Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
Kanonアンケート集計・久々の更新
 いやー…面目ありません。こんなにも期間が空いてしまうとは、痛恨の極みです。5月中旬には「うはwwwイイ感じwww楽勝www」とか調子に乗っていたのですが…その後、「もうちょっと」の作業に時間が取れませんで、あれよあれよと言う間に一ヶ月半も…。

 言い訳ばかりしていてもしょうがないので、とりあえず、ご報告をさせて頂きましょう。今回は「静的分析その1」ということで、各結果を色々と並べてみて、比較・検証を行っております。どうぞご覧下さい。

 BS-i版Kanon感想集計アンケート
 静的分析では、以前にAIRで行った手法を踏襲しつつ、新たな着眼点をなるべく盛り込んで行こうと心がけております。今回も、BS-i版AIRでは3項目だけだったところを5項目に増やしたりして、ちょっとずつ拡張を図っていますが…それにしても時間が空きすぎましたね。

 内容的には、そこそこ納得のいくところまで煮詰めたつもりです。個人的には「AIRを越えたい」と仰っていた京都アニメーションの皆さまに、それとは異なる結果を突き付けるものになってしまったところが、内心穏やかではないのですが…でも、数字は数字として、やはり真摯に向き合わねばならないようにも思いますから…。自ら望んで身を投じたとは言え、絶賛しつつ見ていた一ファンとしては何とも辛い立場には違いありません。orz

 それはそれとして、次なる「個々の要素に対する評価の分析」も少し手を付けつつありますが、これまた「AIRと似ている部分」「異なる部分」が絶妙で、何とも見ていて飽きが来ません。今回ほどの追加要素は見込みがたいですが、頑張って作業して参りますので、どうぞゆっくりお待ち下さい。では…。

~~~

※追記
 やはりお二方、メール通知が届かず「Delivery failure」が戻ってきてしまいますね。前回・前々回もここで告知しましたが、そのお二方がもしこちらをお読みでしたら、Web拍手や管理人向けコメントで「メールが届いていない」旨と現在お使いの正しいメールアドレスを教えて頂ければ、可能な限り対処いたします。この手の告知はこれで最後にさせて頂きますね。

 なお、お一方はYahoo系のメアドで、エラーには「アカウントが存在しない」というメッセージが入っております。もうお一方はnetドメインのメアドで、「Temporary local problem」となっているため、アドレス自体は存在しているもののメールを配信することが出来ない~サーバのエラーとか、メールボックスがいっぱいであるとか~という風に読めますね。これが何かのご参考になればと思い、念のため記しておきます。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 おうおう、今日何も書いてねーじゃん。 (2013/04/08)
 ハイ!ハイ!ハイハイハイ! (2005/03/16)
 予防線を張ったつもりはなかったんですが… (2015/11/13)
 実は1月はかいきんしょー。 (2012/02/03)
 Thanks for 130000Hits!! (2005/08/01)
 帰ってきたサラリーマン (2006/05/07)
 時々ネタを思い付いては、後になって思い出せぬ日々 (2013/01/23)
コメント
この記事へのコメント
つ因子分析

特に比較5とか。
2007/06/24(日) 22:07:14 | URL | 翠 #-[ 編集]
お疲れ様です。
こういう分析結果を見るのは楽しいです。ありがとうございます^^

「綺麗に纏まってはいるものの、逆にインパクトには欠ける」って感じでしょうか。何だか視聴時の感想が数字で裏付けられたようで嬉しかったりしますw
Kanonは極上の線香花火ですからね。華々しい打ち上げ花火とはまた違った不思議な魅力を持った作品でした。

などと今になっても語れるのも、てりぃさんのアンケートのおかげです^^
ご無理はなさらずに。と言いつつ、次回更新も楽しみに待たせて頂きますw
2007/06/24(日) 22:50:19 | URL | 東西南北 #7SMSw2C6[ 編集]
多謝
>みどりん

>因数分析

まだ静的分析の段階なので、そちらには踏み込みません。やるとしたら、動的分析に入ってから、となりますが…。

どうにもね、「平易にわかりやすく分析結果を表現できるほど、自分自身がまだ理解してない」というのがネックになってます。また、Excelぐらいしかツールが使えない自分の環境では、因数分析は壁が高そう、というのも。

有用な、そして説得力を増すためには不可欠な方法論であろう事を頭では認識しつつも、ちょっと手が出ないかも…というのが正直な今の気持ちなのです。ま、もう少し足掻いてはみますが…。


>東西南北さん

>「綺麗に纏まってはいるものの、逆にインパクトには欠ける」

当ブログ経由でのアンケート参加者が非常に多かった、という、母集団偏りの懸念も何のその、ちゃんと結果らしきものが見えてきているのは嬉しい限りです。記事中で書いた通り、そのことが制作スタッフ様への恩返しになっているのか微妙である、という点が悩ましくはあるのですが…。

おかげさまで拍手での激励も数多く頂戴しておりまして、ああ、次も頑張らなきゃなぁと気持ちを新たにしております。今後ともどうぞよろしくお願いしますね。
2007/06/27(水) 00:09:34 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1504-c2debca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック