Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲~fuga~」
 フーガ、好きです。大好きなんです。一時期は、これさえあれば他はいらない、というくらいの勢いで、J.S.Bach大先生のフーガばっか聞いてました。かのベートーベンが「小川(bach)ではなく大海」と宣ったというJ.S.Bachの作品で、曲数においても技術的探究度合いにおいても中心的な位置を占めると言えるフーガは、それまでの対位法主体の音楽のエッセンスが全て集結したのではないかと思わせるほどの密度を以て、まさしく「全てが流れ込んだ大海」としての存在感をー。

 あれっ?これ、ナンの記事だったっけ?(汗)じゃ、仕切り直してー。

 名雪、好きです。大好きなんです。一時期は、これさえあれば他はいらない、というくらいの勢いで、名雪さんのシナリオばっか攻略してました。かの美坂香里が「名雪を泣かしたらただじゃおかないわよ」と宣ったという名雪さんのイベントで、登場回数においても破壊力においても主力を占めると言える線目顔は、どれも愛らしいキャラが多いKanonの魅力が全て集結したのではないかと思わせるほどの萌えを以て、まさしく「Kanonのメインヒロイン」としての存在感をー(以下略
【「フーガ」と「カノン」】
 さて、「フーガ」については、今回のサブタイにある「遁走曲」という和訳の他に、もう一つの和訳が当てられることがあります。それが「追復曲」なんですが…これ、どこかで見覚えがありません?そう、この言葉は、通常は「カノン」に対する和訳として用いられることが多いものなんです。これらはともに「旋律を模倣」して音楽を紡いでいく形式ですから、ある意味、兄弟のようなものなのですね。

 そんな性質のある「フーガ」というサブタイを使ってきたからには、いよいよ「Kanon」の持つエッセンスを一部見せてくるような、そんな展開があるんじゃないかなーと期待していたわけですが、キたじゃないですか。この数週、空気化したとか散々やじられ、いじられてきた真ヒロイン・名雪さんの復活がっ!(爆)いやいや、そうじゃなくてですねー。

 いわゆる「泣きゲー」の代表格、草分け的存在として語られることの多いKanon。その片鱗が、今回の作中では一部垣間見えていた気がするのです。BGMでは特に、これまでアニメ中では一度も使われていなかった曲たちが顔を覗かせます。Bパート中盤の今回の山場の入り口部分、子猫を落っことした真琴を祐一が叱る場面に流れる「霧海」。ものみの丘のシーンで流れる「凍土高原」。そしてラスト近く、帰ってきた真琴を囲む水瀬家の、遅すぎる団らんの場面に流れる「残光」。この先のストーリー中で、山場を迎えるたびに繰り返し聞くことになるであろうこれらの曲は、いずれも経験者にとっては「耳にするだけで涙腺爆発」級の、Kanonという作品を象徴する曲たちです。それがとうとう、しかもどれも印象的な使い方で立て続けに示されて、もーあたしゃそれだけで涙うるうるでございましたよ。

 ビジュアル的にも凄みのあるシーンがありました。例えば「邪魔者でどこにも行けない」と自己を評価していた真琴が、水瀬家に「家族」を感じるシーンの、あの美しさよっ!(滝漏れ)何でも無いやり取りが交わされているはずの食卓で、普通に会話する祐一たちを淡くぼかして切り取りつつ、呆然とそれを眺める真琴の表情が…。これはもちろん、この先を知っているが故の涙なんだろうけれど、今回「大したことない」と思った人がいたとしたら、是非とも何話か進んでイベントが一段落した後に見直して頂きたいっ!全く違った感動が、あなたの胸にも必ずわき起こるはずですっ!

 実のところ、今回のエピソードはまだまだ「山のふもと」に過ぎず、こんなもんでは済まないとんでもない本山がいくつもいくつもいくつも控えてはいるんですが、放映開始以来ずっと穏やかな日常の描写を中心にしてきたKanonがついにホロッと来るエピソードの描写に入った、という点で、今回は大変意義深い回だったと思います。さあ、来週以降に備えて涙腺ガード固めるよー、一切無駄だけど。


【「遁走曲」の持つ意味】
 ところで、イタリア語である「fuga」は、逃げるという意味のラテン語「fugere」に由来しております。和訳において逃げ走るという意味の「遁走」が用いられているのもそのためですが、これは主題の旋律を次々に「模倣」していく様が「旋律の鬼ごっこ」に見立てられているためなんですね。

 このため、単に「家出=遁走」というだけに留まらない意味合いが、今回のエピソードには仕込まれているようです。そう思ってもう一度見直すと、「追いかけっこ」「模倣」が作中でもフィーチャーされていることに気付きませんか?例えば、Bパートにおける子猫と真琴の肉まん争奪戦は、原作では単なるにらみ合いでしたが、アニメ版では祐一の周りをくるくると回る「追いかけっこ」として描かれているのです。その直後の「お前の頭も動物並だな」という祐一のセリフも、形式的には動物の行動を模した真琴、という風に見えますよね(もちろん、これにはそれ以上の意味がありますけども)。また、冒頭の紙飛行機のくだりですが、これも原作では祐一が自力で頑張って解き明かした問題が、アニメでは「名雪のを写した」(=模倣した)という風に改変されているんですね。これらは皆、「遁走曲」というサブタイを冠するストーリーに合わせた、粋な細部の作り込みであると思われます。

 逆に、原作の時点で既に「模倣」がフィーチャーされている、と解釈できる部分もあります。これはかなりネタバレな部分ではあるのですが、「動物なんて要らなくなったらポイ」と言う真琴は、自分の身勝手な考えでそう思っているわけではないのですね。ある人物のかつての行動を、表面的に「模倣」しているに過ぎません。それに先立つ「祐一の後を付ける真琴」も、真琴が子猫を探すのと並行して祐一が真琴を探しているのも、ある種の追いかけっこ、遁走曲の形式に大変近いモチーフとして捉えることができます。これらが原作上で大変重要な部分であることを考えますと、これらを描くにあたって「模倣」を前面に出すのが適切であると制作スタッフが捉え、あえて「遁走曲」というサブタイを採用した、と解するのが正しいのではないかとさえ思えてきます。

 また、「フーガ」のもう一つの特徴にも注目してみましょう。フーガはカノンとは異なる音楽的構造を持っています。まず冒頭に旋律同士が追いかけっこを演じる「提示部」がおかれ、その後自由な形式で演じられる「嬉遊部」がおかれ、再び追いかけっこの「提示部」が来るという風に作られるのです。これらは通常何度か繰り返されて曲を締めくくる「追迫部」に至りますが、最も単純な形に還元すれば、「嬉遊部」を「提示部」で挟んだサンドイッチ構造をフーガの特徴と捉えることが可能です。これ、今回の第7話の構成と全く同じですよね?冒頭で真琴に関するモチーフがいくつか語られ、続いて自由なギャル攻略フラグ維持パターン(笑)が挿入された後に、もう一度真琴のモチーフに回帰しているんですよ。これは、ひょっとしてアニメの構成上で「フーガ形式」の再現を試みたのではないでしょうか?

 かなり暴走気味の頭でっかちな解釈論になりましたが、この全部が正しくはなくとも、いくつかは合っているんじゃないかなーと勝手に妄想しております。いや、並のアニメならそこまでとは思わないんですが、直前のハルヒでもあれだけの仕込みをやらかした京都アニメーション様の作品ですからねー。もーいくら細部を見ても見足りないわけがない!という心意気で、書き散らしておきますね。


【その他の細部も極上・手抜かずに~】
 さあ、もう一頑張りだぞー。>オレ

 頭でっかちな私の解釈を全く抜きにしても、いつもにも増して細部の作り込みが冴えておりました。まずはAパート冒頭の、あのいちごジャムの質感!!怒濤の量!!常人ならば、パンに付けることさえはばかられる量じゃあないですか!!「イチゴ好きの名雪」の描写としてはピカ一でしょう!更に続く、子猫に対して文字通り「目がない」名雪や、猫アレルギーのために涙をポロポロ流す名雪も極上!特上!天下一品!!栞や舞、あゆとのやり取りが「単なるフラグ維持」に終始していた感があるのとは一線を画す、この扱い!!今回のスタッフさんの中には、私が心底共鳴できる方が参加されていたのに違いないっ!

 …え~~~っと。引かないで?そんなに(汗)。

 名雪さん以外でも、唸った部分が数箇所ありました。一つは、キツイ言葉と裏腹に真琴を捜すため「ちょっと出てきます」と言う祐一に対して、投げかける秋子さんの笑顔がもーたまんねぇですな~。あの「お見通し」でありながら、基本的に無理強いはせずに見守る姿勢。それでこそ秋子さんですよっ!こんな一瞬のカットですら人物描写を惜しまない京アニに拍手っ!

 また、舞が真琴のことを理解できるかに描かれた理由も、今回ではっきりした気がします。美汐さんの役割を取っちゃったわけではなく、この第7話でものみの丘への道案内役をさせるための仕込みだったわけですな。原作では、祐一が街中で真琴を発見するも声はかけず、その後ものみの丘まで歩いていく真琴をずっとストーキングするわけですが、これをアニメでやると尺が長く必要になって収まりが悪そうなんですよ。かと言って、何のヒントも無しに祐一がものみの丘を探しに行くことにはやはり無理があるわけで、それでこのような改変を行ったと思われるのです。舞が「何となく」ものみの丘を想起するくだりは、今はまだご都合主義に見えちゃうことは避けられませんが、彼女、常人には見えない者が見えたりする人ですから、私はこれも「アリ」と思います。

 後は、やはり真琴に関わるシーンの映像がどれもこれも素晴らしく美しく描かれていましたよね。ものみの丘に雪が積もってないのとかは、雪国出身としてはどうしても引っかかってはしまうんですが、あそこまで美麗になっていればもー正直どーでもいーっつーか。あの淡く光る草むらが写し出す真琴の表情は、何よりも優先されて正解ナンじゃないかという気がします。ホント、印象を強く刻むべきシーンをとことんまで印象的に描くことにかけては、手間を惜しむことをしませんよね、京都アニメーションって。

 ならばこそっ、来週以降に訪れそうな怒濤の展開にもっ、大きな期待を抱いてしまう自分がここにいるわけですっ!AIRにおける第五話「つばさ-wing-」第六話「ほし-star-」のような、大ヤマが来る予感をひしひしと感じつつっ!今はただただ愛らしい名雪さんの姿に悶えていたいとっ!(爆)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 ハルヒちゃん十七わ・十八わ&ちゅるやさんそのきゅうっ (2009/04/11)
 イノセンス見た (2004/12/14)
 宇宙戦艦ヤマト2199 第十四話「魔女はささやく」 (2013/07/07)
 ディケイド劇場版にオリジナルキャストを要望してみない? (2009/03/01)
 AIR DVD 2発送されたらしい (2005/04/26)
 ヤマト2199、第五章前の復習完了。 (2013/04/13)
 けいおん! #4 合宿! (2009/05/08)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
ものみの丘
仕事疲れで思わず寝入ってしまい、午前3時半に起きたものの翌日五時起きの為、また寝ようかと思ったものの我慢できずに2回繰り返して見たヤクモです(てりぃさんにはかないませんが笑)
で、ものみの丘なんですが原作絵準拠?とはいえ京アニさんらしくないなあと思ったんですがラストのカットではちゃんと雪積もってましたよね・・?これの意味するところは?垣間見えた「奇跡」の一端?てりぃさんの解釈(妄想でも可)をお聞かせいただければ幸いです。
2006/11/17(金) 21:59:01 | URL | 八雲 #yjwl.vYI[ 編集]
雪の問題
実は、少々前に同様のご指摘をWEB拍手メッセージで頂戴しております。

確かに、帰り際のシーンでは一部に雪があるんですよね。で、その前の丘には雪がなかったことを指して、奇跡との関連を問うブログさんがいくつかあるのも拝見はしております。

…ごくごく個人的な意見ですが、私は「真琴が真琴の姿になって祐一の前に現れたこと」を「奇跡」の一環としては捉えておりません。また、ものみの丘に雪がない現象についても同様です。前者はあの生き物に元々備わった能力の一つであり、後者については、乱暴ではありますが「たまたま」というのがてりぃ流の解釈。

じゃあ奇跡はどこに、という話になるんですが、私は真琴に関しては本編以降、アフターに繋がる「復活」のために奇跡が使われるのだ、という意見に一票を投じたいと思っております。そういう含みを持たせたエンディングだった、という解釈ですね。

実は、京アニ版に期待しているのもそこだったりするんですよ。アフターにちょっとつま先が入るところまで、描写してもらえるんじゃないかという。それ故に、真琴シナリオの消化が最初になっているのかな、とも。ま、今のところは勝手な想像の域を出ないものでありますが、珍しく求められるままに語ってみました。八雲さん(&WEB拍手の主さん)のお気持ちを満たしますかどうか。ま、話半分に読んで頂ければ幸いです。
2006/11/17(金) 22:26:01 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
こんにちはです。
今回は名雪が沢山で幸せでしたなぁ・・(笑
何気ないはずの日常のコミカルシーンが本当にすばらしいと再認識する今回でした。

で、私はといえば、
真琴が、水瀬家に「家族」を感じるシーンでジーンと来て、恐ろしいことに、次回予告で栓が半分ぬけました!
次週はもう無理かもわからんです。
2006/11/17(金) 22:29:16 | URL | 涙桔 #-[ 編集]
抜けるのは栓か底か
予告、恐ろしい出来でしたねー。あのコンボはまずいでしょ。先を知る者に瀕死のダメージでしょ。〆が祐一の「真琴は…」なんて反則もいいところでしょ。

でも、真に恐ろしいのは、クライマックスで何を見せてくるのか、今以て全く予測不能、ってことなんですよねー。ガクガクブルブル。
2006/11/18(土) 03:43:26 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
長くてすいません
今回は夢の語り(?)がありませんでしたね。
毎回アバンであったのに(1話のみAパート始めでしたけど)。
やっぱり真琴の話がクライマックス間近、ということでしょうか。
原作知らない自分でも予告の真琴ラッシュはききました。
どうなんのよー!?

ところで、真琴が祐一にいたずらしようとして
部屋の電気がつけられるのですが、
部屋のスイッチと祐一の位置がおかしいです。
スイッチは部屋の中から見てドアの左側についてるんですが、
電気がついたとき祐一はドアの後ろ(ドアの右側)から
出てきてます。
もしかするともう1つスイッチがあるとか?

さらに関係ないんですけど、Aパートで
名雪がイチゴジャム塗りながら歌ってるのは
「ふわふわイチゴジャムの歌」らしいですね。
今後イチゴジャム塗る時はこの歌を歌わねば
2006/11/19(日) 14:06:11 | URL | つちむ #-[ 編集]
TBどうもです。
今回は名雪も出番が多く、
納得のいく話で
私も楽しく視聴できました。
苺ジャムが美味しそうで、
私もいつもよりちょっと高いジャムを購入して
今朝は名雪気分で朝ごはんしてました。
それでも秋子さんの手作りには叶わないのでしょうけど…(笑)


音楽知識の乏しい私としては、
フーガというと
嘉門達夫の替え歌の『鼻から牛乳』の原曲(?)として思い出す程度。
サブタイトルのフーガというのを見ても、「あぁ…嘉門達夫のアレね…真琴の鼻から牛乳でも出るのか?」としか思い浮かびませんでした。
(もちろん出ませんでしたけど…。)
2006/11/19(日) 17:20:17 | URL | arurururu #-[ 編集]
てりぃ様どうもです!

>「追いかけっこ」「模倣」
これがもしや真琴の口癖の類似に繋がる・・・のか?
まさかフーガとカノンに
こんな関係があるとは
思いもしませんでした。

>AIRにおける第五話「つばさ-wing-」や第六話「ほし-star-」のような、大ヤマ
終わった・・・。
今年の夏大泣きしまくった
アレクラスが来たらもうダメです。泣き過ぎて目が腫れそう。

てりぃ様、くれぐれも当日のお仕事の方お気をつけて。

私からもトラックバックさせていただきます。
2006/11/19(日) 21:16:46 | URL | jiro #eRCqN4Tc[ 編集]
私と同じ点に期待をおいていますね。前述の“雪の問題”でのコメントの下記の部分

>実は、京アニ版に期待しているのもそこだったりするんですよ。

私の期待も同じです。
原作では、未記載で読者の想像に任された格好、東映版では文字通り消失。(それだけに、めちゃ感動的だったのですが…)

原作での舌足らずな部分の補足解釈とその表現が秀逸でありますね。今後に期待です。
2006/11/21(火) 01:02:56 | URL | きつねのるーと #A1vz8dvw[ 編集]
遅レス
>つちむさん

アバンに夢の語りが無くなった件は、多分ご指摘の通り、真琴編に本格突入したことの表れだとは思います。原作をご存知ないとのこと、この先は…キきますよ~。今からお覚悟を固めておかれることを強くオススメいたします。

スイッチの件は「やっちゃった~」、ですかね?我が家などは、部屋の入り口に設置したトグルスイッチと、蛍光灯にぶら下がってる紐の両方でON/OFFするので、そういう解釈もあるかなーとは思いますが…いや、ムリがあるかな?

