Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」
 きょ…協奏曲っていう形式はですね、ど…独奏楽器とそれを支えるオケとが織りなす、主に3楽章からなるがk…楽曲でっ、独奏楽器のしゅ類によって、ピアにょのための協奏曲とか、フルっ…トのためのきょ…


佐「一弥のこと、本当は、大好きなんだよっ」


 ぐはぁぁっ!!
 

 もはや冷静なレビューなんぞ書いていられるかぁっ!!



 やられた…やられたよ…確かに「佐祐理さんの隠しシナリオも織り込んでくるらしい」と聞いてはいたし、その覚悟も決めてたつもりだったんだけどさっ…自分の覚悟が生半であったことを認めざるを得ないッ!

 AIRの観鈴役でも壮絶な演技で僕らを泣かした川上とも子さん演じる佐祐理さんは、今回も全く手を緩めることを知らず、「音声だけで泣ける」という凄まじいレベルでしたっ!それに加えて、かなり短縮されてはいるけれど、原作では「年下であっても男性のことを必ず敬称を付けて呼ぶ理由」が主体だった佐祐理さんの昔語りを、「舞に救われた自分」というところに特化してストーリー内に自然に当てはめて見せたこのシナリオ構成力もまた、もう極上としか言いようがないっ!隠しシナリオゆえに原作では1枚絵しか用意されなかったこのシナリオが、他のシナリオと同等の精細な映像と、行間を読み尽くした表現でこうして紡いで頂けた感動を、一体如何にして伝えたらよいのでしょうっ!

 そこに来て、このセリフだよっ!

佐「一弥のこと、本当は、大好きなんだよっ」

一「…うんっ」


 いやそんなんされたら泣くだろっ!しゅこしゅこ言う水鉄砲の音とか悲しすぎるだろっ!その後の一弥の笑顔とか堪んねぇだろっ!たった5分足らずのショートストーリーだけで、こんなに泣かせるなんて、どこまで罪深いんだ京アニっ!!

 しかも、その語りの終わりに佐祐理さんが語った一連のオリジナル部分の見事さよっ!!

この曲の名前、ご存じですか?

カノンです。パッヘルベルのカノン。
同じ旋律を何度も繰り返しながら、
少しずつ豊かに、美しく和音が
響き合うようになっていくんです。
そんなふうに、一見違いのない毎日を送りながら、
でも、すこしずつ変わっていけたらいいですよね。


 もうね、今回はあたしゃこの時点で昇天しましたよっ。この作品が何故「カノン」なのか。原作では一通りをプレイしても明示的な言葉では語られなかったそれを、こうしてメインストーリーの中にさりげなくも自然にしっかりと仕込んでくるなんて、全ッ然予想してなかったんですものっ!一弥のために流した涙も乾ききらぬまま、今度は「そのあまりに美しい収め方」に感動してしまい、為す術もなく滝漏れているオレがいるっ!

 もーなんつーかさ、色々オレがこねくり回して語る必要とか、なくなくね?(どっちだよ)



 …ところが、ねぇ?その後が本当のヤマだったんだよなぁ、これが。



 水瀬家の「祐一のよくわからない行動」への不安感に始まり、痺れを切らして出かけてしまった祐一が感じる「漠たる不安」、心細げに夜の町を歩く佐祐理さんの描写、電話で佐祐理さんの外出を知った祐一の「確たる不安」へと、BGM「兆し」に乗せて一直線に煽られていく緊迫感!そして、起こった出来事は当人にも「一瞬」、その場に近づいていく友二人の、極限まで引き延ばされた「驚愕と後悔」…先を知っていようとも、一切ガードの効かないこの破壊力はどうですか!倒れ込んだ舞が見せる「底知れぬ悲しみと恐れ」に彩られた瞳も、一部しか見えないことで返って酷さを増幅する「現場の惨状」も、全てがかっちりと組み上がって、強力な説得力を持って視聴者に迫ります…。

 だからでしょう、その後の激高する舞のシーンが、胸を締め付けるほどに共感できるんですよ。表面的に冷たくあしらってでも、危険から遠ざけておきたかった親友・佐祐理。なのに、一度ならず二度までも、舞が対処すべきだった魔物の手にかけられてしまったことへの、途方もない罪悪感、やるせなさ…。その叫びは既に舞踏会での「咆哮」ではなく、文字通り「慟哭」として感じられるほどです。

 暴れる舞、自傷行為に走ろうとする舞が何とも痛ましく、見ているだけで震えが来てしまいます…その舞を寸前のところで祐一が止められたのは、舞による特訓も影響していたかも知れませんね。その祐一に本気で稽古を付けてやるようになった経緯についても、「先週の時点では佐祐理と同じく『拒絶』」→「祐一が魔物に狙われていることを知る」→「身の守り方だけでも覚えさせねば」という過程がきちんとバックボーンにあって、細かいシナリオ回しの妙にはいつもながら唸らされるばかりです。原作経験者が気にしていたであろう「避けることを覚えないとバッドエンドのはず」という点すらも、「先週、まだ舞が祐一を巻き込みたくないと思っていた時点では放置」→「今週、身の守り方だけでも覚えさせようとした段になって避け方習得」という風に消化されていて、ホントにどこまで細かいんだと。もうこうなると、こちらは溜息しか出ません。降参です、降参。両手を挙げて、拍手喝采です。



【協奏曲という言葉に持たせた意味は】
 …はい、今週は「このパートはもう書かれないんじゃないか?」と本気で心配した方は挙手(笑)。

 冒頭でちょっと述べました通り、最もポピュラーな協奏曲の形態は、一つもしくは複数の独奏楽器(ソロパート、と言った方がわかりやすいでしょうか)をフィーチャーし、オーケストラが全体を支えるという構成になっています。ピアノのための協奏曲(簡潔に「ピアノ協奏曲」とされることもあります)は、独奏楽器としてピアノを用いる曲ですし、他にも「ヴァイオリン」「フルート」「クラリネット」「チェロ」などがよくある協奏曲の例でしょうか。複数の楽器をフィーチャーしたものでは、「ピアノとヴァイオリン」「ヴァイオリンとチェロ」辺りが多いんでしょうか…その辺になると、あまり聞き込んでないのでよく知らないんです、スイマセン…。

 さて、今回のエピソードにおいて、この「協奏曲」という言葉は「ひびわれる」という言葉と共に使われています。これはストーリーと合わせて考えれば、佐祐理さんが襲われることで協奏曲に見立てた「3人の関係」が壊れかけることを示している、と見て間違いないでしょう。でも、ちょっと待って下さい。ひびわれるのは「協奏曲」であって、「トリオ」じゃありません。ここ、ちょっと違和感がありませんか?

 先週のレビューで書いた通り、三重奏(トリオ)においては基本的に三種の楽器が対等の関係で響き合います。しかし、協奏曲(コンチェルト)においては、「ソロ」と「伴奏」という、非対称の関係が存在するんですよ。つまり、今回ひびわれた三人の関係が、実は「完全に対等ではない部分を内包していた」ということを暗示しているのではないでしょうか?

 それを読み解くキーとなるのは、やはり今回の佐祐理さんです。祐一が「なんであんなにムキになって」と思うほど、彼女は祐一と舞の稽古に割り込もうとしました。また、その夜、佐祐理は夜の校舎に向かう途中で、「やっぱり行かない方がいいかなぁ」とつぶやきながらも、二人が待つ「戦場」へと足を運んでしまうのです。ここに、佐祐理さんの「らしくない」動機が存在します。彼女は舞と祐一が何かに直面していることを薄々と感じていましたが、その困難を三人で共有したいと、苦しみがあれば自分も支えたいと願っていたのではないでしょうか?彼女は、「真に『トリオ』となる関係を望んでいた」んじゃないかと、私は思うのです。

 そのことを思って先の舞と祐一の叫びを聞き直すと、また違った感慨を覚えます。「私のせいで!」「違う、オレのせいだ!」…彼らは、彼らを影で支えている素晴らしい伴奏を失った、二種の独奏楽器でした。彼女を大切にしたい、守りたいと願い、自分たちが支えているつもりが逆に支えられていたことに後から気付いたように。もう後が無くなった彼らが次週、どのようなソナティーナを奏でるか、期待して待ちたいと思います。

 なお、余談ですが、校舎の屋上で佐祐理を拒絶する舞のバックには、彼女のテーマである「少女の檻」のピアノ版(「Re-feel」に収録)、つまりソロ演奏バージョンが流れていました。この部分、「彼女がソロである」ということを暗に示しているような気がして、音楽的な効果と共に意味も仕込んできたイキが嬉しかったところです。曲そのものも「彼女が檻に閉じこもっている」という意味を持ちますので、その後の悲劇を考えると、何とも切ない曲使いですよね。




 それでは最後に、今週も絶妙の線目と自然な表情で日常パートを支えてくれた、我らが名雪さんに感謝を捧げつつ、今週のレビューを終えたいと思いますっ!(これも忘れないのね…)名雪さんっ!何が「ちなみに」なのかわからない寝ぼけながらの朝食にんじんトークをっ!謎ジャムの生け贄になったあゆへの罪悪感に充ち満ちた微妙な表情をっ!祐一とのトホホ感あふれるウサ耳絡みのギャグパートをっ!いつもと変わらぬ「放課後だよっ」の軽妙な挨拶をっ!夕飯時の不安げな表情の中にも可愛らしさをのぞかせる至福の私服姿をっ!本ッ当にっ、どうもっ、ありがとうございましたぁぁっ!! 来週はさすがに出番無さそうだけどね。orz
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダー電王 第9話「俺の強さにお前が泣いた」 (2007/03/31)
 CLANNAD 第4回「仲間をさがそう」 (2007/11/16)
 たまこラブストーリーの上映時間が (2014/04/24)
 フルメタTSR Blu-ray BOX予約開始! (2008/06/20)
 むうううぅぅぅ………。 (2012/11/17)
 電脳コイル 第20話「ヤサコとカンナ」 (2007/10/13)
 CLANNAD After Story DVD 6巻… (2009/05/12)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
ナユキストは砕けない2nd
てりぃさんこんにちは。
mahariaです、毎度の事ですが駄コメントを晒しに参りましたw

初っ端の音楽パートのコメントが崩れかけているのに激しく笑わせていただきましたw スイマセン。いつもしっかりしたレビューを書いてらっしゃるだけに、以外なギャップが面白かったです。継続は力ですね♪

今回佐祐理さんスペシャルな回だったワケですが、それでも名雪への愛を忘れないその姿勢には頭が下がります。ホントに継続は力ですねw

ところで近いうちにリンクを作ろうと思っているのですが、てりぃさんのブログを貼っても宜しいでしょうか?差し支えなければ宜しくお願いします。

では、失礼致します。来週もよろしくお願いします♪
2007/01/05(金) 10:44:14 | URL | maharia #-[ 編集]
ナユキストクルセイダーズ
mahariaさん、毎度ありがとうございます。

「継続は力」と言って頂くと、何だかとても嬉しいですね。もう3ヶ月以上もこのレビューを上げてきて、「マンネリ化」しないための工夫がそろそろ意識的に必要になっていることをひしひしと感じるもので、そのようなお言葉は大変励みになります。残り10話、何としても走り抜けてやろうと決意を新たにする次第です。

リンクについては、基本的にフリーというスタンスでおりますので(あっ、せっかく運営ポリシーの記事作ったのに、リンクについて書き忘れてる…後で追加しなくちゃ…)、どなたでもウェルカムです。ましてや、いつもお世話になっているmahariaさんのリンクをお断りするような理由なんて見当たりませんですよ。どうぞビシバシ張っちゃって下さいませ。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたしますね。
2007/01/05(金) 11:43:16 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
>『今週は「このパートはもう書かれないんじゃないか?」と本気で心配した方は挙手(笑)。』

ノ <挙手(笑)>
そして今週も深みのある解説をありがとうございます。でも…


「こんな壊れたレビュー、本当は、好きなんだよっ」
2007/01/05(金) 12:33:13 | URL | あるかさ #9WAugNKs[ 編集]
今回は二回泣きました
あ~、もう!!佐祐理さんがもうね、かわいすぎたり悲しかったり…
過去話は泣けます。
そして、「この曲の名前、ご存じですか?」のところはしびれた!!
しかもここは京アニオリジナルなんですか!?感動です。
そして二回目の泣きは…トイレのところは背筋が凍りましたよ。まさかああなるとは…
でも命に別状はなくてほっとした後、すごいすごい!あの涙+声優さんの演技でもう!京アニ最高!!
それにしても構成もすごいですね。
途中のあゆなゆがいいクッションになってて、二回の悲しいとこでもやりすぎ感が感じられず、自然に見えた。
あとはてりぃさんのおっしゃるとうりですね。
kanonはとことん自分に合ってるみたいです^^

2007/01/05(金) 12:37:47 | URL | ZT #6fyJxoAE[ 編集]
神の回であった・・・!!
そういいたいですね。
自分は佐祐理さんシナリオをまったく想定してなかった人間なので、完全に無防備でしたヨ。
で、山場が終わったかと思えばあのシーン。私には神の舞い降りた回でした。
いつものように細かいところ、たとえばそれぞれの上履きの脱ぎ方などもこだわりの感じられる描きかたであらためて脱帽です。

それから、曲の解説、とても楽しみにしているので今回もお休みにならなくてとてもうれしいです。ありがとうございます!

あと、川上さんの声はもはやイリュージョンだと思います(笑
2007/01/05(金) 15:28:58 | URL | 涙桔 #-[ 編集]
佐祐理さんの台詞
≫この曲の名前、ご存じですか?

