Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
「歌謡曲」って、どこからどこまでを言うのか?
 もう死語に近いんでしょうが…。

 「歌謡曲」という言葉が、世間一般で普通に使われていて、恐らくそのイメージするところが人によってそれほどブレない、そういう時代を私は通過してきました。そのつもりだったんです。ですが、今、改めてその経緯を振り返ってみると…歌謡曲って、一体どこからどこまでなんだ?

 例えば、70年代中盤にお茶の間を賑わしていた流行歌は、ほとんどが「歌謡曲」と言って差し支えないものだったと思います。演歌との境目が気にはなりますが、「歌謡曲と演歌」と括ってしまえば、ほとんどがそこに入るわけです。ところが、フォークソングが台頭し、ニューミュージックが若者を中心に流行り、YMOがテクノポップを持ち込んで、サザンがロックの方向に引き戻し…この辺から、段々と怪しくなってくるんですよ。80年代は、個人的には青春の真っただ中でしたし、色んな曲を聴きましたが、さて、「歌謡曲」として聞いたものとなると…。80年代の後半に学生たちを中心に一世を風靡したREBECCAの曲、「フレンズ」でも「MOON」でもいいんですが、あれらは「歌謡曲」に入れていいんでしょうか?同時期に流行っていた、斉藤由貴の曲は?森高の「ストレス」とか、歌謡曲に含めていいの?

 90年代に入って、例えばSMAPの曲。何となく「アイドルの曲」って流れで来ているようでいて、実は途中にかなりおっきな断層があったり。当時の最先端の音楽シーンをブイブイ言わせている人がたくさん関わっていて、それまでのアイドル曲の常識を塗り替えた、とか、当時も言われてましたしねぇ。一方では、70年代からずっと活躍し続けているような人たち~松任谷由実でも中島みゆきでも~が90年代に歌ってた曲たちは、歌謡曲に含めていいんでしょうか。どうなのビスパーチェン。

 まあ、ジャンルなんて定義が有って無いようなもので、極めてテキトーな、雰囲気で呼んでいるだけのモノだと割り切ってしまえばいいんでしょうが。「歌謡曲を編曲してみよう!」とか思うとね、いきなりそこで悩むわけです。いっそ、作曲者を「都倉俊一と筒美京平縛り」とかにした方が混乱が少ないような気もするんですが、それだってどこかで破綻しそうで…。

 ううむ。やっぱ、「XX年代頃の流行歌」ってやらないとダメなんだろうなぁ。今書いてるのは…70年代ど真ん中か。なるほどなぁ、そうだよなぁ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
勝手にしやがれ/沢田研二
 いやー。

 ジュリー、偉大だわー。

 風呂に入ってですね、スピーカーからジュリーの往年のヒットソングをガンガン鳴らしながら歌ってたら、すんげぇ元気になりましたわー。

 普段はですね、ここまで感情的になって歌うようなことはしないんですが、リミッター外して、自分だけの空間で、自分の心をいやすためだけの歌を歌い散らすのは、疲れたメンタルには効果絶大ですわー。知ってたはずだけど忘れてたわー。

 一口に「歌」と言っても、色々あるなぁ。自分のためだけの歌、人のための歌、追及する道の先の歌、誰かに利用される歌、ただそこにありのままで在る歌、虚空に消える歌、心の中でだけ鳴る歌、現実には絶対に存在しない究極の理想の歌、「死んでしまって肉体もすっかり滅びても私のもう此の世のものではない耳に」聞こえる美しい歌…。

 うん、ちょっと元気出た。ジュリーありがとう!勝手にするわ!(←えぇ?!)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
買うてまうやろおおおおおおおおおおおお!!!!
 1年3ヶ月ほど前に、こんな記事を上げました。

 ギドン・クレーメルのバッハ無伴奏をハイレゾで聞きたい

 日付は2015年11月29日。この当時、どこかで配信されていないか一所懸命探したけど、見つからなかったんですね。なんでや、と。せっかく24bitでデジタルリマスタリングされてるのに、出ないなんて、と。そう思って上げた記事でした。

 それからしばらく経って、2017年に入ったある日のこと。

 e-onkyoのサイトを何とはなしに眺めていたら…。あるじゃないですか。クレーメルのバッハ無伴奏。いつの間に!と思って日付を見ると、2016年7月6日。上記の記事を上げてから、ほんの半年ちょっとで配信開始されてたんですね。気付かんかったなぁ。いやぁ。気付かんかった。ただ、念願の音源ではありましたが、ちょうどその頃は何かと入り用で原資が手元になく、そのうちポチろうと、手元のWishList(という名のブクマ)に放り込んだのです。

 そして、今日。

 何気なく、ブクマのページを漁っていたら…あれ?クレーメルのバッハ無伴奏、アルバム全部で1,725円?CDより安い?!何で?!

 調べると、DECCAの100タイトルが期間限定でプライスオフ、というキャンペーンをやっていて、その対象に我らがクレーメルのバッハ無伴奏も含まれていることがわかりました。これはもうポチるしかねぇ!!とりあえず即ポチをキめ、とりあえずダウンロードしております。さて…これ、一体いつ聞こうかねぇ…。聞く時間を作らないと聞けないねぇ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)
 SMAPは個人的に好きなグループだったので、解散という結果になったのは、正直とても残念なのですが、こじれてしまった人間関係というものは、もう時間に解決してもらうしかないことが往々にしてある、とも思いますので、今の別れを惜しみつつ、いつかまた、という願いだけをひっそりと自分の胸に刻んで、そっとぎゅっと送り出してあげたい、という気持ちです。

 上記のような気持ちを解散報道の最初期から抱いておりましたゆえ、当ブログでは一切そのことにも触れず、沈黙を貫いていたわけであります。しかし、無事にSMAP×SMAPの最終回の放映も終わり、最後のベストアルバムも出て数日経って、自分の中でも「区切りを過ぎた」という感じになってきたり、とりあえず録画だけしてあった件の最終回を横目で眺めて楽しかった今までの歴史に感じ入ったり、やんわりと緊張がほぐれてまいりました。

 そのタイミングで、例のベストアルバムを買いたい、という話が妻&娘からありまして。そうだね、記念にいいんじゃないか、と思いました。ですが、調べてみたところ…デジパック仕様の初回限定版、Amazonでは恐るべきことに1000円以上のプレミア付になってるじゃありませんか。今週頭の人間ドック帰りに立ち寄ったコーチャンフォーで、確か山積みになってたような…と思い、行ってみたら案の定。まだまだ余裕で買えるじゃないですか。通販は便利ですし、首都圏の利便性にも敵わないと思うことが多いですが、こういう時だけは地方の恩恵を感じますね。

 そんなわけで、私自身の踏み納めは叶いませんでしたが、おみやげに持って帰ったSMAP 25 YEARS、早速娘がガッツリと聞きこんでおり、今夜の出陣が決して無駄ではなかった、という感じです。彼らが残したものは大きく、しばらくは寂しさが募ると思いますが…終わることで価値がなくなるわけではありません。願わくば、一つの区切りを越えた彼ら5人に、それぞれの輝く未来への道が開けますように。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
follow slowly/猫叉Master
 余裕がないので、「今聞いているアルバムを書くだけの簡単なお仕事」のみにて。

 つーか、猫叉Master、好きなんですよぅ。今やBEMANIの曲ってほとんど新しいものを聞かなくなってしまっているんですが、猫叉Masterは数少ない例外の一つ。どれを聞いても大概外さないと言いますか。その割には、急いで新譜をゲットするほど入れ込んでるわけでも無く、かなりゆっくりと追いかけてますし、しかもレンタルとか中古とかで済ませてる辺り、私もいい加減失礼だなと思うんですが。

 私がjubeatをそれなりに真面目にやってた頃に出会った、Good-bye Chalon。あれが、個人的には最強です。あれは名義が「猫叉Master+」なんですが、そんなの関係ねぇ。あと、Far east nightbirdも大好きですし、Tribeもいいし、Rainbow after snowもたまりません。あーもーどれも大好きだー。

 とまあ、現実逃避しながら本日もふけゆくわけです。うおー。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。