FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ウルトラマンメビウス 6話「深海の二人」
 隊員フィーチャーシリーズの3つ目、今回は「カザマ・マリナ」の物語。という頭で見始めたのですが、そういう視点で見るとコノミ→ジョージと来ての今回はやや小粒に見えてしまいますね。実は第5話から「ナイトハンター ツルギ」を物語に絡ませていく展開がスタートしており、ストーリーの引きがそちらにシフトしているため、隊員の成長譚をピークと感じにくくなっているのですよ。

 この辺は、ちょっとしたバランスの取り方なのかも知れません。私自身がある種の「色眼鏡」で見ているせいもあるでしょう。いかんせん、第4話のコノミのお話がドラマチックに過ぎたんだろうなぁ。「ツルギ」の登場前だったこともあって、存分に描かれていましたしね。本作は1年間のシリーズなのですから、まだまだ長い目で彼らの成長を見守っていく心境でいた方がいいのかなぁと思いました。
 今回描かれたのは、カザマ・マリナにとっては「ほんの少しの気付き」のお話でした。振り返ってみると、前回のジョージにしても、その前のコノミにしても、彼らの中で変わったことは「ほんの少しの気付き」なんですな。そういう意味では統一が取れているわけですよ。

 彼女の気付きは、「自分の身を預けているマシンを信じて、やるべき時には恐れずにやる」ということ。ああ、文章にしちゃうとやたらと説教臭くなってしまいますなー。これを熱血おバカ担当のリュウにああやって言わせると、まあそんなものかなと思えちゃうから不思議です。「セリザワ前隊長の受け売りだけどな」というセリフも、自然に「先輩から後輩へと口伝されていくモノ」を感じさせてくれて良かったですし。メビウスのようにきちんとキャラクターが「立って」いると、その範囲で適切な行動を取らせてあげることで、直球過ぎると伝わらないものを、ごく自然に伝えることができるんですよね。

~~~

 さて、「深海の二人」というサブタイの中には、マリナとリュウ、二人のキャラクターが含まれているわけですが、「マリナの成長を描くはずの話なのに何故?」って最初は思っていたのです。でも、見終わってみると、リュウは今回大事なものを伝える役目をきっちりと果たしており、ああ、なるほど、これは「二人」だよなぁと。伝える者と受け取る者の姿を描く話なんですよね、これは。

 すると、その「リュウ」にかつて同じ事を伝えた「セリザワ」が、今回大きく取り上げられている理由も何となく見えてきます。位置を変えて見てみれば、セリザワはかつての「伝える者」として登場している、捉えることができるのです。では、受け取る者は?今話では実現していないけれど、それは「ミライ」になるのではないでしょうか?「深海の二人」というサブタイは例によってダブルミーニングになっていて、「ツルギ(セリザワ)」と「メビウス(ミライ)」というカップリングも表している気がするんです。

 まだ言葉を交わしていないこの二人の異星人が、一体どのようなストーリーを紡いでいくのか。この先が一層楽しみになって参りました。(^^)

~~~

 その他に個人的に燃えたのは、「実は海中怪獣だった」というツインテールの、予想外の強さ!「エビのような味がする」と言われていたツインテールのイメージにマッチしながら、手足を持たず、伸ばすと流線型になる体躯の理由として、実に納得感のある描写だったと思います。

 そしてもう一つ、「7秒しかもたない」といマリナの集中力。これも、戦闘に時間制限のあるウルトラマンと相似形の特徴なんですよね。将来、どっかで上手く昇華されるエピソードが来そうで、今からちょっとコブシを握ってしまうモチーフです。…でももし、既に放映された話の中に、もうそういう場面が出てしまっていると、今頃こんなことを書いているオレって相当かっこわりぃなぁ…。orz
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダーカブト・34 (2006/09/24)
 思い出のマーニー (2014/07/21)
 ハルヒの消失レビューを終えて (2010/03/07)
 仮面ライダークウガ EPISODE6 青龍 (2006/11/15)
 仮面ライダー響鬼 二十七之巻 「伝える絆」 (2005/08/14)
 仮面ライダーカブト・06 (2006/03/12)
 フルメタル・パニック!TSR Scene01「終わる日々」 (2005/07/14)

テーマ:ウルトラマンメビウス - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
劇場版
6話とは関係無くてすみませんが映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」は面白いですよ。ヒーロー番組の劇場版としては最高傑作と言っても良いくらいです。

しかしライダーでも同じですが客層は幼稚園くらいの子供とその保護者、そしてマニア(笑)。昭和の頃のウルトラマン映画や東映まんが祭は小学生も多かったんですけどねえ。
少子化に加えて主要視聴者の年齢層が狭まっているのだから子供番組を巡る状況は厳しいんでしょうね。
2006/09/26(火) 22:58:54 | URL | K-beat #dHmwmFLg[ 編集]
面白いらしいですよね
遅くなりました。

すごい評判の良さを聞いてはいるのですが、なにぶんまだ7話ですので、とても上映中に足を運べそうにありません。困ったものです。
2006/09/30(土) 01:17:48 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
この映画ではミライ以外の隊員はほとんど本筋に絡まない事もあってTVシリーズを観ていないと解らないような部分も無く、逆にTVの展開のネタバレにもなっていないので(何しろTVシリーズ第1話より前に撮ってますから)映画だけ先に観ても全く問題無しですよ。その点でもよく出来ていると思います。
TVを観ていても解りにくい部分すらあるライダーとは大違いです(笑)
2006/09/30(土) 22:58:19 | URL | K-beat #dHmwmFLg[ 編集]
むー
み、見に行く時間が取れるかなぁ?前向きに検討はしてみますです。(^^;
2006/10/01(日) 22:43:07 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1107-c2302662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック