Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
仮面ライダーカブト・22
 せめてこれ以上遅れないように(汗)。

 傑作、との呼び声が高かった「ガタック誕生編」。自分的には、「期待の方が大きすぎた」かも知れません。見る前にはネタバレを避けた方がより良く見られるものもあれば、事前にある程度の覚悟をしておいた方がより良く見られるものもあって、何とも難しいもんですね。

 もちろん、「期待の方が大きかった」だけで、十分にいい話でしたよ。いくつか、あまり触れられていないだろうという点に絞って、感想、行きます。
【「隠し味」のモチーフは何と絡むのか】
 何でサソードぼっちゃまの誕生会のエピソードがここに絡んでいるのかーというのが、先週からの疑問だったのですが、それが今回の「天道語録」でちょっとだけ垣間見えた気がします。

おばあちゃんは言っていた。
誰にもわからないように
隠し味を付けるのは楽しい。

だが。

それを見つけるのはもっと楽しい、
ってな。


 これがまた、よくわからないタイミングで言われているところがなかなか難しいのですが、こうは考えられないでしょうか。この場に居合わせている者には、ある種の「隠し味」が仕込まれている、と。

 天道が上記のセリフを言った直後のシーンで、サソードはワームに変化(へんげ)してしまいます。そして、今のところ、作品世界中でそのことを知っている者は一人もいないのです。当の本人でさえ、擬態中にはその記憶が全くないという徹底ぶり。これが「誰にもわからないように」仕掛けられた隠し味の一つなのだとすれば、「隠し味」と絡めてサソードを語った先週以来の展開はちょっと理解できる気がするのです。

 もう一人。ただの無鉄砲バカかと思いきや、ガタックの資格者となる素質を秘めていた男、加賀美新。素質があったことはあまり多く語られてはいませんが、生身でワームに立ち向かおうとした加賀美が鉄パイプを両手に持った「構え」が、ガタックのライダーフォーム時の戦闘スタイルに酷似しているところが、わずかにそれを示していると思います。そして、以前から天道は「面白いヤツ」という言葉で彼のことを認めていました。加賀美の中にある「隠し味」に、天道は気付いていたのではないでしょうか。

 彼の中にある「隠し味」はどうやら「甘い味」らしいです。でも、それは悪くない味ですよね。


【加賀美新は「越えてみせた」のか】
 第4話、弟に化けたワームに心を許しそうになったところを、加賀美は天道に救われました。天道は加賀美にはない厳しさをもって、加賀美の代わりに弟=ワームを倒したのです。その際、加賀美はこう言っています。

天道!

オレはいつか、
お前を越えてやる!!


 今回のシチュエーションは、その第4回のものと大変酷似しているのですね。加賀美が信頼を寄せる者に擬態したワーム、それを倒してやろうかと言う天道。これに対し、今回の加賀美は前回とは違う対応~自らの手でワームを倒すという行動を見せました。

 では彼は、あの時の誓いの通りに、天道を越えたのでしょうか?

 色々なご意見があると思いますが、私は「越えたわけではない」と評価しています。最強とも言われるガタックの力を手に入れたのに?何故なら、彼は天道から「甘いな、相変わらず」と言われて、こう答えているからです。

オレは…

オレにしかなれない。

でも、これがオレなんだ。


 加賀美にしか持ち得ない「味」をもって、加賀美はガタックになりました。天道は天道らしく、そして加賀美は加賀美らしく。ともに「ライダーキック」という必殺技を持つライダー同士(同じ技だとわかった時には震えました)ではありますが、そこにはそれぞれの個性があります。越える、とか、越えられない、とかではないんですよね、きっと。

 倒される瞬間にガタックを爆風からかばい、「ムーン・ボウのことを楽しげに語った時と同じ仕草」をして散っていったマコト=ワームには、きっと加賀美の思いが届いていたのでしょう。天才肌ではない「甘い」人間のメンタリティを持つ加賀美が示していく道も、天の道と同じくウォッチしていきたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 中二病でも恋がしたい!記事リンク集 (2012/10/24)
 いざかまくら!(冬の話だしね) (2006/10/05)
 KanonのDVD全巻購入特典、応募した? (2007/09/08)
 必ずしも「メチャメチャ苦戦」というわけでもないんですが (2012/06/30)
 Last Episodeのレビューの後に (2012/12/22)
 グレンラガン 第13話あぁッ!! (2007/06/24)
 キルラキル 第15話「どうにもとまらない」 (2014/01/26)

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
加賀美
矢車ザビーの登場時よりも加賀美がザビーになったときの方がザビー関連のオモチャが売れたらしいとかガタックゼクターがよく売れているとか云われているのを見ると、やっぱり加賀美のようなキャラは子供にもウケるんですね。
加賀美を一時的にザビーにしたのは、単なる脇役ではなく「ライダーになれる者」である事を示しておくためだそうで普通は1話か2話で済まされるヒーロー誕生までの過程を22話もかけて描いたすごい番組ですよね。

加賀美の人気を見てるとトドロキを主役にしてたら人気番組になったかもと思ってしまいました。
2006/08/22(火) 00:37:56 | URL | K-beat #dHmwmFLg[ 編集]
ほほー
加賀美、子どもらに愛されてるんですな。憎めないですもんね。ただ、そこではたと思ったのですが、私が加賀美びいきなのって、ひょっとして私の根っこがお子様だからだったりせんでしょうな?(汗)
2006/08/22(火) 02:30:28 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
今更ですみません
4話で加賀美が天道を越えると言い放った理由なんですが、ヒーロー好きな僕の想いとしては、弟の敵を伐つ為に始まった私闘である加賀美に対し、石森ライダーの原点である人類の自由を守る為に戦う天道、との違いに加賀美自身が気付いたのではないでしょうか?
あの時、加賀美がライダーだったら?他のライダーだったら?
決めるのはお前だ!となっていなかったと思います。
キツイ選択だったでしょうが、自分で決めれた事や、その後の結果から見るに、加賀美の心は救われたと思われます。(より激しい戦いの道に入り込んでしまったとも見えますが…)
2006/08/23(水) 20:02:27 | URL | えころ #-[ 編集]
携帯からなモンで
以前管理人さんが書かれていた、加賀美の成長によりザビーに変身できた理由でしたが、以上の事から武力による強さよりも心の成長の方が大きかったんではないかなぁと思ってたりしてます。(スイマセン)
2006/08/23(水) 20:07:07 | URL | えころ #-[ 編集]
大変遅くなりました。
>弟の敵を伐つ為に始まった私闘

う~ん。そのように受け取られましたか。私にはその前から「ワームと戦う意思を持つ加賀美」という姿は見えていた気がするので、あまり「私闘」とは思っていませんでしたね。人によって色々な見方があるものですね。

「心の成長」が加賀美を押し上げた、という点には全く同意でございます。
2006/09/08(金) 00:16:27 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/1055-bd68f2dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
先週、予告を観た時点で今週のテーマはひよりンのメイドと決まっていたわけですが、思いのほかガタックがカッコ好かったから、混ぜちゃった。おかげで、"戦うメイド"というヒドクありふれた素材になってしまったが…いやぁ、今週は面白かったなぁ。あまりの面白さ
2006/08/24(木) 00:50:38 | 『真・南海大決戦』