「ふわふわイチゴジャムの歌」というものがあるんですね。機会があれば、是非聞いてみたいものです。

>arurururuさん

ここ数週、名雪萌えには辛い回が続きましたから、喜びもひとしおでございましたね~(笑)。

高価な苺ジャムだと、甘く煮た苺のツブがいい感じにごろっと入っていて、とても幸せな気分になれます。ああ、今度どっかで探して買ってこようかなー(*´д`*)。

「『鼻から牛乳』の原曲」は、J.S.Bachのオルガン作品で、「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」というのが正式名称です。「ちゃらり~、鼻から牛乳~♪」の有名なメロディーは、「トッカータ」と呼ばれる自由形式の部分の導入部なんです。フーガはこの曲の後半部分なんですが、この曲は比較的若いころに書かれたもので、Bachのフーガにしてはあまり厳格な様式になっておらず、かなり自由な様式となっているそうです。きちんとしたフーガではむしろ、やはりオルガン作品の小品「小フーガ ト短調 BWV578」の方が有名と思います。「ソーレー♭シーーーラソ♭シラソ#ファラレー」というテーマが、次々に掛け合っていく様が、フーガの典型例なので、もし機会があれば確認してみてください。

>jiroさん

仕事へのお気遣い、どうもありがとうございます。自分としては、「愚痴を言っているうちはまだ元気」と思って、やり過ごしたいと思っております(笑)。

クラシックの世界は、とっつきにくさが先に立ってしまうやっかいなところがありますが、好きな曲を見つけて聞き込んでいく、という点ではポピュラーソングやその他の音楽と何ら変わるところがないので、「ハルヒに使われた曲の探訪」などでちょっとずつ入っていくとなかなか面白いですよ~。はまり過ぎると良い演奏を求めて散財してしまうやっかいな趣味でもありますけど。

AIRの大ヤマクラスは確実に訪れますよ?今のうちから、かなりの覚悟が必要です。なーんて、脅してみたりして(^^;。伝説クラスの語り草になるだけはあるシナリオですから、どうぞ存分に泣きはらしてください…ピークは次々回かな?

>きつねのるーとさん

京都アニメーションさんを好きな理由は色々ありますが、その中の一つに「原作では匂わせながらも、完全に読者の想像力に委ねてしまっていた部分の、映像としての絶妙な補完の仕方」というのがあります。それだけに、期待してしまいますよねぇ。

東映版の真琴シナリオは(かなりうろ覚えですが)、そのものの出来についてはともかく、その次の回に祐一が何事もなかったかのように他のシナリオに入っているところが少なからず興ざめだった記憶があります。そういう部分も、京アニならしっかり描いてくれそうで、期待しちゃう部分でございますね。

あんまり期待を膨らませすぎるのも良くないんですが、多くは「その期待のナナメ上を行く」ので、あまり心配してません。ああ、楽しみですねー。
2006/11/22(水) 02:52:47 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1182-7dbbaec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今回も真琴のイタズラから話が始まりました。「あはは♪」とハサミを持ちながら入ってきた所を、祐一が脅かしたんですが、今回は髪の毛を切ろうとしていたみたいで・・・それはさすがにイタズラですまないだろw
2006/11/17(金) 05:37:09 | まったり~隠れヲタ日記!
真琴ルートが着々と進行中。今回と次回で真琴ルートが大幅に消化されるのではないだろうか?ピロとか美汐とかもやっとこさ登場してたし。となるとこれ位のペースで1人ずつ消化して行って、締めに名雪かあゆを持ってくる・・・まぁAIRみたいにそれぞれのキャラに応じて区切り
2006/11/17(金) 06:25:47 | 猫耳と少女とメイド服。
秊 特に今回は構図に力があり、カット繋ぎのタイミングも虚を突いてきて素晴らしい出来。 例えば、祐一がうぐぅに後ろからタックル喰らってコケた後に、普通なら立ち上がるカットなどで繋ぐ所を、直後既に二人を立たせており、しかもその時に街の雑踏音を繋げ
2006/11/17(金) 06:57:28 | バラックあにめ日記
脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:坂本一也 作画監督:池田晶子池田晶子さん作監キタコレ、1話以来ですね。演出の坂本一也さんも1話以来ですな、ひょっとしてローテーションは6話回りですか。サブタイのfuga(フーガ)はイタリア語で「逃走」という意味、まー「遁走」曲だ
2006/11/17(金) 07:08:57 | AGAS~アーガス~
ああ・・・もうこの時点で泣きそうな俺ガイル・・・ 一気に山場を迎えそうな雰囲気ですね。 そして名雪さんはやっぱり最高です(*´д`*)
2006/11/17(金) 07:47:34 | SOBUCCOLI
『まっ、真琴~(ど-----(涙))』(
2006/11/17(金) 08:38:19 | ひろしのアニオタ日記
「Kanon」第7話です。毎晩毎晩懲りずに真琴が夜這いにw祐一は既に待ち構えております^^;悪戯は未然に防げたけど明日提出の宿題が破損。結局平穏な夜を過ごすことはできませんね・・w翌朝。記念すべき真琴のバイト初日の目出度い日なので早速秋子さん特製ジャムで祝福で
2006/11/17(金) 08:43:49 | もえろぐ
バイト決定祝いで秋子さんの特製ジャムという罰ゲー、、、ではなく祝福を受けることになった真琴。相変わらずその効果は半端ない。そして、すがる様な目で見られても困るよなwだって見守ることしかできませんし。
2006/11/17(金) 09:37:39 | たまにもゆる
 不覚っ・・・・・ちょっと泣いた・゚・(ノД`)・゚・。  ぜんぜん関係のない人間が、一つ屋根の下で生活するという設定は、少女漫画しかり少年漫画然り、ある種の王道として現在進行形でカッポしておりますが、その王道もこうい
2006/11/17(金) 10:07:13 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
 久しぶりに起きている名雪を見た(笑)
2006/11/17(金) 12:00:18 | おカネの錬金術師の錬成日記
Kanon第7話「家出と仔猫の遁走曲~fuga~」見ました。なんか今回女の子とのイベントが細切れが多かった様な気が…。原作やっていないし、東映版も見ていなくて、話が全然分かっておりませんので大事なシーンを大事と知らず見過ごしているかもしれません。ご容赦の程を。栞も
2006/11/17(金) 13:08:27 | studio WATERCASTLE blog
Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~」真琴の行動に許せないところあり。
2006/11/17(金) 14:50:28 | 恋華(れんか)
名雪~~~~!!グッドジョブ!いい仕事していますね。秋子さん特製イチゴジャムで糸目でご機嫌、朝食シーン。ネコを見た途端、糸目になってフラフラと猫に寄って行きネコアレルギー発症…祐一に部活中に猫が来ても寄るなよと言われて、『自信、ないよ~』これは良い名雪で
2006/11/17(金) 15:57:22 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
真琴―――(TДT)―――!!!あははー あははーおいちゃんは泣きソーダ―!
2006/11/17(金) 16:07:17 | ― ゆうろの深夜アニメ!―
俺「上司!上司!!!重大なエラーが発生しました!」上司「なんだ新人」俺「栞が50秒しか出てないです!!」Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲~Fuga~」脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:坂本一也 作画監督:池田晶子俺「あ、....
2006/11/17(金) 17:12:05 | ツンデレ100%
夕方の帰り、祐一と一緒に歩くとき、真琴も素直じゃないんだけど、後ろについて来て、祐一が振り向くと、見つからないように道路標識に隠れる姿が可愛い。ほとんど見えてるし。猫になつかれて、肉まんを取られたときも、自分の分もまだ紙袋に残ってるのに、必死で追いかける
2006/11/17(金) 17:15:09 | PEN:PENの雲外蒼天
「そのハサミで、俺の……を、ちょん切るつもりだったんだろう!」すみません。また次回予告見ながら泣いてしまいましたwこの後の展開を思い出すと・・・自然と涙が・・・やっぱ、真琴シナリオが一番泣ける
2006/11/17(金) 17:33:05 | 白狼PunkRockerS
      「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~」 何か回を追うごとに真琴が可愛く見えてくる。やっぱり猫出身なの?とか思いたくもなりますが、野良猫に対するシビアな姿勢とか懐かれ具合とか。 それが祐一
2006/11/17(金) 18:44:02 | アニメに漫画それが私のシアワセ
第7話 家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~
2006/11/17(金) 18:52:36 | 二次元空間
 名雪「ねこ~ねこ~」あ、名雪は俺と同じクセがあるようだ…神奈川近郊にお住まいの皆様、ひげ面でネコと戯れている不審人物を見かけたらそれは俺です。生暖かい目で見つめてやって下さい。というか仔猫には特有の人間を惹きつける引力があるんですね。 と言うわけで、今
