Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ハルヒDVD~孤島症候群見た
 今頃かよ!


 あざ笑うがいい!あれほど入れ込んでいるようなことを常々言っておきながら、一ヶ月以上も「積ん見」をかました私を、心ゆくまで蔑むがいいさ!!

 で、今は映像特典を見ているわけだが…イベントチケット、×○オクで2万円かぁ。でも、この内容なら払っても惜しくないかもなぁ(謎)。 ←Blu-rayのせいか、微妙に金銭感覚歪んでないか?
 はい、ここで宿題の回答です。何の宿題かって、私の、ハルヒに関する宿題、ね。放映当時、孤島症候群(前編)の冒頭シーンの、お嬢様風の女性が手紙や写真をちぎって風に飛ばすカットの「意味」を読み解けなかったことが、もう心残りで心残りで…。あろうことか、この2回の絵コンテ担当したの荒谷さんでしょ?それなのに、こんな宿題を残してしまったことがもう悔しくて悔しくて。

 でも、ようやく今回の試聴で、それなりに「自分を許せる」程度の回答に辿り着いたので、ご披露してみようと思います。いや、今さら、とか言わないで。orz

~~~

 あのシーンに出てくる女性は、名無しのゴン子さんですから、手紙や写真をちぎった理由もはっきりとは判りません。ただ、推理モノなどの典型的なドラマのように仕立ててあるところから、ある程度の意味を類推することは出来ます。あのようなシーンは大概の場合「恋人との決別」を思わせるものであり、このカットもそういう意識を阻害しないような作りになっているようです。

 だとすると、「手紙を破くこと」は恋人の綴った愛の言葉を粉砕することであり、「写真を破くこと」は恋人との甘いやり取りの記憶を消去するものです。これらはともに「確かにあったことを『無かったものにする』行為」と総括できます。そういう視点で、このシーンと被って同時進行している「キョンと古泉の会話」を咀嚼してみると…気付きませんか?

 ここで古泉から語られていることは全てその後のための仕込みであり、はっきり言えばほとんどがウソなのです。後編ラストシーンでは古泉自身が「まさか本当のことを言うわけにもいきませんしね」と言っていますし。つまり、このシーンで語られていることは全て、「後で『無かったこと』にされるもの」なんですよ。この点で、先の女性の行動と、キョン=古泉の会話はようやくつながります。この演出は、今行われている会話が、後々破棄されるものですよ、ということを暗に示しているわけですね。

 …まあ、「今さら感」著しいネタではありますが、一つの決着をつけるために、書き残しておくことに致します。…それにしても、2万円かぁ…2枚手に入れれば、プレステ3が買えるな…。Blu-ray、見たいなぁ…(爆)。




 あれっ!今日はブログは休むんじゃなかったのか!?
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 良かった!!そして6回目へ!! (2016/10/15)
 オーズ 第24話「思い出と恋と海のコンボ」 (2011/03/05)
 残業の後に、ヤマト最終章を。 (2013/09/05)
 管理画面に入れない (2009/04/03)
 天元突破グレンラガン 第23話「行くぞ 最後の戦いだ」 (2007/09/02)
 天元突破グレンラガン 第11話「シモン、手をどけて」 (2007/06/13)

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1245-fccc996b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック