FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
微シボ
 ユンケルでもエナジードリンクでもいいのだけど、あの類の飲料は、決して「失われた体力の補給」なんぞはしてくれない。自分の体の中に残っている、なけなしの「余力」を、無理やりに絞っているだけなのだと思っている。だから、私は、余力が十分に残っていて「一層の燃料が必要」と思ってる時(合唱のオンステ本番とかですな)か、追い込まれてしまってやむにやまれない余程の事情がある時でもない限りは、これらには手を付けないことにしている。後で来る反動・揺り戻しが半端ないので、自衛せざるを得ないのだ。近年、よくネットで話題になる「シュンケル」(シュークリームとユンケルのほぼ同時摂取)なんて、おっかなくてとても試せない。絞るにも程があると言うものである。

 さて。

 じゃあ、オロナミンとかリポビタンとかデカビタとかはどうなのか、と言えば。これらは、そこまで自分の余力をギリギリと絞るようなことはしない。だけど、ちょっとは絞る。微(かす)かに絞る。なので、個人的にこいつらは微シボ、と呼んでいる。「ビシボ」である。何やら語感が悪いが、自分の脳内で呼んでるだけなので別に構わない。invisibleをネイティブっぽく発音しつつ、アクセントの無い最初のインを飲み込み気味に、アクセントの直後のジのところをバーストし気味のノイズ多めで発音すると「ビシボー!」みたいになっていい感じだ。いやわかんねぇよ。

 微シボも、微かとは言え絞ってることに変わりはないので、反動や揺り戻しが僅かながらに、来る。例えば仕事中に微シボすると、帰宅してから趣味方面にあまりやる気が出ない。当然である。微シボすらも計画的に、である。だけど、やる気が欲しい時にはついつい微シボってしまう。人の理性は、何と脆弱なことか。困ったものである。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。