ。

 …思わずそう言ってしまいたくなるような、朋也のセリフ。こんなところでも、朋也と渚には共通する何かがあるのですね。第2話のレビューの後半で、彼らが共通する「心から求めるもの・悩み」を持っていることに触れましたが、それが同じように原動力として働くのか、彼らは他人のことを放っておけません。自分と同じように壁にぶつかっている人に対して、彼らは「自分に対して」以上の熱意を注いで頑張ります。その熱意を、自分のためだけに使うなら、大概の障害は楽々と乗り越えられそうなのに…。

 人間とは不思議なもので、自分自身のことは一番よくわかっているようでいて、実は一番よくわかっていません。伊吹先生から「渚ちゃん可愛いですよね」と言われて「ええと、はっはっは」とか誤魔化している朋也とか、後頭部に延髄切りかましたくなるくらい朴念仁の塊ですし。自分自身や近くではなく、「少し遠くから見る」方が、よく見えるものってあるんですよね。

~~~

 その証左になるような、今回の大変印象的なカットが、夕焼けのベンチに座る二人を遠くから望む、ブランコ越しの風景でした。二人の会話がメインなのに、何故だか「ブランコ越し」のアングルの時間がやたらと長く取られています。動きが無くて楽だから?いやいや、それだけとは思えません。本当にそれが目的なら一切動かさないでいそうなものを、首を振る渚をわざわざ動かしているくらいですから、やっぱりこのアングル自体にも意味があるのです。

 風子の真意を掴みかねている二人のシーンでは、ブランコ越しのこのシーンはやたらと悲しげに映ります。「誰も乗っていないブランコ」をあえて重ねることで、一人で彫刻を彫り続けていた風子の寂しい心境や、それに向き合おうとしている渚たちの心境までが写し取られているかのようです。これはアップのみのカットだけでは得られない効果ですよね。

 更に。立ち上がって風子のために頑張ることを宣言する渚に、付き合うことを決める朋也のシーンで、もう一度この「ブランコ越し」アングルが登場するのですが…この時、この「舞台装置」は全く違った意味を突きつけてくるんですよ。並んだ2つのブランコが、ちょうど渚と朋也の二人に対応するかのように。今は誰も乗っていないブランコに、その向こうに見える「立ち上がった二人」が、乗って動き出そうとしているかのように。ブランコを動かそうとしているその二人自身が、それぞれ「今は空っぽの部分を内包している」ことを象徴しているとまで読んだら、邪推しすぎかもしれませんが…。

 ほぼ同じ構図の2つのカットが、全く違った意味合いを帯びて見える、ステキな仕掛けです。そして、「遠くから見ること」の重要性にも気付かせてもらえました。えへへ。

~~~

 もう一つだけ。風子いぢりに利用されている椋を見かねて、分厚い本を投擲した後に朋也に詰め寄った杏ですが…前にも似たようなシーンがありましたよね?それも、一度だけではなく、何度も…。

 妹思いの双子の姉。椋をいじめるヤツは容赦しない。それは確かに「真」であるには違いないでしょう。ですが、どうして彼女はいつも「近く」ではなく「遠くから」妹を見守っているのでしょうか。いえ、そもそも、杏が遠くから見ているのは、本当に妹の椋なのでしょうか?

 朋也が杏を見とめるのは、彼女が朋也のそばに来てから後、もしくは朋也に詰め寄るその最中です。彼は、杏のことを、遠くからこちらを見る杏のことを、見てはいません。近すぎると見えないもの、というのは、やはりあるのです。祐一が名雪さんの気持ちに気付かなかったことと同じですよね。←今回ここだけ


【その少女が欲しかったもの】
 「生霊なんじゃないか」ということで、Kanonにおけるあゆとの共通性が指摘されている風子ですが、今回の映像描写ではむしろ「真琴」に、そしてAIRにおける「みちる」に重なるものが見えていたように思います。早苗先生から、「ここにいる人たちはみぃんな、風子ちゃんのクラスメートで、お友だちなんですよ」と言われて、満面の笑みを見せる風子。Kanon 第7話ラストで家族の団欒に包まれた真琴が何かを感じるシーンや、AIR 第六話の中盤で母親と悲願の食卓を囲んだみちるが泣きながらの笑顔を見せるシーンと、相似形のものをこの描写に感じます。つまり、この描写は、「欠けていたもの、欲しかったものが満たされた瞬間」と思えるんですよ。

 表向きに明らかになっている「風子の目的」は、姉・公子の結婚をみんなに祝って欲しいということですが…今回ちょろっと漏らしたとおり、風子には自分自身の別な願いもあります。風子は寂しいんです。人との繋がりが欲しいんです。ある意味、そこには渚や朋也が求める願いとの共通部分があって、だからこの二人は前述のように風子を助けようと立ち上がったわけですね。また、美佐枝さんに関する「構って欲しいラグビー部員」のエピソードが挿入されたのも、「構って欲しい人」が他にいることを連想させます。

 そんな風に「人とのつながり」を求める少女を満たすべく、拡げられていく知り合いの輪。豊かに拡がっていくそれは、Kanonで佐祐理さんが語ってくれたあのセリフを思い出させますよね。いや、もう、これだけでご馳走様でしたってな感じですが…ちょっと待てよ、と。

 真琴はあのシーンの後、ストーリーが進むにつれてどうなった?みちるはあの食卓のシーンで幸せになって終われたのか?この記事の冒頭で「ヤバイ」と連呼していた理由がここにあります。もちろん、私自身は「原作ストーリー」を知っているわけですから、耐性もあれば覚悟も可能なはずなんですが…今の段階でこんな高クオリティのものが来るってことは、その後の大変な事態を予想させるわけでして…。

 この擬似授業では、「風子が一人であること」を強調するかのような演出が多用されていました。話を進める朋也たちをよそに、この雰囲気を感じて一人だけで笑う風子のアップ。自己紹介の時、あえてぽつんと座っているかのような、ロングショットの風子。それらはもちろん、その後のシーン~風子一人の席からカメラを引いていって、拡がっていくつながりを表すかのようにフレームインしてくる「クラスメートたち」~を強調するためのものでもあるのですが…。

~~~

 古河家に泊まることになる、というオリジナルの展開(*)も、風子が得る「人とのつながり」をより広いものにする効果が得られていると思います。一家総出でヒトデを彫る古河家は、原作には無かった味わいを追加してくれまし…あれっ?ヒトデ?

 これ、星かと思ってたらヒトデでしたーってだけの、ただの「ギャグ的アイテム」でいいのか?これが「星ではなくヒトデである」ことの必然が、何か込められていないか?AIRで聖のシャツの「通天閣」が、「天を目指す建物~空を目指す少女たちの暗示」であったのと同様に、風子の願いを示すものだったりはしないのか?

 ヒトデ=人出・人手

 恥ずかしながら、今回の古河家の描写を見るまで、全くこの可能性に思い至りませんでした。そうですよ、風子が欲しいのは「人出」であり「人手」なんですよ。姉の結婚式には多くの参加者、「人出」を。自分の周りには、豊かな人のつながり、連なる「人の手と手」を。彼女の願いは、表向きのものも内向きのものも、全てが彼女の愛する「ヒトデ」というアイテムに象徴される形になっているのです。


 かーっ。


 やられたよ!原作をプレイして3年余り、それに全く気付かないままでいた自分の不明を恥じるとともに、そのことをたった一話の映像だけで気付かせてくれた京アニに大感謝ですっ!



 今回は(…いや、今回「も」、かな?)大変な難産でしたが、こんなにたくさん書けました。他にも、派手なツッコミや軽快なテンポが光っていた回であるなぁとか、古河夫妻に風子を紹介する時の「子どもを放っておいて旅行に出かけた親」というモチーフが、KanonのあゆやAIRの晴子を思い出させる一方で、「子どもを放っておく」「旅行」と切り離した時には原作体験者に「ある解」を導き出させる方程式だよなぁとか、顔を赤らめて話す藤林姉妹の可愛らしさと、朋也の横で顔を真っ赤にして「ボーイフレンド」を否定する渚の愛らしさとではどっちが上だろうなぁとか、語り足りない部分は色々あるわけですが…。

 とりあえず、一番語り足りないのは、名雪さんについて、かな。…もう、これ以外では記事を上手く締められない自分がとてもいじらしいです。とりあえず。

(*:お泊まり展開はオリジナルではなく、原作にもあったような?というご指摘がありました。一応、原作のテキストから「磯貝さん」を検索して確認したつもりでしたが、お泊まり自体はあったかもしれません。私自身が全てのモチーフをプレイして確認したわけではないので、念のため「この部分がオリジナルであるかどうかはしっかり検証出来ていません」ということで、ご了解下さい。)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 三谷幸喜のオリエント急行殺人事件を見た。 (2015/01/13)
 キバ7話「讃歌・三ツ星闇のフルコース」 (2008/03/10)
 甘城ブリリアントパークを京アニが (2014/01/22)
 寝言 (2005/06/13)
 ウルトラマンメビウス 7話「ファントンの落し物」 (2006/09/30)
 リトバス 第5話「なくしものを探しに」 (2012/11/05)
 ん?!これって… (2007/05/05)

テーマ:CLANNAD - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
ため息ですわ
ふぅ…
第5回自体も大満足の素晴らしい回だったと思うわけですが。
冒頭「信号機」から、「やられた!」の連続ですわ…
人手はなんとか自分も触れたものの。

や。「3週遅れでも読んで良かった」
そう思うわけなのです。

ふぅ…(「ふぅちゃん」だけにね!)

あははー。
ばいにーです!
2007/11/23(金) 06:06:08 | URL | たこーすけ #luvxoLW6[ 編集]
そうだそうだ
信号機の描写は、Kanon1話や13話など、「間」を制御する小道具としてよく使われているな、と思っていたのですが、うまく言葉にならなくて。
今回のレビューを読んで、思わず膝を打ってしまいました。そうそう、これこれ。

今回の授業シーンは本当によかったです。ああもう、先が気になって気になってw
2007/11/23(金) 07:23:12 | URL | みすぼらしい男 #VDYXUEso[ 編集]
やっぱり空が・・・
 AIRやKANONのときも思ったのですが、キャラが心の内を話す時にさりげなく挿入される空のカットがとても綺麗ですね。キャラの気持ちを代弁してくれてるような・・・。AIRのときほどスポットが当てられてないのは仕方が無いのですが、ホントにうまいです。公子さんのシーンとか・・・、ホントにやばいです。AIRでも美凪とみちるの出会い、夕立のシーンで鳥肌が立ったのを思い出しました。
2007/11/23(金) 08:50:39 | URL | u-suke #-[ 編集]
ナユキストは見逃さない
てりぃさん、こんばんは~

相変わらず読んでると新たな発見があるから楽しいです!
読み直してみると、最新第8話と、来週の第9話に繋がる布石がいっぱいあったのだという事を再認識できて、京アニよくやるなぁ~と感心しきりです。

>祐一が名雪さんの気持ちに気付かなかったことと同じですよね。←今回ここだけ
あ、なるほろ~
CLANNADはKeyキャラの集大成だとは思っていましたが、名雪ポジションにくるのは杏だったのですね(オィ
武器用なところとかもそっくりだし(マテ

では、失礼致します~
2007/11/24(土) 02:34:06 | URL | maharia #-[ 編集]
「お前等、CLANNADというアニメを知っているか?
 お兄さんは今猛烈に楽しみにしている。
 CLANNADが是が非でも見たいんだ」
(TV版AIR第1話、国崎往人のセリフより)
やっぱり、てりぃさんはナユキストセットォ!ですね。

話が風子メインになっても
相変わらず笑かしてくれるとか、
まさにてりぃさんが言うように
「反転するための布石」なんでしょうね。
…まぁ前2作見てれば笑いながらも
「きっともうすぐ泣かしてくるんだろうなぁ…」
という予想ができますので、なんとも…。
つーか、ヒトデ1つ取っても
ただの笑いのためのアイテムでないなんて…。
イヤー、もうここまで見せられると来週
(というかこのコメントかいてる時点では数時間後ですが)
も期待せざるをえませんね。
てりぃさんのレビューも含めて。

CLANNAD公式サイトに年末の番組休止情報が。
BS-以外は2週間分休みというわけですか。
BS-はKanon同様、休み無しですね?
いやっほぅー!BS-最高!
それでもまだ遅れt(略)
2007/11/29(木) 11:32:01 | URL | つちむ #-[ 編集]
遅れレスのある風景
大変遅くなりました、申し訳ない。

>たこーすけさん

>ため息ですわ

やったー!たこーすけさんにため息を出させたぞー!(←何キャラ?

お褒めにあずかり光栄です。それと、「3週遅れでも読んで良かった」とか、すんごく励みになってますよ。ありがとうございます。


>みすぼらしい男さん

>思わず膝を打ってしまいました。

やったー!みすぼらしい男さんに膝を打たせたぞー!(←だから何キャラ?

「間」を制御する小道具、という言い回し、素敵ですね。今度どこかで使わせてもらおうかしら?みすぼらしい男さんも、いつも色々とありがとうございます。


>u-sukeさん

>公子さんのシーンとか・・・、ホントにやばいです。

レビュー中には書けなかったのですが、あの夕焼けのシーンと、あのシーンの夕焼けは、どちらも実に良いですね。空に思いを馳せる時、というのは、やっぱり「特別な時間が流れている」ということを強く思わせてくれます。

AIR、時間を作って全部再視聴したいといつも思っているんですが…根性が足りないのでしょうか。でもね、いつかはって思ってるんですよ!


>mahariaさん

>ナユキストは見逃さない

いやいや、結構見逃してますけどね。見逃さないって断言出来そうなのは名雪さんくらいのモンです(笑)。

mahariaさんにも励まして頂いて、ホントに感謝しております。そっか、そちらはもう第8話なんですね。既に先を見ていらっしゃる方に、変なこと書いてるって思われないかとか、結構こちらは戦々恐々なんですけど、おかげさまで楽しんで頂けているとのことで、嬉しいやら有難いやらです。

>名雪ポジションにくるのは杏だったのですね(オィ

…結構大マジにそう思ってますが何か?(爆)

特徴はまるで異なる二人ですが、「誰かのために自分の恋心を押し隠そうとする」という点においては、ぴったり同じ位置に立っているのではないかと思います。そういうのに弱いんです、自分。嫁にもそれでコロッと行きました(爆)。


>つちむさん

>「お前等、CLANNADというアニメを知っているか?
> お兄さんは今猛烈に楽しみにしている。
> CLANNADが是が非でも見たいんだ」

だが残念だが地元では放映してない。
そこで、だ!
さあ、楽しい動画共有サイトのはじm(ばき

つちむさんも励ましありがとうございます。

>「きっともうすぐ泣かしてくるんだろうなぁ…」

あはははは、それって、泣かせてくれるのを待ってるのかどうなのか、微妙なとこですねぇ。自分、「泣きに行く」というのは嫌いで、でも「泣かせてくれるのがスキ」というあまのじゃくなので、ガチガチにガード固めてても綺麗に全装甲持って行かれるようなのが希望です(笑)。

>BS-はKanon同様、休み無しですね?

らしいですね。3週遅れだったのが、一気に1週遅れまで縮むなんて、想定外もいいとこです。最速組の皆さんとも辛うじて絡めるようになるのかな?これはまたなかなかに楽しみでございますね。
2007/11/29(木) 22:36:52 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1778-9a896dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
こんばんは、たこーすけです。 TBのお返し、コメントのお返事が遅くなっていて申し訳ありません!もうしばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。 「CLANNAD」第5回を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。 原作ゲームは未プレイです。 ええ
2007/11/23(金) 05:51:06 | たこーすけの、ちょろっと感想
5回目にして早くも個別ルートに突入。Kanonでは7話Bパートからでしたから、少し早めのスパートだと思えます。 京アニKanon7話のBパート、「残光」のBGMをバックにした深夜の団欒は...
2007/11/23(金) 07:07:09 | みすぼらしいぶろぐ
おはようございます。何故か本日5時に起きてしまいました。目も冴えてしまったのでCLANNAD第5話の感想いきます(なんじゃそりゃ) 風子が本物か知るために風子の家に行く朋也と渚。そこで風子の姉である公子と出会う。 朋也のことを彼氏かと聞かれてきょどりまく
2007/11/23(金) 07:22:15 | !!填装力活
秊 前半、良い感じのコメディだな、と軽く楽しんでいたら、後半の風子教室でドカンと来ました。 とにかく画面作りの凄さ。 教室に入ると騒ぐ周囲を全く無視して、カメラは風子一人をアップで執拗に捉えます。 極端にコントラストの付いたライティングで、..
2007/11/23(金) 09:32:22 | バラックあにめ日記
朋也くん・・・すごく生き生きしてるよね。 っていうか、キレのあるリアクションを見せたりと、めっさノリ良いよね。 ツッコミ、リアクション共に春原にも負けてませんww 風子マスターへまた一歩近づき
2007/11/23(金) 10:18:56 | たまにもゆる
うーん、書き尽くしたように思ったんですけれど…まだまだ、書きたいことがいっぱい出てくるものなんですねぇ。 16:9版を観ました。その感想などを…。
2007/11/23(金) 13:25:47 | 丈・獅子丸の咆哮 (新館)
CAUTION -チュウイ- トップページにはTBS視聴分のレビューがあります。/  今週はネタも面白く、テンポも良く、笑いっぱなし。
2007/11/23(金) 14:33:03 | おカネの錬金術師の錬成日記
風子が幽霊であると思ったらなんだか朋也は疑ってる様子。主人公でツッコミ役が疑ってると風子は幽霊ではないのかなと思ってしまうのだがどうなんだ?誰にでも見えてる時点で確かに...
2007/11/23(金) 19:14:18 | 蒼碧白闇
いよいよ特定キャラのルートに入りました。 シリアスなシーンでは京都アニメーションが本領発揮、さすがの仕事っぷりを魅せてくれますね。 (以下原作のネタバレありまくります)...
2007/11/23(金) 23:03:51 | 万聞は一見に足るやも
EDって子供向け番組で流れても全然違和感ないよね 渚から伊吹先生の妹は寝たっきりである事を知らされた朋也は実際に行くことに。 「まだ妹にしか言ってないはずなのに・・・」 しかし実際に秋子さんのところ
2007/11/23(金) 23:23:05 | 特撮の軌跡
もう、生霊でもいいんじゃね? 今週も始まりました。 前回幽霊?生霊?疑惑が持ち上がった風子。 事の真相を確かめるため、朋也と渚は風子の姉、公子さんに合いに行きます。 本...
2007/11/24(土) 02:16:25 | 中濃甘口 Second Dining
「CLANNAD」の第5話を見ました。 <感想> 何じゃこりゃぁ!渚が照れる姿が可愛すぎるゾ!! 風子や杏、早苗さんという強敵に真っ向から立ち向かう我らがヒロイン。こんな反応する女の子ってこの世にいるんでしょうか?偶然見つけてお持ち帰りしても情状酌量の
2007/11/24(土) 10:44:06 | じろグ!
渚から伊吹先生の妹は意識不明で眠ったままである事を知らされた朋也は伊吹先生の家に実際に行くことに。しかし実際に秋子さんのところに行ってみると結婚するという事実は妹にしか言ってないという。しかもその「妹」はまだ寝ているという、風子は姉の秋子さんに会いに行...
2007/11/24(土) 12:06:12 | 脳力UPとゲーム・アニメ・癒しで 全体アンチエイジング生活
照れてる渚が可愛くて仕方がないw てなわけで風子ルートに入ったCLANNAD第5話。
2007/11/24(土) 14:09:05 | 全て遠き理想郷?なブログ
 まさかこのまま風子マスターへの道をやってくれるのか京アニ(*´∀`*) と、腹筋が捩れてしばらく悶絶しながら歓喜に転がりまくり。  あ~・・・も~・・・・  あ~・・・も~・...
2007/11/24(土) 17:54:37 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
「CLANNAD -クラナド-」 このTVアニメCLANNAD。まずは風子シナリオのようですね。 それは自分の場合、PC版ではあまり感情が高まらなかったのですが、 しかしPS2版では逆にそうじゃなか...
2007/11/24(土) 21:09:01 | 空色なおれの日々
これまで各ヒロインの話を平行して描かれてきていましたが、今回からはヒロイン個別ルートに突入、まずは風子編から。 果たして朋也は風子マスターになることができるのか!?(違)
2007/11/24(土) 22:34:01 | R-30のオタクな部屋
今回は、と言うより前回から風ちゃんコースに乗ってしまったようですね。 でも… その分、風子分、増量中でした。 それに、風ちゃんが彫っていた彫刻の正体が“星”ではなくて“ヒトデ”であることがようやく判明! そして風子ちゃんが入学式の時に交通事故にあったのは2...
2007/11/24(土) 22:45:56 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
※以下には、京都アニメーションの「CLANNAD」5話までの内容が含まれています。 アニメのネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。 ※画面比率「4:3」視聴時の感想です。
2007/11/25(日) 03:52:46 | りとまて
 CLANNAD  第5話 『彫刻のある風景』 感想  岡崎朋也: 中村悠一  古河 渚: 中原麻衣  藤林 杏: 広橋 涼  藤林 椋: 神田朱未  坂上智代: 桑島法子  ...
2007/11/25(日) 19:04:38 | 荒野の出来事
最悪です!            ,   - ――――-          -<: : : : : : : : : : : : : : : : :\/:\       /: : : : : : : /`ヽ: : : :_;ヘ/⌒`く: : : :\      /: : : : :...
2007/11/25(日) 23:07:40 | ルーツ オブ ザ まったり!
  第5回 「彫刻のある風景」  風子は事故に遭った少女の霊らしい。信じられない告白に朋也と渚は驚きつつも、彼女の願いのために動き出す。 CLANNAD 伊吹風子 (1/8スケールPVC塗装済み完成品) 風子のフィギュア。ヒトデ持ってます。
2007/11/26(月) 22:02:29 | blue bleu