Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
CurioSoundのその後の後
 昨日CurioSoundに関する記事を上げて、その告知も自動的にTwitterに上がったのですが、何とそこにデジオン公式アカウント様が「いいね」を!!びっくりした!!びっくりした!!

 更にその後、公式なお問い合わせ等の類ではないにもかかわらず、私へのリプで、こんな情報をお寄せくださいました。以下、抜粋して引用します。

弊社の方で現象を確認したところ、確かにCurioSoundでハイレゾ保存したALACファイルは、Tune Browserでは32bit表示されていました。しかしながら、iTunesで変換したALAC24bitでもTuneBrowserでは32bitと表示されたため、TuneBrowser上の仕様等ではないかと推測いたします。
なお、CurioSoundでは、ALACをハイレゾ化してFLACに保存することができますため、お試し頂ければ幸いです。


 いやいやこれはこれはご丁寧に、ありがとうございます。確かに、「iTunesで変換した24bit ALACファイル」というものは用意してもみなかったので、目鱗でございました。TuneBrowserの方の仕様かぁ…こちらも意欲的に各種対応とVersion Upが続いておりますし、もう少し検証したら作者様にご報告しておきますかね。

 また、「CurioSoundで直接FLAC化もできますよ」とのこと。…うーん…すいません、正直、忘れてました(爆)。導入直後に設定ダイアログはちゃんと開いて確認してるんですが、デフォルトがALACだったので、「うーん、そのままでいいよね!」って決め込んでそのまま…。いかんですなぁ、思い込んでしまっては。海より深く反省ー。
[CurioSoundのその後の後]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。