Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ダリフラ 第11話「パートナーシャッフル」
 休日出勤を終えてヘロヘロで帰ってきたら、もうすぐダーリン・イン・ザ・フランキスの放映が始まるっ!なのに先週のレビュー書いてないっ!このままでは周回遅れにっ!

 てことで、滑り込みではなはだ適当に(ぇー。

 「パートナーシャッフル」と言いつつ、これはステディな関係にあった男と女が、違った相手と恋仲になっていく展開と重ね合わせるように紡がれた、「ステディな関係ってホントにずっとステディなものなの?」ってテーマを描いたモノっぽいですね。で、結論としては、「ステディな関係であっても、当然のように組み換えは起こり得るのだよ」ってところに落としているわけで。

 まあ、そりゃあそうだろうと思いつつ。

 その間に流れてる、絶対に揺るがないと思う者の気持ちが裏切られる時、というのがなかなか切ない。ミツルの恋焦がれた相手は、男女の関係ではなく、憧れのヒーローだったヒロなわけですが、「裏切られた、許せない」と思っている間は決して救われなかったのが、「そういうことはあるし、これからも起こる」って納得した後は、それ以前ほど苦しまなくなった、というのがね。いや、そうなんだけど、それが大人になるってことなのか、と思うとね。実にね。

 私はと言えば、パートナーに全幅の信頼を置きつつも、「もし裏切られた時に、私は彼女にどう当たるのだろう」という思考実験とかはしてみることがあるのですよ。仮に、彼女が一方的にひどい目に遭って汚されるようなことがあった時に、最も辛いだろう彼女のことを差し置いて、自分が彼女に対して「裏切られた」とか感じるようではいけないんじゃないか、とかそういうことを考えたりしてます。高橋葉介さんのマンガとかだとね、不貞を働いた妻を間男ともどもずんばらりと斬って捨てるような展開が度々描かれるんですが、自分があの立場になった時に、やはりそういうことをするのか?って自問する、とかね。

 ミツルを殴りつけて、でもミツルが「(守ることを)約束する」って言ってからは、もう自分が諦めるしかなくなってただただ泣くフトシは、いいヤツだと思いました。自分もああいう風でありたいなぁとか思うわけですよ。いや、一番いいのは裏切られないことですが。まあ、今んとこは裏切られそうな気配も予定も全くないけどな!

 適当な書きなぐりで申し訳ないですが、今回はこんなところで。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
リズと青い鳥先行上映会
 年度末の仕事の「今日の分」を粛々と終え、でもヘロヘロになって帰宅した私。

 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの最新話レビューに取り掛からなきゃあ、と思いつつ、しんどみが強くて何となくWeb上の情報を再確認していたところ、こんな情報を遅まきながら知りました。

 『リズと青い鳥』完成披露上映会&
 山田尚子監督トークショー付先行上映会 開催決定!

 うおおおおおおおおおおいいいい!!!なんだそれ!!今知ったよ!!やべぇ、札幌でもやるんじゃん!!行きたいじゃん!!チケット販売、一体いつかr

 ……先週の金曜日から販売開始だと?……絶望的じゃねぇか……何やってんだオレ……。orz

 それでも諦めきれずに、札幌シネマフロンティアのページをあれこれひねくり回していると…。

 リズと青い鳥[舞台挨拶付 先行上映会](札幌シネマフロンティア)

 うおおおおおおおおおおいいいい!!!まだ買えるんじゃん!!てゆーかガラガラじゃん!!丸の内とかは超絶プレミアついて転売されまくってんのに、札幌ファン何やってんの!!つーか、札幌シネマフロンティアのこの購入入り口、わかりにくすぎだろ!!いや!!今回はそのおかげで助かったけども!!嬉しくもなんか悔しいぞ!!せめてもうちょっと売れないと山田監督に失礼だろ!!

 買いました。(´∀`*)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ヴァイオレット最新話レビューちょっと遅れます
 管理人のてりぃです。

 いつものように仮眠を取り(今週は疲れてたみたいで、二時間半ぐっすりでした)、リアルタイムで鑑賞後にあれこれやっていたのですが、もう明確に自覚できるくらいにしんどいです。このまま頑張り続ければ、多分6時半か7時くらいにレビューは上げられるでしょうが…それだと、追加の睡眠がほぼ全く取れません。この体調の中、強行して年度末の業務ピークを迎えるのは、流石に自殺行為でしょう。

 そんなわけで、今週のヴァイオレット・エヴァーガーデン最新話のレビューは、即日アップは断念させていただきます。途中までは書いてるんですけどね。もうちょっとお時間下さい。できれば、そんなに日を空けずに公開したいと思いますが…休日出勤もあるからなぁ。すいません、ふにゃふにゃしてて。

 では、つかの間の睡眠に落ちることにします。Zzzzz
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ブチ切れてジルバ
 いや、ジルバとかどうでもいいんだが…。

 非効率な作業を立案してそれで良しとし何の疑問も持たないバカは死ねばいいと思う。(←過激)

 いや、何があったかは聞かないでくれ。思い出すのもおぞましい。必死で止めに入って事なきを得たが…何でそういう発想に至って平然としていられるのか、全く理解に苦しむわ。私ぁ「働き方改革」という言葉そのものは大嫌いだけど、「働き方を見直さなきゃいかんよ」という問題提起自体はその通りだと思うし、何ができるかは考え続けていかなきゃいけない大事なテーマだと、割と真剣に思ってたりする。なのに、この、平成も終わろうかというこの時代に、「備品を引き連れての民族大移動」を、何故粛々とやらにゃあならんのだ。バカじゃないの?!あ、失礼、「じゃないの」は余計でしたね。「バカ!!」

 仕事の高度化の本質は、身一つ頭脳ひとつでどこでも仕事ができる環境を整備し、そこにあるがままのものを享受し使う体制を構築して余計な移動などをできるだけ省き、その分で浮いた使えるリソースを全部、仕事の質そのものを上げることに注ぐ、って辺りにあるはずなんだよ!そこを!!目指さないで!!どうするの!!死ぬの?!死にたきゃ一人で死ねよ!!巻き込むなよこっちを!!!!

 前例踏襲の悪しき因習も、責任を全く負わないいい加減な議論も、どっちも滅びろ。ホントに。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
小休止の年度末
 やっぱし早めに帰ると、疲労の度合いも回復のスピードも段違いですわぁ。もう若くねぇんだな…。

 年度末最終週の、ちょうど中日の本日。明日も明後日も結構な仕事の量があることを踏まえ、今日ぐらいはって思ってとっとと帰ってきました。明日は明日で「あ、私、今日波動砲撃たなきゃなんないんで。じゃっ」っつって帰る気満々ですが。いや仕事しろよ。

 まあ、波動砲はともかくとして。

 倒れては元も子もありませんし、効率が落ちたまま延々と居残り続けるのも芳しくありません。いやー、そういうわけじゃあ、無理するわけにはいかないよな!じゃっ。(←妙にいそいそと帰る明日の私の図)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
そうか…そういう季節だよな…
 3月…。3月ですね。

 「春なのにお別れですか」と切なく歌い上げたのは昭和のアイドルですが、実のところ、春というのは別れの季節です。しかし、同時にそれは「旅立ち」の季節でもあります。切ない別れとともに、幾多の若者は明日へ旅立っていくのです。そんな彼らに幸あれと、人知れずエールを送る私なのです。

 さて。

 私のようなロートルにとっても、3月はそういう季節であります。もっとも私の場合は、「もう帰りたい気持ちとまだ帰れない気持ちが心の中で泣き別れ」であったり、「平和な日常としばしのお別れ」だったりするのですが。こんな時期に波動砲でも撃とうものなら、「現世と永遠のお別れ」になりかねない気が…。

 あっ…このままだと、涅槃へ旅立ってしまう…。パアアアアアアアアアアアアア……(昇天)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
アレ再開
 めっちゃ眠いです。

