Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
劇場版CLANNAD公式ページオープン
 …て、オープンから随分時間経っちゃいましたけどね。orz

 さて、トップページにはこのような文言が表示されています…。

大切な人を
なくしたことが
ありますか?


 ……またですか?orz
 

 ここから想像されるストーリーの軸を、思うままにつらつらと書き出してみようじゃないですか。

~~~劇場版CLANNAD妄想あらすじ~~~

 病弱で友達のいない、しかし人並みに恋に憧れる少女。彼女はある春の日、学校へと向かう坂道で、ある男の子と運命的な出会いを果たします。ゆっくりと彼と心が通い始める中で、次第に外にも向けて広がっていく交流の輪。しかし彼女は原因不明の病に倒れてしまい、男の子と友人たちが見守る中、短い生涯を閉じます。「本気になれない」ことを思い悩んでいた男の子は、とうとう自分が本気になれた恋の相手を瞬く間に失ってしまった悲しみに暮れながら、街を後にするのでした…。

~~~~~~



 それ、なんて劇場版AIR?



 いやーワロタワロタ。ひょっとしてかなり似てるんじゃないかと思って、劇場版AIRの初レビューで書いたあらすじをそのまま加工してみたんだけど、よもやこんなにはまるとは。最後の一文はあえてほとんどいじらないようにしてみたけど、本当にこの流れだったら劇場で声を上げて笑ってしまいそうだ!(爆笑)

 よく言われるように、KEY作品には共通したモチーフがかなり登場します。原因不明の病だの、消えてしまう存在だのは特にそう。でも、そういうモチーフを「どう料理するか」がシェフの腕の見せ所なのでありまして、その辺りが「さすがKEY」と言われる所以なのだと思うのですよ。上記のあらすじのように、「別にCLANNADでやらなくてもいい」ような展開なのであれば、KEY作品の他メディア展開作品としては到底認めがたいものにしかなりません。

~~~~~~

 AIRもCLANNADもそうだと思うんですけどね、どうしようもないこと、避けられない悲劇というものが涙腺を刺激するメインモチーフになっていること自体は否定いたしませんよ。だけど、そういう「どうしようもないこと」が痛く長く悲しく描写された後で、「わずかな可能性として閃く万に一つの奇跡」とか「個々の思いが積み重なってのブレークスルー」が生じることで、悲しみの世界が一気に反転・ハッピーエンドにつながるという部分が一番のキモなのだとも思うのです(なお、AIRのエンディングをハッピーと呼ぶかどうかについては色々なご意見があると思いますが、私は「思いが負の輪廻から解き放たれる」ことを以ってハッピーエンドであると位置づけております)。

 残念ながら、劇場版AIRにはその「キモ」の部分が無いです。展開から予想される悲劇に向かってまっしぐらに進み、途方も無い無常観とともに幕を閉じる物語。比較的古風な演出と相まって、これら全体を当時の私は「メロドラマ」として捉えました。で、今回のCLANNADも…今の状況を見る限り、ナンだかそういう匂いが香ってきてしまいますねぇ、残念ながら。

 無論、トップページに掲載された上記の言葉~大切な人を云々~が実は「フェイク」である、という可能性も現状では否定できません。ラストシーンには、劇場版AIRには無かった、KEY作品を彷彿とさせる「キモ」が登場するのかもしれません。ただ、劇場まで足を運ぼうという方は、自分が期待しているものとは激しく異なる可能性がある、ということだけは覚悟しておいて損はないと思うのですね。以前実施しました劇場版AIR感想アンケートにおいても、事前にある程度の覚悟があった人の方が視聴時の感想は良いという傾向がありました。この結果は、次に生かしてこそ意味を持ってくると思うので、是非そのように活用していただきたいと願うものであります。

 私?札幌近郊で上映されるのであれば間違いなく見に行きますよ、当たり前じゃないですか。だって杏が出るんだよ?それが、こういう形にせよ劇場版AIRと向き合ってきた、私なりのけじめなのだと思っていますので。自分で分析したアンケートの結果が、ちゃんと生かせるかどうかも身をもって体験したいしね。

 本日のところは、いじょ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 オーズ 第45話「奇襲とプロトバースと愛の欲望」 (2011/08/13)
 フォーゼ第4話。 (2011/09/25)
 Clannad After Story 第10回「始まりの季節」 (2009/01/09)
 いざかまくら!(冬の話だしね) (2006/10/05)
 仮面ライダー電王 第41話「キャンディ・スキャンダル」 (2007/11/18)
 AIR DVD 5見ター! (2005/08/05)
 Clannad After Story 第1回「夏の終わりのサヨナラ」 (2008/10/24)
コメント
この記事へのコメント
あのトップページは・・・
いただけません!

もう、ネタバレ云々よりも、期待をはげしく低下させるのはどうかなぁ~っと、思います!


X編がありそうなので、劇場版AIRのまんまというストーリー展開はないと思われますが・・・


多分、今回も「CLANNAD」の「テーマ」を誤解して作られる気がして、気持ち穏やかでいられませんww


っと、プログで何にもできなくなった分コメント周りができそうです!
捨てる神あればっと、いうやつですね!


では、これからも楽しい記事楽しみにしております。
2007/03/13(火) 18:45:27 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
どうにも出来ないことがあっても
最後まで目を閉じず 見守っていく勇気 それは

・・・  ・・・  ・・・

 いかん、何か混ざった。

まぁたヤラかしてくれるんじゃまいかと、もうね、色眼鏡でしか見られないのよ。

過去の偉業に泥を塗る仕事は巨匠にはして欲しくない。
2007/03/13(火) 20:52:33 | URL | ごす #ilk/GieM[ 編集]
やっぱり・・・
初めてコメントさせて頂きます。

前作「AIR」の出来に納得がいかなかったので、今度こそはっ!って気持ちが強いんですが・・・

やっぱりあの大長編を90分で纏め上げるのは無理でしょうw

なーんとなく大体の構成は予想がつきますが・・・

私は「AIR」の方は未プレイでして(原作未プレイのくせに何を偉そうに・・という意見はご容赦下さい)原作と映画、アニメの細かな違いはわからないのですが、「CLANNAD」の方はやり込んだせいかかなり思い入れがありますw

なのでどうしても関心が向いてしまうのですが・・・

あまり過度に期待しすぎない方が身のためでしょうか。シナリオを改変させるのは仕方ないとしても・・・。出崎監督~!
2007/03/13(火) 21:45:22 | URL | namoo #D2os1cdk[ 編集]
僕も初めてコメントさしていただきます。

僕の予想では、多分、初めて見る人にはワケの分からない唐突な感じ(超ハショリ)になると思います。
AIRの二の舞になるかもしれませんね。また監督の私的解釈だけで進むかもしれませんね。
もし、もしそうなるとすると・・・目も当てられない惨状に・・・
とりあえず幻想世界が残る事を祈ります。
僕は幻想世界があるからこそのCLANNADだと思うのですよ、うん。

では失礼しますー
2007/03/14(水) 03:44:47 | URL | 楫一二三 #qn9AjzVU[ 編集]
踏み絵
踏むのはパネルだけでじゅーぶんですっ!と思いたい私です。いや、今年に入ってまだ3回しか踏んでませんけど。orz


>セトラさん

>いただけません!

いや、まー、彼らのすることだから、許してあげて?(なんだそりゃ)

>捨てる神あればっと、いうやつですね!

いやいや、微妙に意味通らないから。(^^; でも、ちょうど鯖も軽くなったようで、何よりでしたね。


>ごすちん

>いかん、何か混ざった。

何を混ぜたんですかwww混ぜると危険www

>過去の偉業に泥を塗る仕事は巨匠にはして欲しくない。

「偉業」の記憶が実はあまりナイ私なのですが、まあ本人に「泥を塗っている」という自覚がない以上は、外野にはどうにも出来ませんよ。某GALAXY特急のあの御大とかもね、まー見るに堪えんわけでして。「ファンは巨匠を裏切らない。巨匠もファンを裏切ってはならない」というわけにはいかないのでしょうかね?ね?


>namooさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

>今度こそはっ!って気持ちが強いんですが・・・

そのお気持ちに異論を申し上げるわけではないのですが…これに限らず、どんなものであっても「事前に期待が大きく膨らむ」ことは、その事前の期待を事後の評価が上回れない可能性を高めることに繋がってしまいます。ちょっと構えておくぐらいがちょうどいい、というのが、結構万能の姿勢のような気もするんですよね。

>あまり過度に期待しすぎない方が身のためでしょうか。

ということだと思います。これは、出崎監督がどうとかいうこと以前の話ですね。適切な例ではないかも知れませんが、仮にKEY原作のアニメ化で定評のある京都アニメーションが制作するのだとしても、「過度」の期待はやはり禁物なのではないかと。どこまでが過度なのか、とかは個々人で異なるでしょうけれどもね。


>楫一二三さん

はじめまして。コメントありがとうございます。先のnamooさんと言い、お初の方が最近増えて、嬉しい悲鳴を上げてます。

>僕の予想では、多分、初めて見る人にはワケの分からない
>唐突な感じ(超ハショリ)になると思います。

恋はいつだって唐突だ。いや、関係ありませんですね。orz

元々がプレイ時間100時間を超す作品ですから、90分前後の尺に収めるためには、大胆な換骨奪胎は間違いなく必要でしょう。でも、皆さんが心配しておられるのは、骨や臓器を取り替えるだけに飽きたらず、まるきり別ものになるんではないのか?ということなのでしょうね。

>とりあえず幻想世界が残る事を祈ります。

スイマセン、私はそれ、残らないと思います(苦笑)。言葉だけ残っていても、全くの別ものである可能性が高いかな、と。そのぐらいの覚悟をしておけば、大概のショックには耐えられますよ、きっと。それでいいのかはさておいて。(^^;;;;
2007/03/15(木) 00:47:43 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
漫画縛りで「GALAXY特急」だと某F先生になってしまう……という突っ込みはなしですか>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%81%B3%E5%A4%AA%E3%81%A8%E9%8A%80%E6%B2%B3%E8%B6%85%E7%89%B9%E6%80%A5
すいません、それだけです(^_^;)
2007/03/15(木) 10:19:09 | URL | 加嶋 #K7NiHVcI[ 編集]
なしですっ(笑)
>漫画縛りで「GALAXY特急」だと某F先生になってしまう

あーあー、そんなものが(笑)。

劇場版ドラは、結局最初のいくつかを除いて、サブタイトルもあらすじも知らないんですよね、私。そういう年齢じゃなくなった時に途絶えて、それ以来そのままです。

今や、子どもの見るものを当時とは違う気持ちで見られる年齢に達したのですが、それでも何だか見る気にならなくて。数年前に、先生が亡くなった後に出来た劇場版の原作本(つまり、先生じゃない人が書いている)を斜め読みして、その出来映えのあまりの違いに天を仰いで暗澹たる気持ちになったことも影響しているかも知れません。F先生は本当に偉大だったのだなぁと、悲しい気持ちで再確認させられた瞬間でした。
2007/03/15(木) 20:46:43 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1350-c9601778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ま た 大 切 な も の を 失 い ま し た   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::::::::: ::::|. . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::      ∧_∧ . . . .: ::::::::: ::::
2007/03/13(火) 23:12:01 | 万聞は一見に足るやも