Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
らき☆すた 第5話「名射手」
 私の名はてりぃ。かつては京アニに心酔する平凡な一視聴者であり、毎週の放映を絶賛する筋金入りのボケ信者であった。だがあの夜、公式のトップで目撃したあの衝撃の情報が、私の運命を大きく変えてしまった。公式でらき☆すたの監督を強制変更したその翌週から、番組はまるで開き直ったかの如くその装いを変えてしまったのだ。いつもと同じ画…いつもと同じ音楽…いつもと同じ声優…だが!何かが違う!OPからは気を吐く前監督の名前が消え、本編映像のあちこちにパロディの影も途絶え、番組の最中であわただしく切り替わる演出の姿も無い…。(てりぃ著、らき☆すた全史第一巻「交代を越えて」序説第三章より抜粋)

 いや、すんません。悪ノリしすぎかも。でも、こりゃあどう評価すべきか、実にムズカシイですなぁ。
 「違わない」というご意見、「確かに変わったけどこっちの方が良い」というご意見、そのそれぞれを尊重させていただくことを前提としまして。私個人の正直な感想を述べますと、私は今週は素直には楽しめませんでした。「監督交代の情報が、視聴の楽しみを阻害しないように」と構えて、ガチガチにガード張って臨んだんですけどね。最中も「違わないはずだ!だって、武本監督と賀東氏の脚本の黄金コンビだぞ?!変わったように見えるのは先入観だ!問題は自分の中にある!」という風に、自分のOSの強制再起動までかけまくっていたのですが…3回見ても、感想は変わらず。どうやら私は気付かぬうちにどっぷりと、先週までのあの進行に慣らされていたようです。

 でもここでネガティブなことを書き連ねるのは自分の本意とちょっと違うので、「変わってみて再認識した点」という視点で少しさらってみましょう。


~~~


 まず第一に挙げたいのが、「不連続性の妙」という点。よく「せめてアイキャッチ入れるとかして区切りを付けて欲しい」と言われていた、あの一見無軌道にブンブンと振り回しているような不連続な展開が、私には実に心地よいものだったんです。延々と一つの話題に固執しているかと思えば、全然関連のない話題を次々と続けるやんちゃさ。メチャメチャなようでいて、ある種のリズム感を生んでいる絶妙な進行。対して今週は、非常に綺麗に流れる進行で、どんな方でもすんなり入っていける形に仕上げられていたと思います。誤解を恐れずに言えば、「サザエさん化」したなぁと。これが、強烈な麻薬漬けになった自分にはとっても物足りなく思えちゃって…。第4話までにハマっていなければ、全然違った感想になったんでしょうけどね。

 第二には、「共感点の所在」。これまたよく言われるように「あるあるあるあr」というネタがこのらき☆すたには多いです。もちろん、コアすぎるネタだと「食いつける人が限られる」というデメリットもあるわけですが、これまでのハンドリングでは、「ネタの数をとにかく増やすことで、どこかに引っかかれる確率を増やす」という方法論が採られていたように思うのですね。これでもかとツッコまれたネタの数々は、一見無軌道という前述の不連続性も手伝って、一種異様なグルーヴ感も醸し出していました。今週は、ネタ(パロディのみに非ず)の数自体は、やや少なめに抑える一方で、やたらとネトゲ関連の話題だけ視聴者突き放しの彼方!という勢いで。ネットゲーマー以外はほとんど共感できない部分を限定することで、その他の部分に共感点を求めるようなハンドリングに思えました。これまた、「どっちが良い・悪い」ということではなく、「どっちが好き・嫌い」という問題に収束することだろうと思います。

 …とまあ、私の目にははっきり違うように見えてしまったこれらの点が、少なくとも私にはあまり楽しく映らなかった、と。最初からこのやり方で作られていれば、全然違った感想になったと思うのですが…たった4週だけで「らき☆すたってこういう風にやっていくんだ」というものが、私の中には形成されていたのですね。


~~~


 と。ここまで考えて「はた」と立ち止まりました。「これ、一体どこまでが故意なのか」と。

 ちょうど一年近く前のハルヒシリーズにおける客演回と言える「射手座の日」を振り返ってみても、はたまた本職(?)であるフルメタシリーズのTSRやふもっふを振り返ってみても、武本=賀東ペアの繰り出すどうしようもない悪ノリ展開(注:メッチャ誉めてます)、ギリギリとも言えるパロディの数々、腹をよじって笑わずにはいられない絶妙なグルーヴ感は、自分の中でもかなり強烈に好印象のものとして残っているんですよね。

 その二人が関わってきて、ナンでこんなおとなしい印象に留まっているのだろう?もちろん、山本前監督とは持ち味も得意技も異なるとは思いますが…それにしても、それだけとは思えない何かを、漠然とですが感じるんですよね。単なるこの作品のカラーとの相性問題?それともナンか別の意図がある?

 答え、とまでは言えませんが、そのヒントらしきものは、やはりあの「らっきー☆ちゃんねる」にあるようです。やや唐突感を持って、あきら様が仰るこのセリフ。

わかんなくていーのよ。
視聴者でも反応がまっぷたつに分かれるだろーしー。


 このセリフそのものは、ネトゲネタをてんこ盛りにしたことへの、脚本家の自嘲的なギャグになっています。しかし、ホントにそれだけ?そもそも、ネトゲネタをてんこ盛りにしたこの展開を、「路線変更の象徴」的な扱いにまで持ち上げているように思えるのは、やっぱしナンかそこに潜んでないか?それとも、ただの思い過ごしかなぁ…。

 舵を切るにしても、色々な切り方があります。この、少なくとも私には「急に切った」ように見えたこの舵には、何らかの意図があるはずです。それが、今後のらき☆すたの方向性を示すものなのでしょう。来週も、その羅針盤の指し示す先を見つめていくことにしたいと思います。


※今週の一番気になったネタ
 ドラクエシリーズで言えば3、4、7、8。FFシリーズも6、8、9、10。その他の一般ゲームでも聖剣伝説3、伝説のオウガバトル、タクティクスオウガ、サガフロンティア、スパロボF、トルネコの大冒険全部、ナイトメア・オブ・ドルアーガ、その他諸々。ギャルゲーは更にすごくて、東鳩PSE、痕に雫、ONE×2、MOON.×2、同棲、蔵PS2版に智代アフター×2…え?ナンの話かって?そりゃアンタ、自分でやる気満々で購入したにも拘わらず、一度たりともクリアできずに積んだままになってるゲーム一覧ですよぅ…(涙)。うおおおおおおお!!オレにも夏休みを!!てゆーか人生休みを!!ねぇ、そのためならブログの更新とか休んでもいい?!ねぇ、いい?!他にもアンケートの集k
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 リトバス全巻購入特典の応募 (2013/09/07)
 仮眠王に、オレはなる。 (2008/06/20)
 もし、今夜、レビューが上がらなくても。 (2009/07/13)
 仮面ライダー電王 第44話「決意のシングルアクション」 (2007/12/10)
 ARIA第三話ようやく見た (2005/11/06)
 仮面ライダー電王 第16話「幸福の星、降伏の犯人」 (2007/05/14)
 リトルバスターズの無い日曜日…。 (2013/04/14)
コメント
この記事へのコメント
3月20日
ウチのとこでは放送まだなのでまだ見れてませんが、今回演出は石原さんだったと聞いてます(まだ見れてないんで違ったらすいません)
で、その石原さんですが、3月20日のアニバカ(京アニ公式のスタッフ日記)で、らきすたの演出やってると書かれてるんですよね