2006/11/17(金) 18:57:50 | サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
子猫イベントと天野美汐が登場・・・終焉の時が近ずいています、ここから最終話までスルーと言う訳にも・・・あ~次週予告からして許してくれないみたいだ~掴みには持って来いの真琴エンドですものね、舞だと知らない人は引くだろうし、栞は真琴に比べればインパクト低いし
2006/11/17(金) 19:22:35 | 美しい夢想家-BeautifulDreamer-
Kanon 11月17日付 第7話「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~」今回は真琴が家出をして祐一が探しに行く話しだ。真琴は祐一に対して初めてダメージを与えられたんじゃないのかね。これまでの調子からするとやられっぱなしだし。で
2006/11/17(金) 19:40:17 | 第23軍日常報告
第7話「家出と子猫の遁走曲~fuga~」祐一の部屋へと忍び込む真琴。笑いを漏らしながら布団に手を掛けるが、突然の明り。慌てふためく真琴は、あまりにも下手すぎる言い訳で、その場を逃れようとするのだった――真琴が持っていたものははさみ。紙飛行機を作ろうと真琴は言
2006/11/17(金) 19:41:37 | 夢の日々。
$FILE1[関連リンク]http://www.bs-i.co.jp/anime/kanon/第7話 家出と仔猫の遁走曲~fuga~そ・そんな縋るような目で見ない…で(名雪)祐一はエスパーのように真琴の行動が読めてますね(*´▽`)ま...
2006/11/17(金) 20:42:49 | まぐ風呂
? 相変わらず真琴は、深夜祐一の寝室に忍び込み悪戯をしようとする。しかしベッドの中に祐一はおらず後から部屋に入って来た。最悪のタイミングで見つかった真琴は、何とか必死に誤魔化そうとするが、鋏を持っていた為に悪戯しようとやって来たのがバレバレ!仕
2006/11/17(金) 21:12:39 | アニメのストーリーと感想
相変わらず真琴がメインと言っても過言ではない。今更ながらこの調子でとりあえず真琴ルートを片付けるのかと気づく。今回で天野さんフラグも立ちましたしね。次回予告でほぼ確信。毎回自然な流れで栞とのイベントも
2006/11/17(金) 21:38:38 | angel notes.
神。
2006/11/17(金) 21:42:07 | ざとぺったん☆ぶろぐ
■『Kanon-カノン-』 #7 「家出と仔猫の遁走曲~fuga~」 BS-i脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:坂本一也 作画監督:池田晶子【コメント】今回も祐一(杉田智和)は5人のヒロインたちとの関係を深めつつありましたね^^人間同士の付き合いの親密度というのは、....
2006/11/17(金) 22:27:56 | LOVE&PEACE ANIME DIARY
 今回は初っ端から真夜中の祐一vs真琴の第五回戦の戦端が開かれていました。抜き足差し足忍び足と祐一の部屋に夜襲をかける真琴でしたが、彼女は学習能力に著しく欠ける猪武者だったので今までの戦訓をまるで活かせずに敗北を喫して
2006/11/17(金) 22:54:57 | Moon of Samurai
やっぱり京アニだけはガチ!!
2006/11/17(金) 22:55:20 | 電撃JAP
Kanon第7話「家出と子猫の遁走曲」
2006/11/17(金) 23:01:35 | 満月のドルチェ
いつまでも続くと思っていた楽しい日々。どこまで続くよう願っていた騒々しくも穏やかな日々。分かっていたそれが決して叶わぬ願いだということを・・・それでも願わずに入られなかった幸せな日々を・・・いよい
2006/11/17(金) 23:40:33 | R-30のオタクな部屋
正直、泣きそうになった。原作で泣き落としにかかる場面でかかるBGMが来ると涙腺崩壊必至です。それでは、今回の粗筋から。今回もいつものように真琴のいたずらから。そうか、髪を切ろうとしてはさみ持っ
2006/11/17(金) 23:52:04 | 腐れヲタ日記
Kanon 2007年 カレンダー忍び寄る黒い影・・・祐一の部屋にまんまと忍び込むことに成功したそれは、静かに祐一のベットへと迫ります。が、その時でした!部屋の明かりがつけられ、「なんのようだ」後ろには、祐一の姿が!!それを見て、あたふたと慌て始める真琴。真夜中...
2006/11/18(土) 00:02:37 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Kanon 第7話 「家出と仔猫の遁走曲~fuga~」OP前から真琴の(ネ右一睡眠シーンでの)先制攻撃!!ハサミをもって登場!!ハサミですか・・・ハサミでネ右一の髪をバッサリ!?って、やっぱり未遂に終わりま
2006/11/18(土) 00:15:01 | AM日記@beNatural
とうとう、とうとうジャムの最初の被害者が・・・。そしてその彼女が、この物語の一番手にもなってきました。
2006/11/18(土) 00:24:25 | LUNE BLOG
いくらなんでも、ハサミは危ないだろう… まぁ、必罰と言うかなんと言うか。後に例の“ジャム”が待っていたわけでして。
2006/11/18(土) 00:36:30 | ブログ 壁
ねこーねこーいやー、順調に真琴ルートに向かってますねぇ。それでもちゃんとそれぞれ進んでるあたりがなんと言うかすごいですが。この感じだと、途中で止めて他も進めるってのもありですかねぇ…。とりあえず美汐の顔出しは出来ましたし。…まぁ、次回で一気に進んじゃいそ
2006/11/18(土) 01:01:27 | 妄想が迷走
もう行く場所がない・・・自分は捨て猫と同じ。そう思い込んで、ものみの丘で寝てしまった少女。でも、彼女にはもう家族が居る。記憶がなくたって、立派な水瀬家の一員。寝てしまった少女が次に目覚める場所は最高の居場所。...
2006/11/18(土) 01:17:32 | ナナメから見てみる
「家出と仔猫の遁走曲」「フーガ」というより。猫を道路に投下して。リアル「フロッガー」を楽しむ少女を発見!祐一「何やってんだよ! オマエは!?」猫を歩道橋の上から落とす真琴。反則ですよね
2006/11/18(土) 02:21:20 | アーリオオーリオ ドゥーエ
「ネコ…猫…ねこ…」
2006/11/18(土) 02:23:04 | 竜人イグニール
長かった共通部分は終わり、真琴の話に入った7話。
2006/11/18(土) 07:03:12 | てけと~な日記
【公式】謎ジャムの餌食にぃぃぃ
2006/11/18(土) 08:04:11 | 48億の個人的な妄想
真琴ルートに入った第7話の感想です。
2006/11/18(土) 08:10:26 | さくら日記
~アバン~真琴の更なる夜襲しかしうまく交わした祐一・・・しかし余波で提出する宿題をやられた ~Aパート~イチゴジャム大好きな名雪そして今度は真琴が秋子さん特性のジャムの登場!!名雪と祐一は敏感に危険察知し暖かき見守る二人『あう~』しか真琴 猫の可愛さに目移
