Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
「ずばり!ぷりんの子だ!」
 陸軍中野予備校、でしたかね、このネタ。懐かしいのう。県立地球防衛軍みたいにリイシューしないかしら。あれ?不憫の子だっけ?

 それはさておき。

 私ぁ、個人の感情としては「不倫」なるものは大嫌いですし、それをたしなむ人の気持ちなんて多分一生理解できないし理解する気もないし理解したくも無いと思っています。不倫していることを自慢げに話す人があれば心の底で思い切り軽蔑しますし、虫も殺さぬような顔をしていて不倫をしていることがばれた人など見ても、ひとかけらの同情もしません。不倫が文化だとか男の甲斐性だとか言う言説は、本気で馬鹿げていると思いますし、もちろん女性であっても不倫をすることそのものが正当化されることはあってはならないと考えています。

 ただし。

 そういう私個人の感情と、私が実際に起こしていい行動とは、完全に別物である、ということを肝に銘じてもいます。具体的には、実際に不倫したことが発覚した如何なる人に対しても、どのような暴言を吐く権利も私は持ち合わせていませんし、責めることを正当化される立場にもありません。その当人が、芸能人であろうと政治家であろうと同じことです。私個人が、不倫を許せないなぁと思うことは自由ですが、同じ私個人が、如何なる有名人であろうと公人であろうと「不倫をしたお前はとんでもない、許せない!」と声を荒げて非難することは、別に許されてはいないのです。

 だから、昨今のこの風潮…不倫が発覚するや集団リンチさながらにその本人をみんなでつるし上げにかかる現状は、ものすごく気持ちが悪いです。いや、私も不倫がいいとはこれっぽっちも思っていませんよ?だけど、何故にみんなで寄ってたかって攻め立てて村八分状態にしてるのか、意味が分かりません。いつから大衆は、メディアは、公権力に代わって人を裁き罰する権利を手に入れたのだ?

 分をわきまえようじゃあないですか。私は、私自身の身を常に正す努力を続けつつ、「こうありたい」と思う道を行くのみです。その中に、人様の行く道について責めたり物申したりする暇など、含まれてなんかいないんだから。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。