Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
劇場版AIR~小ネタ集
 しつこいっ!とお思いの向きもあろうかと思いますが、そういう方には「読まない」という史上最強の手段が用意されておりますので是非ご活用いただきたく(笑)。

 それにですね、もうブーたれるのはやめにしたんですよ、私。いつまでも批判めいたことばっかり言っていても、自分が幸せになれるわけじゃないですし、ね。幸い、途方もない世界へ連れて行ってくれることを予感させるBS版が今も稼働中ですし。

 じゃ、何をここで書く気なのかってーと、感想からはみだしたネタやらパロやらってことで。自分の中に出来た毒を思いっきり笑い飛ばして、これをもって、残念ながら私の心には全く響かなかった劇場版AIRを、自分の中で一つの礎に昇華させる儀式としたいと思ってます。
【ネットで暴動?】
 荒野草途伸BLOG出張所さんのところの劇場版AIRパンフの件という記事で知ったのですが、劇場版の出来に不満を持った一部の鍵っこが、あろうことか出崎監督のファンクラブの掲示板を荒らしているというではないですか。

 …いや、不満なのはわかるけどさ。そんなことをして何になるのよ?やめよーよ。みっともないよ?間違っても田代砲なんか撃つなよ?>ねらー諸氏

 私もその掲示板を見に行ってみましたが、まあ総じて出崎監督ファンの方々の方が「大人」ですね。中には劇場版AIRの出来について、かなり残念でした、という出崎ファン側の意見もありましたし、掲示板を荒らしたりしなくても世間の評価は相応のところに落ち着きそうな気がしますよ。

 唯一危惧があるとすれば、AIR初体験の人が劇場版だけで「つまんなかった」或いは逆に「面白かった」と思って完結してしまい、そこで歩みを止めてしまうことなんですが、どうなんでしょうね。ゲームは無理でも、せめてBS版は見てみてほしいと思いますが。

【パロ】
 せかいの はんぶんを おまえに やろうさんのところの[映画]劇場版AIRという記事の冒頭。

>いやっほーぅ! 出崎最低ー!

 激しくワロタ。

 いろいろ出来そうですね、この路線で。

「劇場版を作りたいって、その監督は言ったの
 でも、いい作品にはならなかった
 やってほしいことがたくさんあったの
 でもなにひとつ、表現してもらえなかった
 劇場版はまだ、公開されたばかりなのに…」

 いっやー、我ながらブラックだー(笑)。更に笑えるのは、上記の元ネタ自体、両方とも劇場版の中では微塵も出てこないことでしょうか。

 あ、公開されたばかり、で思い出した。確か「シネカノン神戸」って、2月26日から上映開始だったよなー。…一気に評判がネットを駆け巡るこの時代に、大丈夫なのか?

 もういっちょ。先週BSで放映されたばかりの第五話辺りから。

「ちょっと用事があるんだが、監督を呼んでもらえるか」
「…なにを…おっしゃってるんですか
 …うちには監督などおりませんよ」
「え…」
「劇場をお間違えではないですか」

 あと一つ、「ゴール」ネタで書こうと思ってテキストを漁っていたら、素で泣けてきてネタに出来なかったのはナイショです。やっぱ同じようなシーンでも、"本家"は格が違いすぎますね。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 らき☆すた 第18話「十人十色」 (2007/08/07)
 仮面ライダー電王 第48話「ウラ腹な別れ…」 (2008/01/17)
 らき☆すた 第20話「夏の過ごし方」 (2007/08/21)
 Clannad After Story 第17回「夏時間」 (2009/02/27)
 鼻からスパゲッティ (2005/02/16)
 「セーラー服と機関銃」について (2007/05/07)
 リトバス #8 れっつ、るっきんぐふぉーるーむめいとなのです (2012/11/25)
コメント
この記事へのコメント
劇場版・・・AIR・・・
どうも初めまして。
僕も、劇場版見てき(てしまい)ました。 

原作との相違点が本当に色々と指摘されていますが、
個人的に一番気になったのは、
国崎が晴子に、涙ながらに観鈴への想いを語るシーンですね。
(敬介への腹パンチの少し前の場面です)
あのシーンは国崎が観鈴に向き合うことを決意する、
非常に重要なシーンだと思うのです。

しかし、その直前のシーンで、国崎はウハウハしながら
人形劇で儲けた金の勘定なんかをしていたので、
思い切りシラケてしまいました。

その直前のシーンには、
「俺は、あいつの前から逃げ出して一体何をやっているんだ・・・」
というような、葛藤と自己嫌悪の心情表現が入るべきだったと思います。
それが無かったので、すごく安っぽいシーンに見えました。
(泣く程に想っていたのなら、観鈴を思い出したり、葛藤したりするはずでしょう?)

人形の尻振りシーンを入れたり、国崎に、AIRのテーマに全然関係の無い
「本当に本気のやつなんかいないんだよ」などというセリフを
不自然にアツく語らせる前に、もっと他にやるべき事があったのではないかと(笑)
(良く覚えていないのですが、原作でもこんなセリフありました?
無かったような気がするのですが・・・。)

そのシーンが、それまでのしつこい劇画調の止め絵と、ドンドコ太鼓で
萎え萎えだった僕にとって、とどめの一撃になりましたね、ええ。

AIRを観終わったすぐ後に、「雲のむこう、約束の場所」
の美麗なデモムービーを見て、本当に悲しい気持ちになりました。
新海誠さんを監督にして、本気で作り直して欲しいですね。あの劇場版は無かったということにして。

以上、長文失礼しました。
2005/02/10(木) 17:51:48 | URL | シュウ #-[ 編集]
いらっしゃいませ
はじめまして、コメントありがとうございます。

心中お察し申し上げます。劇場版については、原作との違い云々以前の問題も山積みなので、何ともやりきれない思いがしますね。現在BSで放映中の京都アニメーション版の方は、それはもう劇場版などとは全く比較にならないすごい出来栄えですので、劇場版で受けられた傷を是非そちらで癒していただきたいと思います。
2005/02/10(木) 20:33:33 | URL | てりぃ #MbZWXbZ6[ 編集]
BS入ろうかな,,,
TV版の出来は「神」みたいですね。
しかし、僕はBSに入っていないので
観れません。観たいけど。(泣)だから、DVDが出るまでは
映画版のイメージを引きずる事になります。ふう・・・。
後、「無かったということにして」は流石にちょっと言い過ぎたかもしれません。(笑)
訂正しておきます。
それと、文章のあたまに「ネタバレ注意」と入れておくべきでした(汗)
2005/02/11(金) 23:46:18 | URL | シュウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/163-9fd15b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック