FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
天元突破グレンラガン 最終話「天の光は全て星」
 オレは!第22話のレビューの末尾で!確かにこう書いていた!

今までは「ニア、ひょっとして死んでしまわないだろうナァ?」って不安が常にあったけれど、上記のことに思い至った以上、二つに分かれたものを二つのまま終わらせることはあり得ない!と私は思います。信じてながら応援して待ってますよ、スタッフの皆さま。


 …ああ。何故に。何故オレは。「死と合一とを両方描いてくるのではないか?」ということに思い至らなかったのか…。そうなんだよ。作中でも語られた通り二重螺旋が「死んでいった者たちとこれからを担う者たちとの螺旋」になりうる以上は、ニアの死も、取り戻される瞬間の喜びも、シモンにとっては同一のものとして紡がれることに思い至らなければならなかったんだよ…。

 でも、そんな私自身の無念は超越したところで、ニアは笑って旅だっていきました。シモンも笑って彼女を送り出しました。カミナの死を慟哭し一度は世界を呪いかけた少年が、今はニアとの永遠の別れを笑顔と共に受け入れて明日を見ることができている…これは、恐らく、「現実」という厳しさを生きていく私たちへのエールであり、この上ないハッピーエンドなのだと、私はそう思いました。堂々の完結と言っていいでしょう!ありがとう、この作品に関わった全ての皆さま!
 あの第11話、カミナの死に迷ったシモンの復活の際に使われ、心にねじ込まれるような強烈な印象を残した挿入歌、「happily ever after」を覚えておいででしょうか?(MAXI・空色デイズ、もしくは間もなく発売される天元突破グレンラガン BEST SOUNDに収録)劇中では使われなかった2番の歌詞には、このようにあります。

呼吸と同じ数だけ泣いたその後に
待ち受けてたのはこの先永遠に続く
君なしの世界


 何という慟哭。こんなに強烈な哀しみと絶望に彩られた詞は、なかなか読めるものではありません。「永遠に続く君なしの世界」とあることから、恐らくこの詞の主人公が思った「君」は自分の前から、この世から、永遠に去ってしまったことがわかります。劇中では使われなかったとは言え、激しい慟哭の様子などから「これはカミナを失った時のシモンの歌なんじゃないか」という風に想像していたわけですが、でもそれだとわからなかった部分があるんですね。それが、サビの最後なんですが。

今だってきっとまだ間に合うはずだから
願いはたったひとつ


 「間に合う」ってどういうことなんだ?と。死んだ者が生き返るわけはないのに。「永遠に続く」って歌っているわけですから、この主人公もそれはわかっているはずです。それなのに、まだ間に合う願いが、たったひとつある、と。どこまでも深い哀しみも後悔も乗り越えて、それでもまだ願う世界があるなんて…。

 もしも。この歌詞の主人公が本当にシモンなのだとすれば。今回の最終話を見て、ようやくそれが判った気がしました。それは「世界を破滅から守ること、子ども達が笑って暮らせる世界を作ること。それこそがカミナの望んだ道でもあり、自分のドリルが進む道でもある」ということなんじゃないか、と。

 その後も続いた仲間達の死が、そして取り戻そうと足掻き続けてようやく辿り着いたニアの消失が、シモンにとって悲しくないわけはありません。ロシウを死の淵から救おうとしたシモンに、死の重みが、人の命の重みがわからないはずもありません。それでも、彼は、そこでは挫けなかった。ニアとの別れも、笑顔で受け入れた。それは、悲しい出来事の後でさえ願いを紡いでいけることを、彼がもう学んでいたからではないでしょうか。

 個々の死は、もちろん悲しい。でも、生命は決して終わらない。世界も止まらない、止めさせはしない。だから、年老いたシモンは空を見上げ、こう言うのです。

 「天の光はすべて星だ」

 そこには、数限りない生命が暮らしています。どこまでも願いを綴ったその先に、彼の夢見た光景が、満天に広がっていたのです。天井を突き抜け、空に向かってどこまでも道を切り開く運命を担った男。アバンでのナレーションの意味も含めて全てが一つのものとして繋がる、美しいエンディングだったと思いませんか?



