Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
Kanon 第3話「記憶のない組曲~partita~」
 ……え~~~っと。


 ……名雪さん?


 怒んないで聞いてほしいんだけどね、あのね、名雪さん、何となく空気のようになってきてませんか? ……いや、決してそんな悪い意味じゃなくてね、そのね、


 ああっ!名雪さんが名雪さんがまるで雪が溶けるように透き通っていく!!待って、待って名雪さんっ!なゆきさぁぁぁぁぁぁんんん!!(TOT)
 …はっ。←泣きはらした真っ赤な目で

 ふぅ~。夢か。イヤな夢だったなァ。って今何時?ああっ!!Kanonが始まるっ!!

~~~

 あやうく寝過ごすところでした。バタバタと起きてきて、アンジェリークをプレイしていた妻(^^;を無理矢理ブラウン管の前からどけて、動いていないHDDレコーダを見て真っ青に。「録画セットしてねぇ!」(爆)ホントに危なかった。滑り込みセーフですよ。番組表による予約は、不測の放映時刻変更にも対応してくれて便利だけど、毎週自力で予約を入れないといかんのがなぁ…。残り21話、気を抜かずに行かないと。

 前フリがめっちゃ長くて申し訳ないっす。動揺が激しすぎて、今回はレビューがきちんと書けますかどうか。←今後のヘタレ化を危惧した必死な予防線


【古い記憶のパルティータ】
 今週のサブタイは割と判りやすいですね。「記憶のない組曲」は、「記憶を失くした者たちの織りなす複合ストーリー」という具合に、簡単に翻訳できます。

記憶のない女の子…。
何を落としたのか思い出せないあゆ…。
そして、7年前のことを覚えていないオレ…。
この街には、記憶を失くす魔法でもかかっているのか?


 アニメ版オリジナルのこのセリフに、今回のテーマが集約されていました。原作では1月10日から11日にかけてのエピソードを中心に紡ぎ、真琴、栞の人物紹介を絡めながらも、3人の「記憶を失った登場人物」をサブタイの中心に据えてきた、そのセンスに今週も脱帽です。

 そのセンスにほだされて、もう一歩踏み込んでみましょう。それは「何故パルティータなんだ?」ってことです。クラシックをかじったことのある方はご存じの通り、Partita(パルティータ)は確かに「組曲」という意味を含んではいるものの、これは主に18世紀のバロック時代までに使われていた形式であり、近代以降の音楽で「組曲」と言えば、普通は「Suite(スイート)」と呼ばれるんです。現代に多い交響組曲ならSymphonic Suiteですし、パルティータが多かった時代にも管弦楽組曲=Orchestral Suiteというものがちゃんと存在しているんですよ。それなのに、この第3話に与えられたサブタイは「Partita」です。これは何故なんでしょう。単にカッコイイから?(ぇー

 一つには、パルティータが「古い形式」であることが挙げられるでしょう。今回の主題が「記憶を失った者たち」である以上、焦点は「今」ではなく、全ては「過去」に遡ります。真琴は一体誰なのか、どんな過去を経て祐一に恨みを抱くことになったのか。あゆが落としたものは何か、何故そんなに大切なことを彼女は忘れたのか、いや忘れざるを得なかったのか。そして、全ての鍵を握っていそうな祐一の7年前は…。そんな主題を的確に表すためには、現代ではほとんど使われなくなった過去の形式であり、言わば「失われた形式」でもある「Partita」の方がピッタリではないでしょうか。

 もう一つ。パルティータは、単にいくつかの曲を寄せ集めてひとまとまりにした組曲、という意味ではありません。実はこの形式は、「共通の、或いは関連する主題をもって統一的に作られた組曲」なのです。一つの主題を、時には拡大、逆行、反行などの技法も駆使して編み上げていくKanonという形式。その名前を持つ作品に、打って付けのサブタイではありませんか。

 そう、真琴の記憶喪失にも、あゆの落とし物にも、そして祐一が忘れている7年前にも、ちゃんと「誰か」との関係が潜んでいます。今は平和に見えるこの日常も、ひょっとしたら悲しみに繋がるかもしれない過去を忘れていればこそ、なのかも知れません。それらの、後半に描かれるであろう怒濤の種明かしを待ちながら、今は楽しいばかりの日々を堪能しましょう。


【「繰り返し」であること】
 前回レビューを書き上げた後に「…書き損ねた。orz」と思っていたことが、「Kanon」という名称に繋がる、意図的に仕組まれたような「繰り返し」の多用です。これは原作においても存在するモチーフではありますが、アニメ化にあたって制作スタッフは更にそれを意識した構成を行っているように思えます。

 先週の第2話は特にそれが顕著で、「学校で迷子になる祐一が香里に助けられる」という展開が、「あゆと一緒に迷子になった祐一が栞に助けられる」という展開で、ほぼ丸々繰り返されていました。また、階段を滑り落ちてしまった名雪と二人の上級生との「衝突」、あゆと祐一との「衝突」、落下した雪と栞の「衝突」(それが祐一と栞の「出逢い」という名の「衝突」にもなっています)、真琴と祐一との「衝突(バトル)」、という具合に、原作どおりの展開をなぞりながらも「明確な意図を持って」ストーリーを紡いでいることがよくわかる構成になっているんです。

 第3話はその点においてはややおとなしかったものの、それでも「うそつき」とつぶやく名雪とか、自ら祐一にぶつかっていきながら相手が避けてくれないことを責める真琴などは、繰り返されているモチーフの一環ですね。…てことは、祐一はいつも名雪を怒らせてばかり?!おい、ちょっとこっち来い祐一よ、小一時間問いつめてやるっ!(爆)

 何故これらは繰り返されるのか。それは、これらが「少女達と祐一との関係」を色濃く表出しているからだと私は考えます。祐一は、実はとても受け身の人間です。来るものを拒まず、と言ってしまうと異なるニュアンスになってしまいますが(笑)、ぶつかって来るものはそのまま避けずに受け止めてしまう、そんな人間なんですね。一方で、前回あゆとの感動の再会シーンで示したように、肝心な時には受け止めきれずに避けてしまう側面も持っています。名雪とも、つい彼女の包容力に甘えて結果的に蔑ろにしてしまうような関係に安住しているわけで…。言ってみればこれらは、「恋愛シミュレーションの主人公」に付きもののお約束でもあるわけですが(^^;)、それを物語の筋のみで示すに留まらず、象徴的な行動でもきちんと示してくる辺りがイキなのだと思うのです。

 こうして「繰り返し」が意図的に配置されているからには、この先にも色々な仕掛けが控えていそうです。例えば、時に反行カノンとして向きの異なる行動が起こったり、また時には逆行カノンとして正反対の行動を取ったり。今はまだまだストーリーの序盤で、全ての出来事がゆっくりと動く中、そんな部分に思いを巡らせてみると、普段とは違った楽しみが見つかりそうです。

 最後に一つ。これは前回ちごさんのコメントで予言されていたことなんですが、見事に的中いたしました(ちごさん、おめでとうございます)。2話まで「舞・佐祐理」「栞」「真琴」の順で登場したキャラクターが、第3話では全く逆の順で登場しているんです。これも、今まで「順行カノン」だったものが、今回は「逆行カノン」として表れた、と見ることが可能ですね。そう言えば、前回は名雪と祐一が上、舞と佐祐理が下であった二組の関係が、今回もやはり校内の階段で、全く逆の関係で登場していましたね。これも一種の「反行カノン」かも、とか、ちょっと暴走気味に考えてしまいました。


【アニメとしての話もしようよ…】
 いやーすいません暴走気味で。orz でもね、ストーリーのほとんどは知っているし、「よく動く」「作画が素晴らしい」って部分は毎回毎回書くような事でもないし、それ以外の部分を拾うと上記のようなレビューになっちゃうわけですよ。でも、やっぱ拾うべきは拾っていきましょう。「サブタイ考察ブログ」にならないためにもね。(´Д`;)

○名雪さんの空気化…
 いやね、しょうがないことだとは思っておりますよ。重要キャラの一人ではあってもね、全体を通して見れば「見守る立場」の多いキャラですし、この立ち位置が適正なものだとは思っております。微笑ましく真琴とのやり取りを交互に見る名雪とか見るとね、ああ、やっぱ彼女は秋子さんの娘なんだねーって思えて、これはこれで実に萌えどころではあります。振り止んだ雪を眺めて「待ちぼうけの名雪」を思い出す祐一のくだりとかも秀逸でしたし。決して蔑ろにはされてないと、それはわかってますよ。

 でも、そういう部分をアタマで理解はしても、私のゴーストはささやくんですよ。「もっと名雪を!」って(ささやくどころか叫んでるやん…)。

 第1話の既に時点で示されていたように、当面のKanonのストーリーは「平和な日常とその空気感」を描写する方向に特化しているようです。名雪というキャラは、その日常の、祐一にとっての象徴でもあると思うのですよね。どこかに行ったり、あえて行動したりしなくても、ごく普通にそこにいる存在。それが名雪なんです。今回真琴が居候として増え、更に翌週以降はあゆも頻繁に出入りするようになって、次第に賑やかさを増していく水瀬家の中にあって、自身はバックグラウンドにいて必要な時にはフォローに回る、それが名雪なんですよ。ここを精細に描かずしてナンの日常か!!もっと名雪さんを!!うおおおおおおお、なーゆーk

 …いや、わかってるんですよ、わかってますって。でも、出来ればもうちょっとでいいんで露出して欲しいなぁと。お願いしますよスタッフ様。最後に名雪シナリオで締めて欲しいなんてゼイタクは望みません。でも、せめて先週並みの描写を!この分量では萌えるに萌えられません!!(爆)


○真琴の描写
 あの「コンニャク」の質感。にょろりんと背中に侵入したそれに対して過剰な飛び跳ね方で反応する真琴。いずれもすんごいリキ入ってます。平和パートの中でもここは十分に動かさなきゃならんだろ!という、スタッフの気合いを感じる部分です。

 前回の予告で既に見えていた「殺村凶子」の逸話もそう、きんちゃくを横取りする真琴の描写もそう(きんちゃくって、油揚げでくるんだ具材ですよね…)。とにかく真琴はよく動きます。なびく髪とかやんちゃな手足の振り回し方とか、徹底した元気キャラとして描こうという意図が、ちゃんと映像に定着しているのが素晴らしい。

 かと思うと、彼女が「それが唯一のあたしの道しるべだから」と言うところの憂いがちゃーんとあったりして、これまた嬉しい配慮だなぁと。原作では彼女のシナリオでかなり泣いた記憶があるんで、この先に期待せずにはいられません。まだまだ先の話ですけど、楽しみですね。あくまで私のメインは名雪さんですがね(爆)


○栞の描写
 一見地味っぽく見えるかも知れませんが、これまた気合いの入ったカットの多い、今回のハイライトだったと言えましょう。「帰っちまったか?」と祐一が言った後の、あの登場シーンが神がかっていますね。樹の陰から、ゆっくりと、雪の舞い散る中で歩み出てくる少女。たまんないねぇ。

 自分の身の上を語りながら、祐一の周りをぐるっと回るように歩く栞のカットも、いい感じでしたねぇ。これがね、3Dレンダリングとかでないんだから仰天します。如何にデジタル技術の恩恵があるとは言え、セル画を手描きしていた時代と同様の手間暇を以て、このカットを描こうというその心意気に惚れますよ。そんなカットの後押しを得て、出会った時とは違って、実に良くしゃべる少女であることも、印象に残ったし。タイプは全く異なるんだけど、AIRにおける佳乃の大事にされ方と、同じくらい愛情を注がれているなぁという気がしました。いや、根拠は何もないんですが。

 今イチ目的が謎めいていたり、名字を敢えて語らなかったりという、これまた色々とありそうなキャラですよね。しばらくはまたぁりと自分語りが続くキャラですが、急展開以降とのギャップが実に楽しみです。


○あゆの落とし物
 謎めいてますねぇ。ケータイを知らないくだりは、2006年の物語としてはちょっと無理があるんだけど(原作の発売された1999年時点なら、ある程度納得できます)、ここで大事なのは「あゆにはまだまだ失われた何かがあるらしい」ということですな。この辺、原作に用いられたモチーフを大事にすることと、現在アニメ化することの整合性のどちらを取るのか、ハンドリングの難しい点ですね。

