Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ガウジュ行ったりGWだったり4月終わっ
 えぇ?!4月終わり?!うっそぉ!!

 ゴールデンウィークの雰囲気も、まだ微塵も感じていませんのに!!そりゃ明日も普通に仕事ですし、5月3日以降も何日か出勤予定だしなぁ…。



 まぁ、死なねぇようにやりますか…。もうちょい。もうちょいなんだよ。多分……。

 あ、ガウジュは楽しかったですよ。引き続き見学の方と入団者が多くて多くて。ホント、仕事全部ほっぽり出して、家の外のことはガウジュのことだけやってたい衝動に駆られるよなぁ。そういうわけにもいかないんですけどね。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
「歌謡曲」って、どこからどこまでを言うのか?
 もう死語に近いんでしょうが…。

 「歌謡曲」という言葉が、世間一般で普通に使われていて、恐らくそのイメージするところが人によってそれほどブレない、そういう時代を私は通過してきました。そのつもりだったんです。ですが、今、改めてその経緯を振り返ってみると…歌謡曲って、一体どこからどこまでなんだ?

 例えば、70年代中盤にお茶の間を賑わしていた流行歌は、ほとんどが「歌謡曲」と言って差し支えないものだったと思います。演歌との境目が気にはなりますが、「歌謡曲と演歌」と括ってしまえば、ほとんどがそこに入るわけです。ところが、フォークソングが台頭し、ニューミュージックが若者を中心に流行り、YMOがテクノポップを持ち込んで、サザンがロックの方向に引き戻し…この辺から、段々と怪しくなってくるんですよ。80年代は、個人的には青春の真っただ中でしたし、色んな曲を聴きましたが、さて、「歌謡曲」として聞いたものとなると…。80年代の後半に学生たちを中心に一世を風靡したREBECCAの曲、「フレンズ」でも「MOON」でもいいんですが、あれらは「歌謡曲」に入れていいんでしょうか?同時期に流行っていた、斉藤由貴の曲は?森高の「ストレス」とか、歌謡曲に含めていいの?

 90年代に入って、例えばSMAPの曲。何となく「アイドルの曲」って流れで来ているようでいて、実は途中にかなりおっきな断層があったり。当時の最先端の音楽シーンをブイブイ言わせている人がたくさん関わっていて、それまでのアイドル曲の常識を塗り替えた、とか、当時も言われてましたしねぇ。一方では、70年代からずっと活躍し続けているような人たち~松任谷由実でも中島みゆきでも~が90年代に歌ってた曲たちは、歌謡曲に含めていいんでしょうか。どうなのビスパーチェン。

 まあ、ジャンルなんて定義が有って無いようなもので、極めてテキトーな、雰囲気で呼んでいるだけのモノだと割り切ってしまえばいいんでしょうが。「歌謡曲を編曲してみよう!」とか思うとね、いきなりそこで悩むわけです。いっそ、作曲者を「都倉俊一と筒美京平縛り」とかにした方が混乱が少ないような気もするんですが、それだってどこかで破綻しそうで…。

 ううむ。やっぱ、「XX年代頃の流行歌」ってやらないとダメなんだろうなぁ。今書いてるのは…70年代ど真ん中か。なるほどなぁ、そうだよなぁ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
昨夜の戦果
 とりあえず、超久々にリノンLevel3まで~7クレ~踏んで、そこから更に4曲強制解禁~4クレ~してきましたさ。計11クレ。消費カロリー、770kcalあまり。1クレ当たり70kcalというのがおとなしさを表していますね。いや、これでも終盤上がったのよ。

 今、「4曲強制解禁」と書きましたが…うち3曲は結果的に「自力解禁」でした。パピプ激、Far east nightbirdのリミ激と原曲激。難易度は足13、13、12。どれもこれも、「数か月ぶりの踏みだし、初見だし、もう7クレ以上も踏んでるし、落ちて当然」とか思ってたのですが…あれ?最後までもったよ?みたいな。それまで、一桁の難易度の譜面しか踏んでませんでしたし、二桁の難易度はほぼ諦めてたんですがね。

 本日も、さぞかし筋肉痛でエラいことになってんだろうと思ってましたが、意外と大したことなく。贅肉は大変だし体力は落ちてるしヒマも余裕もないし、これは確実にダンサーの称号返上だなぁと思っていたのですが。

 私、まだまだダンサーでいられそうです。うむ。ちょいちょい踏みに行って、色々と取り戻したいですね。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
今年3回目、かな?


何と言うスローペース…まあ、踏める範囲でだな…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
うらぁ!休んでやるぁ!うらぁ!
 明日は有給休暇です!!

 その分、本日は……いやまあ、全然仕事進みませんでしたけど……。



 でも堂々と休む!倒れたら元も子もないからな!!体が一番大事!!心も一番大事!!仕事の進捗はその次!!いのちだいじに!!!!!


 ははは……もうどうにでもなぁれ~~~(やけくそ)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
勝手にしやがれ/沢田研二
 いやー。

 ジュリー、偉大だわー。

 風呂に入ってですね、スピーカーからジュリーの往年のヒットソングをガンガン鳴らしながら歌ってたら、すんげぇ元気になりましたわー。

 普段はですね、ここまで感情的になって歌うようなことはしないんですが、リミッター外して、自分だけの空間で、自分の心をいやすためだけの歌を歌い散らすのは、疲れたメンタルには効果絶大ですわー。知ってたはずだけど忘れてたわー。

 一口に「歌」と言っても、色々あるなぁ。自分のためだけの歌、人のための歌、追及する道の先の歌、誰かに利用される歌、ただそこにありのままで在る歌、虚空に消える歌、心の中でだけ鳴る歌、現実には絶対に存在しない究極の理想の歌、「死んでしまって肉体もすっかり滅びても私のもう此の世のものではない耳に」聞こえる美しい歌…。

 うん、ちょっと元気出た。ジュリーありがとう!勝手にするわ!(←えぇ?!)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
惨事のあなた
 いやいや。


 そもそも、今の若い人は「3時のあなた」自体を知らないんではないか、という…。


 ともあれ……3時回りましたね……。





 ……寝なきゃ……でも眠れるんだろうか……。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
プチプチと更新が途切れる日々
 また一日、すっ飛ばしちゃいましたなぁ。

 本日は、午後に入ったあたりで電池が切れて、もう見るからに「使い物にならない状態」に陥ってしまい、いっそ早退したかったくらいなんですがそこは何とか踏ん張って、定時になってから帰ってきました。我が家についてからも、飯を食い終わるが早いか早々にソファで爆睡を決め、でも2時間おきに目覚めるというのを2度ほど繰り返して、その後現在に至るというわけです。いや、どういうわけだよ。

 バランスの悪さはずっと居座っていて、今も健在。いや、こういう場合は「健在」って表現は違和感あるけどなぁ。まあ、引き続き、回復がひたすら遅くて、上手く回ってない感じ満載です。ソファ爆睡で、表面的にはいったん楽になったように思えてますが、明日の昼辺りにまた電池が切れそうな予感がふつふつと。

 だいたい、どっぷり疲れてるはずなのに、ぐっすり眠れずにプチプチと睡眠が切れて目が覚めるあたりが、どうかしてます。これは、問題の根っこが無くならない限りは、解消しないんでしょうなぁ。つまりは、今回のケースにあっては、6月の中旬過ぎないとダメってことに他ならないわけで、そこまで何としても凌ぎ切らなきゃいけません。何としても倒れられない、という状況は、それだけで一定以上のストレスを生むのがまた質悪い。

 自己分析がそれなりにできていても、「じゃあどうすりゃいい?」って問いに対して、「頑張る」以外の回答が出てこないところが実に悩ましいです。つれぇなぁ、でもやるか…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
バランスが悪いのだろうか。
 バランスが悪いのだろうか。と思ったりしています。多分、そうなんでしょう。

 そうですね、主に、仕事とプライベートの間で動く、自分の感情のバランスが悪いような気がします。例えば、先週はずっと平日に忙しくしていて、土曜日も休日出勤がありましたので、この間に自分の感情の多くを仕事への心配事が占有してしまい、プライベートな時間での動きの鈍さにつながっていた、そういう自覚ははっきりとあります。

 しかし、本日。何もナイはずの本日も、何だか感情の動きが鈍い。夕方から夜にかけてはガウジュの練習にも行ってきましたが、何と言いますか、「あー、歌ってきたなぁ!」という感じになりません。

 メンタルがね、解放し切れてないんですよ。これは、多分そうなんだと思います。

 結果的に、明日からまた仕事の心配ごとをいくつも抱えながら働くことになるわけですが、このバランスは大変良くないです。まだ先は長いんですよ。なのに今からこんな状態だと先が思いやられます。もっと、脳内を仕事のことが占有する時間を減らして、リラックスできる時間の割合を大きく増やさないと、どっかで潰れるぞ、オレよ。

 まあ、そういうコントロールが意のままになるくらいなら、誰も苦労せんのだけどね。自覚がある今のうちに、少しでも手を打たないとなぁ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
がくふかきかき
 うふふふふふ~♪


 楽譜書き、たーのしーぃな~♪


 ……あ。


 ご無沙汰しとります。ええ、完ッ全に、オチておりました。まる二日間、仕事から帰ったらグッタリと倒れ込むように寝て、起きたら仕事行っての繰り返しで。本日も丸一日休日出勤でしたが、しかも、結構緊張感高めの仕事でしたが、それがどうにかこうにか無事に終わって、今はようやっと、人間らしい心地を取り戻した感じでございます。


 うふふふふ~楽譜書き、た~のし~ぃなぁ~♪(………人間らしい心地?)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
飲み会を終えて
 …とりあえず、週半ばを過ぎましたが…。



 あと二日もあんのか。orz しかも、土曜日は丸一日休日出勤ですよ。いやー、来週、どっかで休もう。そうでないと、GWも含む休日出勤ラッシュのどこかで死ぬわ。マヂで。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
アマの荷物が届く日に


なんでよりにもよってこんな残業で超絶遅くなるんだ…。

夕飯すらもこれからですわ…中身は明日、いや、明日も飲み会なんだよ…どういうことなんだよ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ちはやふる -上の句-
 こないだWOWOWでやってたのを録画して、先ほど見たのですが。

 いやもう、てんこ盛り過ぎて最高過ぎる!!

 実は昨年の5月1日映画の日に、劇場版ユーフォを見た後に、これも見てるんですよね。ほら、この記事。で、この時も「最高過ぎるだろ!」と思っていたのですが、というか、そのまま深夜まで映画館にいて下の句も見たのですが、それらのことを一切書かなかった己のふがいなさに触れたのが、翌日のこっちの記事。…………ふがいなさ過ぎるわ!!

 で、上の句。約一年ぶりに見たわけですが、やっぱし超面白いですわ。ツボを外さぬ演出が一々強烈なのも去ることながら、終盤に向けて丹念に編まれていく伏線の数々がいずれも凶悪だし、机くんが最高過ぎるし、大会に落とし込まれたモチーフの量がハンパ無いし、静寂とスローモーション・爆音とアクセラレーションを的確に組み合わせたあの表現がグサグサ刺さりまくるし、机くん最高過ぎるし(二度目?!)、いやぁもう机くん大好きだわマヂで。

 なんつーかですね、こんなにもいい映画をすとーんと見せてもらって感謝に溢れていたことを思い出しましたよ。すげぇな、今年は劇場版ユーフォと言い、映画の当たり年だなぁ、なんて思ってたんですよね。はっはっは、まさかこの後にシンゴジ、ゆめみ、君の名は、聲の形、すずさんと、怒涛のような名作ラッシュが来るとは、思いもしませんでしたがね!てゆーか、今振り返ってみてもハンパ無いなこのラインナップ!!一体どういう年だったんだ!!

 本日このまま下の句を見る体力は無いんで、そちらは後日。はー、今日の体力の残存を全部使い切る勢いで見てしまったけど、悔いはねぇなぁ。いい作品です。つーか、机くん最高(まだ言うか)。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
父の七回忌。
 本日は、父の七回忌法要に行って参りました。無事に終わって、本当に良かったです。

 6年前…なんですねぇ。あっという間と言えばあっという間ですし、もうそんなに経つのかという気も、正直します。私と父の年齢差は30ほどですから、その5分の一が過ぎたのだと思うと、えっ、そんなに?!と思ってしまうのです。

 あと24年も経つと、私は亡くなった時の父の年齢くらいになるわけで。人の生死は思いのままになりませんから、その時に私が実際に生きているか死んでいるかは神のみぞ知るところでしょうが、「死んでいても全然おかしくない年齢になっている」という事実が、私を呆然とさせます。24年なんてね、あっちゅー間よ、あっちゅー間。きゃー、信じれんわ、ほんまに。

 法要でお経を唱えてくれたお坊さんも言っていましたが、こういう法要は、自分の生き死にというものをとても意識する機会になるんですね。明日からはまた仕事ですが、今日の残り時間くらいは、「今のこの大切な生」というものに、しみじみと感じ入っていようかしら、と思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
判断力って
仕事などに追い詰められてくると、自分の判断力がどのくらいヤバくなっているかを見定めて、その劣化度合いに応じて対応を変化させています。あ、割とヤバいな…と思った時には、重大な分岐点となるような決定を後に回したり、これはかなりヤバいな…と思える時には、その日の作業は打ち切って帰ることにしたり。

まあ、ある程度はこの辺の対応で乗り切れていると思っておりますし、大きな実害も出ていないんですが。

今日、ちょっぴりショックだったのは…昨夜、こりゃダメだと思って仕事を切り上げた判断そのものは正しかったのですが、今朝になって相当回復した頭で振り返ってみたら、「昨夜はそこまで気づいてなかったけど実は相当アレな状態だったらしい」とわかってしまったことです。

そりゃそうだわな。「今、自分の判断力がどのくらいヤバいか?」を考えること自体に判断力が必要なんだもん。ブレることは大いにあり得るわな。でも…もう私ってそういう域なのね、ムリとかほとんど効かなくなってるのね、とわかってしまうのは、やっぱし堪えますわ~。orz
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
異質なものではない、と認めること
痛ましい事件の容疑者とされる人物が、「被害者を守るべき立場に身を置く者だった」ということが大きく取り上げられ、人々に大変な動揺が走っております。

現時点ではあくまでも容疑者に過ぎず、「真犯人である」と確定したわけではありませんので、過剰なバッシングも行き過ぎた個人情報晒しもはっきり言って間違いで、「お前らちょい待てや」と言いたいところなのですが、それは本記事の主題ではありません。

こういう事件があると、必ず起きてくるのが「犯人の異質なところを探して、これは普通の人ではなく、酷い人間だったのだと考えることで安心しようとする動き」です。今回も、現在40代のおっさんの学生時代にまで遡って、「教師に反抗することもあった」なんていう報道が出てますが、なーんやそれ、です。教師への反抗くらい、ほとんどの人が経験してるでしょーが。そうまでして、「このひどい事件を起こすような人間は、やはりどこかおかしいところがあったのだ」って安心したいんですか?
[異質なものではない、と認めること]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ホントに一日おきだな…
 本日は絶望的な状況にはなりませんで。

 相変わらず死にそうな量の仕事が在庫してますが、まあ、順調に進んだ方でしょう。少なくとも、週明けにいきなり爆死することはないと確信できましたし、ほんの少しだけ残業しましたが、後は自分の根気に見切りを付けて帰る判断ができましたから。

 土日は、プライベートであれこれありますが、仕事のことを思い出さなくても大丈夫そうです。


 ただ。


 この展開は、月曜日に朝一でいきなり大変なペースに巻き込まれたり、或いはいきなり爆死級の重たい仕事が新たに降ってくる、そういうフラグだったりするんじゃないかと…いや、考えすぎですかね?今週の展開があまりに惨かったので、「そんなのそうそうあるもんじゃないwww」と簡単に割り切る勇気がないよ……。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
さらにシャレにならない日々
 えーっとぉ。


 ワタシが想定していた「真の山場」は、確実に間近に迫ってきているとは言え、それでもまだ数週間先にあるわけなんですけれどもぉ。


 なのにこの現状は、そもそも山場になる手前の段階でのこの現状は、細々(こまごま)した用事が次々に想定外にしかし単純にがぶり寄ってくるだけで死にそうになっているというこの現状は、一体何の試練なんだと。


 概ね一日おきに「絶望的な状況」がやってきますな。はーっはっはっはっはっは。


 ……アレをあーいう風にした奴らとかソレをそーいう風にした奴らとか、みんなみんな、死なない程度にヒドイ目に遭えばいいのに。ホントに。マヂで。orz
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
せっかく買ったマンガの新刊が読めねぇ
 遅れに遅れてようやく購入した、ヒビキのマホウの5巻&最終巻が家にあるのですが。

 ページを開くことすらままならぬまま、既に数日が経過しております。orz

 全く時間が無いわけではなく、主にメンタル的な余裕の問題なのですが…結果的に開くことができないならば、時間が無いのと大差ないですな。

 「いのちだいじに」にしてると、否応なしに休息に時間を割り振らざるを得ないんで。読んだ方がリフレッシュするんじゃないかと、一瞬脳裏をよぎったりもするんですが、なかなかその決断ができません。

 そうかと思えば、大事な家族の相談ごとに時間を費やしたりもしてるんで。目先の休息よりも大事なことってのはあるもんですからねぇ。ああ、これからはだんだん土日も無くなっていくんだがなぁ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
シャレにならない一日
シャレにならないので寝ます。orz
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
毎週山場
 「怪獣酒場」じゃなくて「毎週山場」な。嬉しくねぇ。orz

 今週は、表面的にはそれほど大した用事が入っていないように見えるのですが、「今週こなしておかなきゃ後々で盛大に爆死する級の数々の仕込み」が必要な日々でして、漏れがないか確認しながらの一週間になります。肉体的な疲労はさほどでもないでしょうが、精神的にはかなり追い込まれそうですねぇ。

 ところどころに入ってくる、「どうしようもないとしか形容できない、どうしようもない仕事」がね、地味に体力と精神力を剥ぎ取りにかかってくるんでね。その辺をうまくだまくらかしながら、本来の仕事を完遂してかなきゃいかんわけです。

 泣いても笑っても、正味あと二か月ポッキリなんで、何とか乗り切っていきたいと思っております。できれば、ストレス発散や息抜きとしてのプライベートも、ある程度こなしながら。贅沢?いやいや、その方がいいんですって。根詰めたってろくなことにならないのは、身を持って体験済みですからねぇ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
チョイと一回のつもりで踏んで


いつの間にやらMAX300~(いやいや)

今年二度目、今年度初!の踏みです。ガウジュ帰り、明日は普通に仕事なので、軽く。軽ぅく。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
趣味の楽譜を書いたり。
 金曜日の歓送迎会のダメージは、夕方を過ぎてからようやく抜けてまいりまして。

 残り時間でできることは限られるなぁ、と。

 どう過ごそうかしばらく思案した結果、趣味の楽譜を書いて過ごすことにしました。なかなか思うように書けませんが、ちょっとずつ、自分の頭の中のもやもやっとしたイメージが確実に形になっていくのは、やはりカイカンです。

 手元には、現実の音として鳴ったことが無い楽譜も多いんですが、まあ、それはそれ。色々と疲弊した頭には、こういう、全く方向性が違っていて、普段していないようなクリエイティブな使い方をさせてやるのがきっといいんです。

 もう疲れたので、出来は中途半端ですが、今日はこれで終わりにします。いつ出来上がんのかねぇ、これ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
とりあえず週末・歓送迎会
 年度が明けて、最初の週末です。そして、自分の部署の歓送迎会も。例の部下を送り出す会ですね。

 日本酒が美味い店、とか言ってましたから、キケンです。実にキケンです。ヒジョーにキケンです。休みを棒に振るような、激しい飲み方にならないように気を付けたいところですが、はてさて。

 さよならは別れの言葉じゃなくて、再び会うまでの遠い約束、でしたっけ。まあ、セーラー服でもなければ機関銃でもないですけれど。

 微妙に整理がツイテナイ感満載ですが、それなりには、送り出してきたいと思います。それぞれ、まだまだ道は続いているしなぁ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
コントロール下にある事象なのかどうか
 IT部署に身を置くものとしては、リスクをコントロールする必要に日々迫られております。

 いわゆる「爆死コース」に乗ってはいけないわけでして、ちょっとでも違和感を感じたら、得心が行くまで確認する、その繰り返しです。ヒヤリハットの法則、なんてぇ言葉もありますが、兎にも角にも、リスクを可視化して、可能な限りコントロール下に置く、それが私の仕事の本質と言っても過言ではありません。

 さて。

 IT関連でのリスク、という話をしますと、それは技術的な話なんだろうなと思われてしまうのですが、実のところ、最も大きなリスク要因は、「人」です。もちろん、技術的な要因だって大きく絡むことはあるのですが、大抵の場合、技術的リスクが顕在化しているのを見過ごす人間、という構図がくっ付いてきます。全く予兆を観測できなかったトラブルという、極わずかな例外を除けば、人間がリスクを見逃していることが多々あります。また、技術的には何ら問題がないのに、人間が勝手にやらかしているケースも非常に多かったり。人間のリスクを極小化できれば、かなりのトラブルを回避できるものと、私は考えています。

 そういう意味で、人間に起因するリスクの可視化とコントロールが課題になってくるわけですが…。

 さて、現状は、私のコントロール下にあるのでしょうか?それがわからなくて、ここんとこは苦悶の日々です。あう。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。