FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
切ないのぅ
 「東の海神 西の滄海」をちょっとずつ読み進めているんですが。

 …いやもう、要所要所でいちいち切なくてですね…かなり昔に最初に読んだ時にはそこまで心を打たれなかったようなところが、オチまでわかってる状況で今読むととにかく刺さる刺さる。斡由が初めて出てくるとことか、もう死にそうです。

 これって十二国記の中じゃあ傍流のエピソードなんだけどなぁ。こないだ再読した「図南の翼」もそうだし。どうも自分、本編も大好きなことに違いは無いのだけど、こういうメチャメチャよくできたサブエピソードにぞっこん惚れ込むクセがあるんですかね。アニメのドルアーガの塔でも、一番好きなのって多分、本編とはほぼ直接の関連が無いような「常春の館」だしなぁ。今川版鉄人28号も前半戦単発の話とか大好きだしなぁ。

 ああ、いかんいかん。脱線してないで先を読み進めねば。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
そして、ユメをも見るべし
 夢。

 終わりのない夢。

 そう、夢には真の意味での「終わり」は無い。睡眠中も、覚醒時も、幼少期も壮年期も、現実にあっても夢想にあっても、人は皆ユメとともにあり、ユメとともに生き、いつしかユメとともに死す。

 ユメをも直視しよう。ゲンジツだけではなく。

 蒸散し凝固し変遷し流失し再生し溶解し散逸し収斂する、己の、世界の、時代のユメ・ユメ・ユメを見つめ続けるのだ。

 ただし。

 これだけは行ってはならない。絶対に。

 ゲンジツをユメとして扱ってはならない。それが生む毒素は全てを滅するから。

 そうして、過酷なゲンジツを生きながら、あらゆるユメを手中に収めよう。はじまりは、すぐそこにある。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。