FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
電脳コイル 第17話「最後の夏休み」
 えーっと。ゴメン、先週のと同じ事書いてイイ?


 神脚本と呼ばせて下さいお願いしますこのとーりっ!


 前半のどこまでも物静かな思い語りと、後半の久々ド派手バトルとが、ラストシーンで正反対の方向からピタッとはまるこの妙!アッ!て言わされちゃいましたよ、恥ずかしくも!もちろん、脚本も素晴らしければ、そこまで持っていく演出や絵作りもまたとにかく素晴らしいとしか!サブタイの、「最後の夏休み」というほんの短い一言に、前半では過ぎ去りゆく季節の物寂しさや切なさを当てはめて見せ、しかしその同じ言葉が後半においては「ハラケンが自ら区切った期限」という意味合いに反転してしまい、どこまでも切迫していく空気が「踏み出してはいけない一歩を踏み出すハラケン」までエスカレートしていくこの展開はどうですか!脚本、絵作り、音楽がものの見事に美しく合致して、最強タッグとして毎週攻め寄せてくるんだもの、そりゃもうこっちは負けっ放しですよ!

 結論としては、早く次を見して下さいお願いしますこのとーりっ!
 
~~~

 「イサコ」と「ハラケン」。そりゃ、イサコはかなり前から、アブない橋を渡る理由が何かあるんだろうと、そういうことを匂わせてはいましたし、ハラケンはハラケンで、未だにカンナのことを引きずっているんだろうし、その内向きの動機が先々に大きく展開しそうだとも思ってはいましたよ。でもね。こんな風に重なるとは思ってなかったのよ。ほんの2週ぐらいの展開で、「両者が同じ種類の闇~アッチの世界へ行ってしまった親しき者への思い~を内に抱える存在である」ということをね、これほど自然な納得感ある見せ方で示してくるとは、こっちは全然思っていなかったわけですよ!ああ!そうだったのか!してやられた!って感じで。

 しかも、まさかのサッチー5機投入で、配下のヤローどもも視聴者も完ッ全に裏切るという切羽詰まるシーンの直後、イサコの1年ぶりの雪辱戦も万事休すか?!というところに現れるハラケンなんて…またやられた!ってなモンでしょ。ああっ!この時のためにハラケンには「サッチー制御可能」という設定が仕込まれていたのか!と悟るに至り、天を仰ぎながら、あたしゃ心の中では自然と頭を垂れていましたね。すいません、降参です、と。ここに来るまでのパーツもキャラ設定も、全部当初からの仕込みでしょ。なんって卑怯なんだ!ステキすぎますもっとやってください。←変態?

~~~

 同じ音の名を持ちながら、ヤサコとはあらゆる面で対照的なイサコ。そして、同じコイル探偵局のメンバーであり、普段から仲間としてヤサコと行動をともにするハラケン。前者は「全く異なるが故に自分自身が浮き彫りになる」という逆説的な意味合いでヤサコに最も近い存在ですし、後者もまた「自然に惹かれていく異性」という点でヤサコにとり近い存在だったはず。しかし、イサコに対しては先週の通り踏み出せず、ハラケンに対しては自分の想いを伝えかけはするものの、その声が実は相手には届いていなかったことが今週の後半でわかってしまい。ヤサコにとり、「近くて遠い存在」のこの二人が、同じ過ちに向かって踏み出そうとする時、ヤサコはただ傍観していることしかできないのでしょうか。それとも、その二人に何かをしてあげられるのでしょうか。もちろん、今週は多くを語られませんでしたが、ヤサコ自身が抱える「4423」への思いも、先行きがどうなるのか見逃せません。

 それにしても、「心を開こうとした相手に、実際は心を開かれていなかった」ことがわかってしまったヤサコはとってもかわいそうなんだけど、一方ではその「一貫したキャラクター作り」が垣間見えて唸ってしまいました。よく描かれているなぁ、こんなにパッと見は地味なのに。こういう気持ちのすれ違いについては、そもそも人ってそういうものだ、とも思いますが、だからこそヤサコは視聴者の映し身となる主人公なんですよね。ちょっと陰る夏の日の中で自覚した淡い想いとか、でもそれが受け止められてなかったとか、もー色んな意味でやりきれません。

~~~

 来週にはDVDもついに発売になりますね。アナログ地上波だと4:3の画面が、DVDでは遂に16:9で見られると聞き、とうとう予約を入れてしまいました。更には、限定版だと5.1chサウンドが堪能できると聞いてつい…。以前フルメタTSRでも同じ苦渋の選択をした記憶があるけれど、今回もまた「この出来なら惜しくない!」とルビコン川を渡る決心をしました。つーか、永久保存作品だろ、常識的に考えて…。

電脳コイル 第1巻 限定版
電脳コイル 第1巻 通常版
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 小鳥遊六花・改で明らかになったところとか (2013/09/14)
 TV版CLANNAD制作開始! (2007/03/16)
 ダリフラ 第13話「まものと王子様」 (2018/04/13)
 小林さんちのメイドラゴン見てます (2017/01/21)
 リトルバスターズ番外編届いた! (2013/11/21)
 電王29話 (2007/08/19)
 明日からWOWOWで「劇場放映版」のヤマト2199が! (2014/04/05)

テーマ:電脳コイル - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1678-3d854a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カンナの事故の責任に今も責めさいなまれるハラケン。 幻を追い消えそうな危いハラケンを、ヤサコは引きとめようとする。 もっと楽しもうよ、最後の夏休みを――。 今回はイサコとオバチャンのハデな電脳バトルもありま
2007/09/23(日) 02:31:51 | SERA@らくblog
カランカランシャキン「マスタ達が忙しいので代役です」「なの」モフモフモフ「電脳コイル第17話最後の夏休み」「ハラケンがサッチーのアクセスコードと引き換えにイサコに向こうへ連れて行ってくれと頼むのだけど」「…サッチー何体いるの?」「ハラケンの汗から嘘の味が...
2007/09/23(日) 08:19:51 | 翔太FACTORY+Zwei
電脳コイル17話ですが、気づいたら後10話なんですよね。はやいものです。 思えば今まで外れの無い内容ばかりでしたので、この後もラストに向けて 1話たりとも見逃せない濃密で怒涛の展開が期待できそうですね。 ただ1つ不安があるとすれば・・・これで大丈夫だ...
2007/09/23(日) 10:08:09 | よう来なさった!
17話ですよ。 電脳メガネ欲しいなぁ。
2007/09/23(日) 10:25:00 | dequal日記
'''小学生最後の夏休み…''' だから電脳メガネなんかで遊んでないで青春しようぜ!みたいな雰囲気になったヤサコとハラケンw {{{おいおい何だよこの「大人の階段昇っちゃおう」みたいなム~ドはwww }}} いつの間にか相思相愛って感
2007/09/23(日) 10:25:43 | 時空階段
学校での肝試し以来、ハラケンはカンナの夢を見るようになったようです。ハラケンは、カンナの魂が今もどこかにとどまっていて、苦しみ続けているのではないかと思っているようです。...
2007/09/23(日) 10:29:06 | 日々の記録 on fc2
「最後の夏休み」 スク水祭(;´Д`)ハァハァ  ……一瞬で終了orz   一週
2007/09/23(日) 11:33:01 | Brilliant Corners
第17話「最後の夏休み」ひょんなことから、イサコの秘密を知ったヤサコ。その驚くべき内容に同様した彼女はハラケンにもそれを伝えようとする。しかし、彼はどこか様子がおかしく、なのに何事もないかのように振る舞う姿にヤサコは不安を覚えるのだった・・・。「僕をあ...
2007/09/23(日) 12:22:25 | 日々“是”精進!
『電脳コイル』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第17話 『最後の夏休み』。 ストーリーは…。 イサコの秘密を知って動揺するヤサコ。ハラケン
2007/09/23(日) 12:42:35 | どっかの天魔日記
「最後の夏休み」  頭の語りも変わり本気モード。  ギャグも確実に減らされている。  最大の笑い場がフミエの憤慨。 【関連商品】 電脳コイル (1) 通常版折笠富美子.桑島法子.矢島晶子 (2007/09/25)バンダ
2007/09/23(日) 17:18:41 | Moment dream
秊 Aパート最後、図書館の前での会話は筆舌にし難い素晴らしさ。 ハラケンにイサコと同じ危険な臭いを感じたヤサコは、辛いことはもう忘れても良いんじゃないか、と語りかけます。 しかしそれは逆にハラケンの中で決意をさせてしまいます。 ハラケンは気遣..
2007/09/23(日) 17:33:19 | バラックあにめ日記
前回の予告を観た時はまさか電脳コイルで水着回はないだろうと思ったらやっぱりそんな長いものではなかった。当たり前か。 ハラケンは前にも体調を崩してたりとかあったけど単に体が弱いとかではなくてメガネの影響なの
2007/09/23(日) 21:12:44 | 蒼碧白闇
★★★★★★★★☆☆(8) がーん、何故イサコの水着姿がないんだー。 とか阿呆な事を考えてたのですが、 前半のヤサコとハラケンの会話シーンが凄すぎて全部吹き飛びました。 見事にすれ違っちゃってるのに気付
2007/09/23(日) 22:43:04 | サボテンロボット
「最期の夏休み」 電脳コイル 第3巻 限定版折笠富美子.桑島法子.矢島晶子.朴路美.小島幸子 磯光雄 バンダイビジュアル 2007-11-23売り上げランキング : 148Amazonで詳しく見る by G-Tools その原因を作った人が埋め合わせて癒してあげない限り、永遠に消えないとしたら...
2007/09/23(日) 22:48:04 | 本を読みながら日記をつけるBlog
ハラケンの夢・・・から始まったこの回・・・。 結構、重い話になった気がします。 ヤサコは、病院での出来事を思い出しイサコのことを考えていた。 その頃、ハラケンは・・・病院で検診中。 ハラケンのセミヌード!
2007/09/24(月) 10:54:10 | こじこ脳内
電脳コイル「最後の夏休み」です。 電脳コイルが見たくて仕方がなかったのですが、都合で2日遅れてしまいました。 今回は待っただけのことがある(待ったのは一人だけれど)お話でした。前回を受けての舵きりのお話でした。 ということで、電脳コイル17話の感想...
2007/09/24(月) 18:28:00 | 藍麦のああなんだかなぁ
夏だ~!!海だ~!!プールだ~!!スク水だ~!!うっしっしっしチッ一瞬で終わりですかもう少しサービスしてほしかったなイサコの秘密を知って動揺していたヤサコ。そうだ!ハラケンに相談してみようキラバグ集めて異界へGo異界の扉を開こうとするイサコとハラケン。...
2007/09/27(木) 22:38:11 | Sweetパラダイス
人は死んだらどうなるのか、その心はどこに行くのか、本当のことは誰も知りません。「誰?どこ?助けてあげる!どこにいるの?」通りゃんせが流れる横断歩道。渡るハラケン。前方に鳥居の続く石段。中段にいる肩に届く髪の少女?微かな「助けて」驚くハラケン。突然右方か...
2007/09/28(金) 17:53:48 | からまつそう
ハラケン、フラグ立てすぎwww 「もうこんなことは止めるよ。楽しいことをしなくちゃ」という言葉は虚ろさを漂わせてました。 でも、ヤサコはそれを信じてしまう…というより「信じたい」キモチがあるのですね
2007/09/29(土) 06:55:44 | ■■テラニム日記2■■