Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲~divertimento~」
 我らの名雪さんが寝惚けた姿以外でほとんど出て来ないのは、スタッフの愛情のなせるワザっすか、それともッ!!さあさあ、答えや如何にっ!!その返答次第ではっ!! いやーまーどーもしないけどさぁ…。orz

 確かに管理人は名雪さんのどてら姿が好きだっ!線のようになったあの目が好きだっ!頭をぐるぐると旋回させながらなっとーをかき混ぜるその体たらくが大好きだっ!!でも、でもさあっ!祐一が他のギャルたちとガンガンとフラグ立てまくってるその脇でっ、まるで「引き立て役」のようにしている名雪さんが…(T▽T) そこに来てあの祐一の「お前は寝てろ」発言ですよっ!ならばっ、ここは誰しも悲しみが激怒から殺意に急変するとこr(←番組違う
【I beck your pardon?】
 サブタイにある通り、「謎」が表面化していく話として位置づけられそうな今回。ラスト近くで祐一自身が「世の中わからないことばっかりだ」と言っている通り、初めての視聴者にも「何故そうなっているのか?」がどんどん増えて行っていることと思います。祐一とあゆとの7年前のエピソードはちょっとずつ明らかになっていくのに、「?」マークは増えていくばかり。この辺から、「Kanon」という作品の方向性を感じ取ることが、段々可能になってきているんではないですかね?その点、今回用いられた「ディヴェルティメント」はイタリア語の「明るい、楽しい」から派生した、基本的に明るく軽快なジャンルなのですが(モーツァルトの作品に多い、と言うと何となくわかってもらえるかしら)、それを「謎だらけ」という言葉と組にすることで、単に明るいだけではないストーリーをも表しているようでした。繰り広げられるドタバタの中にも暗い影が見え隠れするという、Kanon序盤の持つ特性を抽出した秀逸なサブタイだったと思います。

 そんな数々の謎の中に放り込まれている祐一の不安を、それらの謎をある程度察しながら包み込むように支えることでフォローしているのが秋子さんですな。謎の幼なじみ・あゆと、謎の記憶喪失少女・真琴の双方について、秋子さんは確かに「何か」を感づいています。でも、それを祐一に語らない辺りに、「黒子」に徹しようという彼女の強い意志を感じるのです。その包容力!若人たちの行く末をさりげなく支えつつ、しかし出過ぎた行動には出ることなくただただ「見守る」というその母親像っ!そこにシビれる、あこがれるぅ!(笑)間違いなくこの姿は「一つの究極」なのだと思います。

 そして、謎には一切絡まない立場に身を置きつつ、まるで無いものとして振る舞っているかのような秋子さんの娘、名雪にも、ある一つの「究極」があるのだと、私は信じたいっ!前にも言ったけど、彼女は「空気」と言うよりは「日常」の象徴なんですよ。そこにあるのが当たり前、でも、無くなった時にその大事さがわかるというね、そういうキャラなんですよ。だからっ!名雪さんが空気化していることを嘆くなかれっ!我らが名雪さんはっ、彼女にしかできない「本領発揮」の最中なのだからっ!これでこそ名雪さんだ、グッジョブ名雪さんっ!(ぇー

 …ま、行きすぎた信者的発言は脇に置いておいても、名雪が「バランサー」として物語中で働いている点だけは間違いないかなぁと思いますよ。「5人同時攻略!」「鬼畜主人公・祐一!」「これなんてエロゲ?!(まーエロゲだけど)」とか言われている中で、全然フラグの立たない名雪には、やはり大きな意味があるんです。そういうことにしようよ。ねぇ?


【I'm waiting for U】
 「謎」という表向きのテーマと対になって、ストーリー中で大きくフィーチャーされていたのが「待つ」ということでした。

 祐一はホントに罪な男で、大体において「誰か」を待たせています。その「繰り返し」が「Kanon」なのだとすれば、これは何ともやりきれないお話でして、誰しも疑問が激怒から殺意にk(それさっきもやったろ)、まーその辺のヘタレ具合がギャルゲーっぽくはあるのですが、今回のアニメ版では祐一自身の抱える「謎」とその不安感を微妙な平衡点で配置しているためか、あまり祐一に対して怒りは覚えません。大概、こんなにギャルと接触が多くてしかも優柔不断でと来れば、叩かれまくるダメポ主人公になっちゃうもんですが、おっとっと、話が逸れました。

 今回は、「祐一を待っているキャラたち」が特に取り上げられていたように思います。一人ずつ、順不同でさらっていきましょう。

○檻の少女・川澄舞
 相変わらず「魔物」の正体についてはお預けで、でも今回は激しい物音と散乱する机で、何かが起こっているらしいというところまでは示されていました。しかし、ここで舞本人から「しばらくここには来なくていい」宣言。その理由はまこぴーについていてやれということなのですが、前回同様、実はこのセリフには舞サイドの思いも裏に隠れているのですな。「もうここには来なくていい」ではなく「しばらく~」と言っているのは、「私は祐一にここへ来て欲しい」という意思があるからなんですよ。いや、彼女流に言えば「祐一がここに来るのは、すごく嫌いじゃない」という感じでしょうか。

 そう、彼女も実は「祐一を待っている」存在なんですよね。「魔物」の話がそことどう絡んでいくのかは、どうやらまだまだ先の話のようですが、待っている舞のことを頭の片隅に留めながら、彼女のストーリーが動き始める日を楽しみに待ちたいと思います。


○病の妹キャラ(ナニ)・栞
 まー序盤戦においては特に「中庭で待つ」ことが仕事になっているようなキャラです。見ようによってはこれまたギャルゲーらしい「都合の良いエンカウント」として見えちゃうかもですが、ここは彼女が休日や日曜であっても祐一が来ることを期待してあの中庭に行ってしまうという、その「せっぱ詰まった行動はどこから来るのか」の方が大事なんですよね。