2006/11/18(土) 08:33:43 | コミニケ
kanon第7話です。正直kanon放送日忘れてました。昨日はもろもろ事情があって記事をアップするのが遅れましたが、閲覧いただけると幸いです。今回は真琴の話。真琴シナリオが終わりに近づいていきます。イメージと
2006/11/18(土) 08:47:33 | 暇人の戯言
第07話「家出と仔猫の遁走曲~fuga~」感想サムネイルにマウスをあわせると画像が変わります定期便(笑悪巧みする真琴なにやら、物騒なモノを持って部屋に侵入してきますが・・・しっかり祐一は起きて待ちかまえてましたベッドに身代わりをおく小技まで効かせてっ遊びに来
2006/11/18(土) 11:56:30 | アニラジ感想
真琴シナリオ、驀進中!それでも東映の時とは違い、他ヒロインのイベントも同時進行でこなしているところはサスガ♪としかwそして今回、ついに!
2006/11/18(土) 12:04:44 | 神音の萌え源泉
第7話 「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~(フーガ)」  帰ろうぜ、お前は家族なんだからさ――。  記憶のない真琴の帰る場所は…… 真琴と猫のエピソードです。 名雪のねこねこ~もあります(笑)アバンは
2006/11/18(土) 13:45:59 | SERA@らくblog
今週もやってきたせんせいのKanonのお時間、今日のゲストは誰かな?「うぐぅ、今週は出番が少なかった月宮あゆだよ」まぁ、今は真琴シナリオ進行中だから、無理に出す必要はないしな。というか、あれだけの出番ならば真琴との絡みにつなげても良かった気がするのだが・・・
2006/11/18(土) 14:27:42 | マニア研究所
「TVアニメ Kanon」相も変わらずの真琴と祐一。二人だけのミッドナイトです。ww真琴は「あはは」って言い過ぎーーーっっ!!とりあえず、祐一の宿題なんぞどーとでもなれと思った。そんなん、どーと
2006/11/18(土) 14:53:43 | 空色なおれの日々
あぅ~ かわええええええ謎ジャム食べてすがるような目のまこぴー可愛すぎ!!まこぴーの可愛さは異常!この流れなら言える うちはまこぴー派だと!ついに俺の中であゆを超えた!やっぱ祐一とまこぴーのやりとり
2006/11/18(土) 14:58:48 | アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ!
真琴のイタズラはまだ止まらないのか・・・ハサミ持ってきて何するつもりだったんだろうか紙飛行機作ろうと思ったって無理あるなぁwハサミ使わないとかツッコミ鋭すぎですよwでも精巧な紙飛行機って切り込みとかいれなかった?w使ったのは祐一のノートだっ....
2006/11/18(土) 15:03:03 | Starlight Breaker
Kanon カノン 第07話 「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~」今回はピロシキことピロの登場です。猫好きは必見です。もっと素直になろう・・・人のあたたかさをしっかり感じるために・・・では、本編は続きからどうぞ。
2006/11/18(土) 15:06:29 | はねねこの世迷言
Kanon第7話。真琴ルート導入編。空気になってきた名雪に光は差すのか?では、感想を。
2006/11/18(土) 17:04:23 | 我が人生に燃えて、そして萌える
この一週間睡眠時間が漸減しているので、見ながら感想を書いてじかんせつやく。 文章が飛躍しているかもしれませんのでなにとぞ暖かく見守りくださいまし。
2006/11/18(土) 20:29:37 | ちょっとだけ雑草
= 第7話 「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~」 ='''「あう~」'''{{{今日はやる気あるので(笑)、このまま一気に記事アップしますよー。真琴のいたずらはもう定番化してきましたね。「あうー」は破壊力抜群、萌えキャラの王道セリフっぽいですが、ここま
2006/11/18(土) 22:25:50 | Geallza’s Power
深夜、寝床についている祐一に迫る謎の影!「なにやってるんだ?」「ソレはなんだ?」「え、え~と・・・・・・」「は、はさみ~。図工の時間に使うの」「・・・・・・て
2006/11/18(土) 22:42:03 | オシナ・キルヤ
■真琴のイタズラはどんどん悪質になりますねえ。次は断髪ですか、「あはは」じゃないですよ。考えてみればコンニャクを背中に入れられた仕返しをまだ果たしていなかったんですね。■お母さんの苺ジャムがあればご
2006/11/18(土) 22:52:35 | アニメのせまくてあさい森
Kanon 第7話家出と仔猫の遁走曲~fuga~ 真琴がメインの回です。まだまだ核心ではない感じ。
2006/11/18(土) 22:55:15 | アニヲタキング
今回はあゆの独白は無し。完全に真琴シナリオに入ったってことでしょうか。第5次(だっけ?)真琴の襲撃。今回はなんと寝てる間に祐一の髪をバッサリといくおつもりだったようで。鬼のいぬ間に洗濯ならず鬼の寝る間
2006/11/18(土) 23:24:10 | どこまでも高みへ
まこぴーの 次回予告が テラヤバス「何だかいつも駆け回ってるわね、あの人」と、視聴者の心からの言葉を見事代弁してくれた美坂香里さん。Aパートはいつも通り各キャラをを毒牙にちまちま攻略していく祐一ですが、
2006/11/18(土) 23:53:10 | 万聞は一見に足るやも
Kanon 第07話 「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~」簡易感想。
2006/11/18(土) 23:57:08 | PAWA-TYPE ~Zの鼓動~
■Kanon■
2006/11/19(日) 00:59:26 | King Of ヘタレ日記
Kanon 第07話 「家出と子猫の遁走曲~fuga~」午前3時、鋏を手に祐一の部屋へと侵入してくる真琴。しかし布団に祐一の姿は無かった…。事前に察知して起きていた祐一。真琴はごまかそうとノートを切り取って紙飛行機
2006/11/19(日) 08:57:13 | 伏雛的BLOG
今回も真琴の報復(その6)から始まった。はさみを装備し、寝ている祐一の髪の毛を切ろうとベットに忍び寄る。いつものように、先読みしていた祐一が電気をつけて、真琴を問い詰める。 真琴「遊びに来たの。紙飛行機
2006/11/19(日) 11:36:52 | 面白い漫画・アニメ・ゲーム
「動物なんていらなくなったらポイでしょ?」【kanon】? 7話 家出と子猫の遁走曲 -fuga- の感想。真琴シナリオは起承転結でいうところの【承~転】にあたる部分。真琴のその言葉の裏にある悲しい記憶の正体は…。◆ストーリー概略◆真琴の初仕事の日の話。
2006/11/19(日) 16:49:16 | Mix Fruit Strategy
総評としては、物語が大きく動き出した感じがして、非常に楽しみながら見られました。演出も非常に良かったと思います。※アバンタイトル深夜3時とは、またはた迷惑な( ̄□ ̄;...深夜からの宿題おつかれさまです_| ̄|○※朝の食卓珍しく名雪が起き....
2006/11/19(日) 18:40:59 | 寂漣堂
今回は初めて山場を迎えました!感動した!!現在、人気ランキング8位美坂香里7位水瀬秋子6位美坂栞4位沢渡真琴4位倉田佐祐理3位川澄舞!2位水瀬名雪!!1位月宮あゆ!!!
2006/11/19(日) 19:04:57 | 明善的な見方
 ねこーねこー。  思わず我を忘れちゃう名雪さんが可愛いです。  その後、アレルギーで涙目になってるのがまた…。  教室で「意地悪はいつもされてるけど」なんて、
2006/11/19(日) 19:36:58 | ゆかねカムパニー2
今週は記事を書いてる時間あまり無いので、真琴オンリーでの実況としました^^;毎度おなじみ、祐一君への夜襲~またまた失敗に終わりますw朝から真琴の受難は始まります!「バイトが決まったお礼にあれを食べ
2006/11/19(日) 19:54:27 | 風の巡り着く場所
「Kanon」の第7話を見ました。<感想>初めてあゆあゆのモノローグなし。替わりに出るのはまこぴょん。この2人の対比ホント頻繁に行われますね。まあそれよりもまこぴょんのパジャマ姿が可愛くて、行動も可愛いからいいんだけど。・・・・・ってバカなこと書いて...
2006/11/19(日) 20:40:57 | じろグ!
Kanon 第7話。見た感じ真琴ルートが進行しているのかな。なので今回はほぼ真琴オンリーな回でした。Aパートは、真琴が夜中に祐一の部屋へ忍び込む場面からスタート。今回はハサミを所持…。真琴のイタズラがだんだん過
2006/11/19(日) 21:11:15 | ただひたすらに、まっすぐに。
■水瀬邸 夜真琴、廊下を忍び足で歩いている真琴、祐一の部屋のドアを開ける[沢渡真琴] あはは(今日の笑い方は佐祐理風)真琴、ベッドに近づく[沢渡真琴] あはは真琴、祐一の布団に手をかけようとする部屋の明か
2006/11/19(日) 21:35:23 | アニすじ! アニメあらすじ&レビューblog Kanon(カノン)京都アニメーション(京アニ)
秋子さん譲りのナイスバディと、猫アレルギーなのに猫好きという要素が名雪を人気キャラに伸し上げてると私は思っておりますw 一日中涙止まらないのにさ・・ホント困った娘ですな~w美汐キターーー!!!!!!!今回は顔見せですか~。彼女がいることによって、真琴シナ
2006/11/20(月) 12:47:21 | 猫が唸る感想日記
あうーっ、気持ちが重い。今までは満遍なく伏線を張りながら淡々と進んできたのだが、完全に真琴シナリオに突入してキーパーソン?が色々と登場。プリクラ見つめる美汐、今回は声がなかったが坂本真綾があてるのだろうか
2006/11/20(月) 19:16:32 | Cross Channel
あぁぁぁぁなんか今週の真琴を見ているだけで悲しくなってきた・・・短い感想でいきます。Kanon 3posted with amazlet on 06.11.19ポニーキャニオン (2007/03/07)売り上げランキング: 199Amazon.co.jp で詳細を見るht
2006/11/20(月) 20:55:24 | CWD
      真琴の話が一番最初におわるっぽいな。そろそろ泣ける場面がチラホラ出てきました。
2006/11/20(月) 21:47:49 | G@ppai
「何だかいつも駆け回ってるわね、あの人」
2006/11/20(月) 22:48:33 | edoi's Sprout
Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~」着々と真琴の物語が進んでいきます。彼女のシナリオはもう後半ですね。天野美汐も登場したし。名雪の猫アレルギーネタも再現。どうでもいいですけど、私も猫アレルギ
2006/11/20(月) 23:39:16 | 未来型思考
苺ジャム~。はい、前貼ったフラッシュの元、というか、kanonが本家だったそうで。「そんなのも知らんかったのか」とお友達に突っ込まれました。・・・だって、知らなかったんだもん。
2006/11/21(火) 01:47:41 | 長閑な休日
笑いあり、涙あり、シリアスあり、感動がある。そんな今回ですが、真琴シナリオに突入でシリアス、感動の部分がこれから増えてきそうです。とりあえず佐祐理さん、俺にも弁当作ってください!!
2006/11/21(火) 17:17:00 | アバトーンの理想郷
真琴も遂に秋子さん特製謎じゃむの餌食にwフラグ立てに走る祐一はつくづく忙しい男だおお、ようやく美汐登場か…ってしゃべらんし真琴が歩道橋の上からピロを落とす瞬間、これまで上がってきた真琴株が大暴落wやっぱ映像で見るときついな真琴を探す祐一...
2006/11/21(火) 20:22:06 | 世界のどこかでアホ毛と叫ぶ
さて、今週のお楽しみです。影絵のような真琴が抜き足差し足です(笑)。勿論、祐一に悪戯を仕掛けるためにです。……がっ、勿論失敗(^ ^;)。祐一はドアの陰に隠れていました(笑)。暗いところで見えるかもと思ったのですが……ドア開けっ放しのため見えません(^ ^;)。ダミーの
2006/11/22(水) 00:02:00 | ○ーソン店員のオタク日記
Kanon 真琴 名刺ケース冒頭は、真琴の性的イタヅラから始まります∩( ・ω・)∩
2006/11/23(木) 20:33:35 | はーくるのアニメな日々
今日はkanonの日!なのですが・・・予告を見て凹んだのは私だけじゃないはず・・・むぅ・・・感想が思いつかないとにもかくにも今週、要チェックです
2006/11/24(金) 15:37:52 | S u n S e t S k y
Kanon 第07話 「家出と仔猫の遁走曲 ~fuga~」「あはは、あはは」ってマコピーも懲りない人ですが!今回はレヴェルがちがうぜ?寝ている間に丸坊主作戦とは怖えぇ!怖えぇよマコちん!!そんな真琴にも秋子さんの謎
2006/11/24(金) 23:18:59 | MADの日々
■Kanon 第07話 「家出と子猫の遁走曲 ~fuga~」  出だしはやはり真琴のいたずら(笑)そして祐一も軽く流す(ノ∀`)もはや日常茶飯事?w   仕事初日、謎ジャムの洗礼を受ける真琴(笑)哀れなり真琴・・・というか本当にどんな味なのか気になるなぁ・・・(苦笑
2006/11/27(月) 13:21:49 | 螺旋階段
 名雪さん、いちごジャム塗りすぎですよ~。  秋子さん、特製ジャム塗りすぎですよぉ~。  『Kanon』第7話、「家出と仔猫の遁走曲 ~fu...
2006/11/28(火) 00:07:17 | あしたもまたひがのぼる!
 今回の衝撃シーンの舞台となった、京阪守口市駅前を撮影してきましたので、ご覧下さい。 宜しくお願いします。
2006/12/04(月) 23:27:21 | 『遍在 -omnipresence-』