Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
きた☆これ
 届きますた。接近三品。ちょ。

 もってけ!セーラーふく [Maxi]
 リトルバスターズ! [Maxi]
 planetarian ドラマCD 第一章「雪圏球」

 まだ全部聞いたわけではないんですが、とりあえず第一印象として「『もってけ~』は想像以上に意味不明」、「『リトバス』は意外にも正統派ガールズロック調」、「『エルサレム』&『星の人』のドラマCD化キター!」だけは叫んでおこうかな。
 上記の三品は「上に行くほど購入が既定事項」「下に行くほど届いたのが嬉しかった」という関係になってます。いや、「もってけ~」も届いて嬉しいけどさ。

 中でも一番下の「雪圏球」に最も喜んだのが、自分でも意外だったり。だって、中身はコミケで売ってたCDと同一で、全部聞いちゃってるんですよ。ええ、しばらく前に通販でゲット済みなんで。一般発売されると聞いた時には、マヂでアタマ抱えたものです。「またか?!またなのか?!」ってな感じでねぇ(フルメタTSRのScene.00とかね)。寸前まで、注文するかどうか躊躇ったものです。

 その私の背中を後押ししたのが、パケ絵でした。「雪圏球」のワンシーンを描いた新作イラストが、何だかとても良くって。しかも、サイズがトールケース仕様じゃないかと。必要以上に場所を取るという問題はあるけれど、3巻収納BOXつきのトールケース…と思っただけで物欲中枢が日頃の3割増で刺激されまして、ええいままよ!ってな感じで一週間前にクリックしちゃったわけです。

 実際届いてみたらこれが…あう、予想以上にイイ…。こんなに場所取ってCD3枚か、という疑問が雲散霧消するぐらいに、手元に置いて満足という感じです。いい仕事しますなぁ…。もちろん、ドラマCDとしての中身も非常に出来が良いので、続巻にも期待大ですな。特に、あの名作「エルサレム」が一体どんなクオリティで吹き込まれるのかを考えただけでももう鍵汁がだだ漏れになっt

 …あ。気付いたらプラネタのことしか語ってねぇ…(苦笑)。

 らき☆すたのOPは、あらゆる意味で「期待通り」。事前の期待を下回るわけでは決してないのですが、「意味不明度合いが想像を超えていた」以外は完全に想定内だったので、感動の度合いとしてはちょっと低めだったのが面白いとこです。ま、これから間違いなくハードローテに入るんだろうけど。

 リトバスの方は、「まだ完全に未知数」ゆえのワクワク感とでもいうんでしょうか。今は「普通の曲」として聞けてるこの三曲が、プレイ後にはもー涙無くしては聴けなくなるような仕掛けになってんじゃないかとか、その辺の感じがたまらんです。智代アフターみたいに放置しっぱなし、にならないようにしないとね。

 以上、CD三品のファーストインプレッションでした。今日はこの後、庭仕事とか、Next Hibiki Projectの更新準備とか、合間に電王のレビューとか、それなりに忙しいですな…。休日なのに全然休みになってないってどうよ?CDぐらいゆっくり聞かせてくれよ…。orz
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 バーバラ・セクサロイド/戸川純 (2016/12/19)
 一夜明けて「Bravely You」を聞いたら (2015/09/27)
 CCCDなんてダレが考えたんだ (2005/04/07)
 一人になったら、YMOを聴く。 (2008/03/19)
 南風&TSRサントラげっちゅ! (2005/08/18)
 バッハのチェンバロ協奏曲とかを聞く (2016/07/05)
 1996 / Ryuichi Sakamoto (2008/04/09)
コメント
この記事へのコメント
私も買いました
「もってけ!」だけですが。

数回聴いて思ったのは
「こりゃ飽きられるの早いな」というのと
「映像とセットじゃないと凡庸だな」
という2点。
期待外れ・・・とまではならなかったにしても、
感性は特に刺激されませんでした。
オリコンがどうとか騒いでいる人たちの過熱ぶりにも
正直辟易してますし・・・。
あ、カラオケで大暴れする分には
大変盛り上がる事が出来てよい曲だと思いますよ。

否定的な意見ばかりであれですが、
感想としては正直なところなので
「こういう奴もいる」程度に
思っていただければ幸いです。
2007/05/27(日) 10:36:29 | URL | (な) #6SWgxDAM[ 編集]
作用と反作用
>(な)さん

「騒がれすぎ」なことが、逆にマイナスに作用してしまうという現象がありますよね。すげぇすげぇってみんな言うけど、そうでもないじゃん、という、ね。

らき☆すた自身も、「あの京アニの最新作!」というレッテルが、かえって視聴者がこれを楽しむ邪魔をしているような気がすることもあります。「京アニ力の無駄遣いじゃないか?」というのがその典型でしょうか。別にいいんですよね、面白ければ。ま、京アニについては「これ作る時間があるならむしろハルヒ続編を!」「CLANNADを!」という風な話にどうしても繋がってしまうので、もうちょっと事態は複雑ではありますが。

ま、まわりはともかく、自分にとってどうなのか、ということで十分な気はします。(な)さんも(な)さんなりの楽しみ方でよろしいのだと思いますよ。
2007/05/28(月) 21:29:15 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1467-7b9e6bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック