FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
天元突破グレンラガン 24話「忘れるものか この一分一秒を」
 …。


 ……。


 ………。



 だ … はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(嘆息)。



 息出来ねぇほどの高密度に巻き込まれてしまい、一体どうすりゃいいのか…。見終わった直後は、完全に放心状態っすよ。身動きさえ出来ねぇっすよ。サブキャラたちが次々に散っていく中、起死回生の一手になるかと思われた超銀河ダイグレンの変形に一歩及ばず、罠に取り込まれてしまうシモンたち…。そんなところで引きか!あと一週間、一体どんな気持ちで待てと!!
 
~~~

 人が死ぬこと。よく知っている人、仲の良かった人、思い入れのある人、そんな人が、目の前で逝ってしまうことは、それだけで「悲しいこと」には違いありません。長い闘病生活の果てだろうと不慮の事故だろうと、同じように悲しみはやってきますし、僕らはそこに涙を流せます。

 物語の中であっても、やはり愛着のある人物の死は悲しいものです。ですが、ただ「死ぬから悲しい」というだけでは、物語としてはいけないのだと思います。現実に際しても、人の死に僕らは時折「意味」を求めます。何故この人は今死ななければならなかったのか。この人が死すことで、いや、ここまで生きてきたことで、一体僕らは何を得ることが出来たか、一体何を継いでいけるのか。意図して紡がれた物語であればなおのこと、彼らの死には何らかの意味づけがされていて然るべきです。何故、どうして、彼らは今ここで逝かなければならなかったのか。まさか、「死」という無敵のモチーフを以て物語を盛り上げるため、だけではないはずです。仮にそんなものが理由なのであれば、僕は涙を流さない、決して流してなるものか。

 思いの強さだけでは届かない、突き抜けられない壁もあるということ、そしてその後に続く大ピンチの序章を示しながら逝ってしまったゾーシィ。見捨てられない仲間というものがあること、それを守るために駆け出すべき人間が必要なこと、そしてそれは一人ではないけれど、人全てがそうでなければならない理由などないことなどを示しながら散ったキッド、アイラック。まさかの事態に即して対処できる時間も人もいない場合、言葉も残さずに命を賭してでも止める人間が時には必要なのだということを暗に言い残して消えたマッケン。先の未来を担う若者二人を守るため、彼らを無事に送り届けるためにこそ、自分たちが盾となることを選んだジョーガン、バリンボー。皆それぞれに、ちょっとずつ異なる理由を持った戦死だったと思います。

 でも、どういうわけか、彼らの死には何か共通の感情が呼び起こされます。非常に早い進行で進んできたグレンラガンの物語において、彼らは決して十分に「人となり」が描き切れていたわけではなく、愛着の度合いもそれなりのものに留まるのに。みんな、死した理由は異なるのに。それでも、その姿には共通する感動が、確かに見えるんですよ。何故か。私は、そこに、未来を見据え、求め続ける思いがあったからではないか、と思うのです。

 どこまで行けた?と言い残して逝ったゾーシィは、その先にどこまでも行く大グレン団の未来を見ていたはずです。その途中で彼自身は降りることにはなってしまったけれど、彼の亡き後も延々と進み続ける大グレン団の勇姿を、彼は疑っていなかったと思うのです。キッドとアイラックは、ゾーシィを助け出して皆で進み続ける未来を思って、彼を助けに走ったはず。その願いは結局叶わず、自分たちもその中で散る定めになってはしまいましたが、一方でキタンたちを後陣に残した彼らは「それでも先に進み続ける大グレン団」を思いつつ、最後の一暴れに身を投じたように見えます。守るべきものを守るために自分が礎になったマッケン、ジョーガン、バリンボーは言うに及ばず。皆、共通する思いがそこにはあったのではないでしょうか。

 遠き戦地で散る花が、或いは単なる特攻精神が、美しいのでは決してない、と思います。でも、例え自分が犠牲になっても、強い思いを後の者に遺し、その先に皆が進み続ける未来を見据えるその姿勢は、美しいと言っていいのではないでしょうか。そして、それを拾い、手にした者たちが、その思いを実現していくのだとすれば…そこに残るものはあるんだと思います。かつて、カミナが残した思いがシモンを初めとする皆に受け継がれたように。