 待っているのは「祐一」と言ってもいいですし、「触れ合い」と言い換えてもいいかも知れません。いや、これ以上はネタバレちゃいそうで語れないな…。そんな彼女が、ちょっとだけ救われる時間が、校庭での祐一との対話なわけですが、今回の報われ方はすごかったですなー。夕焼けを見ながら祐一に上着を掛けられているシーンなんか、あのまんま王道ラブストーリーの中核シーンに使えそうな勢いじゃないですか。もーね、あれだけでイチコロになってもおかしくないような距離感、シチュエーションですよ。名雪さんというものがありながら!という濁った思いはさておいて(汗)、まーやっぱ間違いなくスタッフに愛されているなぁ、栞は。出ている時間に比して、労力のかけられ方が段違いに思えるのは、名雪萌えのただのひがみですかそうですか。orz


○謎の幼なじみ・月宮あゆ
 幼少時のあゆは、祐一を待っていました。そして、今のあゆもデートのために、祐一を待っていました。登場人物の年齢こそ違いますが、その場所も、暮れゆく夕焼けの頃合いも、駆け付ける祐一のカットまでも、ほとんどまるっきり同じ描写で、二つの「待ち合わせ」は表現されています。ただ一つ、「祐一の向き」を除いては。子どもの頃の祐一は右からやってきますが、今の祐一は左からやってくるんですよ。何故このような描写にしたのでしょうか?子どもの頃は水瀬家からやってきたであろう祐一と、今は高校から駆け付けてきた祐一とを書き分けるため?それも説明としては成り立ちますが、「そうしなければならない理由」にするには、ちょっと説得力に欠けてしまいます。何か、そういう描写にすることで意味が付加されるようなものがあるはずなのです。

 時間軸を数直線に見立てて、画面の左から右に進むものとして考えると、一つの仮説が成り立ちます。子ども時代のあゆにとって祐一は「未来」を示す方向から、今のあゆにとっては「過去」を示す方向から駆けてくる、という解釈です。子ども時代のあゆは、母を失って落ち込んでいたところで祐一と出会い、そこに楽しさを見出していました。明るい未来を、彼女は祐一との関係に見出していたはずです。一方、今のあゆにとって祐一は遠い過去から待っていた存在なわけで、「過去からやってくる」という描写には一層説得力があります。あーなるほどなぁ、と、気付いた人には思わせるやり方ですね。

 でも、祐一中心で見てみると、もう一段階深部に迫る解釈も可能です。ちょっとネタバレくさいんですけどね。子ども時代のあゆは、一緒にいると彼女が母親といた時の「楽しかった頃」を思い出せるからという理由で祐一を待っていました。これは言い換えれば、「悲しみの現実」を「楽しい日々」へと向かわせる役割を、祐一が担っていたことに他なりません。では、現在の祐一は。逆の方向を向いていた祐一は、ひょっとしたら「過去のそれと全く逆の方向へ向かう鍵」になっている、という解釈ができませんか?今は楽しいばかりの日々ですが、次第に悲しみの現実に向き合わざるを得ない…そういう展開が先に待っているのだと、そういう描写にも思えるのです。

 原作プレイヤーの戯れ言かも知れませんけどね。でも、わざわざ向きを変えるからには、そこまでやっててもおかしくないなぁと、そんな気がいたしました。あゆにとっての「待つ」という行為は、もっとかなり重い意味を持ってくるものではあるんですが、まー今日はこの辺で。


○雪の少女・水瀬名雪
 名雪は、祐一がわざわざ訪ねていった体育館にはその姿が見えません。これは、今回のモチーフとして用意されている「待つ」という視点で考えると、一見彼女は「祐一を待っていない」という表現、とも受け取れます。実際、原作の解釈上も「名雪は実は祐一を必要としてないんじゃないか?」という方向の議論もあって、なかなか難しいところなんですけども。

 でも、姿が見えないとは言え、名雪はあの校舎のどこかにはいたはずなんですよ。祐一に見つけられなかったのは、単に祐一にとっては「名雪が祐一を待つ存在」だとは認識されてない、ということを示しているに過ぎません。これは、名雪が次第に空気化していることと無縁ではないでしょう。とにかく徹底して、名雪は祐一にとっては「そこにいるのが当たり前」であり、「特別なケアを要しない存在」であり、だからこそ「いざという時には祐一の方から頼りにしてしまう存在」でもあるのです。

 では、彼女は祐一を待っていないのでしょうか?その答えが今話で示されていた、と言い切ってしまうのは強引ですが、私としては「校舎にはいたのに見つけてもらえなかった」辺りを、秘かに待っている彼女の描写、として解釈しておきたいと思います。


○謎の居候・沢渡真琴
 そして真琴。彼女に関しても、特段「待っている」という描写は出てきません。でも、これだけ「待つ」ということに言及されている今話の中で、あゆとともに最もストーリーが進んでいるように見える真琴についてだけ、「待つ」という部分が蔑ろにされているとは考えにくいです。

 真琴も、実は祐一を待つ存在なんじゃないか?

 その前提で考えておいて損はないはずです。少なくとも、憎んでいると言った相手なのに妙に馴れ馴れしいあの振る舞いには、言葉と裏腹の何かがあることを十分に感じさせてくれると思うのです。そして、「もうすぐあの子には祐一が必要になる、他の誰よりも」という今回の舞のセリフが、そのことを間接的にフォローしていますね。

 彼女も「祐一」を待っていますね、間違いなく。そして、彼女を待っている「ある運命」も、またそう遠くない将来にあるようです。その日は、多分まもなく。気合いを入れて向き合っていきますか。


○名雪萌えの管理人・てりぃ
 毎週同じ事を言うのも気が引けるんだけど「ナンでこの数時間後から仕事なんだ!」 オレァそんなもん待ってなんかいないぞォ!オレが待ってるのはどっちかと言えばなぁ、「ぬくぬくと遅くまで寝ていられる休日の朝」とか、「一日中自由になる至福のオフ日」とか、そういう方なんだよォ!

