Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
タダほど怖いものはなく、安いものは安いなりに。
 どんな業種にも通じることだろうけど、私はずっとITがらみの担当でやってきているので話しやすいから、その辺の話を中心に。

 ソフトウェア関連の仕事というのは、価格は「有って無いようなもの」とよく言われます。それは、「目に見えて触れるようなゲンブツのものづくり」とは異なり、素材の原価も無く、人件費の総和で費用が決まる性質があるからなのでしょう。確かに、もう随分と昔に開発が終わってしまったようなソフトウェアの話をするならその通りで、開発に費やした人件費等の費用は既に回収が終わってたりしますし、それを依然として発売当初の価格で売ろうとする姿勢が垣間見えると「おいおい冗談だろ?」と言いたくもなるわけですが…。

 これが、引き続きサポートが続いており、継続的なバージョンアップや機能強化が図られ続けているソフトウェアになると、全然話が変わります。こちらは、日々のサポートのために間違いなくコストがかけられており、質の高いサービスとして提供を続けるために一定の費用が発生しているからです。価格が有って無いようなもの?おいおい、冗談だろ?とまあ、言い放つ向きが180度変わるわけですね。適正な価格というものは、あるはずなのです。(無論、それがわかりやすいかわかりにくいかは別な話ですが)

 こういう、表立って見えにくい(というか、そもそもそういう考え方で見ようとしていないから見えるはずもない)コストに裏打ちされている商品・サービスの価格って、頭っから否定してくる人、多いですよね。極端だとタダにしろとか普通に言う人いますし。多少マシな人でも、保守の契約結んでいるんだから何でも言うこと聞け、みたいなのとか。いやいやいや、それは違うでしょ。契約の内容に書かれていることをきっちりやってもらう代わりに正当な対価を支払う、それが契約でしょ。はぁ?契約の中身なんて適当で、やるべきことなんてそもそも決めていない?ふざけんな、あんたらもあんたらだがそれで契約している業者も業者だなおい!
[タダほど怖いものはなく、安いものは安いなりに。]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。