カノンです。パッヘルベルのカノン。
同じ旋律を何度も繰り返しながら、
少しずつ豊かに、美しく和音が
響き合うようになっていくんです。
そんなふうに、一見違いのない毎日を送りながら、
でも、すこしずつ変わっていけたらいいですよね。

やはり、佐祐理さんのこの台詞にやられていましたね。
オリジナルなのに、原作の不足分を補うパワーを持つふしぎな台詞です。まじかる☆さゆりんの異名をとる佐祐理さんらしい発言。今となって見ると彼女以外の誰が言ってもおかしいとさえ思ってしまうでしょうね。

それから、
>彼女は、「真に『トリオ』となる関係を望んでいた」んじゃないか
との事ですが、私は原作での佐祐理さんの行動からそれを感じていましたです。

それにしても、一夜にしてここまでの論文を書き上げるとは流石ですよね。
私も負けないように頑張りたいと思います。…と言うのもおこがましいですが…
2007/01/05(金) 21:31:19 | URL | きつねのるーと #NjDYclhA[ 編集]
Kanon編では初めてコメントを書かせていただきます。あるごるです。
2006年はTBありがとうございました、今年もよろしくお願いします。

こんな回でも曲のパートに言及されるてりぃさんの感想クオリティに、改めて驚かされるばかりです。
原作と舞の稽古の関係も、恥ずかしながら読んで初めて気づかされました。
次週は名雪さんの出番が難しそうなので、その後に少しでも多く出てくれることを祈りますです。
2007/01/06(土) 01:13:23 | URL | あるごる #V19xxO8I[ 編集]
いつも拝見させていただいております。初めてコメント&TBさせていただきます。丈・獅子丸と申します。よろしくお願いいたします。

昨日に引き続き、ずるずるになりながら、14話の繰り返しの鑑賞をしておったときに一つ気付いたことがありまして、ここに書かせていただきました。

佐祐理さんの回想シーンで「幼稚園に入っても、言葉をしゃべらなかったし…」のくだりの佐祐理さんがうらやましそうに見つめてしまう姉妹が、私には幼い日、仲のよかった頃の美坂姉妹に見えるのですが…。
髪の毛の色や姉の顔立ちが…。

どう思われますでしょうか?
2007/01/06(土) 01:29:54 | URL | 丈・獅子丸 #-[ 編集]
今回は・・・すご・・かったですね
自分もKANONが流れ始めた瞬間に、色んな思考が頭を巡ってグッときました・・・。
佐祐理の弟に厳しくしてしまった後悔と、それを追奏する舞との出会い。また同じ繰り返しを暗示しているのかと思った所に、佐祐理さんの「少しずつ豊かに、美しく和音が響き合うように」という台詞で、心の棘が抜けたような気持ちにさせられました。

あと、個人的には血に濡れたアリクイの人形が怖かったです・・・
その前のアリクイさゆりんがかわいいw
2007/01/06(土) 01:57:11 | URL | Ash #-[ 編集]
長文失礼します
どんな時でも名雪のこと忘れず書く。
さすが、てりぃさんはナユキストの鏡ですね。

来週で終わりじゃないですよね?
9話→10話の予告の時はいつもと音楽違ったし、
今週の予告がいつもと同じ音楽だから、まだ舞編は終わらない。
再来週でしょうか。たぶん。

佐祐理さんのセリフと昔のあゆのセリフが対称的だった気がします。
佐祐理さんは「一弥の事も悲しい記憶だけじゃなく、
思い出せるようになるかも知れない」というのに対し、
昔のあゆは母親がいなくなったことに対して
「悲しみを忘れる事は出来ると思う」と言っています。
「思い出せるように」「忘れる事」の対称。
…なんかあゆに思い出せない忘れ物とかも関係ありそうな気がしてきた。

それにしても、やけにゆっくりな気がします。
AIRの時は原作知らずとも
「ちょっと早くないかい、展開?」とか思いましたけど。
ヒロイン3人なのに半分の6話目で2人終了かつ、
7話目か8話目には観鈴の話も終わりそうな状況だったし。
Kanonはまだ真琴しか終わってないし、
(再)来週に舞が終わっても、残り8、9話しかありませんし。
1人あたり3話ないかもしれないなんて…。
他のヒロインのシナリオが
どの程度進んでるのか分からないのでなんとも言えませんが…。
あゆはOPの人形でてるし、結構進んでそう。
栞はもう1歩踏み込んでない感じだし、
名雪は未知数です。全然分かりません。
まさか、このまま自然消めt…うわ、なにをするやめr…
2007/01/06(土) 14:05:34 | URL | つちむ #-[ 編集]
佐祐理さんシナリオ
もう、舞編も、佳境みたいですね・・・



佐祐理さんと舞の友情は、お互いがお互いを支えあっていると思っているので、すんご~く好きですが。


舞は、不器用で不器用で・・・ものごっつい不器用で・・・そこが、またいいのです。



てりぃさんお記事を読んでいるかぎりでは好評なようで安心しました。


これからも、がんばってください!



追記 あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。



2007/01/07(日) 09:11:34 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
にははにあはは
てりぃ様どうもです!

>川上とも子さん演じる佐祐理さん
どれだけ我々を感動のどつぼに落とせば気が済むのでしょう?普段の「あはは・・・」がちっとも笑っているように聞こえなかった理由を聞かされた刹那、胸が苦しくなりました。

「にはは」と「あはは」は二度と忘れられない笑い方になりました。

>避けることを覚えないとバッドエンドのはず
アドベンチャーゲームの選択肢による変化を絶妙に演出しているんですね。脚本の人達は一体何回この作品をプレイしているのやら。

新年1発目のトラックバックさせていただきます。今年もお世話になります。
2007/01/07(日) 21:59:45 | URL | jiro #eRCqN4Tc[ 編集]
超・超長文レス
>あるかささん

>ノ <挙手(笑)>

やったやったw!(笑)いやもー、なんつーか、いたずらがバッチリ決まったコドモのように嬉しいっす!(爆)

>「こんな壊れたレビュー、本当は、好きなんだよっ」

……うんっ!(滝漏)


>ZTさん

>kanonはとことん自分に合ってるみたいです^^

それは、とても幸福なことですよね。「とことん自分に合ってる」という作品に、自分も一体生涯でいくつ巡り会えるやら。

作品は「良し悪し」で語られることがどうしても多いような気がするんですが、それ以前の問題として個々人が「合う・合わない」という部分はどうしても出てくる問題だと思っています。個人の嗜好がそれぞれに異なる以上、数直線上には絶対に乗らないはずなんですが…「それなのに僕ら人間は、どうしてこうも比べたがる」とは、よく聞く歌の文句ですよね、あれだけ大ヒットしても、それを体現できない人の悲しさよ…。

ちょっと脱線しましたが、まだこの先10話も残ってるこのKanon。とことんまで楽しんで行きましょうね。


>涙桔さん

>自分は佐祐理さんシナリオをまったく想定してなかった人間なので、完全に無防備でしたヨ。

原作を知らない方も、また原作を経験済みの方でも、そういうご意見が多いようですね。それだけ、今回の仕込み方が絶妙だったということなのでしょう。当ブログのアクセス数も、真琴退場の第10話以来というフィーバーぶりで、反響の大きさを物語っている気がします。

>それから、曲の解説、とても楽しみにしているので今回もお休みにならなくてとてもうれしいです。

あうううう…、プレッシャーですねぇ(笑)。でも、ここまで来たんだもの、頑張りますよ。拙い部分も多々ありますが、今後ともよろしゅうにお願い致します。


>きつねのるーとさん

>オリジナルなのに、原作の不足分を補うパワーを持つふしぎな台詞です。

そうなんですよねぇ。ないはずだ、と思いながら、原作のテキストを探し回ってしまいましたモン(笑)。この辺の「原作咀嚼力の凄さ」が、京アニの京アニたる所以だなぁと、今回も改めて思い知りました。

>まじかる☆さゆりんの異名をとる佐祐理さん

ちょwwwいや、その通りですけども(笑)。

>それにしても、一夜にしてここまでの論文を書き上げるとは流石ですよね。

いやいや、「一夜だから」書けてる、という側面もありまして。自分の両手両足に枷をはめましてね、「さあ、これを書き上げるまでは寝られないよ?」って自分を追い込むんですよ。そうすると、イヤでも書かなきゃいけなくなりますし、適当に済まそうとすると自分の中の信者魂が邪魔をするし、という感じで。冗談抜きで、「適度な縛りは、質を上げるための必要条件」というのが、私なりの信念の一つだったりしますので。バッハとかも、厳格な様式美を追求(裏返せば、そのための数々の縛りがあるんです)してこその美しさ、みたいなところがありまして、ああ、ナンか壮絶に脱線してますんでこの辺で。


>あるごるさん

AIRで散々お世話になったあの日々から、もう丸二年も経つんですね…。ちょっとびっくりです。

>原作と舞の稽古の関係も、恥ずかしながら読んで初めて気づかされました。

いや、書いた本人がこういうのもナンですが、「…ちょっとこじつけ臭いかなぁ??」という感じが濃厚だったりするんですよ(^^;;;。ついつい小難し目のトーンになってしまう長文レビューには、毎回「…これでいいのかなぁ?」なんて疑問符付きで取り組んでいるのが実情だったりします。おかげさまで、そうやって書いているものにも期待とお褒めの言葉をかけて下さる方がいらっしゃるので、こうして頑張れているような次第です。

>次週は名雪さんの出番が難しそうなので、その後に少しでも多く出てくれることを祈りますです。

ありがとうございます(って私が言うのはナンか筋違いでしょうか?!)。でも、何となくスタッフが「名雪皆勤賞」を狙っているような気もしてきましたので、ダメもとの気持ちを持ちながらも温かく見守っていきたいと思いますよ。


>丈・獅子丸さん

いつも読んで頂いているとのこと、どうもありがとうございます。

>佐祐理さんがうらやましそうに見つめてしまう姉妹が、私には幼い日、仲のよかった頃の美坂姉妹に見えるのですが…。

ご指摘を受けて、私も見直してみました…。髪の色、二人とも茶色で、姉が長髪、妹が短髪ですか…。確かに言われてみればそのようにも見えますし、細かいところを言えば違うようにも見えて(幼い方は姉と妹の髪の色がほぼ一緒に見えますが、現在は栞は栗色に近い感じで香里と違うように見えるんですよ)、なかなかこれだけでは判断しきれない感じでしょうか…。仕込みの凄い京都アニメーションですから、そこまでやってても何ら不思議はないんですけどね。決定打に欠けるところがナンとも悩ましいです。

確定のためには、制作スタッフ側の何らかのコメント(インタビュー記事等)が必要な気が致しますね。


>Ashさん

佐祐理さんのセリフは、もう色んなところで全文参照されていて、ググったらものすごいことになりそうな勢いですね。その配置具合も絶妙との声が高く、「癒された」「泣かされた」「どうしてくれるんだ」と絶賛の嵐(?)です。

そして、原作をご存じない方には、あの「血濡れの大蟻食人形」の怖さが、「佐祐理さんがあぼーんした!」という衝撃と共にトラウマになりかける勢いで迫ったようで、「怖かった」「死んだと思った」「どうしてくれるんだ」と、これまた興奮冷めやらぬ雄叫びがあちこちで上がっております。

この「祭り」の後を受けて、次週に何が来るのやら、ナンとも楽しみですね。


>つちむさん

>どんな時でも名雪のこと忘れず書く。

言われて振り返ってみましたらば、「野暮なことは今週はナシ」と断って名雪絡みを諦めた第10話以外、もんのすごい量の「ナユキスト魂」をこれ見よがしに書きつづっていることがわかり、ちょっと軽く死にたくなりました(笑)。

>来週で終わりじゃないですよね?

私もコメントで教えて頂いたのですが、ある雑誌の掲載情報によれば、「再来週が舞編のラスト」ということが既に語られているそうです。

>「思い出せるように」「忘れる事」の対称。
>…なんかあゆに思い出せない忘れ物とかも関係ありそうな気がしてきた。

「人間は辛い事を忘れられるから生きていける」と言ったのは誰でしたか。でも、「Kanon」においては、その「忘却」ということ自体の持つ辛さなども描かれていて、なかなか一筋縄ではいかない仕組みになっていますね。断言はできませんが、最終的には「それでもやっぱり思い出さなくちゃ」というのが、Kanonを通じて伝えたかった事の一つなんじゃないかなぁと、私は個人的に思っております。

>(再)来週に舞が終わっても、残り8、9話しかありませんし。
>1人あたり3話ないかもしれないなんて…。

大丈夫!そのためにこそ空気たる名雪さんが(爆)。

いくつかの事前情報・前提条件があります。監督の言として二つ言われているのは、「キャラのエピソードは全てやります」という点と、「後半の怒濤の展開を楽しみに」という点。そして、つちむさんが計算されたように、3人で8話という尺の残り具合。3人目のシナリオとなる栞は、恐らく彼女の独立具合から推測して、彼女中心に3~4話かけて消化されるでしょう。そこから導かれる結論は…残り4話で、名雪とあゆのシナリオの同時並行進行、ということではないかと。ちょっと冒険かもしれませんが、今のところのてりぃ解釈ではその線が最も濃厚、という感じです。


>セトラさん

>てりぃさんお記事を読んでいるかぎりでは好評なようで安心しました。

やはり、折り返し地点を過ぎてからの猛攻が効いてきている感じは大きいですね。この後更に加速するのではないか、というのがてりぃ説。

セトラさんはDVD組とのことですから、もうしばらくのご辛抱ですね…。真琴編も舞編も、最終話のみ4巻・6巻に収録されてしまうので、そういう意味ではまた辛いところだと思いますけど、頑張って耐えて下さいまし。


>jiroさん

>「にはは」と「あはは」は二度と忘れられない笑い方になりました。

おーー!!こうやって並べてみると、ナンと韻を踏んでいるような錯覚がっ。Σ(´Д`;

観鈴ちんはですねぇ、今こうやって恥ずかしくも見せまくっている「名雪さんへの愛」とは全く別次元で、忘れたくとも一生忘れられないヒロインの一人ですわ。胸の一番深いところに刺さり込んで、二度と抜けなくなっちゃってます。そりゃあBlu-ray BOXも買うぞと。例えプレイヤーがなくともね。orz

>>避けることを覚えないとバッドエンドのはず
>アドベンチャーゲームの選択肢による変化を絶妙に演出しているんですね。

この辺は原作組へのファンサービスの色彩が濃く、知らなければ知らないで済んでしまってもいいような部分ではあります。だからと言って蔑ろにしていないのが、ある種の京アニらしさかなぁ。この辺が、「原作へのリスペクト・愛にあふれる」と評される一端なんですよね。

>脚本の人達は一体何回この作品をプレイしているのやら。

「脚本家」という括りで括ってしまえば、KanonはAIRと同じく志茂さんお一人で脚本を書かれています。ただ、そこは「摺り合わせの京アニ」らしく、プロットを決定するに際しては綿密な打ち合わせがあると聞きますけどね。脚本として仕上げる作業は最終的に一人でやってはいても、そこに至るまでの摺り合わせ作業によって監督はもちろん、多くのスタッフの意見が反映されている、という事だと思っておりますよ。
2007/01/07(日) 22:26:04 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
長文のコメントって・・・
長文のコメントって・・・これだけあれば、記事にできるじゃん!!



って、思った雪積もる季節でした。


おつかれさま。
2007/01/07(日) 22:58:14 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
恐れ入ります
>これだけあれば、記事にできるじゃん!!

あはは、書き上げてみてから自分もそう思いました(苦笑)。

でもね、止まらないのよ。書き始めたら止まらない、正におサルさんのオn…いや、ゲフンゲフン。
2007/01/07(日) 23:17:05 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
やはり長文になる
今回は凄かったですね。いや、いつも凄いのですが。

原作プレイ済みで予習もして、今回こうなるはずだと予想もしていたはずだったのですが、見終わったあとには手が震えて心がザワついてしかたがありませんでしたよ。

パッヘルベルのカノンは1話からずっと百花屋にて流されていましたが、ただのスタッフの遊びだと思っていました。まさかこんな意味があったとは。
育ちの良さから音楽の知識をもち、そして悲しい過去を越えていこうとする佐祐理さんだからこそ言えるこのセリフ。そして演じる川上さんも凄い。有難う御座いました、としか言えません。手首の傷の話はありませんでしたが、ちらりと見せていましたね。

水道のワナは原作では別のシーンでしたが、佐祐理さんのシーンで使われて恐怖感を増していますね。
力なく崩れ落ちる舞。もはや立つことも、座ることすらできない。祐一の特訓であんなに超人的な技を見せた彼女がただ丸まって震えるあのシーンは佐祐理さんの血とあわせてショッキングなシーンでした。原作では1枚も絵が無くて文字だけの表現でしたね(笑)

そして暴れる舞を止める祐一。アニメーションの衝撃も凄まじいものでしたが舞の口調がいつもと違うのも驚きましたね。心を揺さぶられました。さすが田村さんKey作品の常連として呼ばれるだけのことはあります。

またも某誌の情報ですが、佐祐理さんの出番はもう終わり…ではないようです。東映版のような展開になるのか気になります。
んー、やっぱり祐一の日本刀はカットなのかな(笑)
2007/01/08(月) 00:53:08 | URL | クニム #L8AeYI2M[ 編集]
どうしてくれるんだww
すみません。横レスとなります。Ashさん、申し訳ありません。何卒ご容赦下さい。

こんばんは。たこーすけです!
佐祐理さんのセリフ、全文参照組です!

佐祐理さん、もうダメかとおもたYO!
どうしてくれるんだ!

いやー。しかし。
てりぃさんの「協奏曲」と「三重奏」の考察。
ほんと感服いたしました。さすがです。

それでは!
2007/01/08(月) 23:34:10 | URL | たこーすけ #luvxoLW6[ 編集]
フマジメでスイマセン
>クニムさん

>今回こうなるはずだと予想もしていたはずだったのですが、

ヤツに限っては常に最良のケースを想定しろ!
ヤツは必ずその斜め上を行く!((c)冨樫義博)

>佐祐理さんの出番はもう終わり…ではないようです。

ほえ~。そうなんですか~。佐祐理も今はじめて知りました~。

あ、いや、ぶたないで、ぶたないで~(泣)


>たこーすけさん

>どうしてくれるんだww

「どーしよーもないっすねー」
「よくわかってるじゃないか!」((c)中川いさみ)

>てりぃさんの「協奏曲」と「三重奏」の考察。
>ほんと感服いたしました。さすがです。

いやいや、返って恐れ入ります。自分ではいつ無理に付けた「金メッキ」が剥がれるかと、気が気でないのですよ。ああ、大変な事になっちまったなぁ(遠い目)。
2007/01/09(火) 01:38:41 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
佐祐理さん自殺未遂?
はじめまして、AIRの時から川上とも子ファンなので佐祐理さん登場話はいつも楽しみに見ていました。

皆さんのコメント見てやはり神話だったのだなぁ、と思い何度も見返していました。

で見つけたのですが「笑えるようになったのも、舞と会ってからです」のくだりで左腕のリストカット跡を隠しているシーンが…

…絶句。

これもGAMEの隠しシナリオで語られているのですか~?
2007/01/09(火) 21:01:38 | URL | 5五の角 #-[ 編集]
週またいじゃいましたorz
>5五の角さん

はじめまして、コメントありがとうございます。そして、お返事が遅れまして申し訳ありませんでした。

>これもGAMEの隠しシナリオで語られているのですか~?