もし今回の監督変更で、武本さんがこの話数から担当したとするならば、つまりウチら信者連中がクラナド制作発表のサプライズで右へ左への大騒ぎ(w)してた頃には、京アニ社内では既に監督人事は終わってたって事でしょうか……
2007/05/08(火) 07:30:38 | URL | 通りすがりの信者 #-[ 編集]
こんにちはです
今回のらき☆すたでツボだったのは、若者声の立木文彦氏と「レーバテイン」です。

しかし予告のモンハン談義、誰かの実体験?
2007/05/08(火) 09:24:34 | URL | ナイト #bbxfQIXk[ 編集]
私感想とナイトさんへ
『期待』とは怖いものです。
私も監督降板の話を知ってから、作風が大きく変わるのではないかと初めは心配していましたが、京アニの制作体制がこの程度で揺らぐはずが無いとも思い(私の勝手な妄信)、先日の放送を過度な期待?も恐れ?も持たずに迎えることが出来、結果いつもと変わらず面白かったと思うのですが・・・

てりぃさんはそうは思わなかったみたいですね。今回のレビューに書いてあるとうりなら、その「ガチガチにガード張って」いたのがいけなかったんじゃないでしょうか?
実際に何かが変わっていて、てりぃさんはそこに気がついて違和感を覚えたのかもしれませんし、私の場合は気付かない、もしくは、気付いていても受け入れることの出来るレベルのものだったのかもしれません。しかし、そうだという事にしたらここでの話が終わってしまうので続けさせて頂くと、私の経験上ガチガチの何か(期待や妄信)を抱いて視聴した映像作品は、あまり面白くありません。「千と千尋の神隠し」公開時、私は予告編から受けた印象からあんまり期待していませんでしたが、結果から言えば結局ものすごく気に入って劇場で4度も見てしまいました。また、「トキカケ」も然り。原作、実写ともに古く敬遠しがちだったのを、周囲の評判に押されて一度くらいみてやるかという気持ちで新作DVDをTUTAYAから借りて見た結果、今ではなぜ上映中に映画館に赴かなかったのだろうと思っています。
しかし「千と千尋の神隠し」の後、「ハウル」が公開されるやいなや真っ先に映画館に足を運びましたが、何か物足りなさを感じてしまいました。宮崎作品だからという理由で見に行ったのが敗因でしょうね。「千と千尋」の時みたく感覚で楽しめばいいのに、ジブリならなにかやってくれると過度に期待していた分、何かに付けて「ここはどうして?」みたいに細かいことが気になってしまいました。

長くなりましたが、要は「ガチガードな姿勢」で視聴に臨めば楽しめるものも楽しめませんので、アニメはもっとこう楽な気持ちで視聴するに限ります、と言いたいです。

最後に
>ナイトさん
恐らくかなりやり込んだ人間の実体験ではないかと思います。ギアノス(白ランポス)の名前はモンハンポータブル2ndで初めて登場していますが、予告のモンハン談義はモンハン2dosの内容で、さらに言えばモンハンG以前からのユーザーに良くある?ミス(たぶん)なのでモンハン初期の頃からのユーザーではないでしょうか。
ハルヒのときのようにスタッフ体験談をもとにしているのでは?
2007/05/08(火) 11:46:24 | URL | あるかさ #9WAugNKs[ 編集]
お、てりぃさんは楽しめませんでしたか。
あるかささんも言われてますが、ガードを張りすぎだったのかと思います。
私はむしろもっと変わるものだと思っていました。
感覚的には1話と同じ感じです。山本さんも1話ではおとなしかったように、これから少しずつ武本さんの色をだしてくるのではないでしょうか。多分8話くらいからのってくると思いますよ。

で、今回微妙と思った人は、おそらく1話のときもOPだけ。と言っていて、さらに、3、4話で一気に面白いと感じた=パロディを面白いと感じたタイプの人達かな、と思います。
あ、別に批判ではないです。楽しみ方は人それぞれなので。気分を悪くされた方がいたらすみません。

しかし、私は正直言うと、今までのパロは京アニ関連以外はほとんどが名前だけは聞いたことあるor全く知らないものばかりでしたので、パロに笑うのではなく、キャラの反応を楽しんでた感じでした。だから、かがみにはシンクロしまくりです(笑)
今回で言えば「日本語で言ってくれ」っ感じですね。
毎回いや、わかんねーよwとか、へーwとか。そしてそれが楽しい。
今気が付いたのですが、これは、私が彼女達の会話に参加してるのとほぼ同じなのか。ってそれはもう散々色々な方が言われてますね。
ついでにめっちゃ怪しい人だな(笑)…まぁいいや。
もう一つの楽しみは、声なんですよね。
つかさのバルサミコ酢ーとか、こなたのまなかなも~とか、いろんな発言が可愛くてしかたがない。
うん、私はパロディはあれば楽しいが、必要とは思わない。そんなタイプです。

勝手にごちゃごちゃと書いて勝手に自分の中で解決してしまいました。すみませんm(_ _)m
結局なにが言いたかったのかと言うと、リラックスして見ましょうよ。って事ですね。
パロを見るのではなく、らき☆すたを見ようぜ!みたいな。

あ、これはてりぃさん個人にではなくて、何人かの感想を見た結果感じたことなので…えっと…
何か暴走しました。携帯だと上の文確認するのが面倒なので、すぐに脱線してしまいますね。
無駄に長文失礼しました。次回からはもっと短くまとめないとなぁ。
2007/05/08(火) 15:49:00 | URL | ZT #OARS9n6I[ 編集]
連続ですみません。
 
 やばい…すみませんでした!
何だ↑のコメント。失礼発言の連発だ。何様のつもりだ私?
ああ、穴があったら入りたい…

↑のコメだとパロを期待してる人を悪く言ってるみたいだし、みんながみんなパロしか見てないと批判してるみたいな文ですね。国語力なくてすみません。

言いたかったのは違うのですよ。いや、やっぱり変わらないかもしれないですけど。
パロだけを期待する人は多分極少数ですよね。
私がそう思ってないだけで、細かい演出や場面転換変わってしまってなじめない。という人が多いみたいですね。
 
 ああ、そうか。私にとってはパロもネトゲもわからないものだから、わからないものとして一貫性のあるものになっていたのかも。
 いや違うか。私はゆるゆる~と見てるから細かいことは気にしないけれど、らき☆すたをまじめに見てる人=「愛」のある人ほど違和感を覚えるのか。
つまり私には「愛」がないということか。DVDも高いから買うかどうするか悩んでるし。学生にはつらいのですよ。ああ、愛が足りないのかぁ。所詮にわかですよ…。

 と、自虐してみるテスト。
ゆとり乙。って感じの文ですみません。
らき☆すた内で使われた元ネタを調べてる内にどんどん道を踏み外してる気がする(笑)
駄文&長文失礼しました。
2007/05/08(火) 16:47:27 | URL | ZT #OARS9n6I[ 編集]
紋藩
こんばんは。らきすたも一応見ています(笑)

「らっきー☆ちゃんねる」もなんかずいぶん大人しくなってますね。いや別に楽しみにしているわけではありませんけど(笑)
本当に監督替わっちゃったのかもしれませんね。
2007/05/08(火) 22:11:06 | URL | クニム #L8AeYI2M[ 編集]
今回、絵コンテ・演出を担当した石原さんは「らき☆すた」では初登板だったんでしょうか?
とすると、ゲスト脚本だったこととあわせ、テンポなどがいまいちこなれてなかった(感じました)理由の一端になるのかな、と。

2クールある作品の序盤ではなく、中盤当たりで数回演出を担当した人がゲスト脚本を受け持っていれば、また違った感じになったんじゃないかなぁ、と。

2007/05/08(火) 23:36:31 | URL | 名も無いDancer #-[ 編集]
ちょっと救われました
こんばんは。四月末日の監督交代の際に色々とコメントを書き連ねた忠犬です。
結果から言うと今までどおりかどうかはともかくとして、今回の話も私はそれなりに楽しめたと思います。ただ、ここに来ててりぃさんのレビューを読んで、大げさですが少しだけ救われた感じがしました。
自分は監督交代が本当にショックだったので…そんな自分がOPの山本の字がきれいさっぱりと消えてしまっている今回の放送をまあそれなりにも楽しめてしまっているというのが少し悔しくもあった訳なのですが。ここのレビューを読んで、「前回までのほうがよかったんだぁ~っ!!」と感じている人が少なくとも一人はいるんだなぁ、と。それが何だか救われたような感じでした。
てりぃさんはあまり否定的なレビューを書くことが無いので、こんなにはっきりと「楽しめなかった!」と書くことは珍しいなと思ったのですが、中には私のような奇特な人間もいるということを心の隅にでも留めておいて頂けると幸いです。
パロディも今回は「ネトゲ…」の一言でしたけど、単に今回がそういう回だったのも知れませんし、次回の放送ではまたガラリと変わるかも知れませんし、そもそも監督交代の影響が既に出ているのかも正直わかりませんから、自分はもう少し様子見かなと思っています。
長文失礼しました。来週も見に来ますね。
2007/05/09(水) 00:52:22 | URL | 忠犬 #-[ 編集]
ああ、選ばれし者の交代と不安、共に我に有り!!
ってな感じでどうでしょう?(何がw)

まあ、それはさておき

 「やあやあ遠からんものは音に聞け!近くば酔って目が回る!!」くらい、「またりでヨロ」な姿勢で観てたはずがいつのまにやら前のめりで釘付けになってた3~4回からガラッと変わってましたねヤッパリ…。
 
 回を重ねるごと、まるでぶん回して回転数が上がれば上がるほどドンドン重くなるのが妙に気持ちよくってクセになる「ダイナビー(懐っw)」な感じだったのですが私的に。

 以前申し上げた「ハイクォリティー」は些少とも変わらないかとは思うのですが「サプライズ」の方は皆無状態でしたねえ。「原作」には無い「オリジナル」の部分はかなり有りましたが、それ即ち「サプライズ」では決して無いのですよねえ…
 じゃあ、パロディーネタが私にとって「サプライズ」だったのかというと確かにパロネタの部分が「サプライズ」であったのは間違いないのですがそこはやはり「パロネタ」=「サプライズ」では決して無いわけで私はてりぃさんのように上手く表現出来ないのですが、演出の妙が有ってこそ「サプライズ」足り得たんだと思うのです。

 あぁ、あ~、ちょっと違いますかねえ。なんというか、毒気が抜けちゃったと言うか。
 昔、水戸黄門で御隠居様が、楽しみにしてたウナギの蒲焼のあまりの不味さに憤慨するシーンがあって、何で不味かったのかって言うと「調理人が下手だった」のではなく高齢の光圀の健康を慮った家臣がウナギの脂を抜いちゃったんですよね。いくら体に良くてもそりゃ食えたモンじゃないわなとこういうことだったんですが、今回観てると正にそんな気が……って、これっててりぃさん曰くの「サザエさん化」と同義?うう、何をナガナガと駄目だ私orz…。

 ただ今回感じた違和感(一回での評価は尚早と知りつつも)は決して新監督のせいではなく交代劇の真相を表してるのではとも思うのですが(でも実際製作ペースというのを考えれば第5話なんてのは放送開始時点で出来てておかしくないのでしょうし、そうだとすればパロネタに対する事後的クレームなんて考えにくし???)

ああ、
でもどちらにしても、最後まで観ちゃうのが私の筈、セーラーふくだからです、結論!(オイ

それから、先日のコメントに過大な御言葉賜りありがとうございます!というか汗顔の極みでありますホント。
2007/05/09(水) 03:10:05 | URL | 六連星 #-[ 編集]
おとなしかった、ですよね
5話を楽しめなかった人間が来ました(苦笑

いや、別に面白く無かったわけではないと思うのですが・・・やはり
「物足りない」ですね。馬鹿笑いしてたここ数話とうってかわって、クスリとしつつも淡々と見終えてしまいました。

まぁ、毎回アクセル全開ともいかないでしょうし、2クールでこういう回があってもいいとは思いますが、タイミングがタイミングだけに・・・(汗
いらぬ心配をしてしまうんですよね。

何はともあれ、次回を待ちます。それで多少でも方向性が見えてくると思いますので。


・・・しかし、自分はらきすたに「馬鹿笑い」を求めてたんだなぁと実感w
確か1話のコメントでは「まったり見て行く」って書いたはずなのにw
それだけ2・3・4話が凄かったって事でしょうかね。
2007/05/09(水) 03:42:22 | URL | 東西南北 #7SMSw2C6[ 編集]
帝国海軍の真のライバル・USS賀東級潜水艦
こんばんわ。

最近、「らき☆すた」に出てくる女の子達が
みんな可愛くって仕方がなくて、もう彼女たちが
出てきて動いてしゃべってるのを眺めてるだけで
十分癒されて満足なひふみーは、
既に『アニメ作品』としての「らき☆すた」を
評価する資格がないかもw

まぁ、この作品は元々ストーリーがある訳でもなく
作画や演出を分析したり堪能したりするモノでも
ましてや強烈なネタでウケを取るというような
モノでもなく、上記のような楽しみ方をするのが
本来のスタイルだったのかもしれません。

もちろん敢えてそういった“深読み”をする事で
「新しい楽しみ方」を見つける行為は
楽しい事ですが、
『そちらが評価軸のメイン』になってしまうのは
なにか本末転倒のような気もしますね。


