FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
そうそう、誰かが言ってたけど多いよねやっぱり。
 ヴァイあレット・エヴァーガるデンを見に行った時にも思ったんですけどね?(←ちなみに、この記事そのものとは全く無関係な不自然な誤変換があるけど、見に行った人ならわかるはず…)

 別な映画の予告編とか、流れるじゃないですか。いや、その全てがそうだとは言わないし、そういう意見を言うと傷ついちゃうクリエーターの方もおられるだろうとは思うんだけどさ…。でも、やっぱり多いよ。スポンサーから「『君の名は。』みたいなのを作れ」て言われちゃったようなテイストの作品がやたらめったら…。いや、今回だけじゃなくて、しばらく前からなんかもーずっとそうなんだけど。

 まあ、私は自分の気持ちとその作品の縁とがガッチリ噛み合わないと、どんなに恋焦がれた作品でも見に行くこと能わず、になっちゃうことが多いですし、「ちょっと気になってる」くらいの対象でも運命的な展開であれよあれよという間に見に行くことになってしまいその結果どっぷりハマっちゃう、みたいなこともしばしばあるので、二番煎じ的なのに引っかかる素地があまりないから、まーいーっちゃーいーんですが。そういう指示を出しちゃうだろう上の方々にイラっとはしますがね。作品の本質ってそういうこっちゃねーだろう!というね。概ね現場の方々は被害者なので、私ぁ同情しこそすれ、怒りは無いです。

 ちなみに近年の私は、どういうテイストであれ、「持てるセンスとスキルをとことんまで磨き上げてフィルムへガリガリと書きつけ、己が表現として突き付けてくる作品」は概ね高評価になるきらいがあります。テイストの時点で自分の肌に合わないものはやっぱしダメですがね(まー当たり前ですな)。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ラーメン屋に入ったのにハンバーガー食わされた的な?
 個人的には全く興味が無かったので、スルーする気満々だったネタが、すんげぇ大炎上してしまって気になってしまい、どうしたどうした一体何があったんだというやじ馬的な気持ちをなだめるのにさんざ苦労してから早ひと月あまり。

 何となくモヤっとする気持ちがどこかにあって、はてこれは何だろうと思っていたのですが、先ほどその気持ちがストンと胸に落ちました。以下、もう14年半も前の私のブログのとある記事から一部引用。

すごく旨いラーメンが食いたくてラーメン屋に入ったのに、そこでハンバーガーを食わされて「ハンバーガーと思って食えば納得できる」という人がいたら、お目にかかってみたいものです。それがどんなすごい材料を使っていようと、どんなに旨いものであろうと、オレが食いたかったのはハンバーガーじゃなくてラーメンなんだよ!金返せ!そういう叫びが起こったってしゃあないっしょ?


 うん、これだ。これやん。あのモヤモヤは既視感だったのだ。つーか、かれこれ14年以上も前の悲劇が、この世では未だに繰り返されているというのか…。もうしょーがねーんだなー、この手の悲劇が起こっちゃうのは。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。