はい。ゲーム内ではこの部分には「絵」は無く、文章で語られています。つまり、ゲーム版では祐一に対して「自分がリストカットしたこと」をちゃんと告げているんですね。

今回のアニメでは、さりげなく傷を隠す描写になっているので、祐一がそれに気づいたかどうかまではわかりません。その分、痛さが和らいでいる気がしますね。
2007/01/12(金) 21:15:27 | URL | てりぃ #ptkNjFzs[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1265-4cf2f437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:西屋太志サブタイの「協奏曲」とは、独奏楽器と管弦楽によって演奏される器楽曲の事。
2007/01/05(金) 08:00:33 | AGAS~アーガス~
? 舞が、批判を受けながら闘っていた魔物の本当の狙いは祐一だった。原作を知らない私は、ちょっと驚きでしたが、いよいよ舞シナリオも頂点に向けて話が進んで行きます。それでは、今週のお話です。(更新中)
2007/01/05(金) 08:27:12 | アニメのストーリーと感想
なんじゃこりゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
2007/01/05(金) 09:44:50 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
つまり、舞は祐一の言うように自分の感情を上手くストレートに外部に伝えることが苦手な、いわゆる『不器用』な子なんですけども、根底的な部分で相手に対しての思い遣りは凄く暖かいものがあるなぁ、と。佐祐理と舞の多くを語らないそれぞれの関係性がそれを物語ってますし
2007/01/05(金) 09:58:49 | 猫耳と少女とメイド服。
これが今年最初の感想ということでまた一年がんばっていきます。 徐々に明らかになっていくそれぞれの過去 佐祐理さんの過去はこれだけで一話できてしまいそうなぐらい ええお話でした(つД`)
2007/01/05(金) 10:05:40 | SOBUCCOLI
ワタクシにはもう想い残す事はありません! 京アニ様、佐祐理さんシナリオをやってくださってありがとう! 京アニ様、この話を美しい作画でやってくださってありがとう
2007/01/05(金) 10:14:22 | 中濃甘口
前に作ってた『Kanon』のTVアニメは見てません。なので何が違うのか分からないです。(挨拶)リアルタイムで初見です・・・が、・・・今回だけです。普段こんな遅くまで起きてません・・・「いつもわねてまし」 ・・・まあ、いつもの如く、観た人しか分からない
2007/01/05(金) 11:26:06 | アシストロイド(誤字・脱字機能:ON) のツッコミ
新年早々、あゆが特製ジャムの餌食に・・・。祐一と名雪の反応ときたら。寝ぼけている名雪を特製ジャムと聞くだけで完全覚醒させる、特製ジャムの恐ろしさ。登校中、名雪からウサ耳バンドをもらう祐一。朝からそ
2007/01/05(金) 13:14:40 | たまにもゆる
Saint Octoberを見た後だと一層面白く見られますね。ただ、今まで京アニ作品が放送されればそれがそのクールのメインになるのが決定だった。それがこの作品ではギアスが同クールにあるお陰で今ひとつ地味な印象。良く
2007/01/05(金) 13:19:37 | angel notes.
バトルシーン激しすぎw 迫力があって素晴らしいよ~! ジャンルが“恋愛アドベンチャー”なのに何で戦闘面が素晴らしいのかって疑問も浮かぶけどスルーだよ~。
2007/01/05(金) 15:14:59 | ブログ 壁
 「この曲の名前、ご存知ですか?」と問われて、即答できなかった自分に失望。
2007/01/05(金) 15:16:13 | おカネの錬金術師の錬成日記
Kanon第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」見ましたー。うさ耳を付けている祐一の後ろを通っていたおばさんの視線が痛い。うさ耳を見て何かを思い出す祐一。あれは「あゆ?」あゆもついに秋子さんジャムの餌食に。あれだけ朝食に顔出していたらもっと早く餌食になってい
2007/01/05(金) 16:34:57 | studio WATERCASTLE blog
      「ひびわれた協奏曲~concerto~」  何事にも反応せず、ただひたすら自らの世界観を構築し、半眠状態を維持し続ける。そんな名雪を動揺を伴いながら覚醒させる発言「私の特製のジャム」ついでに、物
2007/01/05(金) 17:00:56 | アニメに漫画それが私のシアワセ
Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲 ~concerto~」 今回は佐祐理さんがメインのお話しです。
2007/01/05(金) 17:06:21 | 恋華(れんか)
年末年始でも通常通りに放送してくれるBS-iに感謝。他のアニメが休止でも・・・「Kanon」さえあればそれでいい!!アバンタイトルでの秋子さんの例のジャムの話から、まず引き込まれた。BGMがジャムの恐怖を助
2007/01/05(金) 17:15:35 | N.H.K.ぷらねっと
「今度こそ!今度こそ俺は昼休みにケータイでkanonを見るんだ!!」と張り切った今日の朝。1時間以上かかってエンコーディング終了し、見事911SHで見れるように。早く起きてるんだからその時に見ればいいじゃんというツッコミは言うな、男には「せっかくだから最....
2007/01/05(金) 17:30:52 | ツンデレ100%
Kanon 01月05日付 第14回「ひびわれた
2007/01/05(金) 18:17:57 | 第23軍日常報告
この曲の名前、ご存じですか? カノンです。パッヘルベルのカノン。 同じ旋律を何度も繰り返しながら、 少しずつ豊かに、美しく和音が 響き合うようになっていくんです。 そんなふうに、一見違いのない毎日
2007/01/05(金) 18:24:58 | 白狼PunkRockerS
第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」朝食の席での祐一の表情は冴えない。脳裏を過ぎる昨夜の舞のあの言葉。そんな中あゆの前に出てきた、あの秋子さん特製の謎ジャム。短い付き合いだったな――祐一は、あゆにそう視線で語りかけるが――あゆを見捨てて家を出てきた祐一
2007/01/05(金) 18:55:24 | 夢の日々。
祐一は自分が狙われていると舞に告げられ、祐一と舞は剣の練習を行う。その場に佐祐理が現れ、佐祐理もその練習に参加しようとするが、舞に邪魔とあしらわれ、佐祐理は寂しげに謝り去り行く。それは危険な事から大好きな佐祐理を遠ざける為の不器用な舞の優しさであった。
2007/01/05(金) 19:51:12 | 美しい夢想家-BeautifulDreamer-
Kanon preludeうぐぅ、ついに秋子ジャムと遭遇す。名雪のボケボケトークでほのぼのとしていたそれまでの雰囲気が一転。鉈や鉄バットが幅を利かせるどこかの村の様な状況になるのでありました(笑)っていうか、ジャムを塗るシーンはどう見ても秋子さんがうぐぅを毒...
2007/01/05(金) 20:55:26 | シバッチの世間話
冒頭からあのジャムが出てきて微妙にホラーテイストだったのが笑った。しかもあんなにいろいろなジャムがあったのか…。あのご自慢の黄色いジャムは結局なんなんだろう?うこんかなぁ?そのままで食べたことなんて
2007/01/05(金) 21:05:26 | 蒼碧白闇
つ、ついに第三の犠牲者が…でも、祐一にしろ、名雪さんにしろ、こと例のジャムに関しては思いっきり冷たい反応を示しますね。巻き添えはごめんだと言わんばかりの対応をするのは、いかに例のジャムの味が独創的かの表れかと思われますが…ただ、あゆちゃんが食べた時にどん
2007/01/05(金) 21:24:43 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
舞シナリオには不可欠な、ペアの佐祐理のエピソードをきちんと書いてきたのには驚きが少々の反面、オリジナルのシナリオを素直に構成すれば、必然かもしれないと思う。ゲームで言うところのメインヒロイン・サブヒロイン
2007/01/05(金) 21:36:56 | Cross Channel
ま、またあのジャムの被害者が…。転がっちゃう、あゆちゃんが転がされちゃうよ…。
2007/01/05(金) 22:02:30 | LUNE BLOG
■『Kanon-カノン-』 #14 「ひびわれた協奏曲~concerto~」 BS-i脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:西屋太志【コメント】佐祐理(川上とも子)とその弟、一弥(矢島晶子)に関する過去話は、本来の私なら涙ぼろぼろに泣くところなんですが、....