監督の仕事というのは、シリーズの全体的な方向性の
統一や、作品作りの為の環境整備等、
かなり「スケールの大きな」モノです。
(勿論、現場に細かい注文まで付けてコントロール
する監督さんもいらっしゃいますが)
ですから、実際の個々の回の演出や脚本等を担当する
人達の持つ個性と
監督の持つ個性、それら全ての“合力”が
私たちが眼にする実際の表現なのでしょう。
「作品は決して監督一人で作っている訳では無い」と
あの庵野監督も言っていますし。
(宮崎駿氏のような特異な例もありますがw)

監督が変わった第5話、脚本・演出共に
このシリーズ初登場の方です。
今回“変わった”部分があるとすれば、それが
果たして監督の差なのか、
それとも脚本・演出等の個性のせいなのか。
それは、この先ある程度見続けてみない事には
わからないと思います。
監督から退いた山本氏も、降板理由によっては
今後脚本や演出といった部分に参加する可能性も
あり得ますしね………………


監督云々抜きで、この5話限定で見られる“特徴”としては
強烈な実在他作品の「引用」は姿を潜め、
代わりにネトゲという他ジャンルの「引用」がありますね。
以前の「ネタ」が、ネタそのものの内容にヲタ視聴者の関心を
共鳴させ、作品に参加させる
「作品との一体感」「共犯関係」的なものだったのに対して
ネトゲという非常に狭い領域の専門用語を
意味不明な外国語(日本語でおk)のごとく
延々と並べる事で、『ヲタクの特異性』を演出するという
一歩引いた視線の「メタ的ヲタク描写」スタイル。
“これ知ってる!”と、「ネタそのもの」に共感させるか
“こんな奴知ってる!”と「ネタを繰り出すヲタクの姿」に
共感させるか。
てりぃさんの言われる“共感点”という意味では、
方向性は全然違いますねw

従来の「共犯関係」的なモノを求めていたタイプの
(ネトゲをやらない)ヲタクの人にとっては
「ネタが全然判らないから笑えない」と
不満も多いようです。
自分の場合(予備知識を元に、雰囲気的に
察しが付く内容もありましたが)
こういった「謎の言語満載のカヲス状態」とか、
ひいてはそういった“ヲタクの特異性”主張的な
メタ視線な代物も結構好きでw
(この辺、オタキング岡田氏に近い「第一世代」寄りなせいかも)
結構楽しめたのですが…………

また、確かにこれまでとは少し異なるテンポの採用。
いろんな意味でwインパクトのある“落とし方”で
区切られた細かいネタを矢継ぎ早に並べる
これまでのスタイルが「ラップミュージック」とするなら
今回は各エピソードが比較的綺麗な形にまとめられ
自然に流されてゆく「イージーリスニング」みたいな
モノでしょうか。
てりぃさんの言われる「一見無軌道にブンブンと
振り回しているような不連続な展開」から
「親しみ易いサザエさん化」wという奴です。


今こうして書いてて気付きましたが
上記2種類とも、表現スタイルとしては
いずれも「1世代遡った」感覚があるような
気もしますね。
これがどのスタッフの影響なのか、
今後も続くのかは上で述べたとおり
まだ判らないと思います。


あああ、また長々と。
ホントにスイマセン
2007/05/09(水) 05:14:15 | URL | ひふみー #-[ 編集]
私もちょっと威力が落ちたなーなんて思いました。
でもてりぃさんが書いてる部分に加えて、EDでも「あんたにしてはメジャーな選曲ね」って台詞があるんですよね。

5話自体が今までと比べて見る人を選ばない=メジャーであるって感じですし。
ここまでそれっぽい言葉が多いと、わざとやってる説の有力性が増すんじゃないかなーとか。
2007/05/10(木) 02:36:25 | URL | 東風 #JalddpaA[ 編集]
毎週、レビュー楽しみにしています。
好きだったものが「どこか違う」ものに変化してしまうのではないか、という不安。あからさまに変わってしまった悲哀。自分も心の片隅に出来たしこりをたまに気にしつつ、日々をすごしていたり。
・・・て、コメントすべきエントリーが違っちゃいますので、「らき☆すた」について。


5話でいわゆる「パロネタ」が減ったことから、ふと思いついたことがあったりします。
「パロネタ」満載の作品といえば、「らき☆すた」と同じく春からアニメが始まった「ハヤテのごとく」がありますが、その扱いというか立ち位置というか(?)には、結構違いがあるかな、と。

「ハヤテ」は、普通の(普通ではないがw)話の中に、作者が持っているアニメやらマンガやらの「ネタ」を散りばめている。キャラクターそれぞれが、ごく普通の台詞を言えばいいところを、「パロネタ」の台詞に置き換えている。

に対して「らき☆すた」は、いわゆる「オタク」であるところのこなたが、自身の知識を「ネタ」として日常会話の中に出してきている。

この2者の間には違いがあるよなぁ、と。
で、そこからどう話を膨らませるの? と問われると、知識も文才もない身としては、「どうしよう?」としか言えないのが心苦しいのですが・・・。
2007/05/11(金) 00:33:07 | URL | 名も無いDancer #-[ 編集]
変化…
まずはコメント返し返しからさせてもらいます。

>>…でも、まあ、ごにょごにょ。
>通報しますた(苦笑)。

わざとらしい言い方ですけど、別に逮捕されることではないのです。
Kanonの時(いろんな意味で)危ないシーンに被せて出てた
テロップの「インターネット上で…」とか、YouTubeとか
違法のものではなく、公共の電波で見ており、警察に見つかっても
捕まりはしないのです結論。
ただ、最遅地域に住んでるのはマジですが。

>>さすが、てりぃさんはもってけ!ナユキストですね。
>つちむさんこそさすが、と言いますか、いつもネタ考えてるんじゃありません?もうこのまま放置して、どこまでいけるか本気で見てみたくなってきました(笑)。

第4話のときに
>ひょ、ひょっとして、スタッフの人たちはオレの生活を全部見ているんじゃっ?
と、仰ってましたが、同じことを言わしてもらいます。
てりぃさん、俺の生活を全部見てい(略)
さすが、てりぃさんそれがナユキストでしょう。


今回だけでは判別しかねますね、監督交代の件。
第1話は正直微妙なできでしたけど、2話目以降は1話目の
微妙だった出来を感じさせないものになっていましたし。
ですので来週はどうなるかわかりません。

今回だけで言えば1話よりはいいけど、
他の話と比べるとちょっと…。でしょうか。
基本、らき☆すたは「パロネタ」「あるあるネタ」
「女子高生の普通の会話」「オタネタ」
こんな感じでできてましたけど、今回はネトゲの話が多すぎて
「いや、本当にわからん」というのが強すぎかと。
今までのオタネタ・パロネタはわからなくてもあまり
気にならない、気にする必要なの無いものでした。
すぐに次の話に移るorそれ単発のネタなので。
さらにらき☆すたの変に繋げないつくりが、
今回はてりぃさんの言うように普通に繋がってるので
ネトゲの話単発にならず、話が出てくるとそのまま
「わからない」状態が続いてしまうので、
わからない人には置き去り間が出てしまいますね。
さらにさらに、ネトゲ言葉?はかがみの突っ込みどおり
「日本語で…」というくらいわからない、
わからないと面白くないものなので、いくらなんでも
やりすぎだなぁ、と。1回だけならまだしも、
作中何回かネトゲ関連の話が出てきましたしね。
ネトゲ以外はそれなりに楽しめたけど、「パロネタ」が
影を潜めてたのは残念かなー。

…なんかやたら長く語っちゃって、
yamankaとか劣化ウランとか2話目以降恒例(?)の
「臭いよねー」が無かったことについて特に触れなかったけど
まぁいいですよね…
2007/05/13(日) 15:01:30 | URL | つちむ #-[ 編集]
本丸ーぅ!
つーか長っ!濃っ!すごっ!ここまでタメにタメたオレ乙っ!(爆)

…いやもうスイマセンスイマセン。遅ればせながらのレスでございます。


>通りすがりの信者さん

>つまりウチら信者連中がクラナド制作発表のサプライズで右へ左への大騒ぎ(w)
>してた頃には、京アニ社内では既に監督人事は終わってたって事でしょうか……

その通り、でしょうね。目下の制作状況が落ち着いているように見える(特段の作画の崩れもないですし)以上、監督交代自体はもうだいぶ前に決まっていたのだと見る方が妥当かと思います。つまり、「パロに対する苦情を受けての監督交代」という可能性は、限りなくゼロに近いと思います。


>ナイトさん

>今回のらき☆すたでツボだったのは、若者声の立木文彦氏と「レーバテイン」です。

立木さんについては、もうこのまま「配役自体がネタの嵐」という方向で行くんでしょうね。素晴らしい。

レーバテインについては、なにやらフルメタの最新巻辺りの大きなネタバレだと聞き及びますが、詳しい話は今知ると勿体ないので、私は脳内からナイナイしておきます。…そのエピソードまで、京アニさんによるアニメ化で描かれるのはいつになるんでしょうかね?ちょっち不安です。


>あるかささん

記事中で「ガチガチにガード張って」という表現をしてしまっている辺りが既に私自身の変調を物語っていますが…真に言いたかったことは、実は「監督交代という視点ではなるべく見ない」「なるべくフラットな視線で見る」という心がけをしていた、ということなんですね…。「期待」や「妄信」を排除して見る、と言い換えてもいいでしょう。とにかくは、そういうつもりで見ようとはしていました。…ま、結果は上記のような次第でしたけど。それが、「実際にはやっぱり意識してしまっていた」せいなのか、「その狙い自体は奏功していたけど…」なのか、今となってはもうわかりませんね。

ご忠告は有難く頂戴致します。


>ZTさん

ZTさんなりの紆余曲折が文書からうかがい知れる感じで、何だか親近感ありました(^^)。私に対して失礼ということはないので、どうぞお気になさらずに。

リラックスして見る、というのはいいですよね。間違っても死んだの何だのという展開にはなりそうもないですし(笑)、そういうアニメなんだろう、とは私も感じていたことではあります。

やはり私、「制作体制の変更」というネタには、どうしても敏感に反応してしまうんですね。色んな意味で、響鬼という作品が自分に残したものは軽くないようです。誰にとっても不幸なことのような気はしますけれども。

>らき☆すたをまじめに見てる人=「愛」のある人ほど違和感を覚えるのか。

むしろ、私はこの自分の感想を読み直して、自分の「愛」の足りなさを痛感した次第です。どちらも言い方としてはアリですよね。ま、その辺はそれぞれの捉え方ということで、いいんじゃないでしょうか。


>クニムさん

>「らっきー☆ちゃんねる」もなんかずいぶん大人しくなってますね。
>いや別に楽しみにしているわけではありませんけど(笑)

楽しみにしているわけではない、という辺りに、ちょっとツンデレっぽい雰囲気を感じてしまって、自分に対して苦笑しました。(^-^;;

変わらないという方、やっぱり変わってるという方、いやそれはプラシーボ効果だと反論される方、まあ、色々な方がおられますね。しょうがないことですけども。


>名無しさん

>2クールある作品の序盤ではなく、中盤当たりで数回演出を担当した人がゲスト脚本を
>受け持っていれば、また違った感じになったんじゃないかなぁ、と。

それは確かにありますね。賀東さんには、かなり負担を強いるローテーションだった、とは思います。これもまた舞台裏でのひずみが出た結果なのだとすれば、ご同情申し上げるしかありませんが…それさえも、確たることは一切言えないのが、仕方ないとは言えもどかしいですね。


>忠犬さん

>ちょっと救われました

そう書いて頂いて、こちらも何だか救われた気持ちです。

>てりぃさんはあまり否定的なレビューを書くことが無いので、

いやぁ~…。そんなことは…ない、よなぁ?確かに、京アニ作品のレビューでそう書くことは稀ですが、それでもゼロではないですし…。

「楽しめなかった!」と書く際に、それでも好きな作品の場合は特に、制作者の方々に対して敬意を表しながら書きたいなとは思っています。それがもし、きちんと伝わったのであれば、こんなに嬉しいことはありませんが…。まあ、でも、自分で読み返したらやっぱり「愛が足りない」とは思っちゃいましたね、今回は。


>六連星さん

>ああ、選ばれし者の交代と不安、共に我に有り!!

そのツッコミを心待ちにしていました(笑)。古い作品ですし、まあ、わからなくてもしょうがないか、とは思っていましたが、ハルヒの時もさんざん引き合いに出されましたからねぇ、これ。

>「やあやあ遠からんものは音に聞け!近くば酔って目が回る!!」

素で吹きましたwwwどっかで使わせて頂きますwww

>なんというか、毒気が抜けちゃったと言うか。

この「毒気」という一言に、それまでの麻薬的な楽しみの特性が端的に表れている感じがありますね。ちょい悪な感じで、でもおもろい、というか。


>東西南北さん

>5話を楽しめなかった人間が来ました(苦笑

何と言いますか、こちらにコメント下さった方の感想が、「肯定的」「やっぱ楽しめなかった」の両方がバランス良くいらっしゃって、実に興味深くもあり、その辺が第5話に対する世の評価の縮図なんだろうなとも思ったり。

>タイミングがタイミングだけに・・・(汗
>いらぬ心配をしてしまうんですよね。

その通りです!(笑)これが、監督交代とか無ければ、仮に中身が変わっていたと感じられても「まあ、こういう息抜きチックな回もあるさ」で済んだのでしょうけど…。

ま、先はまだ長いですから、ここで判断を下してしまうのは時期尚早でしょうね。続けていきましょう。


>ひふみーさん

>最近、「らき☆すた」に出てくる女の子達が
>みんな可愛くって仕方がなくて、

なるほど。ひふみーさんの気持ちはだんちさんの視聴方向と実にシンクロしそうですね。私は、名雪さんみたいな超例外はあるものの、概ねはキャラ萌え以上にシチュエーション萌え(ナニ 優先の人間なので、見ているポイントがちょっと異なるかも知れませんね。

>果たして監督の差なのか、
>それとも脚本・演出等の個性のせいなのか。

確かに、その影響も大きいですね。自分としては「監督交代」という言葉に「制作体制の変更」という意味を映し見ている思いなので、そういう意味ではあまり齟齬がないとは思いますが…その辺を意識してないと、ちょっと誤謬を含んでしまうおそれはあると思います。

>これまでのスタイルが「ラップミュージック」とするなら
>今回は各エピソードが比較的綺麗な形にまとめられ
>自然に流されてゆく「イージーリスニング」みたいな

この例えは面白いですね。非常にストンと読むものの胸に落ちる表現で、感服致しました。そうだよなぁ、イージーリスニングだよなぁ。決してラップが得意なわけではないですが、イージーリスニングもまた昔から苦手でしてねぇ(苦笑)。


>東風さん

>EDでも「あんたにしてはメジャーな選曲ね」って台詞があるんですよね。

そうそうw わざと、って線が捨てきれないのは、そういう部分があちこちに見えてるせいなんですよね。

ま、結局は、先行きを見てみないと何とも言えないわけでして。どのみち視聴継続は間違いないんで、それこそゆったりと見ていこうと思っております。


>名無しさんお二人目

>毎週、レビュー楽しみにしています。

ありがとうございます。第5話レビューは、ちょっとご期待に添えない内容だったように思えて、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいなのですけど、それでもそう言って頂けると救われますね。

>「パロネタ」満載の作品といえば、「らき☆すた」と同じく
>春からアニメが始まった「ハヤテのごとく」がありますが、

よく対照的に語られることが多いアニメですよね。お噂はかねがね伺っております(笑)。原作へのファンは、らき☆すたよりも遙かに多いかのような印象がありますが、ホントのところはどうなんでしょうか。

「違い」についてのお話、興味深く読ませて頂きました。確かに、その二つには違いが明確にありそうですね。「視聴者と作品世界との境界が依然として明確にあるハヤテ」「あえてその境界をぼかしているらき☆すた」という感じに思えます。どちらがいい・悪いという話とは別にして(どちらの方向でも、いい作品に仕上げることは出来ると思いますし)、その違いはなかなか面白いですね。


>つちむさん

>別に逮捕されることではないのです。

ああ、すいません。(^^; 一応、お約束かなーとは思いまして。まあ、YouTubeも、見るだけなら現行法では逮捕されませんけれど…上げてる人たちって、一体どういう人たちなんでしょうかね。

>てりぃさん、俺の生活を全部見てい(略)

うふふ、企業秘密です(爆)。

>今回だけでは判別しかねますね、監督交代の件。

結局、この一言に尽きるんですよね。少なくとも、このまま監督が交代したまま最後まで行くならば、「武本監督のらき☆すた」が全体のほとんどを占めてしまうわけですから。

ま、長く見ていくしかないですね。

>「わからない」状態が続いてしまうので、
>わからない人には置き去り間が出てしまいますね。

その置き去り感が強すぎたことの影響は、やっぱり大きいですかね。ま、たまいはこういうのもアリかもしれませんが。

こちらでは次回放映まであと3時間半あまり。楽しみに待ちたいと思います。
2007/05/14(月) 22:37:48 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1444-5357c175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
なるほど!名射手ってのは今月号コンプティーク表紙のアーチャーのことだったのか!いや多分違うけど。今回の話も普通に面白かった。というかむしろ一番出来がいいんじゃないかと思ってしまった。パロネタはやっぱほどほどが一番か。やっぱり自分的には話が繋が....
2007/05/08(火) 11:02:26 | ツンデレ100%
あー、やっぱり本当に武本監督に代わってるのか。なんかまだ半信半疑なんですけども。今回はずっとネトゲの話でしたね。つか、スタッフがスタッフだけにどんなのがくるかと思ってたら、いつものらき☆すたの雰囲気をキ
2007/05/08(火) 12:09:06 | みすぼらしいぶろぐ
【つまりは、らっきーすたー】はじまりは、ゆいねえさんが銃を手にした瞬間から―――
2007/05/08(火) 12:10:43 | りとまて!
 まぁ 監督が交代してから 第一回目の放送になります 一番 変ったと思うのは 山本寛さんだと 「原作まんま」「原作まんま→派生展開」「原作まんまだけど 性質が変らない所に 強烈なパロディやネタを仕込んでいる」 というように 「まず 原作ありき」の作りだったのが  
2007/05/08(火) 15:12:27 | もらかなです。
「アニメ作品は監督のもの」という、あずまきよひこの言葉を思い出しながら見た今回。そんなに変化は無かったかな。パロが減ったのと、テンポがゆったりしたというくらいで、後は前回までと同じレベル。可もな
2007/05/08(火) 18:00:13 | フォン・ブラウンの覚え書き
「徹夜確定wwwwみwwなwwぎwwwっwwてwwきwwたww」 まさか、らき☆...
2007/05/08(火) 21:44:57 | Todasoft Blog
別に何がどうということもなく普通に始まり普通に終わりましたね。
2007/05/08(火) 21:57:26 | 猫煎餅の斜め下ブログ
早くも夏休みに突入。こなたのいとこの婦警のゆいさん登場~。新しい監督の力、見せてもらいましょう(笑)すでに作品の方向性は決まってるしいつもと同じでした。▼ 第5話「名射手」夏休み問題起こすな、
2007/05/08(火) 21:57:44 | SERA@らくblog
■らき☆すた■
2007/05/08(火) 22:01:15 | King Of ヘタレ日記
今回はネットゲームのネタがかなりあった。ネットゲームなんて「ラグナロクオンライン」を少しとハンゲームのサイトで少しぐらいやったことあるだけだから正直こなたの言ってることがさっぱりわからなかったよ……。
2007/05/08(火) 22:13:38 | 蒼碧白闇
監督が変わったらしいが。ネトゲ(笑)
2007/05/08(火) 22:26:29 | Hiroy's Blog
夏と言えば祭!と言う事で今回のらき☆すたも祭です^^。パトロール中の警官が出店回りまくっているのはどうかと思いますが、基本的に祭とは誰もが一度は心躍らせたイベントです^^。私が小さい頃は良く祭にいった記憶がありま
2007/05/08(火) 22:30:59 | Innocent World
さぁーて 今週のらき☆すたわぁ~?・・・・なんからっきーちゃんねるの毒が薄くなりました先生!!とりあえず白石(キャラ名なので敬称略)の方にカメラが振られてはワクワクキラキラしてして待っているというのにっ!なんで!なんでもっと罵ってく....
2007/05/08(火) 22:37:22 | ナナメから見てみる
ちょwww本当に監督変わってるよ!!
2007/05/08(火) 22:39:06 | 幻想領域 unlimited delusion the world-無限の妄想世界-
「監督交代して。さぁ、始まるざますよ」「いくでがんすっ」カリカリ「ふんが~」「前の監督に失礼でしょ」「ふぇっ!?」「…だから言ったのに」「・・・・」「ちゃ~らへっちゃら~」「スパ~キングッ♪」「…話を聞いてないわね」「光る雲を突き抜けフライアウェ~ィ」..
2007/05/08(火) 22:44:08 | 翔太FACTORY+Zwei
記事完成しますた( ´・ω・`)夜勤明けにアニメ感想はちとキチュイですがやるっきゃナイトニコニコ動画での主なコメントは『ポケモン』『ネトゲ』『監督』『マダオ』などの系色々今回も相変わらず再生数とコ
2007/05/08(火) 22:59:52 | アキバ系無法地帯
 すぽぽぽぽーんと一学期の終業式。 早ぇえなw 黒井センセーは生徒が問題を起こしても、警察とかに呼び出されない限り、休みがなくならないんでせふせふ⊂(・∀・)⊃ ある意味ブラックジョークだな( ̄▽ ̄;) 第5話 名射手 こなちゃんとセンセはネトゲ仲間(確
2007/05/08(火) 23:08:50 | アミューズエイド
とりあえずまだ1巻の中盤あたりの範囲。監督変わった影響でも探しながら見てみましたとさ。・夏休み前先生による定番の注意。自分の夏休み無くなることを心配してるのがミソwこなたが先生と毎日会うのがネトゲ上ってのがw・クーラーとうちわ確かにうちわは止めたら暑くな
2007/05/08(火) 23:27:54 | stay_gold.com
らき☆すた第05話「名射手」
2007/05/08(火) 23:43:11 | 満月のドルチェ
らき☆すた  現時点での評価:3.5~  []  チバテレビ : 04/08 24:00~    サンテレビ : 04/10 24:00~  テレビ埼玉 : 04/08 25:30~    東北放送 : 04/10 26:00~  RKK熊本放送 : 04/08 26:20~  東京MXテレビ : 04/11 25:30~  テレ....
2007/05/08(火) 23:52:03 | アニメって本当に面白いですね。
【あらすじ】学校の先生は、普段生徒に対して「ゲームばかりしていないで勉強しなさい」という。ただし、学校の先生も学校を離れれば普通の庶民。ゲームだってやりたくなる。「泉こなた」たちの担任「黒井ななこ
2007/05/09(水) 00:29:20 | TimeReversal
シニフィエ・シニフィアン! ひょっとしたら、これって、実に風刺アニメ? メタファー
2007/05/09(水) 00:31:34 | @Tokyo
監督が変わりましたなw私的な総評としては見ての通りパロネタが減って、今までのような瞬間的な爆笑はなくなってしまいました。しかしあるある感は健在で、確かに、これが本来のらき☆すただと思いました。個人的には、とりあえずこの路線で行ってもいいんじ
2007/05/09(水) 00:54:52 | ひきこもりかけぶろぐ
ネトゲネタ多いよ。それとなくは分かるけど…。知らない話を延々とされるのはさすがに勘弁して欲しい。ネトゲは分かったからもう少し比率を少なめに。ブルーハワイのヤツ、元ネタ語るのはミユキさんの専売特許だろうに…。監督の交代の余波かは知らんが今回はどうも微妙。
2007/05/09(水) 01:02:57 | ブログ 壁
らき☆すた第5話。夏休みに突入しても、やっぱりいつもの日常で。
2007/05/09(水) 03:14:44 | 我が人生に燃えて、そして萌える
 こんばんは、だんちです。TVKにて「らき☆すた」第5話を見ましたので感想を書き
2007/05/09(水) 03:18:39 | 妄想界の住人は生きている。
衝撃の監督交代という今までのこのアニメの流れからいってネタとも取れる発表があり、視聴者に動揺を与えた「らき☆すた」。OPのクレジットを見ると確かに「山本寛」から「武本康弘」に代わってる!さてさて、内容
2007/05/09(水) 08:13:00 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
そういえば監督が変わったんでしたね。もともと原作とアニメ、たいして変わらない内容だったのでぶっちゃけ何処が変わったのかよくわかりませんがwたいして変わらないと言っても、さすがに前回のようなあからさまなパロディーは原作にも無かったと思うけどつ....
2007/05/09(水) 09:14:07 | よう来なさった!
極めて堅実。 綺麗に地ならしされていますが、逆に言えば悪い意味の優等生的でパンチに欠けます。 最初の頃はまだこちらもキャラを掴めていなかったので良かったのですが、最近、特に今回ではキャラが次にどんな行動を取るかが先読み出来てしまい。特にかがみのツッコミ
2007/05/09(水) 09:42:18 | バラックあにめ日記
らき☆すた 第五話「名射手」 のトラックバック受付中です。らき☆すた に関するトラックバックだったら、もしよろしかったら、貼ってって下さいな。CHA-LA HEAD-CHA-LA!!!!!!←押してくれる?
2007/05/09(水) 10:14:14 | soraの奇妙な冒険
らき☆すた 1 限定版いよいよ、明日から夏休み!ななこ先生は生徒達に、くれぐれもハメを外しすぎて問題を起こさないようにと注意を喚起する。問題を起こせば自分の夏休みがなくなってしまうと言う理由からだ・・・。
2007/05/09(水) 12:21:59 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
 どっちかって言うとこっちのが好みなんですけどね、ドラゴンボールは。やっぱ悟空が小さかった頃が一番ですよ。あ、GTは勘弁な。 監督交代の影響と言うのは作中には気にするほどは出ていないですね。するとやっ
2007/05/09(水) 19:11:57 | 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
監督変わりました。正直どうでも良いです。メタアニメです。何か知的でしょ?メタアニメです、感想はメタです、凄くメタでした。ほら、凄く高尚なこと語っている気分になれるしそう見える。で、「監督が変
2007/05/09(水) 20:45:36 | angel notes.
[関連リンク]http://www.lucky-ch.com/第5話 名射手夏休み開始。黒井先生はとても正直ですwそしてこなたは先生とはネトゲ仲間w団扇。たしかに仰いでいると涼しいですけどずっとやってる...
2007/05/09(水) 21:17:08 | まぐ風呂
ネトゲーの話はよくわかりません、が知り合いとやるのはちょっと嫌だなぁ。なんとなく本性を出せない気がするしw浴衣祭りそういえば、こなたパパはまだアニメでは登場してませんね。こなたパパにと
2007/05/09(水) 21:20:02 | リリカルマジカルS
今週のらきすたは、警察官のゆいさん登場~って、いきなり職務放棄してるしw物語は夏休みに突入~あ~いいですねぇ・・・夏休み・・・ウラヤマシイ・・・夏休みをネトゲ三昧で過ごすのは健全な女子高生のする事ではn・・・
2007/05/09(水) 21:26:59 | S u n S e t S k y
今回は夏休みのお話。監督が今回から変わったらしいですが、何か中身変わりましたっけ(笑)。本編を適当にいい加減に見ている身にとっては結局なにも変わってない気がします(笑)。まだまだ知ってるネタがほとんどということで、原作1巻終了はいつなんでしょう。...
2007/05/09(水) 21:54:34 | パズライズ日記
[画像]らき☆すた 第5話「名射手」後付けになってしまいますが、”その域に達していない”とか言う必要ありませんでしたね。あの言葉を言ったが為に、変に身構えて期待した人もいるのでは無いかと思います。あの3、4話の後ではインパクトが弱いと思っても致し方ありません
2007/05/09(水) 22:29:20 | マニア研究所
ルル「なんか、ネトゲの話ばっかりだったな。こなたがかがみを押し倒したりしたらもっと盛り上がるんだけど」スザク「そんなシーンあるわけねえだろ」「3話ではこんなドキドキするシーンもあったのに…」
2007/05/09(水) 22:33:35 | 白狼PunkRockerS
らき☆すた 第5話感想いきます。
2007/05/09(水) 23:03:58 | AAA~悠久の風~
昨夜TVKで見るべきこの番組を何をとち狂ったか、TXで放映を待っていて半分見逃してしまった連休ボケの私でしたが…今は、とある非常手段を用いて5話全部を観ることが出来ました。あ、YTでは無いです。もう少し画質の良い奴で…【殴】”え~、さて、あんまりにも痛い
2007/05/09(水) 23:09:55 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
デンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンパロネタが無くなっても、“臭い”ネタが無くなっても、これだけはデフォ。この感想記事の始まりがこれ以外に変わる日は、一体いつになるのだろうか
2007/05/09(水) 23:29:46 | 万聞は一見に足るやも
 第五話です。ネタの方向性がちと変わりましたかね?らっきー☆ちゃんねるで突っ込んでましたが、賛否両論になるんでしょうか。 パロディは直接的な画面表現が減りましたね。まあ、なくなったわけではないんです...
2007/05/09(水) 23:33:32 | Note-Book(感想日記)
■アニメ「らき☆すた」---第5話「名射手」今回の視聴感想記事を書き連ねる前に、ひとつ---。作品自体の評価も好調な中、唐突に発表された監督交代劇を巡る憶測は、どうやら山本寛氏自身のクオリティを追求する意識に対して、監督としての製作スケジュール管理能力が至らな
2007/05/10(木) 00:02:46 | I’ll be dis-ABSOLUTER
さて今週から4話までの山本寛監督から武本康弘監督に変わったですが、とりあえず5話を見た感じではちょっと毒が薄れた?というのが正直なところでしょうか。そしてそれだけみると山本監督降板の理由もちょっと邪推してしま
2007/05/10(木) 00:09:50 | R-30のオタクな部屋
第5話 『名射手』夏休みということで、お祭りへ行きました!こなたのいとこのゆい姉さんが登場です。
2007/05/10(木) 00:18:21 | 主婦Yのアニメ話~ Y no Anime
監督交代、結構みんな騒いでますが、実際どのような影響が出るのでしょうか・・・?らき☆すた(2)通常版早速感想。う~む、なんとも言えませんな。まぁあれです、まったり具合が良かったかなと。特に前回とかはパロ激しかったりして、テンションが異常に高かったような...
2007/05/10(木) 09:23:39 | 物書きチャリダー日記
監督がついに変わった。もう山本は出てこないのか・・・こなた達の学校では夏休みに。あだ5回目なのにもう夏休みか。ここらへんでゴールデンウィークの話を持って来るべ
2007/05/10(木) 13:25:37 | 特撮の軌跡
監督が変わりました。でもブログの書き方は変えませんwここまで変わるものですね~、微妙に空気が変わった。ではらき☆すた感想です。 らき☆すた 1 限定版美水かがみ、 他 (2007/06/22)角川エンタテインメント こ
2007/05/10(木) 13:29:58 | ラピスラズリに願いを
「名射手」 みwwなwwぎwwっwwてwwきwwたww
2007/05/10(木) 22:30:04 | 本を読みながら日記をつけるBlog
監督……脚本……演出……原作のある作品をアニメ化するときに、最も作品に影響力を発揮するのはいったいどなたなのでしょうか。今回、山本前監督が4話までで、絶対にやらなかったことをあっさりとやってのけたのはどなたなのでしょうか。武本監督? それとも、脚本の賀東
2007/05/10(木) 23:11:45 | 丈・獅子丸の咆哮 (新館)
らき☆すた 第05話の簡易感想です。ちょっと体調が悪かったので昨日書けませんでした;ということで少し軽めの感想で勘弁してください;;
2007/05/10(木) 23:18:06 | 紅蓮の煌き 
『名射手』さて、監督交代第1話です。それでもまあ、第5話担当スタッフは盤石で、とくに今までと変わるところも無く。微妙にツッコミが多くなってる気がしましたが、気のせいですかね。もう少し、ボケを泳がせる余裕があっ
2007/05/11(金) 02:25:49 | 世界の端に腰を掛ける
浴衣姿破壊力ありすぎ(笑)
2007/05/12(土) 00:02:42 | 未開の日記
「名射手」ネットゲームに関してはプレイしたことがないので最初からそれについての言及は割愛します。・クーラー私はクーラーは好きじゃないので必要最低限しか使わずしかもドライのみです・浴衣浴衣の帯が締められるこなたのおとうさんは何者なんでしょうか?・縁日ゆい姉
2007/05/12(土) 01:23:22 | Anellia Neo
第5話 「名射手」監督が変わりました。今回は、ネトゲらしい。長い夏休みに入る…。夏休みに入る…。ネトゲー。他には分からない…。夏は暑い…。さて、お祭りです。浴衣。警察の人、成実ゆいさん。こ
2007/05/13(日) 21:15:36 | デバイス!マキシマム ブログ
    「視聴者でも反応が真っ二つに分かれるだろうしぃ」 ラッキー☆チャンネルのあきらの一言が的確すぎるww。作中ではネトゲに対して言っているのだけど、これは武本監督に代わっての作品に対する批判とも受け取れる気がww。 前回に比べ....
2007/05/13(日) 22:52:51 | 所詮、すべては戯言なんだよ
早くも夏休みに突入。こなたのいとこの婦警のゆいさん登場~。新しい監督の力、見せてもらいましょう(笑)すでに作品の方向性は決まってるしいつもと同じでした。▼ 第5話「名射手」夏休み問題起こすな、
2007/05/14(月) 02:14:24 | SERA@らくblog
ぎりぎり間に合ったーーー!こんばんは、たこーすけです。「らき☆すた」第5話を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。原作は単行本第1巻から第4巻まで既読です。以下、「らき☆すた」第5話までの内容、ネタバレを含みます。未見の方は御注意下さい。また、
2007/05/14(月) 12:39:51 | たこーすけの、ちょろっと感想
第5話「名射手」を見ました。動画はこちら↓ 第5話 1/3 第5話 2/3 第5話 2/3ばるさみこす~
2007/06/19(火) 21:43:47 | YouTubeアニメ動画