Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
クラシックBGM万歳!
 見たよー。射手座の日。作画は各キャラが幼い感じながら、統一感はあるし丁寧だしで言うこと無し!何よりもかによりも

 クラシック曲を中心としたBGM周りが神がかっていて、もうね、もう…(涙)

 ショスタコービッチの7番「レニングラード」もいいし、放映時にも書いたけどチャイコ4番のシンクロ具合がもーたまらんですよ!もう何年も眠ったままだった私のクラシックへの憧憬がむくむくとアタマをもたげる心地ですっ!のだめブームでクラシックへの関心も世間的に高まっている頃合いかと思いますが、くらしっくはいいぞぉ?!
 「曲を選ぶ」以外に「演奏者を選ぶ」「演奏を選ぶ」とか、それ以外にも「バックグランドを理解する」なんていうややこしいことも必要に思えて、結果的にクラシックは敷居の高い世界に見えますけど、そんな印象をあっちの方に置いておいてもいいぐらい「イイものはイイ」のです。少なくとも、演奏者に要求されるような「肉体的鍛錬」はリスナーには強要されませんし、「ヲタク的教養」においてそれなりの努力を払える諸氏が何故クラシックにおいて同様の労力を割けないことがあろうか、いやない(反語的表現)。好きなモノになってしまえば、多少の敷居なんぞ軽々とまたげてしまうものであります。

 今回用いられた中では、「レニングラード」とかは全曲聞こうと思うとそのウチに寝ちゃう勢いの長さですけど、第一楽章に絞って聞くというやり方だってありますし(お聞きになるとわかる通り、この楽章はラヴェルの「ボレロ」へのオマージュに満ちた変奏のリフレーズ&クレッシェンドの繰り返しになっておりマス)、ラストのチャイコの4番とか、冒頭で用いられたラベルの「ダフニスとクロエ」なんかは耳障り良くて、入門用にも最適かと思いますので、ハルヒで興味を覚えた方は是非!って感じでございます。

 憂鬱IVで用いられた、通称「千人の交響曲」、マーラーの交響曲第8番とかも、耳当たりの良いメロディなのにやたら長くて、入門に適しているとは言えないのが勿体ない感じではあるんですよねぇ。…まあ、マーラーの交響曲はどれもこれも「ベートーベンの同じ順番のそれの2倍」と言われるだけあって、メチャメチャ長いんで、オススメしにくいんですが。でも、いい曲多いですよ?ポピュラーな辺りでは第5番とかカタルシス的にも極上ですし。6番のアダージョもどきもいいし。ああ、ちょっと暴走気味ですなぁ、ワタシ…。

 ポピュラー音楽も捨てたものではないですし、それにはそれの良さも間違いなくあるのですが、歴史とともに生きのこってきたクラシックにも、相応の価値が潜んでいることは間違いないと思います。あとは、聞き手のフィーリングに合うかどうかのみ。もし、「これは?!」と思う曲があれば、是非極めて下さいな。あなたの世界がより一層広がること、ウケアイですよ?! …財布の中身が比例して減るのにもご用心…







 あれ?そう言えば、今日は「お休みにさせて」って言ってなかったか?>オレ
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 戦勇。二期を見終わりました。 (2013/10/05)
 映画 けいおん! #3 (2012/03/19)
 仮面ライダーディケイド 第11話「555つの顔、1つの宝」 (2009/04/05)
 はい☆すぴーど! (2015/12/05)
 いざかまくら!(冬の話だしね) (2006/10/05)
 「もってけ!セーラーふく」について (2007/08/06)
 「何か(前哨戦)」に本格着手。 (2011/12/26)
コメント
この記事へのコメント
クラシック…
確かに耳に残りますよね.でもよくよく考えるとクラシックって何世紀も前に作られて何世紀も生き残ってきたのですから,本当の意味でのミリオンヒットとも言えるでしょう

Kanonでもお約束のパッヘルベルなども良い感じですね.私個人のお気に入りはモーツァルトのレクイエムK626で,自分で作ったKanonのRPGでも使ったりしてます(怒りの日と涙の日を特定のイベント戦闘で).

特に怒りの日は世界に死と裁定を下すという内容なので,全身に走る緊張感が心地よく思えます

自分で歌えたりしたらいいんですけどね(ラテン語は発音法がよく解りませんので)
2006/12/26(火) 10:23:32 | URL | OROCHI #nJBm9iLU[ 編集]
名作名演
曲を作る才能と、それを読み解き光り輝かせる才能とが分業可能な世界、と考えると、クラシックのあり方が何となく判るような気がします。方や、ポピュラー音楽の世界では「シンガーソングライター」という言葉が死語になっているほど、「自作自演」が当たり前の世界になってしまいましたよね。これにはもちろん利点もいっぱいあるんですが、分業によって「違った才能がぶつかり合う」ことの効果というものも捨てがたいような気がします。

私もモーツァルトのレクイエムは好きですよ。一時期狂ったように聞き、何枚もCD買ってました。でも、何故か最もポピュラーな「ジュスマイヤー版」の演奏がウチにはなかったり(笑)。

今のラテン語は基本的にローマ字発音なので、ちょっと慣れれば割と簡単に発音できますよ。ミサ曲・レクイエムなどをテキストにして合唱をやってみるのが一番早いですが…試しにレクチャーしてみます?レクイエム・エテルナム。ドナ・エーイス・ドミネ。あ、寝ないで下さいよぅ。
2006/12/26(火) 23:00:12 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
ぐっときますよね
はじめまして、よろしくです。

自分もクラシック好きでしたが、ダフクロとタコ7はハルヒで初めて聞いたたちです。
ダフクロは最初このアニメの為にすごい人に頼んで作ってもらった曲かとか勘違いしていました・・・

チャイ4は全クラシック曲の中でもトップを争うじぶんの好きな曲だったので、あの映像がついて長戸のアップになったときはゾクゾクしました(笑)
ハルヒに使われていたチャイ4の音源が、ちょうど自分が持ってた全集のと同じだったのでびっくりもしましたけど。

自分も回りにいるヲタ友人とかに激しくクラシック推進したいのですが、やっぱり彼らはそれほど反応ないですよね(´・ω・`)

クラシックの場合図書館という強力な味方がいるので、ヲタ趣味よりずっと安く済むと思うんですけどね・・・
2006/12/27(水) 11:59:18 | URL | Ash #4mphgyCE[ 編集]
きますきます
Ashさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

「ヲタク」というものが「あるモノに特化して入れ込んでいる人々」であることを考えれば、ジャンルごとに異なるコミュニティを形成してお互いには干渉し合わない、という状況は容易に想定できるのですが、自分も「ノンセクション型」「全方位型」のヲタクに近いので、まあ、やるせない気持ちになることは多いですね。そして、どのジャンルのエキスパートにも肩を並べることが出来ないというおまけ付きだったり…。orz

そう言えば、確かに図書館でクラシックのCDとか置いているところは増えてきてますよね。あの辺、著作権的にはどういう扱いなのかとか、考え出すとキリがないんでやめておきますが、心強いことは間違いないです。惜しむらくは「グラムフォン」みたいにポピュラーなブランドがほとんどだったり、マイナーな曲は全然見当たらなかったり、一曲一演奏しか置いてなかったり、という辺りが辛いところでしょうか。「よぉし、今月はマーラー特集だ!有名な指揮者の演奏を聞き比べるぞ!」なんて、学生時代にはよく友人たちとつるんでやっていたものですが(当時京都にあったレンタルCD屋には、クラシックに強いところが2件ほどあって、随分世話になったモノです)、そういう楽しみは今ではほとんど味わえなくなりました…。

極めようとすればそこそこお金が必要になる、という点では、どのジャンルのヲタ趣味も似たようなもんですが、クラシックは必要以上にストイックに、必要以上に閉鎖的に、必要以上に小難しく見えるのが壁なんでしょう。こんなに楽しいのに、勿体ないことです。

そちらのホームページ、拝見致しました。クラシックの着メロがいっぱいある!と小躍りしたのも束の間、ボーダフォン用なのですね…。orz チャイコ4番がいっぱいラインアップされていて、お好きだということがひしひしと伝わって参りましたよ。機会を見つけて、ナンとか再生してみたいと思っております。
2006/12/28(木) 01:46:07 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
情熱をもてあます
自分も「全方位型」のヲタクに近いと思っていますが、情熱が足りてないので多分てりぃさんは色々と上位互換なんだろうなぁ、と尊敬しています。
>どのジャンルのエキスパートにも肩を並べることが出来ないというおまけ付きだったり…。
というのにはいつも同じ気持ちを感じています。特にゲームの分野では随分と知識が乏しかったりして、中々会話が弾まないので・・・

図書館のCDですが、都内の図書館を渡り歩いては色々な指揮者のCDを見つけてはiPodに入れて・・・って言う変な事をやってる人を見かけた事があります。
ちょっと自分にはここまでは無理です(;´Д`)けど、著作権的には、個人で楽しむ範囲だと思うので大丈夫なのかな、と思ってますが・・・実際どうなんでしょうね。

聞き比べは、高校の頃一人でちょっとだけやっていました。シベ2とかヴィヴァルディの冬とか。
マーラーは、クラシック好きな自分でもあんまり長くって巨人ぐらいしか聞いてないんですよね・・・聞きたいとは思うんですが、機会が・・・
いい物に違いないものにまだ触れてないって言うのは自分でも勿体無い!ので、千人の交響曲は近々捜索しに行こうと思ってます。



ちゃ・・着メロは・・・
今となっては自分の黒歴史でもあるのですが・・・もう少し整理したほうがいいかもしれないですね。
YAMAHAのMidRadioPlayerがあればPCで聞けます、多分。

大半は携帯でパチコパチコ打ち込んだものなので強弱とかないです><

2006/12/28(木) 14:21:50 | URL | Ash #4mphgyCE[ 編集]
全方位ヲタクの憂鬱
>Ashさん

相変わらずの遅レスで申し訳ありません。

私が「上位互換」てぇことはないっすよ~。色々と拙い部分を「経験値だけでカバー」してるようなのが実態なので、そんな風にいわれると顔から火ぃ出ちゃいます。

データ打ち込みは、PC98で大昔にちょっとだけやってたことがあります。NiftyserveのRayフォーラムで、データをアップしたことも一回だけ。Bachのイギリス組曲第3番Preludeだったかしら。それこそ、楽譜のベタ打ち込みだけのデータだったので、今となっては恥ずかしいシロモノですが、あの時は「自分が作ったデータが音になる!」ってだけで楽しかったものです。

でも、それが高じて、強弱を付けるようになったり、テンポの揺らぎを出すようになったり。公開は一切してませんが、MIDIデータで合唱用の音取りデータなんかを作ったのは、その最初の一曲があってこそだよなーと今は振り返るんですよね。最初に「興味を持つ」ところから始めて、次に「自分もやってみる」に移行して。そこで足りないものが見えてきたら「ちょっとずつ凝り出す」になって。どんな道も、その時その時のきっかけなんだなぁと。

であれば、全方位がゆえに中途半端に思える今の状態も、どこかで突出する部分が出てくるんじゃないかなーと自分を慰めたりもするんですね。いつか、自分しかできないことを。そんな夢を見ながら、ぼつらぼつらとやっていきましょうよ。
2007/01/01(月) 11:33:31 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1247-438a69e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック