Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
CurioSoundのその後
 ハイレゾ化の機能がなかなかのスグレもの、と記事にしていたCurioSoundのその後について。

 音源によって、ハイレゾ化の恩恵が多大にある場合と、そうでない場合があることは、以前も書いた通りなんですが。その後も検証を続けておりまして、例えばYMOのアルバムで言えば、「BGMをハイレゾ化するとすんげぇ!!!ってなるけど、Technodelicをハイレゾ化してもあれっ……ってなる」くらい、ホントに効く時と効かん時の差がはっきりしてますね。まあ、恩恵があるように感じられる音源が複数あることは間違いないと思っていて、騙されたとは思ってないかな。

 ただ、何点か、不満っぽいものもあります。死にかけの私のPCだと重たくてしゃーないとか、ちょっと酷使しようとすると落ちてしまうとか、その辺はまあ次のPCを調達できるまでの我慢として。

 これはちょっとなぁ、と思っていたのが、「ハイレゾ化した音源を再生できる環境が限られる」ということだったんです。PC上でTune Browserを使っての再生は「問題なし」。つーか、今のところ音質的には、これが最強です。しかし、DLNAサーバーにぶち込んでも、再生できない機器が多いんです。目下一番使う機会の多い、iPhoneアプリのNePlayerがアウト。これを購入する前に使っていた、無償のmconnect Liteだと問題なく再生できますので、DLNAサーバーの問題っぽくはないんですが…。さてどうしたもんですかねと。
[CurioSoundのその後]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。