2007/01/05(金) 22:15:19 | LOVE&PEACE ANIME DIARY
一話ずつの感想は、書くまいと思っていたのだが、これだけは書いておかなければと思っ
2007/01/05(金) 22:16:41 | 丈・獅子丸の咆哮
みなさん実は今日原作で言う佐祐理ルートクリアっての気付いてるかな?というわけで、舞のおまけ的扱いの佐祐理さんですが、物語に深く関わる大事な人ですよ。という訳で事実上新年最初のアニメ感想っす。いつもの水瀬さ
2007/01/05(金) 22:25:43 | 腐れヲタ日記
今回のメインは佐祐理さんでしょう!
2007/01/05(金) 22:43:46 | てけと~な日記
「Kanon」第14話です。うあぁーー!あゆあゆが秋子さんのジャムのターゲットに!wさようなら・・あゆあゆ・・祐一も名雪も緊急避難ですwで、登校中に名雪からうさ耳ヘアバンドを渡されます。女の子を可愛く見せるための道具ですがそれを見て一瞬何かを思
2007/01/05(金) 22:44:28 | もえろぐ
涙が印象的だった第14話の感想です。
2007/01/05(金) 22:47:53 | さくら日記
Kanon 5posted with amazlet on 07.01.05ポニーキャニオン (2007/05/02)売り上げランキング: 144Amazon.co.jp で詳細を見るKanonもついに5巻収録分が始まって、舞ルートのクライマックスに近づいてきました。第13話「
2007/01/05(金) 23:07:55 | CWD
Kanon 第14話。映画館で観たかった。そんなふうに思わせてくれました。こんばんは。たこーすけです。Kanon 第14話を視聴しましたので、感想を書きたいと思います。原作ゲーム未プレイ、東映版も未見です。以下、原作未プレイ者が好き勝手に感想を書いています。とんちん
2007/01/05(金) 23:14:03 | たこーすけの、ちょろっと感想
さ゛~ゆ゛~リ゛~さ゛~ん゛ ・゚・(ノД`)・゚・先週の記事であるかもと予想していた佐祐理シナリオですが今週早速ですよ。まあ今後の展開を考えると今週ぐらいしか挿入する箇所がなかったんでしょうが、不意
2007/01/05(金) 23:29:00 | R-30のオタクな部屋
 前回とは対照的にアットホームな朝食の場面から舞台は始まります。ストーリーは今回で完全に舞ルートに突入したので名雪の出番は序盤にしかありません。「くー」「ちなみににんじんだってちゃんと食べられるよ」
2007/01/05(金) 23:43:06 | Moon of Samurai
 今話の冒頭ではイキナリの謎ジャム攻撃www 祐一と名雪は相変わらずの骨髄反射で「ごちそう様」をしなんとか逃げられたが、今話での初謎ジャムに居候中のあゆは「綺麗な色ー。おいしそー♪」と言って好感触w と
2007/01/05(金) 23:59:25 | 月を見上げる丘
第14話 ひびわれた協奏曲 ~concerto~
2007/01/06(土) 00:05:24 | 二次元空間
やっぱり京アニだけはガチ!?
2007/01/06(土) 00:22:12 | 電撃JAP
……今回の「kanon」、非常に上手い。あと泣ける。珍しく『煽り視点』を使いまくったのは非常に上手。むしろ大事な時まで取っといたという事か。舞と佐祐里さんの激烈両想いっぷりは、毎度毎度丁寧に書かれて
2007/01/06(土) 00:57:11 | りとまて!
Belkan Squadron《奴は化け物か?》 Belkan Squadron《悪魔だ…》 Belkan Squadron《そんな生易しいものじゃない》 Allied Squadron 《ああいうのはな…『鬼神』って言うんだよ》 悲劇の戦士・舞と、そしてその舞を創り出した京都アニメーションへ。
2007/01/06(土) 00:59:15 | ちょっとだけ雑草
先週28日放送の13話は録画し忘れ。同じ28日放送「あさっての方向」も録画し忘れ。今週も「ネギま!? 」14話を録画し忘れ。年末年始、休日ダイヤで録画し忘れた人は結構多いのでは?さて今回は名雪のラリった線目で開始。初夢に溺れていたのでしょうか?名雪「ちなみにニン
2007/01/06(土) 01:07:01 | 神奈川辺境交通
Kanon第14話 『ひびわれた協奏曲 ~concerto~』「1/3」 「2/3」 「3/3」翌日の更新情報 / ランキング状況 / 前日の更新情報
2007/01/06(土) 01:32:02 | ★ You Tube アニ速 ★
「ひびわれた協奏曲」佐祐理「あの二人アヤシイですね・・・」舞と祐一。二人の友人が私を差し置いて何かやっている。ちょっとムカツク。今まで金と権力と美貌で何でも手に入れてきた。寄ってくる虫の排除に丁
2007/01/06(土) 01:47:16 | アーリオオーリオ ドゥーエ
■kanon 第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」          今回は初っ端この地獄絵図ですよwいつからカノンは地獄アニメになっちゃったんですか?^^;冒頭はあゆがあのアンノウンジャムを食べるところから。うぐぅパワーならもしかして・・・!と思..
2007/01/06(土) 01:49:03 | DYG0アドベンチャー
Kanon第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」今回の放送から本格的にレビュー開始。以下、感想です(ネタバレあり)
2007/01/06(土) 01:51:57 | 観て書く
「Kanon」:第14話「ひびわれた協奏曲~concerto(コンチェルト)~」
2007/01/06(土) 02:22:52 | 白夜の夢見草
副館長「佐祐理さん~。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン」テトラ「後10分、待っていれば…」
2007/01/06(土) 03:18:20 | 未来から来た地中生物の別館
あの名雪が即効で覚醒するくらい危険なジャムwww寝ぼけている描写を最初に見せておいて、この対比は分りやすいですね。BGMもジャムを塗る時の効果音も不気味です。「あゆ…短い付き合いだったな…」「ど…ど
2007/01/06(土) 03:56:24 | 月雫の領域
Kanon第14話。襲い掛かる魔物。ひびわれた関係は戻らない───
2007/01/06(土) 08:10:02 | 我が人生に燃えて、そして萌える
Kanon第14話「ひびわれた協奏曲」
2007/01/06(土) 09:53:04 | 満月のドルチェ
今週のスポットライトはさゆりタンです、にゃは♪ちなみに人参だってちゃーんと食べれるよZzzz・・・謎ジャム登場のBGMにww寝ぼけた名雪も速起きるww祐一は別れを告げるwwさぁ始まる本日のkanonつーわけで感想だ!がぉ。
2007/01/06(土) 10:51:53 | ― ゆうろの深夜アニメ!―
「TVアニメ Kanon」これが今年に入って、初めてのKanonか・・・・。それがいきなりジャムから来るとはな。モヤモヤしてきたぜ。いつもいつも、このアニメはやってくれる。色々な意味でやってくれるぜ。に
2007/01/06(土) 13:20:34 | 空色なおれの日々
神。
2007/01/06(土) 13:20:39 | ざとぺったん☆ぶろぐ
舞編もそろっと大詰めですか。あと2話くらい使うんだろうなぁ。
2007/01/06(土) 14:30:22 | 流星、夜を切り裂いて ~FLY HIGH~
いやぁ、舞シナリオも佳境デスなぁ。なぜかって?・・・それはね…栞が出て来てないからなのデスよっ!!!( ゚д゚)
2007/01/06(土) 15:17:55 | 神音の萌え源泉
Kanon 第14話ひびわれた協奏曲~concert~ オープニングアバンは恐怖の謎ジャムw
2007/01/06(土) 16:19:19 | アニヲタキング
うぐぅにせまり来る特製ジャムの恐怖薄情な友人達に見捨てられた月宮あゆの孤立無援な戦いが今、始まる
2007/01/06(土) 18:03:43 | アニすじ!
第14話 「ひびわれた協奏曲 ~concerto~」 ついにあゆが秋子さん特製ジャムのターゲットに!祐一と名雪はジャムが登場したところで退出(笑)あゆなら「おいし~」とか言いそうだったけど、やっぱりきつかった様子
2007/01/06(土) 18:17:38 | ただひたすらに、まっすぐに。
一見違いの無い毎日を送りながら、 でも少しずつ変わっていけるといいですよね――。 それは、失われた大切な関係。 舞との出会いで、佐祐理がふたたび取り戻した大事なもの。 そして、舞は佐祐理と作りあげたものを守るため。 魔物との決着をつけに向かう――。 舞と佐祐理
2007/01/06(土) 21:46:02 | SERA@らくblog
『よかったよ~!佐祐理さんは無事だー!』
2007/01/06(土) 22:48:26 | ひろしのアニオタ日記
間に旅行が入ってしまったという体のいい言い訳がありますが、KANONの13話が飛んでいます。ここから13話もひっくるめて、2話ガチンコレビューもしようと思ったんですが、今回の話の濃さに心が折れました。舞話は深いなぁ・・・まぁ佐祐里さんが....