~~~

 そんなことを薄々思いながら、次回予告で示されたサブタイが!!「お前の遺志は受け取った!」そんな風に持ってこられたら泣いちゃうだろ!!…残り3週、どのような苦難が彼らを待ち受けていようとも、最後には彼らの笑顔が見られるような、そんな展開を心待ちにしています。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 「となりの801ちゃん」公式ページオープン! (2008/08/20)
 Kanon DVDの各初回版についてきたカードが! (2007/08/03)
 「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」について (2007/09/18)
 甘城ブリリアントパークを京アニが (2014/01/22)
 日常の第15話 (2011/07/16)
 ドルアーガの塔 SOU 第八話「二人はかつて」 (2009/02/28)
 仮面ライダークウガ EPISODE6 青龍 (2006/11/15)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1652-8c19dd06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アンチスパイラルの本拠宇宙に向かったシモンたち。 そこに待っていたのは想像を絶する巨大な敵、敵、敵…。 対向できるのは超銀河大グレンだけ――。 変形の時間を稼ぐ大グレン団は、後を託し次々と散っていく…。
2007/09/09(日) 13:18:29 | SERA@らくblog
脇役ばかりのアイキャッチだなぁと思ってたんですが・・・ 冒頭からやけに喋ってるので嫌な予感がしてました。 うわ~ん(ノД`)
2007/09/09(日) 13:53:35 | リリカルマジカルS
昨日は一日中ACE3をプレイしてましたよ。 2の時からさらに色々と強化されてて面白いなぁ。 さてさて今週からいよいよ最終決戦に突入。 ワイルドシモンの活躍に目が離せない! DVDでは全裸ニアのモザイクは外れ(
2007/09/09(日) 14:12:18 | おもちやさん
えっと、シモン達は宇宙に生身で出て大丈夫なのか? しかもそのままワープしちゃうしさwww 何か説明あったっけ、別にこの作品じゃ「些細なこと」ですがw とりあえず戦闘開始。 宇宙全体が敵、デカイ顔に無量大数
2007/09/09(日) 14:15:10 | angel notes.
おい大グレン団のメンバー死にすぎだろ今回。
2007/09/09(日) 14:21:40 | まったり☆ヲタ日記
キタン無事だった; 《SEO:ヴィラル ヨーコ グレンラガン レビュー 感想 第24話》
2007/09/09(日) 14:49:45 | だってアニメが好きだから
天元突破グレンラガン 3 人類の未来と愛するニアを救うため、次元の狭間にあるというアンチスパイラルの母星を目指すシモンと大グレン団。その行く手を阻むようにあらわれるアンチスパイラルの艦隊。その数、無量大数!シモンの螺旋力に全てを託し、大グレン団が絶望的...
2007/09/09(日) 14:50:54 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
皆…_| ̄|○ il||li  まさか終盤に入ってこんな展開になるとは思ってませんでした…orz 初期大グレン団のメンバーほとんどが死亡って………ご都合主義でも良いから皆生き返ってくれないでしょうかね…レイテ(´・ω・)
2007/09/09(日) 15:38:28 | 欲望の赴くままに…。
★★★★★★★☆☆☆(7.5) 彼らは死ぬ間際に、誰一人泣いたり後悔したりしませんでした。 それは信じていたから。未来を、そしてグレン団の仲間達を。 しかしそれは超銀河グレンラガンの合体という形で報われる
2007/09/09(日) 16:42:58 | サボテンロボット
希望の船出から絶望の淵へと追いやられる、熱くて重い展開の第24話「忘れるものか この一分一秒を」。 螺旋界認識転移システムにより、アンチスパイラルの本拠地へワープした超銀河ダイグレン。ワープした先の宇宙にはニアの巨大なフェイクが…。そのニアのフェイクに
2007/09/09(日) 16:57:01 | GM log
>シモン 俺は忘れない… 忘れるものかっ!この一分一秒を!! (>ω
2007/09/09(日) 17:20:03 | (*´0`*)おはよーブログ
【公式】「あー宇宙にでっかい裸
2007/09/09(日) 17:51:29 | 48億の個人的な妄想
天元突破グレンラガン   現時点での評価:3.5~   [ロボット ドリル]   テレビ東京系 : 04/01 08:30~   監督 : 今石洋之   シリーズ構成 : 中島かずき   キャラデザ : 錦織敦史   メカデザ : 吉成曜   アニメ制作 : GAINAX   全26話 ...
2007/09/09(日) 17:57:19 | アニメって本当に面白いですね。
★感想・第24話  忘れるものか、このサブキャラたちを…
2007/09/09(日) 19:13:34 | テトレト空想我学
「俺たちは絶望などしない!」 そう思い、最後の戦いへと臨むシモンたち。 けれど、容赦なく仲間が散っていきました…orz そうね…これはGAINAXだったものね…。・゚・(ノд`)・゚・。 ニアがいる場所=アンチスパイラ
2007/09/09(日) 19:23:48 | ティンカーベルをください
「宇宙にでっかい裸の女ぁ!」というからなんだと思えばニアの立体映像だった。 しかもそれが邪魔してるらしい。 どうも転送の辺りから僕の科学知識がついていけなくて簡単な説明しか理解できんよ。もちろんそれで問題はない
2007/09/09(日) 21:06:24 | 蒼碧白闇
サブキャラ大虐殺!!先週の希望に満ちた船出は何だったんだというぐらい、容赦の無い展開でした・・・お前ら、カッコよかったぜ・・・特に双子の最期は熱すぎた・・・今週まで、名前覚えてなかった奴らがほとんどだったけど(をいアンチ・スパイラルの宇宙へと到着したダ...
2007/09/09(日) 21:35:38 | 翠蛇の沼
この前のラストあたりから確実にシモンの顔が変わった。アンチスパイラルに圧勝かと思いきや劣勢と、敵が手を抜いてたのは明らか。そーいや、相手に希望を持たせておいて、その後に絶望させ叩き潰すのが螺旋力を削ぐ最もな有効な手段だとかどうとか言ってたっけ。今回でグ...
2007/09/09(日) 23:54:50 | ブログ 壁
地球を守るため、そして二アを取り戻すため敵の本拠地へと向かう大グレン団。 その先に待つのは果たして希望か絶望か・・・・ 今最後の戦いが始まる!
2007/09/10(月) 01:15:02 | R-30のオタクな部屋
敵の本拠地へとワープしたらニアの裸体がそこにありました。 肝心な部分が隠れていますがきっとDVDでは~・・・期待しています。 アークグレンラガンのドリルでは歯が立たないので超銀河グレンラガンを変形させ
2007/09/10(月) 07:53:12 | 1日26時間
コズミックモザイク!!\(^O^)/ 第24話を観賞しました~^^
2007/09/10(月) 09:44:46 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
ついに始まった、大グレン団の最後の戦い。 今回は見ていて辛いです…。 ※ この記事は以下ネタバレを含んでいます。未視聴の方はご注意下さい。
2007/09/10(月) 14:52:56 | 彼人の耳はロバの耳
いや・・・こんな大量に殺されましても・・・ グレンラガン第24話!! ちょっとやりすぎだろ・・・ 天元突破グレンラガン 3(2007/09/26)中島かずき; 錦織敦史; 吉成曜商品詳細を見る
2007/09/10(月) 20:29:55 | RAY=OUT
「見るがいい、そして知れ。あれが貴様たちの絶対的絶望だ」 これが上川ボイスですか…以外と良いんじゃね? 本人は何かのアニメ誌で、「これからの展開を知ってしまったのがこの仕事を引き受けた最大のデメリット」と語っておりましたがw これは、戦闘因果に支...
2007/09/11(火) 02:27:52 | 特撮警備隊3バるカんベース
朝から花火がまた上がったようです。 アークグレンラガンの見せ場が22話だけだったのには少し残念です。 つーかギガドリルでるのね、アークグレンラガン。 バンクのギガドリルブレイクを意識した感じだったなぁ。 脚本:砂山蔵澄 絵コンテ・演出:中山勝一 作...
2007/09/11(火) 03:38:30 | 流星、夜を切り裂いて ~FLY HIGH~
先週きちんと見えなかったので二週ぶりの感想です。 ワープ シモンの顔がえらくとんがってたり、ヨーコをはじめ全員服がえらいことになってたりと、何があったんだって感じ。テイストが今までと違ってなんていうか違
2007/09/11(火) 19:40:27 | 駄文とか駄文とか駄文とか
秊 「ただ人が死んじゃうだけの小説が、担いだだけで百万部突破」とか、某アニメで言っていましたが、大切なのは死に方、見せ方です。 不謹慎覚悟が書きますが、感動的に人を殺せるかというのは演出として非常に重要な訳で、次々と仲間が死んでいった今回、そ..
2007/09/11(火) 23:36:07 | バラックあにめ日記