 一方、落とし物に関する話は、「記憶のない組曲」というテーマで括られているおかげであまり違和感なく見られていますけど、現実に「何かを落としたけど、それが何だったか覚えていない」という人がいたらちょっとイヤです(笑)。PC関係ではフツーにいますけどね、「オレは何もしていないんだけど、何故だかこんなエラーが出る」とか言ってくる人が。色々調べていくと原因が見えてきて「これこれこういう操作をしたでしょ」と問いつめると「…やった」って白状するんですが、それは記憶喪失とは違うから。いや、壮絶に話題が逸れたな(苦笑)。

 ま、今は「そういうモチーフが用意されている」というレベルでいいでしょう。あまり多くを語ると、この先がつまらないし。あゆに関してはもっともっと、色々な描写があるはずですから、それらをちょっとずつ積み上げてこそ、ですからね。

 今日はとりあえず、「Kanon PRELUDE」とかで見ていたトレーラー動画のあのカットが「うぐぅ…」をいじるシーンのためだったことを知って大笑いしました(笑)。もっと深刻なシーンで使われるのかと思っていたからなぁ…。杉田さんの「うっぐぅぅ」って声の演技もサイコーでした。



 舞についても、最後の引きでちょっと明かされたことがありますが、まあこれは次回以降のお楽しみ。Kanonの中でもかなり異色な彼女のストーリーがどう紡がれるか、見ものですなー。そんなわけで、徒然な感じで書き連ねた今回のレビューは、この辺でおしまい。あれ?もう5時過ぎ?遅すぎない?ねぇ、今日って仕事あったっけ?何をする日なんだっけ?思い出せないよ、うぐぅー。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 宇宙戦艦ヤマト2199 第二十二話「向かうべき星」 (2013/09/08)
 Free!第11話が!! (2013/09/23)
 トップをねらえ2!5巻届いた (2006/03/25)
 お風呂で録画鑑賞。 (2014/03/25)
 魔法戦隊マジレンジャー Stage.16 「門の鍵」 (2005/05/31)
 CLANNAD Blu-rayキタ!(でも多分一期のみ) (2009/12/29)
 CLANNAD 第7回「星形の気持ち」 (2007/12/07)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
ヒロインの立ち位置
確かに、KANONのヒロインについては立ち位置があるのですよね。で、その他にキーワードとして『約束』があるですね。

となると…
あゆ:過去サイド【7年前】
舞:過去サイド【8年前?】
真琴:過去サイド【9年前?】
(舞、真琴の昔話は逆だったかも)

栞:現在サイド

で、名雪さんは…その橋渡しで待ちぼうけを喰らう…
のが基本的立ち位置のようです。今回の話では、彼女の猫アレルギーが出てこないので少しは、その立ち位置に改善が見られたと思いたいところですが…
2006/10/20(金) 22:21:24 | URL | きつねのるーと #-[ 編集]
舞は確か10年前だったはずでは?

ただ、記憶にある限り
10年前:舞の超能力(?)で舞とコンタクト
7年前-1:真琴を拾ってきて、山に返す(名雪も一応知ってはいた?)
7年前-2:あゆと邂逅&悲劇
7年前-3:名雪を傷つける

というように,何度も約束して傷ついているループが存在するという点にも注目できますね.

物語のほうは展開が意外と早いように思えます.ただ,見せ場の点でいうと序盤はとっとと終わらせて先へ行かないと,「描写すべき点で時間をかけられなくなる」という弊害を防ぐためと考えられます.この点はAIRと似ていますね.

名雪さんの出番が減ったのは今回が紹介の話だから仕方ないといえばないのだろうか…?
2006/10/20(金) 23:04:12 | URL | OROCHI #nJBm9iLU[ 編集]
こんにちはです。

名雪さんのシナリオは、伏線があまりないシナリオだったので、前半は薄いかもしれませんが、あゆシナリオとかぶせることができるんで段々と露出が増えると自分は期待しています。

でも、もっと名雪を!!
2006/10/20(金) 23:43:33 | URL | 涙桔 #7ScjOPVQ[ 編集]
勇気がいる
(木曜の夜と言う重要な時間だったのに、スイマセンでした)

カノンと言う作品がこのブログにとって非常に特別なモノで有り、心底惚れきっているんだなぁ(名雪の事でなく)と感じる度、東映アニメ版とムービックさんのCDを持っている程度の自分にとっては、コメントをするハードルが極めて高いです。放送を見ていて思い出したりする点が多い多い…。

今回は、放送と管理人さんのレビューを含め「カノンを楽しんだ」と決めております。(プレッシャー掛けちゃうかな?)


「ゲーム知らなくても、恥を覚悟にカキコんでみては?」と許して頂ければ感じた事を素人なりに綴ろうと思いますが…。
2006/10/21(土) 00:18:28 | URL | えころ #-[ 編集]
3話本当に良かったですm(_ _)m
TBありがとうございます。
3話は本当に良かったですm(_ _)m
こちらもTBさせてください。
2006/10/21(土) 00:57:11 | URL | しゃにむに #5t8kcLeM[ 編集]
毎週、読者を考えさせるレビューで、私も脳みそを活性化させながら楽しく拝読しています。

前回のコメント(逆行カノン)を取り上げてくださってありがとうございました。
スタッフ様はやはりヒロインの登場順番を意識してるのですね。

ヒロインの登場順番についてですが、自分は「名雪に始まり、あゆに終わる」と思いました。つまり、オープニングやエンディング、本編を見る限り、名雪とあゆのストーリーで真琴・栞・舞の3つのストーリーを挟んでる、あるいは包んでる感じです(ただ、KanonはAirと違い、原作の性質上ある程度ストーリーが並行するので、明確な順番は分からないですが)。

そして、並行するからこそ、今後、一人一人に焦点を絞ってくるのか、最後にまとめて感動の嵐を起こすのか気になるところです。

残り21話、「Kanon」の意味を考えながら気合をいれて鑑賞したいと思います。
2006/10/21(土) 16:18:41 | URL | ちご #oyrireJc[ 編集]
TBありがとうございます。
どうも、この度もTBありがとうございました。


私も名雪がメインなので、今回は消化不良です。
いっそのこと親娘で
大きなおでん種(殺村)を
煮込んで食べてしまえ!
