Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ヌーディストに美術館を開放という記事を見て
と言いつつ、目に止まったのでちょっとだけ。

パリのお話だそうですが、時間を決めてヌーディストに美術館を開放した、という話を読みまして。日本じゃほとんど理解されてないヌーディズムというものを、ウィキペディア上でざっとだけさらいました。ナチュリズムとも呼ばれるがナチュラリズムとは異なる、とか読んで、いやあ、ちゃんと理解しようとしないと容易に間違えるな、これは、と思いました。私、割と「知ったか」したがる傾向がありますので、気を付けないとアレですわ。

この件が気になったのは、「多様な価値観の存在を認める土壌が、きちんと形成されていっている社会」というものが気になったからです。

日本では、どうしてもマイノリティが肩身の狭い思いをしているのを目にする機会が多く、下手にオモテに出て来ようとするとこぞって叩かれるのが目に付きます。気に入らないものは潰してしまえ系の意見が跋扈しがちなためでしょうか。そのことがもたらす最悪の問題は、以前から存在する害悪を縮小しようという意見にも、その害悪が存在することで被害を被らない&むしろ好ましいと感じるマジョリティが潰しにかかるという醜悪な風土です。善悪そのものの判断ではなく、マイノリティかマジョリティかで潰されるかどうかが決まるという、クソみたいな世界です。何だこれ。

問題がないわけではないのでしょうが、「それがキライな人はキライのままでいいけど、それが好きな人も社会から排斥されない」ということを実現していけるパスがきちんと通っていたり、更に「(セクハラなどの基本的な人権の侵害に対しては)悪いのは加害者、どう理由をこねようと悪いことは悪い」というコンセンサスが敷かれている社会は、今自分がいる足元の状況を見ると、やはり眩しく感じますね。こういうことを言うと「じゃあ海外に行けよ」とか極論を言う人もいるんですが、バカじゃないかと思いますね。どう考えたって前時代的な害悪がまだ蔓延ってる現状を少しでも改善したい、自分が好きな自分の国をキライにならないで済むようにしたいと考えるような人を、外に追い出すようなマネしてどうすんの、と。
[ヌーディストに美術館を開放という記事を見て]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
引き続きつらたにえんのやばたにえん
せめてタイトルくらい流行りに乗ってみる。

職場では、元気でした。いや、「元気に見えてた」ことでしょう。実際、仕事で時間を奪われてる間は、余計なことに気を回すタイミングがないので、バリバリやってる間は表面上は元気そのものなんですが。

余計なことに気を回してしまう間隙が生じると、ついつい辛いことを反芻しそうになり、慌ててそこから意識を引き剥がす、というのを繰り返して、何とか己を保っています。もっとちゃんと忘れなきゃダメだ。って、なんか失恋した若輩の人みたいですね(笑)。そうかそうか、これは新発見だ。恋みたいなものか、なるほどなぁ。

とにかく、余計なことを考えるヒマがあるとヤバイので、生活上の必要最低限のことしかできません。ツイッターとか見てると具合悪くなるし…いや、それって結構ヤバいんじゃね?明日の夜、職場の飲み会だっつー話が急に出ていて、その流れだと明日の夜も何もできないんで、今日は本当ならある程度のことをやっておきたかったんですが…むりちゃづけだなぁ、これ。

積極的に忘却を促進すべく、やはりとっとと寝てしまうべきなのでしょう。今日は帰って来てすぐ二時間くらい寝てるので、このあとちゃんと眠れるのか疑問はありますが…少なくともブログの方は、本日はこれでしまいにします。ううう、せっかくプロセスの見直しとかしたのに、また滑り込みか、最悪周回遅れだよ…。面目ございません。ありがたくも楽しみにしてくださってる方もおられると思いますが、どうかお許しください。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。