FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
仮面ライダー電王 第2話 「ライド・オン・タイム」
 ……畜生。


 ……ええ、ええ話やないか~~~!!(涙)


 年取って確実に涙もろくなっている、という事実は否定できませんけれど、でも、なぁ、いいもんはやっぱいいだろ。あれよあれよと言う間に巻き込まれ、よくわかんないけど何となくわかったという主人公が、わずかながらに自分の意思で行う行動がそれとは!!完全に虚を突かれました。いや、むしろ、こんな虚ならもうバンバン突いて頂きたい!!
 さじ加減、てのは重要ですわ。甘くしようと思って砂糖をガンガン入れれば、そりゃ甘くはなるけれど、甘ったるくて食えたモンじゃなくなります。塩辛いのが好みだからといって、加えていい塩の量には限度というものがあるでしょう。全てはバランス、さじ加減。

 テツオの母の死にまつわる一連の話は、先週がネタふりで、今週が種明かし。この引きずり方と引き際が、先週も今週も実に見事としか言いようがありません。視聴者の記憶にしっかりと残しておきながら、バットイマジンが破壊活動を始めてからは、もうほとんど意識の外にあるという、このバランス感覚よ。前フリが必要にして十分だから、予想外にフォローされる後日談にも素直にこちらも向き合えるわけで。「そうキタか!」てなもんですよ。いや参ったね、まさか終盤にああして使ってくるとは。

 そうして、主人公・良太郎が、何故このヒーロー番組の主人公なのか、彼は一体どういう人なのかを、この一瞬だけでスパッと示してくるこの手腕にまた脱帽です。とことんまで運が悪く、何だか情けなく振る舞い、腕力もなく、流されるままになっているように見える彼。その彼が「ちょっとだけ。ちょっとだけだから」という、柔らかいけれど明快な意志を持って行った「ほんの少しの逸脱」は、何も変えないのだろうけれどもとても大事な、人として善であるならば斯くありたいと思わせる行動なわけですよ。あれほど「こうはなりたくない」と思わせていた良太郎が、ナンともカッコいいヤツに見えるこのシーン!これまた実に巧妙なさじ加減の上に成り立った、制作者の粋というものだと思うのです。

 子供番組であること。楽しくあること。人として大事なことを忘れずに示せること。これらをどん欲にまとめて体現しようとしている今シリーズは、とんでもない良作になりうるポテンシャルを秘めていると感じさせてくれます。来週にも期待ですな。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダーOOO 第5話「追いかけっこと巣とセレブ」 (2010/10/10)
 魔法戦隊マジレンジャー (2005/02/13)
 ハルヒ公式復活 (2006/12/21)
 長門有希ちゃんの消失第5話まで見て。 (2015/05/07)
 Kanon 第12話「異形の円舞曲~waltz~」 (2006/12/22)
 エヴァ序、鑑賞終了。 (2011/08/23)
 Kanon 第10話「冬の花火」 (2009/12/14)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1300-5f8b02ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
電王オープニング「Climax Jump」 いくつかのブログをのぞいてみると、あ
2007/02/05(月) 00:45:12 | 好きなもの
仮面ライダー電王2ライド・オン・タイム 時を超えろやっぱりモモタロスのキャラいいよね。最初の方、声と動きがテンポズレてる気もしたけど(笑)あんな体してて、強いのに、デコピンとか、どつかれるとか
2007/02/05(月) 01:05:23 | 仮面ライダー電王でんの
2話も面白かった!今回は第1話の後編にあたるワケですが、テンポの良さは健在。コミ
2007/02/05(月) 02:10:37 | 海の底まで何マイル?
 やはり今回のライダーは、管理人の妙な波長と限りなく一致した何かを提供してきます。 もうね、自分でも分からんのに何かボロボロに泣いているんですけど、これは一体何?・゚・(ノД`)・゚・。  前回予想した通り、
2007/02/05(月) 09:53:17 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
ということで……電王第2話の感想なんだよね。すでに電王楽しいと思っちゃってるんだ。 いつのまにか「イージャンスゲージャン」も、いい曲だなぁと思えるくらいには洗脳されちゃってるんだよね。
2007/02/05(月) 10:07:33 | でいりーひまつぶし
★TBさせていただきます★『仮面ライダー電王』、第2話 「ライド・オン・タイム」の感想ですっ!車内の高岩さんがメッチャ楽しそう(笑)。初回の提供ナレの「電王」の発音もダメ出しで直され(笑)、その使命も明らかになり2話分合わせてツカミは非常に良かったと思...
2007/02/05(月) 11:45:52 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
やばいよ電王、やばいよ2話目にしていきなり泣かされるところだったよ……。まあ終盤で映像が激しく乱れて別の意味でも泣きそうになったわけですが(どうでもいいですか そうですか)。映像機器の寿命への対応策に
2007/02/05(月) 12:00:48 | まさか勝てるとでも?(私が)
こんにちわです! 今朝「電王」見て、でかけまして・・・ 記事も、更新する気がおきなくなりそうになってしまいました。 ええ、いってきたんです 「ネットカフェ」に! 行ってきて、漫画も読まずに「マッサージ」してましてww ええ、最近の「ネットカフェ」も侮れないっと
2007/02/05(月) 15:21:33 | ルーツ オブ ザ まったり!
秊 面白いぞ! 俺!! つか、感動してウルッと来ちゃいましたよ。 1話はインパクトで惹き付けるため設定は今回に回されたのですが、その設定がドラマに深く密接した2話の方が素晴らしかった。 キーホルダーへの執拗な固執に、絶対あの不良少年何かあるな
2007/02/05(月) 17:53:03 | バラックあにめ日記
仮面ライダー電王の第2話。まぁ、この辺まではパイロットってことで説明も多くなるわな。分かりやすくてよかったけど「イマジンは人にとりついてその人が持ってるイメージを使って体を作る」だとしたら良太郎けっこういいセンスしてるよね。「桃太郎」をイメージしてなんで
2007/02/05(月) 23:37:25 | だいすけでした(^^)v
◆TBさせて頂きます◆おそらくこの番組の正式発表があってから、日本中で一万回ぐらい「戦隊か!」「セラムンか!」というツッコミが成されていたと思われます。 なので、ボクは是が非でもその二つのネタは出さんぞ!!と心に誓いました。 でも初回からいきなりゴレンジャー
2007/02/06(火) 00:38:50 | 『真・南海大決戦』
仮面ライダー電王の第2話を見ました。第2話 ライド・オン・タイムバットイマジンとの戦いを終えた良太郎はハナに誘われるまま、デンライナーの車内へ乗り込む。「本日もデンライナーのご利用まことにありがとうございます。客室乗務員のナオミで~す♪御用がある時は気軽..
2007/02/06(火) 13:03:16 | MAGI☆の日記
「やらなきゃいけない事だけは、わかった気がする」電王はあんまり絵を描く気にはならないんで描くにしてもこんなやつくらいかも。相変わらずこの描き方は描きやすい。プラットフォームはシルエットにしちゃうとコケシ
2007/02/07(水) 01:09:24 | ぎあ魂なblog(たぶん別館)
『本日もデンライナー999のご利用、誠に有難うございます。えー、次の停車駅は2004年12月24日、2004年12月24日。停車時間は、イマジンを倒すまで~・・・』銀●鉄道かい!
2007/02/08(木) 23:59:21 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
第2話 「ライド・オン・タイム」バットイマジンとの戦いを終えた良太郎。ハナと言う少女に誘われ、デンライナーに入る事に…。乗務員ナオミからオリジナルコーヒーを勧められ、注文。すると目の前に、赤鬼のイマ
2007/02/09(金) 21:28:35 | デバイス!マキシマム ブログ
「ライド・オン・タイム」脚本:小林靖子監督:田竜太アクション監督:宮崎剛闘いを終えデンライナーに乗り込んだ良太郎。ホッとしたのもつかの間、良太郎の体からこぼれた砂が、赤鬼の姿になり話しかけてきた・・・。感想の前に。>そして最初の敵がコウモリなのもお約束
2007/02/10(土) 00:12:56 | お萌えば遠くに来たもんだ!