 ……なぁ。今日はさぁ、「マンガ読んでていい仕事」にしちゃダメかなぁ?(爆)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 はみ出し考察~中二病Last Episodeのもう一つの軸 (2012/12/23)
 シャーロット 第十話「略奪」 (2015/09/06)
 電王第22話 (2007/07/08)
 フルメタル・パニック!TSR Scene07「とりのこされて」 (2005/08/26)
 第8回MMD杯がwktkすぐる件 (2012/01/23)
 Kanon 第3話「たった一つの小さな記憶」 (2007/05/06)
 かんなぎ 第十二幕「ほんとうにエフェメラル」 (2009/01/26)

テーマ:Kanon~カノン~ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
始めまして、最近トラックバックをしている者です。いつもその楽しみに見させてもらってます。てりぃさんの着眼点の凄さに今ではkanonのアニメを見た後、まずはここに来るのが習慣になるほどw。
でも一番凄いのはリアルタイムで見て、朝起きたら既に更新されてることですね!www

これからも楽しみに見させて頂きます。さてとそろそろ仕事に戻らな(ry
2006/11/10(金) 14:27:49 | URL | カレー@睦月 #RgGjqjoQ[ 編集]
名雪~~~!!
こんばんわ、

>「校舎にはいたのに見つけてもらえなかった」辺りを、秘かに待っている彼女の描写

非常に妥当な線だと思います。でなければ、香里さんから祐一くんが名雪の事を大切にしないと承知しないからなどと言われはしないでしょうからね。
実際、祐一が現れるまでの名雪がどうだったのか推測するしかないのですが、香里さんの弁によると祐一が来てからの名雪は一味違うらしいですものね。
2006/11/11(土) 01:25:01 | URL | きつねのるーと #-[ 編集]
TBありがとうございます。
うぐぅな『あゆ』と、不遇な扱いを受ける『名雪』。

デートするあゆと、出番では終始寝ぼけていた名雪。
名雪が輝くのは終盤に起きるだろう●●さんの●●の頃と思われるので、まだまだ我慢の時が続きそうです。
過去の回想シーンでも約束をすっぽかされていて、あゆと仲良くしている祐一を見る度に
あまりにも不遇で泣けてきます(悲)

神々しい輝きを放って降臨した名雪様に対しての
祐一の「寝てろ!」発言には、
誰しもが殺意の波動に目覚めるものと思いますよ(笑)
2006/11/11(土) 07:18:18 | URL | arurururu #-[ 編集]
こんにちは^^
いつもお世話になっております。
今回はあゆのうぐぅが沢山見れたこと、名雪のなっとうかき混ぜシーンが見れたことでお腹いっぱいになりました。
では、失礼します^^
2006/11/11(土) 10:39:56 | URL | たつのり #-[ 編集]
真琴シナリオのあの人よりはマシ…>名雪
せっかくの仕事も舞に取られちゃってるし。
OPにいるから出て来ないってことは無いと思うのですが。
でも、「たまたま」すれ違うとか、そういう形ですら出番が無いというのは何故なんでしょう。
例えば、逆に舞シナリオにも顔を出して分かりにくいところを補完する、とかちゃんとした出番があると良いのですが。
2006/11/11(土) 21:01:28 | URL | Asu #-[ 編集]
はなびだね~(特に意味なし)
すばらしい考察はてりぃさんにお任せするとして、
ちょっと気になった点を。
名雪が起きてきた時、誰かが転ぶ音と「うぐぅ、痛いよぉ」という声で
起きたと言ってますが、1階のダイニングにいた祐一と秋子さんが
その音と声が聞こえなかったのはちょっと変。
名雪が起きてきたタイミングも変な感じ。
もう1つ、魔物退治の話をしてた時、あくびはしてたものの名雪は
ちゃんと喋ってますが、その後の
「みそしーる」の後(おそらく5分もたってない)では
かなり眠そうです。あんな短時間であんなに眠くなるものでしょうか。
ギャグ的な部分なのでさらっ流した方がいいのかもしれませんけど
2006/11/12(日) 15:01:11 | URL | つちむ #-[ 編集]
雪、まだ降ってるよ。
>カレー@睦月さん

どうも、いつもおせわになっております。お褒めの言葉も、本当にありがとうございます。

その朝のうちの更新については、実は私自身がいつ途絶えるかヒヤヒヤしております。この数週は「うわー!!今日は書けねぇ、ムリムリ!出勤前になんて絶対ムリ!!」とか叫んでいる気がするのですが(^^;、それでもナンとか収まってますね。不思議です(ぇ


>きつねのるーとさん

同意頂き、ありがとうございます。「空気化」については、原作でも他ヒロインのシナリオではやむからぬことでしたし、まー諦めておりますよ、ええ('A`)。だからこそ、こういう部分は積極的に拾っていきたいと思っておりましたんで、同意が頂けて心底嬉しいです。


>arurururuさん

>殺意の波動

しまった!そっちの手があったか!(笑)

名雪さんの扱いに声を上げて下さる方が予想よりも多くて、名雪ストとしては嬉しい限りでございます。「神々しい輝きを放って降臨」には大笑いしました。ま、確かにあの目の細さは、アルカイックスマイルみたいなものと共通点があるような気がしないわけでもないですね。


>たつのりさん

こちらこそお世話になっております。

「うぐぅ」はこれでもかと連射されてますし、名雪さんのシーンも愛を感じる描写に仕上がってますので、その点の不満はないですね。あの旋回具合は人間技ではないっ!(笑)


>Asuさん

「あの人」に関してご心配されている方も多いようですね。私は、実のところ全然心配してないんですな、これが。あの人は、「戻れないターニングポイント」を経てからでないと姿を現さない、というのがやっぱ正しいあり方のような気がするので。むしろ、OPに出現していたことの方が驚きでした(あれだけではナンにもわかりませんけどね)。

真琴シナリオについても、早期に全て解消されちゃう予測が大勢を占めるようですが、私は実はそう思っておりませんで、案外長く引っ張るんじゃないかなと。と言っても、あまり根拠らしい根拠はありませんが、その数少ない根拠の一つが、彼女がまだ保留になっていること、だったりもするのです。


>つちむさん

あー、確かに、タイミングはちょっと妙かも知れませんね。自分は全然気になりませんでしたが、細かく見ておられる方(時計の針とか)だと、そういう部分が気になってしまうのは判る気がします。

もう一方の、5分も経ってないだろうにメチャメチャ眠そうな名雪の描写ですが、あれはきっとあんなモンでしょう。何故そう思うかと言えば、我が家の妻がちょうどそんな感じだからです。彼女、よくゲームやりながら寝ちゃうんですけども、よしよし、今日はちゃんと起きてるなと思ってたら、数分後には轟沈してたりします(笑)。
2006/11/12(日) 22:35:35 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
待つという意味では、真琴は味噌汁風呂が該当するのかな、と少し思いました。
これまでは能動的に仕掛けていた復讐コント(^_^;)ですが、今回は罠だけ張って、あとは祐一が来るのを待ち構える構図でしたので…
2006/11/13(月) 00:14:31 | URL | 加嶋@アニ鳴館 #K7NiHVcI[ 編集]
はじめまして。いつも楽しく拝見させてもらっています。

「参ったぁぁぁ! 俺は参ったぁぁぁぁぁ!! 何故なら気持ち良すぎるからだぁ!」

ONEネタの次はMOON.ネタですか(笑)
まさかこれが出てくるとは思いませんでした。京アニGJ!
ONEもMOON.も京アニにアニメ化してほしい…というのは夢のまた夢ですね。
2006/11/14(火) 00:24:39 | URL | クニム #L8AeYI2M[ 編集]
また一週間経ってしまいましてスミマセンorz
>加嶋@アニ鳴館さん

いやーこれは気付きませんでした。確かに待ちワナ、ですねぇ、なるほど。

原作では、確か洋服ダンスの中で待ち伏せる真琴、というのもありました。それを察知した祐一は、夜中にあるまじき「レイアウト変更」を行い、洋服ダンスの前にブツを色々と置いて開かなくしてしまうんですな。そして就寝。夜中にどんどんという音、あうーっとか言う声が聞こえるも、気にせず熟睡。とかいう流れだったかな。明らかに原作版の祐一の方が鬼畜です(笑)。

>クニムさん

ONE、MOON.とも、未プレイな私で、突っ込みどころを華麗にスルーしてしまっているところがナンとも情けないです。orzこれでも、ONEは初回版&PS初回版&フルボイス版を、MOON.は廉価版%DVD LIMITED版をそれぞれ保有しているのですが(持ちすぎ)、いずれもプレイする余力に恵まれず現在に至っております…。他に、同棲も一応持っているんですけどね。何モンだ、オレ。

権利関係が現NEXTONにあるONE、MOON.については、なかなか一筋縄ではいかないでしょうねぇ。それよりは、まだCLANNADのTV版の方が現実味があるのかなという気がします。…でもひょっとしたら、いやいや、やめておきましょう。
2006/11/17(金) 21:53:43 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
超・遅レス
遅レスすいません。
現在進行中の舞シナリオはかなーり「MOON.」と共通するところが多い内容です。いつかエンディングを見てくださいね(笑)

人目があるとプレイしずらい内容なのが難点ですが(笑)
2006/12/28(木) 19:38:39 | URL | クニム #L8AeYI2M[ 編集]
MOON.もONEも
>クニムさん

年またいじゃってすいません。

どちらもやりたいですなぁ。ホント、引きこもりになって、やれないでいたことを全部こなしたい衝動もあるのですが、仮に仕事をうっちゃったとしても、「日中、子どもらの起きている時間には絶対にプレイできない」というとてつもない壁が立ちはだかっていたりしますし。(´Д`;)

でも、いつかは、ってホントに思ってるんですよ?!少なくとも、妻が文句を言いながらもまあ許容してくれる環境がある分、私は幸せなのだろうと思っています。「しゃーない」と思われているんでしょうが(笑)。
2007/01/01(月) 11:36:39 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1174-b8724f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
夢、夢の始まった日、木漏れ日の光がまぶしかった、雪の感触が冷たかったそして、小さな子供が泣いていた、その泣き顔が今も思い出せない脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:武本康弘 作画監督:堀口悠紀子武本康弘&堀口悠紀子コンビ、涼宮ハルヒの憂鬱「射手座の日」の2人
2006/11/10(金) 07:29:48 | AGAS~アーガス~
第06話「謎だらけの嬉遊曲~divertimento~」感想サムネイルにマウスをあわせると画像が変わりますあぅ、時間が・・・会社なんか燃えてしまえばいいのに(暴言今回のお話も、ヒロインの話を少しずつ見せると入ったお話でした気になるのは一点。他のキャラの服は毎回変化が
2006/11/10(金) 07:46:04 | アニラジ感想
祐一が子供の頃の回想。お母さんがいなくなったと話すあゆ。これ、いきなり重い話で困るよな。そこで、一緒にいようとする祐一が男らしいです。一方、今の時間。真琴が真夜中にねずみ花火を投げ込もうと
2006/11/10(金) 09:48:21 | たまにもゆる
 舞シナリオの可能性もコメントの方で示唆されましたが、今回の流れと次週予告で完膚なきまでに真琴シナリオ決定!! そして次週でピロの登場がありつつも、未だにOPで横顔しか出ていないどこかの誰かさんは、果たしてその
2006/11/10(金) 09:50:50 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
絶望した!ブルマ姿が封印されたことに絶望した!! それにしても名雪さんはかわいいんだけれど、うぐぅ・・じゃなかった不遇 ですなぁ。 だからこそ我々は彼女をもっと愛すべきだと思うんです。
2006/11/10(金) 10:16:47 | SOBUCCOLI
【公式】花火襲撃、真琴エスカレ
2006/11/10(金) 12:27:40 | 48億の個人的な妄想
 やはり名雪は、今週ほとんど寝てるだけだった。
2006/11/10(金) 13:34:31 | おカネの錬金術師の錬成日記
第6話 謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~
2006/11/10(金) 15:22:16 | 二次元空間
kanon雑記4カレー「フンフーン♪世界中には~♪どんな想いも~♪」上司「どうした?今日はイヤに元気だな」カレー「いや、そりゃもう元気も出ますよ、久しぶりに聞けましたから!    多分3週間ぶりですね」上司「へー、何を聞いたの?教...
2006/11/10(金) 17:34:07 | ツンデレ100%
冒頭でやたらと過去回想が流れるのは、後半への大きな布石になっているのだろうけど、それ以上にあゆルートの占める比重が大きくなったりとかするのだろうか?秋子さんもかなり気付き始めているみたいだし。そうなってくれたら私としては何も言う事は無いんですが。とりあえ
2006/11/10(金) 17:50:15 | 猫耳と少女とメイド服。
夢・・・夢の始まった日・・・木漏れ日の光がまぶしかった。雪の感触が冷たかった。そして、小さな子供が泣いていた。その泣き顔が、今も思い出せない・・・この子供ってどう見ても祐一だよね?やはり7年前に
2006/11/10(金) 20:20:57 | どこまでも高みへ
謎の雪の街で記憶を辿る祐一の日常がゆっくり進んでいる。原作PCゲーム、東映アニメーション版の記憶が所々欠けている私も祐一視点で見ていたが、そろそろ客観的に眺めると違う面が見えてくる。2クールの余裕か、冒頭
2006/11/10(金) 21:48:06 | Cross Channel
 大樹の根元を枕にし、血を連想させる夕焼けを見上げる形でアバンタイトルが始まります。視線を下ろすとそこには泣きじゃくる少年の姿が。モノローグはいつものようにあゆの声なので七年前に彼女に起こった不吉な出来事だと
2006/11/10(金) 22:07:37 | Moon of Samurai
先週あたりから原作とはイベントが前後しだしてましたが、今週はあゆシナリオ後半の映画デートのイベントがかなり前倒しで発生。この先どうなるのかますます分からなくなってきて鍵っ子としてもわくわくです。ちなみ
2006/11/10(金) 23:01:44 | R-30のオタクな部屋
神。
2006/11/10(金) 23:08:28 | ざとぺったん☆ぶろぐ
今週フラグが立ったのは、真琴、うぐぅと栞、舞ですね、栞と舞は会う事に意味があり。
2006/11/10(金) 23:10:06 | 美しい夢想家-Beautifuldreamer-
あゆ株急上昇中。メンドイからやる気なかったんだが、こりゃ、(ゲームも)やるしかないね!
2006/11/10(金) 23:30:31 | ブログ 壁
$FILE1[関連リンク]http://www.bs-i.co.jp/anime/kanon/第6話 謎だらけの嬉遊曲~divertimento~お母さんがいなくなっちゃったんだ…ボク一人置いて……それだけ……前回出てこなかったあゆあゆがこ...
2006/11/10(金) 23:52:22 | まぐ風呂
~Aパート~真琴の夜襲を迎撃!! 祐一も常習犯!!あゆに気づいていながら気づかない振り!!さすが!!(ドS?)しかも、秋子さんものり最高!!しかし、昔から知っていた?その言葉に意味深な発言・・・その裏に言葉に 真琴に社会経験のため、バイトを敢行!!その結果はい
2006/11/10(金) 23:53:00 | コミニケ
あゆから、映画にデートのお誘いです。ヒィーーーうらやましぃッ!ヒュードロドロドロドロドロなぜ、あえて怖がらせる?一体、どれだけのお味噌いれたんだ!それと祐一!真琴を叱るのは良いけど、女性3人の前で裸でタオル1枚って・・・とりあえず何か着ろよ!
2006/11/10(金) 23:53:57 | PEN:PENの雲外蒼天
より過激にヒートアップしていく真琴の攻撃、あまりにも心の広い秋子さん。そしてだんだん対処が手馴れてきた今日この頃。kanon6話の感想です。それにしても今回のあゆは妙に可愛すぎて困り者です。ただ秋子さんの「足元がお留守になってますよ」発言のせいでヤ
2006/11/10(金) 23:55:28 | 暇潰し日記
今回も祐一はフラグを立てることに大忙しです。主に今回の話は、真琴のバイト探しとあゆとの映画館デートを中心に、話は進みましたが、きっちりと栞、舞、名雪(名雪は出番少なめですが・・・)とも会い、きっちり同時攻略をしてるのは、さすが祐一すごいですね。
2006/11/11(土) 00:25:24 | まったり~隠れヲタ日記!
kanon 第06話「謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~」
2006/11/11(土) 00:29:22 | 黒たま放送部
Kanon 1真琴のイタズラに悩まされる祐一。最近、その過激さも増すばかり。祐一は、そんな彼女にバイトをするように勧めます。そして、マンガ喫茶のウェイトレスの募集を見つけ、真琴に電話をかけさせるのですが・・・。
2006/11/11(土) 00:29:48 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~」見ましたー。今日の真琴の復讐は深夜のねずみ花火攻撃。祐一瞬発力と判断力ありすぎ。でもかなり近所迷惑(笑)普通にあゆの手が「秋子さん、僕にもー」とか言って出てきて、祐一がいつ突っ込むのか期待していたら、スルー
2006/11/11(土) 00:33:16 | studio WATERCASTLE blog
 今回は、祐一とあゆの7年前のシーンからスタートした。友達になった祐一とあゆは、待ち合わせをして一緒にたいやきを食べている。(あゆあゆ呼ばれるのは嫌いらしい)するとあゆがいきなり「祐一くん?」と呼びかけると「愛の告白か?」などと冗談を言う祐一に
2006/11/11(土) 00:33:27 | アニメのストーリーと感想
■Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~」  再び過去の扉が開かれる・・・。2人してタイヤキ食べて、街を歩いて・・・。そこであゆは自分の母親がいないという話をする・・・。それを聞いた祐一は「明日も、一緒に遊ぼうな!」という。こんな気の効いた子供い
2006/11/11(土) 00:33:37 | 螺旋階段
Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲~divertimento~」やっぱり京アニだけはガチッ!! ©J○Pさんタイヤキ1匹100円。まぁ普通かな??あゆあゆというか・・・ネ右一は昔からあんな性格
2006/11/11(土) 00:34:45 | AM日記@beNatural
Kanonの絵は毎回何描いたもんか悩みます…何せ8年間かつ大ヒット作ですから、ネタはもう大概出尽くしちゃってますしねぇ。と言うわけで特にひねりも無いと言うか適当にお茶を濁したわけですg(ryそれにしても…なんと言うか、全く進まないように見えてガンガン進んでます
2006/11/11(土) 00:56:54 | 妄想が迷走
武本さんらしい回でしたね。標識のカットは時かけを思い出しましたが(笑)小麦ちゃんといい、フルメタといい、やっぱ夕日好きなのかなー?武本さん。そういえばAIRでも美凪の回とかやってたような・・・?コンテ,演出:武本康弘   作画監督:堀口悠紀子ハ...
2006/11/11(土) 00:58:54 | 流星、夜を
うぐぅ・・・な第6話の感想です(笑)
2006/11/11(土) 01:00:04 | さくら日記
真琴しついこいな。だんだん仕掛けるものがレベルアップしているけど、そのせいで反動も大きくなってるのが笑えるwこれでも怒らない秋子さん・・彼女が怒ったことってあったっけか・・もはや朝の食事を一緒に取ることになったあゆですが、祐一が完全にスルーし....
2006/11/11(土) 01:00:35 | Starlight Breaker
このまったりと祐一のキョン化がたまらないKanonこの見方、あながち間違いじゃないかとwwww今回も過去の回想から。あゆルートでの話で一旦あさく伏線回収でリンクを張っているんですね。OP曲前のあゆの語りも
2006/11/11(土) 01:03:03 | 腐れヲタ日記
早いものでKANONももう6話です。これがワンクール放映でしたら、内容的に焦りが出てくるところですが…、ツークール予定の話なので見ていて安心感がありますね。さてさて、今回はとある日曜日の話らしいですね。しかも、あゆと映画に出かける話。それにしても、せっか
2006/11/11(土) 01:05:35 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
「謎だらけの嬉遊曲」さて、今日のカノンは何気無い? 日常編ということで。ゲームでも一番面白い場面でありますな。メインはアユと真琴です。名雪、舞、栞はちょっと出番少なめでしたが。栞とのツーショ
2006/11/11(土) 02:23:03 | アーリオオーリオ ドゥーエ
ぐ~るぐるww
2006/11/11(土) 02:47:54 | 竜人イグニール
さって本領発揮してきましたよっと。や、1話から既に本領発揮しまくっていましたけどね(^^;放送開始直後はあまり乗り気では無かったのですが、Kanonのラスト付近のCGを見て感動シーンを思い出したり、5人
2006/11/11(土) 03:21:04 | 万聞は一見に足るやも
原作からしてそうであると言えばそこまでなのだが、過去描写の盛り込み方が秀逸。エロゲ原作でありながら単なるハーレム作品や場当たり的な展開が続くわけでなく、しっかりと作品の世界観が構築されている。相変わらず各キャ
2006/11/11(土) 05:05:23 | angel notes.
赤い雪景色…。泣いている少年…。【Kanon】6話 謎だらけの嬉遊曲 -divertimento-の感想。真琴シナリオの導入とあゆシナリオへの伏線。祐一は言う。「そんなだから小学生の男の子に見られるんだ。カチューシャ外して髪を短く切ったら、小学生ぐらいの男の子に間違えられるん
2006/11/11(土) 06:25:37 | Mix Fruit Strategy
kanon第6話です。あゆ以外の私服が色々変わっていく中で、なぜあゆだけが服変わらないのか?それは伏線。ところで、真琴シナリオの進み具合が早いように散見できます。可能性としては、11月中に真琴退場??飯塚の仕
2006/11/11(土) 07:06:40 | 暇人の戯言
東映版と比べると相変わらず、ゆっくりと展開しています。
2006/11/11(土) 07:38:55 | てけと~な日記
    「謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~」 「愛の告白か?」 そんな頃からそのポテンシャル。やっぱ半端ないな祐一。そうやって唐突な切り替えしを磨いていったんですね。 ちょwスゴッΣ(・
2006/11/11(土) 07:58:14 | アニメに漫画それが私のシアワセ
「うぐぅにも多様なバリエーションがあるんだな」
2006/11/11(土) 08:59:50 | edoi's Sprout
バイトとデートの話w真琴は完全にヘタレキャラになってきているwあゆもまた朝飯食ってるしww
2006/11/11(土) 10:09:15 | ゆうろの深夜アニメ!
kanon第6話「謎だらけの嬉遊曲」
2006/11/11(土) 10:41:25 | 満月のドルチェ
『もうすぐあの子には祐一が必要になる。他の誰よりも』私達、一緒だね。邪魔者で、どこへも行けない次回予告で泣いてしまいましたwこれから真琴がああなったりこうなったりするのかと思うと…も
2006/11/11(土) 11:01:26 | 白狼PunkRockerS
そういやKanonの同盟ってないのかな?マコピー同盟なるものがあれば迷わず入るくりゃーどです。「ボクの同盟があれば名前はたい焼き同盟だね。あゆあゆだよ♪」む、来たな、世界の敵「うぐぅ、前から思っていたんだけど、管理人さんはボクのこと嫌いなのかな?・・・かな?
2006/11/11(土) 14:00:38 | マニア研究所
第6話「謎だらけの嬉遊曲~divertimento~」祐一はまた昔の記憶を思い出す。そして恒例のように真琴はまた、祐一の部屋へと忍び寄る。洗濯ばさみの次は、花火だった――幼き日の記憶。たい焼きを食べたあゆの口から、祐一は自分の母親はいなくなってしまったのだと聞かされ
2006/11/11(土) 15:02:06 | 夢の日々。
「TVアニメ Kanon」この京アニ版KanonのDVD第一巻が1月1日に発売されるらしいですね。企業の方々と言うか運送会社様ですか?休む日も無しで、誠にお疲れ様です。しかし元旦はさ、やっぱ初詣に行かねばならんでし
2006/11/11(土) 15:11:57 | 空色なおれの日々
■『Kanon-カノン-』 #6 「謎だらけの嬉遊曲~divertimento~』 BS-i脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:武本康弘 作画監督:堀口悠紀子【コメント】今回はあゆ(堀江由衣)メインのエピソード。でもぬかりなく祐一(杉田智和)と他のヒロインキャラとの関係も進展...
2006/11/11(土) 17:33:28 | LOVE&PEACE ANIME DIARY
やっぱり京アニだけはガチ!!
2006/11/11(土) 17:34:07 | 電撃JAP
第6話 「謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~」  待ってた人がやってくることが一番嬉しいよ――。  ずっと待っていた――それが今回のキーワードです。あゆと真琴のイベントが進行…。それは必然?秋子さんが、
2006/11/11(土) 17:39:05 | SERA@らくblog
☆月宮あゆ祐一と映画を観に行く約束をして待ち合わせのあと一緒に映画を楽しんだあゆ。祐一と一緒に映画に行けることを喜んだり、ホラー映画を観ることになって半泣きで怯えていたあゆが可愛すぎでした。本筋
2006/11/11(土) 18:26:17 | 萌えと燃えの日記。
「祐一」へのリベンジに燃える「真琴」は、ネズミ花火による夜間爆撃を仕掛けますが、案の定返り討ちの合います^^;前話に引き続き、普通~に水瀬家で昼食を食べる「あゆ」☆わざとらしく無視をする「祐一」です
2006/11/11(土) 18:45:37 | 風の巡り着く場所
Kanon 第6話謎だらけの嬉遊曲~divertimento~ 祐一も徐々に7年前のことを思い出しているようです。
2006/11/11(土) 19:30:53 | アニヲタキング
真琴がこんにゃく奇襲事件の復讐その4を実行しようと、祐一の部屋に花火(というより爆竹)を投げ込む。それに気づいた祐一は、花火を拾って投げ返す。どうでもいいが、祐一って眠り浅いな。翌朝、リビングで誰か
2006/11/11(土) 20:01:58 | 面白い漫画・アニメ・ゲーム
Kanon 11月10日付 第6回「謎だらけの嬉遊曲~divertimento~」今回は、あゆと映画を見に行く話だ。またもや、あゆが朝食をくっているのか。今回の対応は完全無視か。でもさ、空気になりすぎていてあゆも凄いと思うよ。し
2006/11/11(土) 20:17:46 | 第23軍日常報告
Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~」怖がりなあゆあゆ。
2006/11/11(土) 20:29:07 | 恋華(れんか)
 ネズミ花火を室内に投げ込むのは、とても危険なので止めましょう。  火の付いたネズミ花火を投げ返すのも、とても危険なので止めましょう(^^;。  さすがの祐一も
2006/11/11(土) 20:40:24 | ゆかねカムパニー2
Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~」感想。
2006/11/11(土) 21:17:31 | PAWA-TYPE ~Zの鼓動~
変わらない巡回コースでありながらほんの少しずつ全体が、全員が確実に前には進んでいる感じ。
2006/11/11(土) 21:57:53 | LUNE BLOG
う~ん、どうやら真琴のエンディングから解決していく方向ですかね?後2~3話くらいで真琴はいなくなってしまうような予感が・・・それとも奇跡でも起きるのでしょうか?ま~、予感はあくまで予感ですから。そして、奇跡もあくまで奇跡でしかありませ....
2006/11/11(土) 22:54:01 | はねねこの世迷言
真琴かぁいい~(*´Д`)'`ァ'`ァ
2006/11/11(土) 22:55:09 | 未来から来た地中生物の別館
うわー なんか 祐一君が沢山いる感じがするーこわいよー (ノД`)しかし時間割をちゃんと考えないと、いつか大変な事に・・・ならないのが、奇跡ですね。【KANON 第6話 謎だらけの嬉遊曲~divertimento~】>夕焼けに駅前。....
2006/11/11(土) 23:32:25 | ナナメから見てみる
そろそろ山場がほしくなってきたな。微妙にマンネリ倦怠期感がしなくもない・・・
2006/11/11(土) 23:57:50 | 明善的な見方
今回は過去の夢から入ります。このあゆの過去と現在の違いが、結構明確に表現されていて面白いですね。その後は真琴の花火事件。「冬の花火」流した直後に冬の花火やるとはナイス(笑)翌朝、朝食に
2006/11/12(日) 00:18:20 | オシナ・キルヤ
■Kanon■
2006/11/12(日) 01:31:18 | King Of ヘタレ日記
すでにラブラブですかー。
2006/11/12(日) 02:52:54 | bkw floor
「わからないその答えを探しに来ている、という答えはどうですか?」過去回想:祐一は子供の頃から口達者な奴だなホント・・・。「あのね・・・・、・・・・・・・・・ありがとう」「お母さんがいなくなっちゃったんだ・・・、僕一人おいて・・・・・・・それだけ」祐一が言
2006/11/12(日) 10:59:04 | Liberty Lounge
飽きっぽい自分にしてはめずらしく感想が続いております!Kanonは視聴者の興味をひくのが上手いですね。でも初見の日に限って疲れがたまっているので感想を書くのが億劫になってしまった。Kanon 2posted with amazlet
2006/11/12(日) 15:32:20 | CWD
Kanon第6話。あゆとのデート、そして思い出される記憶。では、感想を。
2006/11/12(日) 16:46:31 | 我が人生に燃えて、そして萌える
Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~」 夢。夢の始まった日。    木漏れ日の光が眩しかった…。     雪の感触が冷たかった…。   そして…。    小さな子供が泣いていた…。  
2006/11/12(日) 18:23:31 | 伏雛的BLOG
 Kanonの第6話。冒頭部分はあゆと祐一の幼い頃の様子です。あゆは「お母さんがいなくなってしまった」と言っていましたが、両親がいないのでしょうか。もしかしたら一人で暮らしているとか…?そうなるとあゆがとてつもなく
2006/11/12(日) 23:09:25 | ただひたすらに、まっすぐに。
冒頭の始まり方やあゆと祐一の過去話とか最終的にあゆENDで終わりそうな気配個人的には名雪で行って欲しいんですがラストのCGがOPで出てるからなぁ…真琴の足音だけで気付く祐一はすごいなそれとも単に起きてただけかwナチュラルに栞とのフラグも立てやが...
2006/11/12(日) 23:26:13 | 世界のどこかでアホ毛と叫ぶ
 ますます真琴路線へと向きを変えつつあるストーリーですが、来週はもっとその色が強くなりそうですね。  『Kanon』第6話、「謎だらけの嬉遊...
2006/11/13(月) 00:00:57 | あしたもまたひがのぼる!
Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲~divertimento~」色んなヒロインの物語が同時進行で進んでいます(あ、名雪は今回ほとんど寝ぼけてただけだけど)。そういえば、ギャルゲー原作って、大抵1話まるまる一人のヒロイン
2006/11/13(月) 02:23:16 | 未来型思考
前回は、誰彼かまわずと言いましたが、全員に都合よく接してるのは、全員のルートをいいところまで終わらせるためなんでしょうね。
2006/11/13(月) 07:43:53 | 長閑な休日
なんてこった・・・あゆがこんなに可愛かったなんて・・・はっ!思わず見終わって出た言葉がコレでした。真琴とあゆがメインのお話しだったのですが、モテる主人公は大変です。全員同時攻略ですwこんな人居た
2006/11/13(月) 13:13:53 | S u n S e t S k y
完璧未亡人秋子さんは今日も美しい・・(*´Д`)ハァハァ 年齢的に35歳ぐらいだと思うけど、全然OKだぜ!?w そのまま制服着てください・・・w と、いきなり暴走ぎみですが、なんだか今週はやたらと女性陣がかわいく描けてて嬉しかったですよ。秋子さんを筆頭に、栞やあゆ
2006/11/13(月) 18:31:22 | 猫が唸る感想日記
■あゆあゆとの過去がだんだんと分かってきました。どうもあゆあゆの母親は亡くなって?いるようです。 と毎夜幼女時代のあゆとの淫夢に耽っている祐一。しかし真琴の奇襲には必ず事前に気づきます。女が近づいたら必ず目
2006/11/13(月) 20:07:03 | アニメのせまくてあさい森
「Kanon」の第6話を見ました。<感想>「うぐぅ~」の連発であゆあゆが可愛らしかったんだけど、母親に捨てられたと回想で言ったあゆあゆを思うと複雑。これはもう勘弁してよ。美凪だけで十分だって。でもきっとこの母親関係は重大なファクターの1つなん...
2006/11/13(月) 20:48:24 | じろグ!
落とし穴は掘っちゃだめですよ♪今回はどのキャラよりも、ネ右一が一番輝いて見えたのは俺だけですかね?
2006/11/14(火) 01:41:13 | アバトーンの理想郷
今回の話は真琴シナリオを中心に全ヒロインのイベントを順調にこなし、ハーレムルートへのフラグをたてようと奮闘している話でした♪
2006/11/15(水) 16:54:59 | 神音の萌え源泉
Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲 ~divertimento~」マンガ読んでいていい仕事...そんな楽な仕事してみたい。そんな訳で第06話。裕一と真琴の攻防がエスカレートして行く様がいい感じで面白い。「あはは」って真琴さん..
2006/11/16(木) 00:59:30 | MADの日々
「もうすぐ、あの子にはあなたが必要になる」「わからないその答えを捜している」この2つのワードが今後のキーワードと見てオケ?どっちとも、その場で思いついた言葉ですが、舞の言った方はなんか格好良いけど、栞の方は、ちょっとセリフがくさいな~。祐一に応用される..
2006/11/16(木) 23:28:26 | 所詮、すべては戯言なんだよ
何かがおかしい名雪フィギュアwうぐぅ幼女形態から始まってます(;´Д`)ハァハァ
2006/11/19(日) 09:14:46 | はーくるのアニメな日々
 てりぃさん、こんばんは。 今回のエントリでは、てりぃさんをフィーチャーさせて頂きました。 宜しくお願いします。
2006/11/19(日) 20:35:02 | 『遍在 -omnipresence-』
さて、今週のお楽しみです。またしても、あゆの回想……ですが少しずつ短くなっているような(^ ^;)。まあ、良いのですけどね。さて、今度は祐一の幼い頃の回想?。前回の約束を守って再会する二人。で、やっぱ鯛焼きです(笑)。あゆはお礼を言おうとするのですが……その前に
2006/11/21(火) 23:19:14 | ○ーソン店員のオタク日記