 銀河サイズのロボットが、銀河を投げ合うような戦いを繰り広げる、というのは、出鱈目です。いや、今回に限らず、この作品には数多くの「理屈に合わない出鱈目」が満ちています。カミナのセリフよろしく、無茶を通して道理をけっ飛ばすのが信条なようですから無理もありませんが…でも、それがどうであるかは、実のところ大した問題ではないのです。恐らく真に言いたいことは別にあって。「悲しみで歩みを停めちゃいけない」というのが、そのうちの一つのパーツだったような気がするんですね。ちょっとずつでも、ドリルは進むのですから。前を向いて掘り続けようと、願い続けることが出来るなら。

 今一度、この作品と、制作に携わった皆さまにお礼申し上げます。こんなに素敵な作品を、どうもありがとうございました。出し手受け手を問わず、この作品に情熱を注がれた全ての人の、終わりなき螺旋の未来に、幸多からんことを。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 氷菓第11.5話を半年ぶりに見て。 (2013/01/13)
 残り一週となって (2006/01/15)
 ヤマト完売。(約4時間ぶり本日二度目) (2013/01/12)
 キバ8話 (2008/03/16)
 中二病でも恋がしたい! Extra Epi.「煌めきの…聖爆誕祭」 (2013/07/01)
 「となりの801ちゃん」公式ページオープン! (2008/08/20)
 ヤマト2199最終章鑑賞より帰還。 (2013/08/24)

テーマ:天元突破グレンラガン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
自分はあのエンディングを見たとき、
「なんだよ~!あの第一話アバンと繋がって無いじゃん!」…と不満だったのですが。
某掲示板での「あのアバンはスパイラル・ネメシスを起こしてしまうバッドエンドで、あのエンドを回避したエンディングが最終話」という説に目からウロコが落ちた思いでした。
…そうか、だから「天の光は全て敵(第一話アバン)」と「天の光は全て星(最終話)」なのか!って。
どちらにしろ、良い作品でしたよね。グレンラガン。
レビューお疲れ様でした!
2007/10/01(月) 23:01:15 | URL | 通りすがりの者 #r1C70W1Q[ 編集]
なるほど
>通りすがりの者さん

第一話アバンのセリフ、すっかり忘れていました(爆)。

そうですよね、最終話と対称性を持たせてあるんですよね。仰るように「あり得た未来の可能性の一つ(バッドエンド)」だったのかも知れませんし、他にも「かつてアンチスパイラルの下までは辿り着いたものの所詮はそこで息絶える運命だった、シモンたちとよく似た過去の別な螺旋族の姿」という解釈もあるようです。いずれにせよ、なかなか深いものですよね…。最初からそういう仕込みをしてあったんだなぁ…。

ともあれ、この作品はなかなか得難い嬉しい出会いでした。慰労のお言葉、感謝です。
2007/10/03(水) 00:09:58 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
遅れながら私も目からウロコが落ちました。
通りすがりの者さんと同じように第一話と繋がってないことに気づいており、尚且つ第一話のセリフとの対称性にまで気づいておきながら、この可能性についてはまったく思い浮かびませんでした。そう考えると一見ぱっとしないシモンのその後を描いたエピローグが本当にグッドエンディングに見えてきます。
2007/10/07(日) 19:53:22 | URL | あるかさ #9WAugNKs[ 編集]
AIRとも共通性があったり
>あるかささん

>ぱっとしないシモンのその後を描いたエピローグが
>本当にグッドエンディングに見えてきます。

ほとんどのケースではBadなループになってしまうものが、ちょっとしたこと、ほんのわずかの違いによって奇跡的にGood側に突破した、というような感じを、視聴中のグレンラガン本編から感じていたんです。大多数のBadは、アンチスパイラルの前に倒れてしまった数限りない螺旋族たち。奇跡的なGoodは、本編の最終回に至る展開。そうだとしたら、これってAIRが目指していた部分とかぶるんですよね。いや、だからどうだという話ではありますが。

ま、そんなところも、ちょっと楽しみどころだったかな、とかまたぁりと振り返ってみている、というお話でございます。
2007/10/10(水) 01:39:11 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1689-b596137e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★★★★★★★★★★(10) 完・全・燃・焼!! 最初の全員の名乗りから鳥肌立ちっぱなし! 息をつく暇もない怒涛の30分。凄い物を見させていただきました。 ドリルというガジェットがこの作品において大きな意味
2007/10/01(月) 08:25:05 | サボテンロボット
なかなか楽しく観られました。 後半から力が入りっぱなしで、戦闘シーンが終わったら肩が凝ってましたよ(笑)。 注目していたアンチスパイラル側の論理は、「お前は間違っている」で切って捨てられたのが残念。 そして、「何だか解らないけど映像の力でその気になっ..
2007/10/01(月) 09:51:03 | バラックあにめ日記
「これは自分の運命を知らなかった一人の男の人生の物語…今、男は自分の運命を知り、愛する女と、友と、まだ見ぬ明日のための最後の戦いが今、始まる!」「アンチスパイラルとの最後の戦い、最終決戦!!」「天元突破グレンラガン最終話天の光はすべて星」「因果の輪廻に...
2007/10/01(月) 10:25:08 | 翔太FACTORY+Zwei
天元突破グレンラガン 4 捕らわれのニア。だが、男は現われた、そう約束通り・・・。そして始まる!まだ見ぬ明日のための最後の戦いが!!
2007/10/01(月) 11:26:39 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
…言葉にならない。感想と総括はあと10回見た後で。今の気持ちを絵に乗せて。苦しくて涙が止まらない。〔天元突破グレンラガン〕27話(最終話)〔天の光はすべて星〕 illust-ニア。---2007.09.30.18:20up---
2007/10/01(月) 16:45:32 | くろぬこillust自由帳【KuroNukoMatryoshka】
天元突破グレンラガン   評価:4.0   [ロボット ドリル]   テレビ東京系 : 04/01 08:30~   監督 : 今石洋之   シリーズ構成 : 中島かずき   キャラデザ : 錦織敦史   メカデザ : 吉成曜   アニメ制作 : GAINAX   全26話   http://w...
2007/10/01(月) 17:00:21 | アニメって本当に面白いですね。
「なめんじゃねぇ!時間だろうが、空間だろうが、多元宇宙だろうが、そんなこと知ったことじゃねぇ。てめぇの決めた道をてめぇのやり方で貫き通す。それが俺達、大グレン団だ!」 「因果の輪廻に囚われようと!
2007/10/01(月) 19:19:51 | リリカルマジカルS
中編・後編はこちらドリルが描く螺旋の神話も、ついに最終章・・・いきなり神曲からスタート!!グレンラガン!!アークグレンラガン!!超銀河グレンラガン!!因果の輪廻に囚われようと!遺した思いが扉を開く!!無限の宇宙が阻もうと!!この血の滾りが運命(さだめ)...
2007/10/01(月) 19:20:23 | 翠蛇の沼
シモンの物語、ここに完結。 ずっとナレで繰り返し語られたようにこれはシモンの生き様の物語でした。 無理をぶっ飛ばし、天を突くドリルを持った男の戦いの…。 見事な最終回でした! 完全燃焼&完全決着。 とことん
2007/10/01(月) 20:24:16 | SERA@らくblog
とうとう「天元突破グレンラガン」も最終回 ある者は自らの抱く想いの為に、ある者は守るべきものの為に 戦い抜いた戦士達。そして始まる最後の戦い!!!
2007/10/01(月) 20:56:22 | R-30のオタクな部屋
開始3分で(´;ω;`)ブワァッ!! 最終話を観賞しました~^^
2007/10/01(月) 22:35:10 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
続き読む? (※ネタバレあり)
2007/10/02(火) 22:53:52 | ブログ 壁
2クールなんてあっという間だったなぁ。 今週で最終回だなんて思いたくないぜ! 最終回ってことでキャプ感想の方も天元突破しちゃいましたよ(え 開幕から劇画タッチのニアがかっこよすぎでしょ! ついにア
2007/10/03(水) 11:22:56 | おもちやさん
熱い戦いでした(`・ω・´) シャキーン  朝から物凄い勢いのバトルでしたwもう既に理解するんじゃくて感じとれな世界でしたが、それでもとても面白かったですwww BREAK THROUGH THE DREAM 以下ネタバレです。
2007/10/03(水) 18:52:06 | 欲望の赴くままに…。
アンチスパイラルとの戦い 映像が凄すぎ。 将来DVDかブルーレイ辺りを大きいテレビで見直したいものです。 あと上川さん上手。 マトリョーシカ? 一番でかい奴から(名前何?)天元突破グレンラガン→超銀河→アー
2007/10/04(木) 22:20:51 | 駄文とか駄文とか駄文とか
もう、最高ですっ! 結局半分くらいしか感想書いてないグレンラガンですが、 最後くらいはちゃんとに書いてみましょう。 てーかこの番組、よくここまでちゃんとまとめたなぁ・・...
2007/10/04(木) 22:47:02 | 中濃甘口 Second Dining
【公式】 グレンラガン最終回!!もう熱すぎました。最終バトルはもう「ここまで動くのかっ!」っていう勢いで動きまくり。 グレンラガン&グレン団登場。皆乗っててまさにこのアニメを象徴してます。ニアもシモンと一緒に。ここでアンチスパイラルの星とか謎とかも明...
2007/10/05(金) 00:21:44 | 48億の個人的な妄想
ニア~~。+゚(゚´Д`゚)゚+。
2007/10/06(土) 02:43:36 | 空色☆きゃんでぃ
最終話「天の光は全て星」  ギニャァァー!!  オレの白ニアタソがシモンと結婚して、しかも、チチ、チュー……!!  シモンヌッコロ……!!  とか思っていたらイキナリ泣き展開……。  イヤ、それやったら、結婚
2007/10/06(土) 22:39:29 | 少年カルコグラフィー