2007/01/06(土) 22:51:29 | ナナメから見てみる
 名雪の 寝ぼけはもう 完全スルーですか? 笑) まぁ 魔物が狙っているのは 自分だったという事が かなり 気にかかっている様子ですね 当然 自分が 狙われているのなら 水無瀬家にも 迷惑をかける可能性がありますからね  秋子さん特製ジャム には 寝ぼけの 名雪も 一気
2007/01/07(日) 00:38:58 | もらかなです。
■Kanon■
2007/01/07(日) 00:47:37 | King Of ヘタレ日記
舞シナリオの途中ではありますが、今回の主役は間違いなく佐祐理さんでしょう。このタイミングで入れてくるとは。ということで、佐祐理さんの過去も明らかに。ああ、そういえばこんなだったなぁと思い出して思わずほ
2007/01/07(日) 01:40:45 | メガロでポン!
現在14話まで視聴中です。折り返しを過ぎてここまでの蓄積がきれいに生かされてきています。舞の置かれている状況は、生涯のほとんどを魔物対峙(退治ではない)に費やし、それを誰にも理解されず、奇行と破壊行動から周囲の軽蔑と非難を一身に浴び・・・
2007/01/07(日) 10:22:30 | いろんなメモ 2007年版
やっと感想が追いついたと思ったら、舞&佐祐理編がクライマックスを迎えようとしてるじゃあ~りませんか!
2007/01/07(日) 12:56:06 | 明善的な見方
『貴様の命はこれで終わりだ…!』(チャキッ!)さ、佐祐里さーん!(ノд`)ウワァァァン
2007/01/07(日) 16:35:41 | ほら、なんかこう…ブログみたいなやつ。
繰り返し流れていく日常が突如として変わる。どんな形であれ、それは観ていて辛いものがあります。例えそれが謎ジャムであっても・・・あゆあゆ逃げてぇ!!そんなことはさて置き、完全に不意打ちを付かれた形になってしまった佐祐里さんのシナリオ。前回、手首をさすってい
2007/01/07(日) 17:10:58 | マニア研究所
ぐはぁあぁああああ!!!!佐祐理さんの話キターーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
2007/01/07(日) 17:26:00 | 猫が唸る感想日記
今回は佐祐理さんの過去話にふれたり、Kanonの中で1番好きな佐祐理さんがメインの回だったので喜んでいたんだけど、まさか佐祐理さんがあんな事になろうとは・
2007/01/07(日) 20:26:30 | まったり~隠れヲタ日記!
「Kanon」の第14話を見ました。<感想>「ちなみにニンジンだってちゃんと食べられるよ。フフフッ」初っ端から何を見せてくれるんだ、名雪。危うく陥落しそうになったじゃないか。私には真琴と舞と秋子さんというお嫁さんがいるというのに。しかしそん...
2007/01/07(日) 20:35:02 | じろグ!
あゆもついにジャムの餌食に。決定的瞬間が見られなかったのが残念でしたね。戦闘シーンに妙に迫力がありますね。あぁ、やっぱり佐祐理さんは薄々気づいていたんだなぁ佐祐理の話ってこんなんだったかぁ・・・もう全然覚えてませんわ。佐祐理さんが姉っぽいキャ....
2007/01/07(日) 22:40:34 | Starlight Breaker
■Kanon■
2007/01/07(日) 22:50:27 | King Of ヘタレ日記
Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2007年 02月号 [雑誌]魔物は祐一を狙っている・・・舞の言葉が頭から離れない祐一。翌日、その理由を舞へ問うと彼女は「祐一がきてから魔物がざわめくようになった」と、そう答えるのでした・・・。
2007/01/07(日) 23:47:34 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
 舞と佐祐理のお話は、なかなかに痛いお話になってきました。
2007/01/08(月) 01:05:43 | くるくるばたばた
Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」うさみみゲット。ついにあゆも秋子さんのジャムの餌食となってしまいました。ジャムと聞いてぱっと目が覚める名雪が良いです。緊迫感を伝えるのも上手い。ここで
2007/01/08(月) 03:00:02 | 未来型思考
$FILE1[関連リンク]http://www.bs-i.co.jp/anime/kanon/第14話 ひびわれた協奏曲~concerto~そしてこれが…私の特性のジャム♪(秋子)最初は寝ぼけ名雪から始まります。そしてあゆと秋子さんは...
2007/01/08(月) 05:12:49 | まぐ風呂
本日の演目・アニメレビュー(Kanon)
2007/01/08(月) 13:57:53 | ブログの果てからこんにちは。
総評としては、演出と動きが素晴らしく良かったです今回は今までで一番緩急もあり、飽きが来ず個人的には今までの話数でもトップクラスの出来と思います※アバンタイトルのっけから名雪さんスキーな方がには狂喜乱舞の一言ですね「そっか~、えらいねぇ」とか....
2007/01/08(月) 15:20:56 | 寂漣堂
第14話、観賞しました~^^秋子さんの謎ジャムキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!あゆ!!逃げて!!逃げてぇぇぇぇッ(((゚Д゚)))ガタガタこのジ
2007/01/08(月) 19:35:00 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
 とうとうあゆも、秋子さんのジャムの犠牲に…。  さくっとあゆを見捨てる、祐一と名雪が酷いです。  名雪なんて、まだ殆ど寝てたのに、すぐに正気に戻っていたよ。
2007/01/08(月) 21:00:01 | ゆかねカムパニー2
ついにあゆが白ジャムの餌食にw名雪もこのことだけは助けに入らないんですよね。秋子さんはいつもジャムをたっぷり塗るから嫌ですねwうさ耳祐一   ・・・萌えねぇww全然嬉しくなさそうだねと名雪に言われて「やっほーい!!」と開き直る祐一に吹いたw佐祐理さんもなん
2007/01/09(火) 00:04:13 | リリカルマジカル
舞とともに魔物と戦いはじめた祐一。舞の誕生日前日、いつものように夜の校舎で戦う二人だが、舞が「魔物が狙っているのは自分ではなく祐一だ」と言い出す。舞の言葉が離れない祐一は翌日舞に理由をきく。
2007/01/09(火) 02:12:08 | 天使は瞳を閉じて
KANONが始まってからずっと気になっている事。 何でCM前やED前に余韻を残さないんだろう? KANONよりも尺に余裕の無かったAirでさえ、その辺はしっかりやっていたのに、このスコンと突然終わってしまう気持ちの悪さだけは、ちょっと受け付けられません。 志茂さんによ
2007/01/09(火) 14:22:03 | バラックあにめ日記
= 第14話 「ひびわれた協奏曲 ~concerto~」 ={{{遅ればせながら14話の感想を。てか、半分ほど書いたときにキャプチャーソフトの異常でPCが強制終了、データ全部飛んで、今かなりいらいらしながら打ち直してます(# ゚Д゚) ムッキー「あゆ、短い付き合いだったな・・・」水
2007/01/10(水) 01:42:54 | MEGASSA!!
萌えキャラ認定中:倉田佐祐理『ひびわれた協奏曲 ~concerto~』あははーさて、今週はあゆあゆが謎ジャムの餌食になりました。謎ジャムの前では、ねぼすけの名雪の目も覚めるわけですね(笑)。それはそれと
2007/01/10(水) 02:02:18 | 世界の端に腰を掛ける
同じ旋律を何度も繰り返しながら、少しずつ豊かに、美しく和音が響きあうようになっていくんです。そんな風に、一見違いの無い毎日を送りながら、でも少しずつ変わっていけたらいいですよね・・・。喫茶店のBGMに流れるパッヘルベルのカノンを聞いた佐祐理さんが
2007/01/10(水) 05:55:27 | Mix Fruit Strategy
これは実は舞ルートじゃない。佐祐理ルートだ!ぎゃああああぁあああぁあああ!!!!佐祐理さあああああぁぁああん!!!!感想適当で、正直すまんかったorz
2007/01/12(金) 00:09:59 | Blue Sky TriΔngle
Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲 ~concerto~」水瀬家に関わる者への洗礼w今回の秋子さん特製ジャムの犠牲者はあゆだった…。
2007/01/17(水) 20:24:18 | 伏雛的BLOG
ついにあゆが、秋子さんのジャムの餌食に・・・それのジャムを見た瞬間の名雪が最高だった。あゆは、秋子さんのジャムについて「あれは、人間が食べるものじゃない」と言った。登校中、名雪が女の子がかわいくなるアイテムとして'''うさみみ'''をプ
2007/01/22(月) 01:41:59 | せつけん日々の日記