 この一週間ほど突っ走った代償が、今まさにやってきているわけでありまして。自業自得と言えば自業自得、でも不思議にと言いますか当然と言いますか、後悔とかは無いのです。むしろ、今目の前にある仕事を全部放り出してもう帰りたい。いやマヂでもう帰りたい。本気で帰りたい。そのように一日中考えあぐねていたら、いつの間にか帰る時間でした(爆)。いやいや、ウソですって、ちゃんと仕事してきましたよ、ええ。ホントに。まあ、帰りたいのもホントですが(爆)。

 それはそれとして。

 家に帰ってきて、ヘロヘロではありましたが、二週間ほどほったらかしにしていたアレを再開しました。ほんのちょっとだけ。いやー、いったん「これで完成」とやったものを、再度解体して作り直すのって、なんでこんなに辛いんでしょうか。いや、やりますけど。やるけど…とても辛い。英語で言うと、スゥパァツラァァァァァァイイイイイ!!

 さしあたり、「もっと長くしろ」と言われた二曲目部分の拡張をやっているんですが、まーまーまー、和声も決まらなければ、繋ぎも全く決まらないと来てるんで、もう今日はやめよう。手を付け始めただけで良しとしよう。寝よう。寝ちゃおう。そしてもう帰りたい。(←明日の分)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
怒濤のコーラス漬けスケジュールが終わって
 本日夜のガウジュ練習を以て、合唱漬けの一週間にピリオドを打ちました…。

 色々とすり切れた感じですが、でも楽しかった。毎度のことだけど、ああ、終わっちゃう…という寂寥感が胸を満たすね。どうにもならんのだけどさ。

 思っていた以上に疲れていたようで、最後の最後に、普段ならやらかさないようなミスをやらかしたましたが…まあ、自業自得ってことで、来週まで甘んじて「ちょっと不便な生活」を送ることにします。



 ……え?明日仕事?またまたあ、ウッソでしょ?…え?ホントなの?まさか、そんな…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
本日はキタラで演奏会
母校の合唱部の定期演奏会に、OBとして参加してきます。第2ステージ(OB)と第4ステージ(合同)で歌います。4ステは完全暗譜完了、2ステはほぼ暗譜完了だけど昨夜通した時は間違いまくったので要注意。まあ、爆死はせんだろうけどな。

もちろん、目指しているのは「暗譜のその先」であります。手元を見ずに歌うのは、手段であって目的ではない。その場に鳴る音へ、きちんと参加したいと思っています。

このブログのお客様層は、恐らく「一緒に乗る人」「一緒に乗りたいけど住んでる地区&休暇的にムリな人」「そもそも合唱に興味のない人」の三つに大別される気がするので、あまり意味の無い告知かも知れませんが…本日夜18時30分からキタラ大ホール、もしよろしければお越しください。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ダリフラ 第10話「永遠の街」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス第10話鑑賞。例によってまた周回遅れ寸前ですし、今回も簡易感想気味に行きます。

 さて、「永遠の街なんて出てきたか?」っつーのが、恐らくはキモなんでしょうなぁ。どう考えても、あの「オトナたちの居る区画」しかあり得ないじゃないですか。ということは、あのオトナたちは不老不死の施術かなんか受けていて、事実上無限にある時間故に食事の楽しみとかからも飽いて離れてしまって、今や「報酬系に直接快楽を叩き込む」ような、退廃的で冒涜的な娯楽しか楽しみが無い、というような、もう目を覆うような世界しか考えられないんじゃないかと思うんですが、どうですかね?また、その不老不死の代償として、身体的な能力は極端に低下していて、筋力も抵抗力もすげぇ衰えてるのかしら。あと、ゾロメが回収される時に、ガイガーカウンターみたいな機器をゾロメの方に当てて検査してたように見えたのは、あれは何なんですかね?生身の人間をむしばむような、禁断の技術が不老不死のために使われてたりするのかしら?

 ゾロメたちがオトナになるのは無理、的なことも言われていましたが、あれってどう解釈すればいいんですかね。階級が違うから不老不死にはなれない、という方向の意味なのか、それとも…生身の人間は一定の年齢までしか生きられないような、遺伝的な時限爆弾が仕込まれてる、とか……いや、それはあまりに、あまりに…(;ω;)

 まあ、なんちゅーか…この世界って、ホントにディストピア的な要素しか出てこないわよね。この辺の、負の要素を匂わせる描写はどのくらい続くんだろう。元より、胸のすくような爽快なジュブナイル、とか思っていなかったけど…イヤな予感しかしないなぁ。むぅ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
第11話「もう、誰も死なせたくない」

 ……………………………ヴァイオレット・エヴァーガーデンの第11話を鑑賞しました。





 ……………………………いいえ。





 ……………………………いいえ、いいえ。





 …いいえ。私は……………私は……………
[第11話「もう、誰も死なせたくない」]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
一つ一つこなしていく感じで
 とりあえず、今日の飲み会は無事に終えまして。今は家です。いえー。


 さて。


 そろそろ仮眠と行きますかね。着々と行くぞ。着々と。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
全く休まってない休日
 うむ。

 朝から出かけて、ついさっき帰宅して。仕事こそ一切してませんが、体の方は全然休まってませんな。わかっていたことですが。

 まあ、今週の残り仕事は、ほぼ「こなし仕事」だけだし、そもそも金曜日は午後休にしてるしなので、よしとしましょうか。

 仕事以外は大変だけどな!明日の夜:送別会、その後の早朝:波動砲撃ち、翌朝:普通に出勤、その午後:休暇取って演奏会の前日練習に夜遅くまで参加、明後日:演奏会当日で夜は打ち上げ、日曜日:夜にガウジュ練習…。

 死ぬわっ!いや、死なねーように頑張ります。死んでたまるか。うん。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ripple / 斉藤由貴
 1987年にCDのみで発売された、6曲入りのミニアルバムですな。「CDのみで」ってわざわざ言うのは、この頃はまだアナログレコードとCDの併売がほとんどで、CDのみでリリースってのは珍しかったのよ。同時期に同じようにCDのみで出たものとして、シングルの曲ばかりを集めた中森明菜の「CD '87」なんてのがありましたが、この辺からCDへの一極集中が進んでいく、転機の一つになったミニアルバムとも言えます。

 コンセプトとしては、男性コーラスと斉藤由貴のボーカルで構成した曲のみで作る、という感じ。恐らくは、2枚目のアルバム「ガラスの鼓動」に収録された、男性ドゥーワップとの掛け合いが印象的な名曲「土曜日のタマネギ」の好評に気を良くしたのでしょう。実際、土曜日のタマネギが好きだった私は、結構この発売に喜んだ記憶があります。

 ただし、パーカッションなどが入っている曲もありますし、多くの曲はあからさまに「サンプリング音源のシーケンサーによる自動演奏」ってわかっちゃうものもあって、普段から肉声のリアルタイム演奏=合唱をやっている者としては、少なからずげんなりしてしまいました。もちろん、サンプリング&シーケンサーで演奏しても、素晴らしいものは素晴らしいんですが…このミニアルバムに収録されてる曲はね、どっかその辺のスタンスが中途半端な気がしちゃうのです。こういう曲構成でのクレッシェンドとか、ミックスで音量上げちゃったら興ざめじゃないか。機械的な演奏の良さを追求しようとしたら、こうはならなかったんじゃないのかなぁ。知らんけど。

 まあ、そうは言っても、駄曲と言いたくなるような、悪い曲は無いです。どうも嫌いにはなりきれないんだよなぁ。また、終曲の「あまのじゃく」の出来は割とガチなので、これ一曲のために聞いても損はしないかな。

 てゆーか、これももう31年も前なのだねぇ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
いつから長大レビュー記事を波動砲と呼ぶようになったか
 いやね。最近妻が言ったんですよ。

て「いやー、昨夜撃った波動砲の疲れで流石に眠いわ」
妻「……波動砲って、ナニ?」

 お前ーーーーーー!!!お前お前お前お前お前お前、お前------!!!それでも13年越しの壊れレビュアーの妻かあああああああああああああああああああああああ!!!!

 …いや、まあ、私の妻タンは「忘れるのが仕事」みたいなところもあるので、これは正しく彼女が自分の仕事をしているわけですから、それはそれとしましょう。しかし、そう言えば「長大レビュー記事」のことを「波動砲」と呼ぶのは決して一般的とは言えず、恐らくは当ブログ内だけで通じるローカルな言い回しのはず。じゃあ、それっていったいいつ頃から使うようになったんでしょ?

 ブログ内で検索をしてみますと、答えはあっさり見つかりました。2007年(11年前?!)の1月に、こんな記事を書いています。

 ブログと波動砲

 うん。確かに書いたことがありますわ。で、この頃私が何のレビューを主に書いていたかと言うと…いわゆる京アニ版Kanonのリアルタイムレビューでした!!あーあー、あの時は私が初めて、「全話について即日突貫レビューを上げる」という暴挙をやらかした時ですね。あの頃から波動砲とか言ってたんかー、はー、なかなかこれは感慨深いわ。

 まあ、その後11年経っても「今週の波動砲」とか言ってるとは思ってもみませんでしたがね。ここまで来たら、いつまで撃てるのか試してみるのも悪くない、かな。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
Microsoft Officeのバージョンの推移
 たまたま家で話題に上ったので、ちょっと詳しく思い出してみる。

 Windows95と同時期に出た初めての32bit用Officeが、Office95でした。その前の、Windows3.1用に使われていた16bitのOffice 4.2(Word 6.0, Excel 5.0, PowerPoint 4.0)と互換性を保ちつつ、全体を32bit化したものでしたか。しかしその後マイクロソフトは、次のOffice97で「拡張子は変えないけどバイナリファイルの構造は全部変更」という仕様変更をやらかし、95で作ったファイルを開くと自動的に97形式に変更されて、何の警告も出ずに上書き保存できる、しかも旧形式での保存はどうやってもできない、という極悪な状態になりました。これで悲鳴を上げたのが、仕事を家に持ち帰って最新のパソコンで編集後に職場に持ってくる人たち。色んな人が毎日のように私(パソコンに詳しいってことで定評があった)のとこに来ては、「昨夜家に持ち帰って編集したファイルが、職場で開けない!どうにかならんか!」とすがってくるのですが、「残念ですがどうにもなりません」と言われてガックリ帰っていく、というお決まりの光景が繰り広げられておりました。今ならセキュリティ担当らしく「持ち帰るあなたが悪いんですよ」って言いたくなるとこですけどね。まあ、当時は色々と緩い時代だったんで。その後少し経って、Office95環境にアドオン出来るファイルコンバータ(新形式のファイルを自動コンバートして95で開く)が無料配布されたのですが、「図や表を張り込んでいるOfficeファイルは上手くコンバートできない」というような制限があり、その当時の私の部署では結局解決にならないケースが多かったように記憶しています。Office97では、日本語版だけWord98というのが単品発売され、「Office97 with Word98」というようなよくわからないパッケージが売られていたのも懐かしいですね。あれ、Wordだけ何か問題があったのだったか、当時はまだ一太郎を追撃中で、更にテコ入れするための暫定的機能強化だったのか、今となってはもう思い出せませんけれども。

 あーそうそう、Office95って、確かめっちゃ安く売られてたんですよ。スタンダード版で2万円切るくらいの。それが、マイクロソフトの寡占状態と化してから発売されたOffice97は、4万円を超えるような今と同じくらいの価格体系になって、「くそう!足元を見やがって!」とか毒づいたのを覚えています。競争が正常に成り立つって大事だなーとか思ったものですよ。まあ、そう思った私も、結局その後もずっとOfficeを買い続けているんですけどね。
[Microsoft Officeのバージョンの推移]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
山越えて軽くトリップ
 今日という日が来るのが、とてもイヤでイヤでたまらなかったんですよ。いや、そんなつもりもないのに、あれよあれよと案件が積み重なってしまって、「本当にこれ全部一日でこなせるのか状態」に陥っていまして。

 で、結果から言えば、ちゃんとこなせました。プラスアルファはさすがにできなかったけど、「今日までに絶対に終えておくべきこと」は、全てできたんじゃないかと思います。できればやっておきたかった事の一部は明日に持ち越しになってしまったけど、恐らくは軽微な軌道修正だけで済むでしょう。ホッとしました。いやホントに。

 仕事を終えて家に帰り、流石にぐったりしていたんですが、先ほど、ちょっと遅めの夕食に親子丼が出て。ちょっとゼータクしてやろうと思い、昨夜買って飲まないまま冷やしてあったYEBISUビール華みやびを出し。アツアツの親子丼に死ぬほどたっぷりの七味をまぶし、口いっぱいにほおばってアツ!カラ!とか言いながら極上ホワイトビールをぐびぐび飲(や)ったら…いやもう、至福の一言でしたな。脳みそが軽くトリップしていたと思います。

 もーきょーはどーなってもいーわー。このまま寝ちゃおうかしら。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
本番まで一週間を切りました。
 今日も今日とて半日練習。この時期の恒例とは言え、仕事も仕事でそれなりに来ているもんだから、負担も相応にかかっていたり。

 実は、どうにも体調が思わしくなかったのですが、行って歌い始めると調子の悪さなどどこ吹く風という具合でした。うん、間違いない。これは、「仕事のストレス」から来る体調不良だね。そのことを忘れるとあっさり治るのが、いかにもそれっぽいわ。

 今週は、休日は全部歌に充てられます。更には、金曜日は半休ブレーブス。え、いいのかですって?前にも言ったでしょう、オレは趣味に生き、趣味に死す、今更何のためらいがあろうか!!

 それはそれとして、今週はガウジュの方はお休みだったんですが、それがさみしくて仕方がありません。そしたら、今日一緒に歌ってたガウジュのメンバーに「こっちだってガウジュと似たようなもんじゃないすか」って言われたんですが、いやいや。母校とガウジュは別腹だから。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ダリフラ 第9話「トライアングル・ボム」
 ダーリン・イン・ザ・フランキスの第9話を鑑賞しました。鑑賞自体は結構前だったんですが、日常に流されて次の放映ギリギリになってしまいましたね。

 お話の方は、これまでも何度かあったように、エヴァンゲリオンの引用もしくはオマージュが前面に出た感じかな、というのが第一印象。と言っても、その対象エピソード~TV版第拾六話「死に至る病、そして」は、新劇版の再構築ではほぼ完全にオミットされているので、若いヲタや一般の方だと知らないケースも多いのでしょうけど。

 また、共通項や相違点を検証していくと、なかなか興味深かったり。共通項としては、パイロットが敵の体内に閉じ込められること、生命維持に時間的期限があること、自力で助かる道は無さそうなこと、パイロットを擁する組織はパイロットの救出を最優先事項としないこと、しかし現場は何とかパイロットを救えないかと苦心すること…というところでしょうか。一方、相違点は、「彼を救うのは誰なのか?」というのがおっきいですねぇ。エヴァでは、パイロットの肉親の魂?という具合の描写になっているわけですが、ダリフラの方では、「対になる異性」なのよね。今作が第一話から「比翼の鳥」という中国の伝説を引用していたのはご存知と思いますが、そこから連なる、「二人なら飛べる」というモチーフの方に振っている気がするんですよ。また、その過程で、「パパは救ってくれない」というのも重要。この「パパ」はもちろん彼らの肉親ですらないのでしょうが、アバンでパパたちからのプレゼントなんてものが描かれてる分、こっちで生じてくる欺瞞の大きさがハンパないなぁと。

 オトナたちからは結局都合よく使われるだけで、互助でしか道を切り開けない、今作のパラサイト=チルドレンたち。先行きに悲劇しか待っていなさそうな設定なのが、毎回心の深いところを抉るんですが、少しでも救いがある展開にならんですかねぇ…。デビルマン展開やマーズ展開だったら、終盤はちょっとレビューとか書ける心境にならないかも…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
数日前の寝言
先ほど、私の妻から聞いた話。

その日、疲れ切った私は先に寝てしまっていて、妻はちょっと遅くまで起きていました。用事を済ませて、そろそろ寝ようかという段になり、私が寝ている寝室に入って行くと、布団の中の私が朗々とした声で…


「カリフラワーですよ。」


えええええっ?!て妻は思ったそうですが、その直後、私のイビキが…。寝言だったとわかり、そのまま何も問うたり答えたりせず寝たそうです。


……どういうことなの。(お前ガナー)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
波動砲明けのへろへろ
今の今まで頑張ってきましたが、すまんもうムリだ。

日中はそれでも気を張って何とか仕事してましたが、夜に入ったらもう眠くて眠くて…まあ、そりゃそうか。仮眠を二時間弱しか取れなくて(寝付けない&やたらすぐ目が覚めるのコンボ)、波動砲後の追眠も一時間強しか取れてないんだから。合計で三時間あまりしか寝てない計算だもん、そりゃあなあ。

今から寝たら、変な時間に目が覚めて往生しそうですが…でももうダメだ。寝ます。後のことは後のことで…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
第10話「愛する人は ずっと見守っている」
 ヴァああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

 …ヴァ………ヴァイオレット………エヴァあああああああああああああ………………あ………がーでんの……第10話……………を……………見ま………………。

 …………見ました。……ああ。
[第10話「愛する人は ずっと見守っている」]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
何はともあれ
 引き続き先の見えない中を彷徨っている感のある私のビジネスロードですがそれはさておき。

 木曜日だ。

 仮眠の日だ。

 そして。

 何でまた天気が微妙な予報なんだ。orz

 たったの週一回に、何でこうも悪天候が集中すんのですかね?!しかも、私が即日波動砲を撃ち始めてからずっとそんな感じじゃないですかね?!おかしいんじゃないですかね?!かね?!

 …くすん…いいや、とりあえず寝よ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ダッチロールからのダッチロール
 うむ。

 少なからず、調整が必要な状況ではあるな…。

 あと半月ほどの間で、こなさなきゃいけない物量があまりに多すぎる、とは思っていました。それで、この三日間というもの、懸案事項をちぎっては投げちぎっては投げして、案件の数そのものはガンガンこなしてきたわけなんですよ。ところが、一向に先行きに安心感が出ません。何故か。残っている案件の中に、ゾンビみたいのがいて、ちぎって投げたはずなのに少し経つと形を変えて復活してきて、全然倒れる気配が無いからなんです。

 現在、その案件は「段取り」を取っている段階に過ぎず、向かうべき方向が決まったら、それっ!て勢いで一気呵成に仕上げてしまわなきゃいけない仕事なんですが…方向性が決まったかと思ったらまたすぐふりだしに戻るんで、いつまで経っても「一気呵成」の出番が来ません。時間だけが無為に過ぎていく、精神がゴリゴリ削られる展開…。

 それに伴って、はっきりと、趣味に対する感受性が低下してきました。いやー、わかりやすいなお前!!

 これじゃあいかん。

 メリハリつけていくよ!とりあえず今日はもう寝ようか!(爆)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
そりゃ踏みますよ、ダンサーですもん…


1ヶ月半ぶり、くらいかな…冬場はどうにも足が遠のいていけません。波動砲の余波、ってもあるんですが…。

近々削除される曲もあり、体力が落ちてることへの危機感もあって、久々に出てきたわけです。早速死にそうですが…もうちょっと頑張ろうかな。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。