と良からぬ事を考える次第です。

最後はあゆシナリオになって、
名雪さんは秋子さんもろとも非業のラストを遂げるのでしょうが、
(名雪シナリオが最後になることを信じたいのですが、無理っぽいですね)
「もっと名雪を!」
と私も小さいながらも声を大にして言いたいです。
2006/10/22(日) 06:22:53 | URL | arurururu #-[ 編集]
Re: 名雪の描写
今回だけEPGタイトルに放送話数が… 何故? というのはさておき。

>> 自身はバックグラウンドにいて必要な時にはフォローに回る
これ、丁寧に描かれていると思います。例えば刺々しい内容にも取れる祐一と真琴の会話のシーンで、名雪の笑顔または声で締められること3回。座り位置も必ず祐一の隣。存在感は十分です。

一歩引いて祐一を見る名雪、という東映版の同シーンの印象が強く残っているからかもしれませんが…
2006/10/22(日) 13:28:12 | URL | らいらっく #-[ 編集]
遅すぎるお返事ですが
すっかり遅くなりました。簡単ですがお返事させて頂きます。

>きつねのるーとさん

名雪さんの「橋渡し」の役割についてはその通りと思います。そんな彼女が自分の持ち場を離れ、母親からの巣立ちをテーマとして中心に立つのが彼女のシナリオなわけですが…まあ、どこまで描いて頂けるのかを楽しみに待ちますよ。

>OROCHIさん

年数については、すいません、私自身記憶が曖昧なので…。ループについては、いくつも存在していた「約束→守れなくて傷つく」という流れが、各シナリオのラストでようやく解決しているんですよね。その辺がどんな描写になるか、楽しみです。

>涙桔さん

「もっと名雪を!!」の願いは、私もついぞ欠かしたことがありませんが、次第に虚しいものになりつつあります…(涙)。

でもね!私は信じたいのですよ!Kanonにおいて「奇跡」というオモテの仕掛けを司るのがあゆだとしても、「日常」というウラの仕掛けを司っているのはやはり名雪であると!だから、何があっても平気です。ええ、平気ですとも。(´;ω;`)

>えころさん

(お気遣いに深く感謝…)

カノン、と言いますか、京アニ作品が、だと思っています。AIRなくして今のこのブログがなかった、という自覚はありますんで、その「頂いたモノ」を少しでも世に還元したいなぁという思いは今でも強いですね。その割に、AIRに関しては中途半端に終わっているネタが多くて恥ずかしいんですが、立ち止まることはせずに行きたいなぁと。

書き込みについては、もちろん管理人との対話が前提とはなりますが、常識的な範囲のものであれば何でもお受けしますよ。

>しゃにむにさん

どうもお世話になります。TBで繋がっていくブログという仕組みが私は好きです。今後ともよろしくお願いしますね。

>ちごさん

もったいないお言葉、ありがとうございます。

「名雪に始まり、あゆに終わる」といのは至言ですね。私自身は「名雪萌え」ではありますが、名雪自身のストーリーもやはりあゆのシナリオ無しには点睛を欠く面が無視できませんし、最後にはあゆに収束していくことは避けられないと思います。

今後のシナリオの紡ぎ方については、私なりの予想があることはあるんですが、それは語れる機会があれば、と言うことで。外れたら恥ずかしいですしね。

>arurururuさん

こちらこそお世話になります。

やはり消化不良な感は否めませんかね~。おでん種を食べてしまえ!というお説には、不覚にも大笑いしました。

私本人の意思とは関わりなく、Kanonである以上は最後は「あゆシナリオ」で決まりだと思っていますが、OP映像にあの名雪さんを採用した京都アニメーションが、一体名雪のシナリオにどこまで肉薄してくれるのか、もうそこ一本に絞ってみていきたいと思っております。

>らいらっくさん

確かに、必要な描写はされていますよね。ただ、私としては「もっと見たい」というのが、偽らざるナマの感想なんです。ええ、わがままですよね、わかっていますとも。orz

ま、名雪萌えである以上に、Kanonという作品にも魅力を感じていますので、転けることなく最後まで付いていきますよ。今後ともよろしくお願いします。
2006/10/27(金) 05:12:17 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1149-a75bfcb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
い、今朝倉涼子が刃物をもって突撃してなかったか!?こんなヒキはやめてくれ~反則だ~
2006/10/20(金) 07:13:18 | 九死に一生を得ず
Kanon 第03話 「記憶のない組曲 ~partita~」1. 謎の女の子を拾ってきた祐一。名雪にも意外に慣れている様子原作と比較すると、徐々に水瀬家に溶け込む様子が描かれないのは少し寂しい感じはする。2クールあるという話なので、こんなに急がないで、もう少しおどおどする
2006/10/20(金) 07:24:08 | アニラジ感想
祐一を襲った謎の少女。いやー、彼女がいると賑やかでいいwというか、あっさり水瀬家に慣れてたっけ?そして、秋子さんによる一発で『了承』 やっぱり早いよ秋子さんw記憶喪失で祐一が憎い以外思い出せない
2006/10/20(金) 09:52:11 | たまにもゆる
いかん、某アニメで受けたダメージがあまりにもでかすぎる・・・。 これは切り替えねば。
2006/10/20(金) 10:47:47 | SOBUCCOLI
Airに於いても各話ヒロイン毎に固めて決着を付けていった所を、このアニメのスロースタートっぷりを見るに、恐らく全キャラのルートを完全並列処理してくつもりの様です。 シリーズ構成的にかなりの冒険、と言うより暴挙。私の知る限り多人数攻略ゲームのアニメ化でそれ
2006/10/20(金) 11:32:32 | バラックあにめ日記
【公式】まこぴーまこぴー!かわ
2006/10/20(金) 17:38:18 | 48億の個人的な妄想
あびゃびゃあああ!!!プリクラ見ただけで泣けるwww15位以内に帰れねー!!!【人気ブログランキングへ】web拍手を送る
2006/10/20(金) 18:31:43 | 白狼PunkRockerS
 真琴、むちゃくちゃ動くなぁ(笑 あんまり動かないと思っていたストーリーも、予想以上に進んで満足満足♡ 舞、真琴、あゆ、栞、そして秋子さんの『了承』(ぇ・・・同時進行で進んでいるのに、詰め込みすぎな感
2006/10/20(金) 18:40:27 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
■『Kanon-カノン-』 #3 「記憶のない組曲」 BS-i脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:北之原孝将 作画監督:門脇聡【コメント】真琴(飯塚雅弓)の仮の名前を「殺村凶子」にしたり、あゆ(堀江由衣)に「次の犯行の下見か?」と言ったり、祐一(杉田智和)の言動に...
2006/10/20(金) 18:49:18 | LOVE&PEACE ANIME DIARY
この三話にしてようやく秋子さんの決め台詞『了承!』が出ましたよ。このとき、左の人差し指を立てて口元に寄せるのがポイントですね。他にも、この作品の決め台詞が多数出てきたのは嬉しいところです。kanon Original Soundtrack KSLA-0006このCDが、ゲームのBGM集
2006/10/20(金) 22:08:23 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
「東映版をプラス評価するの初めて聞いた……」 「別に肯定してるわけじゃない! 黒歴史にするほど叩くほど悪くないってだけだ!」 「そうそう、not badであってgoodとは言ってない」 「そんなこと無いですって!」 「短かったせいかもしれないけど、何処を見せるかちゃんと
2006/10/20(金) 22:24:59 | ちょっとだけ雑草
第3話 記憶のない組曲 ~partita~
2006/10/20(金) 22:25:00 | 二次元空間
まずはお決まりの文句「相変わらず作画も動きも素晴らしい」を言いたい。2クールの間20回以上このことを言うことになりそうだ。フィーナ流サラダの作り方のテンプレが出きるような作品とは全然違う。同じBS-iだ
2006/10/20(金) 22:27:59 | angel notes.
第3話「記憶のない組曲~partita~」祐一は、商店街で拾ったでかいおでん種――ではなく少女を抱えて、帰宅する。そしてまた月宮あゆと出逢った祐一は、探し物を手伝う事になるのだが――少女をおんぶして帰宅する祐一。でかいおでん種。……2人揃って素敵なボケですね。と
2006/10/20(金) 22:41:40 | 夢の日々。
あびゃびゃあああ!!!プリクラ見ただけで泣けるwwwこれ、全員分のシナリオやるっぽいね。○○が○○に○って、○○が○だと○○って、○のこと、○○○○○いっ、とか、全部やるつもりなのかね?破綻し
2006/10/20(金) 22:55:58 | 白狼PunkRockerS
真琴の可愛さと動きのよさは異常であるな・・・
2006/10/20(金) 23:06:19 | Starlight Breaker
キャ、キャベツが・・・キャベツが・・・・ちょっとショッキングな映像を見てしまいちょっと混乱してますが、気を取り直してKanon第3話行きたいと思います。先週まででキャラクターはほぼ出揃い、いよいよ今週から
2006/10/20(金) 23:12:32 | R-30のオタクな部屋
Kanon第3話です。先週、舞・佐祐理・栞・真琴と出会いました。今週はどの辺まで行くのでしょうか。私は原作プレイ済みです。その影響で、これからのネタバレっぽいことも書いていることがあります。読む読まないは、
2006/10/20(金) 23:14:23 | 暇人の戯言
Kanon 第3話「記憶のない組曲~partita~」真琴ちゃん、栞ちゃんの出会いの続き、そしてあゆちゃんの探しものお話しです。
2006/10/20(金) 23:17:15 | 恋華(れんか)
感想2日に渡って作画の最高と最低を体験したwww(最低はお察し下さい)動きが全然違うww料理の質もwww殺村ww夜中に人の冷蔵庫見るなようぐぅ(;゚∀゚)=3いやぁあゆいいですねぇ今期一番は君だ!記憶喪失の二人の少女、誰かと待ち合わせしていた謎の下級生そして
2006/10/20(金) 23:19:08 | endlessspace-無限空間
■Kanon 第03話 「記憶のない組曲 ~partita~」  祐一は倒れた少女を仕方なく家に連れて行く事に。家での名雪と秋子さんの第一声が・・・。名雪「大きなおでんだね」秋子「まぁ、大きなおでんだね」すばらしい親子ですね!しかも、冗談か本気かわからないのがまた
2006/10/20(金) 23:25:31 | 螺旋階段
あゆ だけでなく秋子さんにもハマり出してきてる俺がいる…やはりゲームやるべきか…(原作未プレイ
2006/10/20(金) 23:30:25 | ブログ 壁
高校入学後、涼宮ハルヒ率いるSOS団に入団         ↓二年生後半、家の都合で家族が海外に行く事になり、単身北に住む親戚の家に(今ここ)         ↓以後、この街の変人奇人を率いSOS団(世界を大いに盛り上げる杉田智和の団)を設立...
2006/10/20(金) 23:31:42 | 暇潰し日記
Kanon第3話 真琴がご飯を食べるシーンは一瞬でおでんが消えるので不思議でしたが、全体的に映像がとても美麗で、落ち着いて見れます。物語とかは、展開とか考えると普通の流れ何ですが、その中で出てくる個性ある女の子達がとても魅力的です。
2006/10/20(金) 23:37:48 | PEN:PENの雲外蒼天
脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:北之原孝将 作画監督:門脇聡今回は真琴と栞の紹介がメイン。元気っ娘真琴はやかましい娘ですが、水瀬家が明るくなるのは良いですね。名雪ルートになると、名雪が(自主規制)になるので、名雪編は真琴編の前が良いかな。しかし真琴はサー
2006/10/20(金) 23:43:57 | AGAS~アーガス~
雪の降り方一つ一つが綺麗です。途中で風によって雪の吹く向きが変わっている細かさには驚きました。あそこまで、こだわるんだね~大抵のアニメは上から下に吹くばっかりなのに・・・さて、本編大きなおでんダネ・・・水瀬家の今までのおでんダネがき....
2006/10/20(金) 23:45:33 | はねねこの世迷言
大きなおでんだねを拾ってきた祐一意識を失った少女を起こす方法、それは・・・『ごはんがだぞ~』(定番だ^^;) Aパートおでん食する4人記憶のない少女・・・しかし祐一の巾着を強奪(ちゃっかりしている) 祐一は『道しるべ』という、警察に突き出すかどうかを思案する
2006/10/20(金) 23:47:03 | コミニケ
 今回は、祐一が拾ってきた凶暴ムスメ・殺村凶子と、学校を休んでいるという栞のお話。 いやもうこうして見ると本当に凶子の暴れ具合が細かく動くというかなんというか…今更何を言っているのかと何百回自問自答しているが、他の作品を見てからコレ見ると溜息を付かずには
2006/10/21(土) 00:00:59 | サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
 時間が無いので暫定版。キャプ画像や詳しいレビューは明日あたりに更新する予定です。
2006/10/21(土) 00:10:46 | Moon of Samurai
■Kanon■
2006/10/21(土) 00:12:16 | King Of ヘタレ日記
やっぱり京アニだけはガチ!!
2006/10/21(土) 00:13:09 | 電撃JAP
さて、週に一度のお楽しみ、Kanonの時間がやってまいりました。今週は第3話です。なんか毎回毎回この30分は京アニの超絶クオリティーに圧倒されっぱなしなのですが、今回も凄かったです。特にアバンのモノローグ部分
2006/10/21(土) 00:38:44 | 日々是適当
Kanon 第3話「記憶のない組曲~partita~」やっぱり京アニだけはガチッ!! ©J○Pさん 大きなおでん種(沢渡真琴)を『お持ち帰り』したネ右一くん。さてさて・・・・よく
2006/10/21(土) 00:51:03 | AM日記@beNatural
 またあゆとぶつかり道に迷いながら、何とか頼まれたおでん種を買いにスーパーマーケットに行った祐一だが、そこで1人の少女にいきなり殴りかかられた。しかし空腹の為に倒れこんでしまう。(ごめんなさいまだ先週の分まとめ切れていないんです。)全く少女に殴りか
2006/10/21(土) 00:51:08 | アニメのストーリーと感想
Kanon祭り(改)どうだったでしょうか?楽しんでいただいたのであれば幸いです。3話レビューその2もあります。
2006/10/21(土) 00:57:31 | やっぱりアニメが好き! After all I love animation!
「TVアニメ Kanon」にしたってさ、この作品を他の作品の後に見ると、異様に綺麗に感じるんだよな。しかも"同放送局の某作品第3話"を見た後だと、不思議でならない気持ちが胸に溢れてくる。なんにせよ、どちらの作品
2006/10/21(土) 01:42:48 | 空色なおれの日々
公認アンソロジードラマCD「Kanon~カノン~」anthology.5 「風の辿り着く場所」街で突然、祐一に殴りかかってきた謎の少女。倒れてしまったため、祐一は水瀬家まで連れて帰りますが、目が覚めた本人に名前を聞いても何も覚えていないと話します。そう、少女は記憶喪失なの...
2006/10/21(土) 02:05:16 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
$FILE1[関連リンク]http://www.bs-i.co.jp/anime/kanon/第3話 記憶のない組曲~partita~大きなおでん種~( ̄▽ ̄)今回はそれにつきま・・・つかないね(*´▽`)真琴vs祐一は祐一の先制攻撃からでし...
2006/10/21(土) 02:11:18 | まぐ風呂
「記憶のない組曲」今回は謎の少女「真琴」と「栞」のセカンドコンタクトということで。記憶喪失の浮浪者と自称病気の浮浪者です。不審爆発な二人ですね。栞と出会う際のグルグル回る視点は非常に凝ってましたね
2006/10/21(土) 02:17:15 | アーリオオーリオ ドゥーエ
Kanon 第3話「記憶のない組曲 ~partita~」相変わらずクオリティ高っ!私がこれの前に見る作品って、昨日のあけるりなんですよね・・・このクオリティの差は一体どうすればいいのやら・・・今回はタイトル通り「
2006/10/21(土) 03:22:22 | 初音島情報局
先週の最後にぶっ倒れた殺村凶子(仮)が本格的に始動~w猫みたいにすばしっこく動き回ってる姿は見てて飽きないですな~w冒頭おでんの絵から始まった今週。同じ料理ネタで、某キャベツが真っ先に頭をよぎっ
2006/10/21(土) 03:47:00 | S u n S e t S k y
「内容ありすぎてはしょれな~い!!」
2006/10/21(土) 06:34:06 | 竜人イグニール
ストーリーとしては並行的に安全且つ迅速に展開中。今回は主に新たな居候メンバーとなった「殺村凶子」・・・もとい「沢渡真琴」のある意味ハイテンションな暴走っぷりが非常に印象的でした。夜中に人ん家の冷蔵庫を荒らしたりして、礼儀という感覚的な常識が明らかに欠落し
2006/10/21(土) 06:41:04 | 猫耳と少女とメイド服。
まあ、大きなおでんダネ(´∀`*)流石京アニ、大事な所は押さえてくるね。記憶喪失の沢渡真琴。病弱な栞。大事なものを探している月宮あゆ。夜の学校で剣を持ち佇む川澄舞。あははーな倉田佐祐理。導入部第3
2006/10/21(土) 06:54:51 | 人生万事塞翁が馬?
     「記憶のない組曲 ~partita~」    同局のあるアニメを見た後にこの作品を見るとなんだか泣けてくる。ホントにハイクオリティですよ「これが食べ物に見えるのか?」はい、まあ見方によっ
2006/10/21(土) 07:13:56 | アニメに漫画それが私のシアワセ
総評としては、最初の2話ほどじゃないけど、楽しめました。作画は文句のつけようがないですし、よく動いてます。個人的にBGMの傾向が変わっているのが気になりますが、複線の張り方なども良かったと思います。※アバンタイトルそろそろ定番になってきた感じの....
2006/10/21(土) 10:47:25 | 寂漣堂
今回は、登場人物も一通り出て来たことで、多少話が進んで謎が出てきました。
2006/10/21(土) 10:56:10 | 明善的な見方
 「失くした記憶」というのが作品のテーマかな、と思った今週。
2006/10/21(土) 11:33:08 | おカネの錬金術師の錬成日記
気を失った少女を、そのまま自宅に連れ込む祐一・・・普通にやヴぁい行為な気がします、特に今時。
2006/10/21(土) 11:45:40 | 美しい夢想家-Beautifuldreamer-
Kanon 第3話 「記憶のない組曲~partita~」  この街には、記憶をなくす魔法がかかっているのか――?  記憶のない少女・沢渡真琴。 名前の知らない相手を待っている栞。 そして、大切なもの探しているあゆ。それ
2006/10/21(土) 12:41:04 | SERA@らくblog
「Kanon」第3話です。商店街で拾ってきたでっかいおでん種を担いで祐一は水瀬家へ帰ってきますwとりあえず空き部屋へ寝かせますけど飯だぞと声を掛けると跳ね起きますwうんうん、真琴はやっぱ元気一杯が一番です^^vあぁ・・ダメだ・・真琴の姿を見て
2006/10/21(土) 14:35:14 | もえろぐ
「記憶のない組曲 ~partita~」「Partita」直訳すると、「失われた形式」記憶のない女の子…。 何を落としたのか思い出せないあゆ…。 そして、7年前のことを覚えていないオレ…。 この街には、記憶を失くす
2006/10/21(土) 15:13:27 | 風の巡り着く場所
■気絶した謎のツインテイル少女を家へと連れ帰る祐一。それを見て名雪が一言「大きなおでん種…」さらに秋子も「まあ、大きなおでん種…」母子は似ているらしい。 「飯だぞ!!」という言葉に反応して目を覚ますツイ
2006/10/21(土) 17:36:31 | アニメのせまくてあさい森
Kanon 第3話記憶のない組曲~partita~ 全員の名前も出てきて、これからが物語の本番といったところでしょうか。
2006/10/21(土) 17:45:20 | アニヲタキング
神。
2006/10/21(土) 18:08:53 | ざとぺったん☆ぶろぐ
これまでは名雪やあゆとのコミュニケーションが多かったのですが、真琴とのおバカなやり取りや栞とのほのぼのとしたやり取りが見所でした。特に年下の栞の可愛らしさに感動した第3話の感想です。
2006/10/21(土) 22:08:00 | さくら日記
相変わらずの神アニメぶりに感動してしまう あのキャベツアニメとは質が全然違いすぎるよw とりあえず、真琴が登場している頃から 水瀬家内が賑やかになってきた感じだな。 秋子さんの1秒で了承されるのはもうネタになってるしw 今回はいろんな伏線を張りまくってました
2006/10/21(土) 22:40:24 | 蒼き月と黒い宴
  「正直、栞の声は小西寛子さんの方が・・・」  「そんなこと言う人、嫌いです」
2006/10/21(土) 22:47:39 | オシナ・キルヤ
話が進むごとにドンドン惹き付けられていきます。やっぱり期待度高いですね。いやー、それにしても、「・・・大きなおでん種」(笑
2006/10/21(土) 23:07:33 | 長閑な休日
男うぐぅ禁止、と思いつつ。
2006/10/22(日) 00:15:09 | 今日のブログ 明日のグラブロDESTINY
さてさて第三話ですよ。今期は豊作すぎてチェック追い付きませんwそんな中でも一際輝くこの安定感は、やっぱり飛び抜けてますねぇ…やっぱりなんと言うか、地味な部分が異様にこだわってる感じですね。光源少ないのに明るい夜とか、本当に研究したんだな京アニって感じです
2006/10/22(日) 00:18:59 | 妄想が迷走
Kanon 1posted with amazlet on 06.10.20ポニーキャニオン (2007/01/01)Amazon.co.jp で詳細を見るDVD1巻に収録される3話は今週まで。迷いに迷いました。結局買うことにしました(苦笑)でも1月1日ってねらっているの?
2006/10/22(日) 00:21:29 | CWD
彼女は記憶がないだけで、めちゃくちゃ元気でかわいい女の子、沢渡真琴ちゃん。
2006/10/22(日) 00:33:01 | LUNE BLOG
とゆーわけで、京アニ「Kanon」なわけだけど、ネ申としか言いようが無い素晴しい出来映えです。「ハルヒ」と違ってこっちは原作にどっぷり浸かってた身だけに、「見せてもらおうか、京都アニメーションの実力を(cv池...
2006/10/22(日) 01:10:52 | 雅道
書く事が特に無いなぁ。今回は武本回みたいな騒がしい感じがしたな。、思われている真琴がかわいらしいので良いです。栞関係も結構良い。原作がやりたくなってきたなー。雪の描写とかうまいですね。京アニは作画と言うか、美術がいいって言った方が良い気がする。...
2006/10/22(日) 01:33:39 | 流星、夜を切り裂いて ~FLY HIGH~
= 第03話:「記憶のない組曲~partita~」 ={{{いきなり見知らぬ少女に殴りかかられた祐一。少女は空腹のため、そのままその場に倒れこんでしまう。身に覚えのない祐一だったが、ひとまず彼女を水瀬家に連れて帰る。しかし彼女は自分の名前すら覚えていなかった。翌日、学
2006/10/22(日) 03:56:33 | 月日夜の嗜好感想記
『記憶のない組曲 ~partita~』殺村凶子さんの登場だったんですが、あゆのたい焼きを食べる様子があまりにも美味しそうだったので、こっちのキャプチャ(笑)。今週は、「了承1秒」と「そんなこと言う人、嫌いで
2006/10/22(日) 04:03:35 | 世界の端に腰を掛ける
【Kanon】2話『記憶の無い組曲-partita-』の感想。今後へのキーワードは「唯一の道標」「【うぐぅ使い】あゆの落し物」「思い出した名前」「闇を斬る舞」このあたりは、今後も覚えておくとよいだろう。原作を知っているので今回もネタバレはしない方針で簡単な
2006/10/22(日) 05:06:59 | Mix Fruit Strategy
 でっかいおでん種の沢渡真琴ちゃん、彼女を背負って家に連れて来た祐一ですが、そこがそもそもの間違いなのです。  最初っから警察に連れて行けば、面倒は無かった筈だ
2006/10/22(日) 06:03:29 | ゆかねカムパニー2
ついカッとなってやった
2006/10/22(日) 08:23:30 | りせっとはかく語りき
kanon第3話 記憶のない組曲とりあえず、気絶したおでんダネ真琴をあゆ家につれて帰ることに…。あゆがおでんダネ扱いするのは言いとして(ぇあゆママンまでおでんダネ扱いするのにわろたww
2006/10/22(日) 09:09:03 | 満月のドルチェ
普通ならここからあらすじとか感想に入るわけだが、その前にうれしいお知らせを伝えておきたい。 (前の記事のデスノートもこの書き出しだった気がする)PSPにKanon移植!! (発売日:12月21日 定価:5040円 ama
2006/10/22(日) 10:31:33 | 面白い漫画・アニメ・ゲーム
[[attached(1)]]祐一は大きなおでんダネを持って帰宅。このネタ懐かったですw秋子さんの「了承」キタ。この後もいろいろとなんでも了承するんでしょうねw『殺村凶子』という名は素晴らしすぎるwやはり、祐一と真琴のやりとりは面白いですね。[[attached(2)]]学校の中庭に
2006/10/22(日) 14:50:47 | リリカルマジカル
京アニAIRを見て惚れた者としてはKanonは見ずにいられない。そんなわけで京アニ版「Kanon」レビュー開始です。またなんかよく分からないあゆの独白からスタート。夢・・・これが夢であることに気づいたのはいつ
2006/10/22(日) 15:16:45 | どこまでも高みへ
殺村凶子キター(゚∀゚)-!てか真琴キタコレ!祐一への抜くしみが唯一の道しるべ?らしいがとりあえず同居。しかし相変わらず雪の景色はクオリティタケェなマジ・・・
2006/10/23(月) 10:14:13 | ゆうろの深夜アニメ!
= 第3話 「記憶のない組曲 ~partita~」 ='''大きなおでんダネ'''{{{いやー、やっぱ京アニ様様ですよー。うぐぅ~(笑)真面目なストーリーの中にも、ヲタ心をくすぐる演出を忘れない。作画や動画の質の高さだけでなく、こういうところも手を抜かな
2006/10/23(月) 13:33:46 | Geallza’s Power
       真琴が本格的に登場した今回、言いたいことは一つ面白すぎるぜ、Kanon。
2006/10/23(月) 19:45:36 | G@ppai
Kanon preludeKanon 2007年 カレンダー【記憶のない組曲~partita~】きっと記憶がないとか、覚えてないとか、忘れていることとか、そういうことがこの物語のカギになるのだろうなと思いつつ…。悲しい出来事につながるんでしょうかね?まず祐一が7年前だっけ...
2006/10/24(火) 09:01:02 | Cosi Cosi
 「この街には記憶をなくす魔法がかかっているのか?」 記憶喪失の女の子、真琴登場の回。祐一を恨んでいるだけ覚えているとかオモシロスギww。祐一も7年前の事について記憶がないし、その記憶を思い出していくことで伏線を張っているなのかな? そして、身元不....
2006/10/24(火) 20:43:59 | 所詮、すべては戯言なんだよ
 ギャグのテンポや会話の間など、文章を動画に起こしたとは思えない、この自然さどこから生み出されてくるのでしょう――。  『Kanon』第3話...
2006/10/25(水) 00:20:35 | あしたもまたひがのぼる!
さて、今週のお楽しみです。倒れてしまった女の子を背負って帰ってきた祐一。それを見た名雪は「大きなおでん種だね」とのこと(笑)。原作に忠実でOKです♪。秋子さんまで同じ事を言うところまで(^ ^;)。非常にGoodです(笑)。さて、開いている部屋に布団を敷いて寝かせます。
2006/10/25(水) 01:47:19 | ○ーソン店員のオタク日記
「Kanon」の第3話を見ました。<感想>今週は最悪最狂の作画のアニメを見たせいか、これを見た瞬間ビビッた。アニメって愛を持って作る方達の手にかかるとこんな素晴らしいモノになるんだなぁと。今回は記憶喪失の少女、殺村凶子沢渡真琴が自分の名前を思い出した...
2006/10/25(水) 12:04:02 | じろグ!
居候することになった真琴。自称記憶喪失者なんて怪しすぎなんだけど、さすがは秋子さんの了承即決です。普通、警察行きだよなぁ。秋子さんが偉大な人で良かった。あのまま真琴が警察に突き出されていたら・・・( ´Д⊂ヽ そういえば、水瀬家の収入はやっぱり秋子さんのお
2006/10/25(水) 12:30:29 | 猫が唸る感想日記
Kanon 第3話「記憶のない組曲~partita~」本当に原作を忠実に再現してますね。全てのイベントを制覇しようと選択肢を選んでいる感じです。あまりにそのままなので、あんまり書くことないんですが、真琴がぴょん
2006/10/25(水) 21:45:28 | 未来型思考
Kanon 第03話 「記憶のない組曲 ~partita~」真琴をおでんダネと言い張るこの家の二人はさすがです。そしてごはんと言う言葉に反応しまくりの真琴もさすがだ!さて、そんな訳で第03話ですよ。夜明けなと違い安定した作画
2006/10/25(水) 23:34:40 | MADの日々
Kanon 第03話 「記憶のない組曲 ~partita~」簡易感想。
2006/10/26(木) 01:16:59 | PAWA-TYPE ~Zの鼓動~
Kanon関連アイテムを見る気絶した少女を家に連れて帰る祐一・・・∩( ・ω・)∩
2006/10/27(金) 14:35:14 | はーくるのアニメな日々
 てりぃさん、こんばんは。 御無沙汰しています。 ようやくTBを送り返せました。 ちなみにまだ、第4話を観ていません。 日曜日、月曜日と2連休ですので、このどこかで観るようにします。
2006/10/28(土) 22:56:04 | 『遍在 -omnipresence-』
さあて、今週のKanonは?  ・大きなおでん種、殺村凶子  ・風邪ひき、栞  ・あゆの探し物 の3本でした。
2006/11/01(水) 02:08:17 | くらろぐ -アニメとゲームと小説と-