Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
熱(の)量
 私の趣味のこと全般に関して、ですが。

 何かやろう、もしくは、何かやりたい、という時に、一定以上の「熱量」が自分の中に必要になります。「熱意」と言い換えてもいいのですが、私の気持ちの上では、物質的な何らかの量を伴っているような気がしていて(もちろん、そんなことは実際にはあり得ないんですが)、それであえて「熱量」という言葉を使っています。理系の端くれだった者が使うには迂闊すぎる扱いですが、まあ、ご愛敬で。

 こいつが臨界点を越えていないと、実際に何かを為すことまでは至れません。どうしても始めたくてとりあえず手を付けることもあるんですが、最後まで到達できない。また、始めた当初は臨界点を越えていたけど、長丁場になって続けていくうちに足りなくなってしまい、尻切れトンボになることもあります。なかなか思うようにいきません。もう何年も前まで、深夜アニメを見てそのまま徹夜覚悟で突貫レビューを書いていたことがありますが、実はあれも一つの「苦肉の策」でした。自分の中の熱量を一時的に限界まで高めておいて、それがしぼむ前に一気に書き切っていたわけです。まあ、こいつは体力と気力が充実してないととてもできませんし、基礎的なものも急場の馬鹿力も著しく衰えてしまった今の私には、到底無理な手法だろうと思いますが…あの頃はまだ何とかなっていたんだなぁ…。(遠い目)

 閑話休題。

 そういう「熱量」が、自分の中を満たしている状態というのを、とても恋しく思うことがあります。これがただの無いものねだりなのか、或いはその熱に浮かされすぎて中毒になってしまった私の禁断症状のようなものなのか、その辺が今の私には微妙にわからないでいるんですけれど。一心不乱に、「好き」を突き詰めることは、やはり幸せな状態なんだろうと思うのです。

 その様子は恋にも似て、自分の中を熱く焦がします。恋に熱は付き物ってとこですかね。50にならんとしているオッサンが言うと結構キモいですが(汗)、でも、こういう「基本的な原動力」って、自分のベースに必ずあるような気がするんですよ。まだ種火は消えてないと思いたいですが、はてさて。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
だから!早すぎると言ってるんだ!
 世界にはIoTはまだ早い、という主旨の記事を、つい二ヶ月ほど前に書きました(3月14日「IoT時代は来るのか」)。

 で。

 やっぱ早ぇよなぁ、と思わされる事件が、先週末ぐらいから世界各地で起こっているようです。「感染力がやたら強い」+「支払いまでの時限が短い身代金ウイルス」という凶暴な組み合わせの、ランサムウェア「WannaCry」問題です。世界150か国で猛威を振るっているとか何とか言われています。

 が、組み合わせ自体は初めてでも、各パーツは既存のパターンに当てはまるのがほとんどで、しかもゼロデイ(セキュリティパッチが公開される前に攻撃が生じる)ではない案件ですから、正直、「普段からやるべきことを地道にきっちりやっていれば、少なくとも爆死級の被害には遭うはずがない」というのが私の見方。それが「世界中で猛威を振るってるのは何故か」と言えば、そうなってしまうくらいに「普段からやるべきことを地道にきっちりやっていない人たちが世界中に溢れている」ことの証左でもあります。だから、IoTは世界にはまだ早いんですよー。
[だから!早すぎると言ってるんだ!]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
異質なものではない、と認めること
痛ましい事件の容疑者とされる人物が、「被害者を守るべき立場に身を置く者だった」ということが大きく取り上げられ、人々に大変な動揺が走っております。

現時点ではあくまでも容疑者に過ぎず、「真犯人である」と確定したわけではありませんので、過剰なバッシングも行き過ぎた個人情報晒しもはっきり言って間違いで、「お前らちょい待てや」と言いたいところなのですが、それは本記事の主題ではありません。

こういう事件があると、必ず起きてくるのが「犯人の異質なところを探して、これは普通の人ではなく、酷い人間だったのだと考えることで安心しようとする動き」です。今回も、現在40代のおっさんの学生時代にまで遡って、「教師に反抗することもあった」なんていう報道が出てますが、なーんやそれ、です。教師への反抗くらい、ほとんどの人が経験してるでしょーが。そうまでして、「このひどい事件を起こすような人間は、やはりどこかおかしいところがあったのだ」って安心したいんですか?
[異質なものではない、と認めること]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
IoT時代は来るのか
 個人的な意見ですが…まだ世界にIoTは早いと思ってます。

 Internet of Things、いわゆる「モノのインターネット」。パソコンやスマートフォンなどの「情報機器」だけではなく、ありとあらゆる機器がインターネットと接続していて、主がどこにいてもそれらの機器を遠隔操作で制御・確認できる夢のような世界。

 ですが、残念ながら現実には、ありとあらゆるものが「安全に」インターネットと接続するような技術は、確立されていません。パソコンやスマートフォンは、日々見つかる危険な要素をアップデートによって解消する枠組みを持っており、辛うじて安全を維持しているのですが、焼き込みROMなどにソフトウェアを固定してしまうような機器においてはアップデートそのものが難しかったりします。既にネットに接続されている複合機、ルータやWebカメラなどは、かなり危険な状態になっているものがたくさんあり、それらがハックされて情報や映像が危険に晒されている現状を見るにつけ、防犯システムや調理・暖房機器などのよりおっかないもの達がインターネットに接続できるようには、私には到底思えないのです。

 問題は、多分ネットの仕組み自体にあって。この辺、ブレークスルーと言いますか、不連続にポンッと構造変化が起きるくらいの変革が無いと、ダメな気がするんですよね。そんなものが起きるのかどうか、そもそもそれが無いとホントにダメなのか、私にはわかりませんけど…。

 もし私が生きてるうちにそんな世界が来るのなら、「あれ?さっきまで持ってたのに、どこに置いたっけ?」という類のものを、検索して瞬時に見つけられるようなアプリケーションが欲しいです!もうね、しょっちゅう色んなものを見失うんですよ!家の中のものを全部ネット接続して、常にどこに置いているのか把握できるように…え、使い方があんまりですかそうですか。(´・ω・`)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
「おサムイ日本」的な。
 クールジャパンを世界に広めるためにと、経産省が「世界が驚くニッポン!」なるコンセプトブックを作ったようですが。

 バッカじゃねぇのwwwwwwwww

 一体この行動のどこがクールやねん!「オレの国ってすごく注目されてんだぜ」って、真顔で言うヤツがどれほどサムい視線で見られるか、ちったぁ想像してみろよと。中身を見るまでも無く、「愚行」です、「愚行」。

 まあ、中身を全然見ないで批判っていうのもアレなので、ちょっとだけ見てみました。

 ……ちらっ。

 …………あー。やっぱしダメなヤツだこれー。

 恥ずかしいなぁ。こんなの国の役人が大真面目でWebに公表しちゃうのって、ホントどーなの。カンベンしろよもー、あーーー!!
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。