Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
「3月」という時期
 3月に入って、ガウジュの練習は一ヶ月お休み。代わって、高校合唱部の定演に向けた集中練習の時期に入り、本日は午後から練習に参加してきました。

 ガウジュに入って約1年半を経て、こうして久々にこっちに来てみると、やっぱ色々と「立場が違う」ことに愕然としますな。やってることはそう変わんねーじゃねーか、というのも、その通りなんですけども。何と言いますか、心構えが違います。精神論的な意味ではなくてですね。

 すごく単純化して言えば。ガウジュで歌ってる時の私は「全き当事者の一人」であり、高校のOBとして歌ってる時の私は「ある種の当事者ではあるんだけど、サブ的な位置づけの一人」という感じ。どうもね、「主役!」と胸張っては言いづらいんですよ。高校生が主役ですからね、やっぱし。

 どっちにいても、その立場なりの全力を尽くしますが、ベクトルが微妙に違うかもしれません。それを言語化するには、まだ私自身の経験値が足りていない気がするんですけどね。

 まあ、今年も、頑張ります。あと3週。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
THE GOUGE 第2回演奏会終了。
 もう丸一日以上たちますが…371名の方に聞いていただき、感謝感激でございました。どうもありがとうございました。

 私はと言えば…とりあえず、自分にできることは全部やり尽くしましたが、それがどんな音として結実しているのかは、録音が上がってくるまで何ともわからない状況です。良い音が鳴っているといいのですがね。はてさて。

 私のソロの方もおおむね好評だったのですが…その件については一つ、大いに冷や汗をかく出来事がありまして。ソロを歌い始める少し前からですね…自分が歌うべき歌詞とメロディが、頭の中から完全に飛んで真っ白になるという大失態をやらかしまして。刻々とその時は迫るし、相変わらず自分が歌う歌詞の内容は思い出せない、ヤバい!大事故だ!演奏止まる!みんなゴメン!もうコンマ数秒も無い!!もういいや、出ちゃえ……「ヒー!」(フランシスコは死にました…ってそりゃS.E.T.でしょうが!)

 実際には血迷って「ヒー!」とか叫ぶことも無く、かと言って黙ったまま放送事故みたいになることも無く、私の意識とは無関係に口が勝手に正しい歌詞を紡いでくれたので事なきを得ましたが…。ちなみに、後で聞いたところによると一緒に歌っているみんなは、「…てりぃさん、なかなか出てこない…」「何で出てこないの?まさか一歩前に出るのを忘れてるとか?!」くらいの感覚だったそうですよ。実際にはそれ以上の大事故になりかけてたんだよねぇ、これだから本番は本当にコワい!!

 そんなこともありましたが、幸いにも大きな問題になることも無く、その他の場面では大いに楽しみつつ、得難い時間を過ごすことができました。改めて、ご来場くださった皆様、一緒に音楽を紡いでくれた仲間たち、これまでを支えてくれた家族、その他諸々の大小の僥倖に、感謝感謝でございます。これからガウジュは一か月余りの休養に入りますが、また次の音楽を目指して、歩みを新たにしたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
もうちょっとで本番。もうちょっとで完成。
 本番前の最後の練習をやってきました。あとは当日のリハだけ。

 現時点で、何にも不安が無い、と言えばウソになりますが…一方で、いい演奏会になる、という確信もまたあります。

 札幌近郊にお住いの方は、老若男女を問わず、是非お越しください。2月18日(土)18:30から、ちえりあホールにて。THE GOUGE第2回演奏会です。

 来てねー。

 てりぃさん、ちょっとだけソロやりますよー。

 …さ、不安が無くなるまで地道に自主練するか。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
演奏会本番一週間前
はっはっはっ。

あー……練習、疲れたわぁ。orz

つーか、昨日の今日で疲労が回復してないらしく、個人的にはノリが悪くて悪くて…気づいた人はいなさそうだけど。

明日も練習なので、今日はガッツリ寝たいと思います。本番前最後の練習だし、しっかりやりたいからね。

というようなわけで、本日も短めに。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
あといくつの
 オレは一体、あといくつの歌を歌えるのだろうか?

 誰にとってもそうなのかも知れませんが、私にとってこの問いはある種のタブーです。要するに、「死ぬまで」の、私に残された時間の間に、ということなんですが、タブーだとか言う前にそもそも、いつ死ぬのかわかっていないんですよね、自分は。だからそのことを考えても詮無いことですし、逆算しようにも一切有用なデータが無いんですから、ハナから如何ともし難いのです。でも、考えてしまう。困ったものです。

 私が関東に住んでいて、一般合唱団に所属していた時、北海道へのUターンが決まってしまいました。いや、確かに自分自身でその道を選んだのですが、納得づくで進んでいたのならいざ知らず、悩みながら進んでいたので、大変困りました。「今のままじゃ埒が開かない、かと言って今の環境を全て投げ出す覚悟も無い、とりあえず色々やってみて、結果が出たらその時に改めて考えよう」って具合だったのに、ホントに結果出ちゃうんだもの。さあ、どうする。愛してやまないこの合唱団にいられるのはあとほんのわずかだ。自分に何ができる、何をすべきか、いや、自分は一体、ここで何をどこまでやれるんだ…。焦りしかありませんでしたね。結局、多少の無理をしてしまい、それではやはり思うような結果は出ず。何かやり損ねたような心地を抱きつつ、涙ながらに彼の人々の居場所に別れを告げたのですが…。

 その経験から察するに、私自身が「残された時間」を意識するようになっても、恐らくプラスに寄与するようなことは一切無いのでしょう。だから、タブーなのです。「あと××年生きるとして、まともに歌えるのはその中の××年くらいだろう、一年に一回演奏会の機会があると仮定すれば、全部で×ステージあるだろうから…」なんて計算は、絶対にしちゃダメなのです。

 「後のことは、あとのこと。今は、目の前のこれに心血を注ごう」

 これで行きますよ、私ぁ。とりあえず、2月18日のちえりあホールでの演奏会です。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。