FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
キャロル&チューズデイには期待せざるを得ない
 ああ、もう一個書けるネタを思い出しました。とりあえず何でもいいから書き始めるとスルスルと続きが書けたりするもんですね。

 北海道は結構前から、最新アニメの多くが地上波だけではロクに見れない環境だったりするのですが、今季始まったキャロル&チューズデイは何と地上波放送!最速組から数日遅れなのは残念ですが、それでも久々の快挙は間違いなく嬉しいです。BSやCSと違って、悪天候をほとんど気にしなくていいのは有難いですわ。余談ですが、最近天気のせいでBS/CSの録画がガタガタになる事故が多くてねぇ…。

 さて、そのキャロル&チューズデイでありますが。

 もう何処をどう切っても、「期待せざるを得ない」という感想しか出て来ませんですよ!ついこないだまで私が見てた何とかいう鳴り物入りのアニメとは、あらゆる観点で文字通りランクが違います!個々のカットはセンスと粋に溢れているわ、ストーリーテリングは無理なく自然でかつ感情移入しやすく滑らかに紡がれるわ、キャラクターの振舞いから彼女らの感情がじわりじわりと視聴者に伝わる様な技があちこちに光るわ、演奏シーンの描き方にも音源そのものにもたっぷりとリソースが注がれていて絶賛の言葉しか出てこないわ、いやいやまだ第一話でこぉんな気持ちにさせてくれてどぉすんのさ?!

 リメイク版フルーツバスケットも実に楽しみに見ておりますが、先々への期待の大きさで言えば、圧倒的にキャロル&チューズデイだなぁ、私は。この二作だけでも、当面の動画見は萎えずに行けそうです。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
私ぁデレデレも大好きだったのだなぁ。
 二日間の記事があんなんではあまりにもあまりなので、なけなしの力を振り絞ってもうちょっと何か書いてみます。

 Kanonの名雪さんとCLANNADの杏が好きな私は、もう長いこと「本妻では無いサブヒロイン枠のキャラクターが、切なく報われない中でも頑張ってる姿に惹かれる傾向にあるんだなぁ」なんて思っていたのですが、最近になって、ソードアート・オンラインでは素直にアスナに転び、シュタインズ・ゲートでは紅莉栖に萌え尽くしている状況に至って、なんかおかしいなぁと思っていたのです。

 ああ、実はって言うか、そうかそうか、オレってデレデレな展開も大好きだったんだなぁと、ようやく思い出しました。そう言えばアニメのCLANNAD ~After Story~の最終巻に付いてきたもう一つの世界~杏編でも、ラストでデレデレにデレまくる杏に萌え倒していましたっけ。

 私の場合、ツンデレ展開とかは割とどうでもいいのです。ただ一つ、例えば不意を突く感じで

 「抱っこ」

 とか言われたら、そりゃあ、なぁ?え、ダメですか?同意していただけない?キミとは趣味が合わんようだな!

 まあ、別にいいんです。それぞれが好きなように好きなものを見て、好きなように愛でればいいじゃない。そんなわけで、オレはデレデレを愛でるぞジョジョーッ!
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
負荷認識のエスケープ
えーっと。

うる星やつらTVシリーズを第一回から適当に拾い視聴し始めたり。

心境的には今はシュタゲにどっぷりで、かと言ってこれ以上投資する余裕も広げる余地も今のところ見当たらず、無印終盤と劇場版をもう一回見たりもしたのですがおさまらず、別な何かに進むこともできず…。

悩みに悩んだ上で、今の自分にはこれ以上の負荷に耐える体力が残っていないことを考慮して「液体垂れ流す系」の方向ではなく、普段はあえて見ないようなアーカイブから何か掘り出す方向に舵を切りました。以前キッズステーションで全話流していたのを全部録ってあるので、その気になればこれも一気見できますが…流石に量が多すぎる。また、出来栄えが玉石混交なので、適当に飛ばさないと多分途中で萎えます(笑)。今日は最低でも「ときめきの聖夜」まで見ようかな。

しかしこれ、放映開始から39年経つのね…うああ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
シュタゲ祭り終了(一応)
 シュタインズ・ゲートのアニメシリーズ一気見祭りを、先ほど無事に、完遂しました。

 いやあああああああああ………もうね、踏み込めば踏み込むほどに好きになりますね、これ。何故だか見る気になれなくて長年放置していた劇場版も、前半の紅莉栖はテラ可愛いし中盤の紅莉栖はメチャいじらしいしあーこれは紅莉栖はを愛でる映画なんかなーとかついつい思ってたところにラスト10分で全身の水分を搾り取られかねないようなネタをぶっこんできやがってうはあああああああああすいませんすいません本当にすいませんと五体投地の勢いでひれ伏してしまう有り様でえっ文章長いですかそいつぁすいませんどうにもパトスが溢れ出てしまって制御できんのですよはっはっは。

 つーかですね。

 まとめて見てないと到底思い出せないような引用やリンクをシリーズ横断的にあちこちに張ってるんでホントに気が抜けないし、今回まとめて一気見したことで今まで完全にスルーしてたところが軒並みクリーンヒットして、ホントに死にそうなくらいボロボロに泣きましたですよ。なんつー作品だ!毎週一本のペースで見てた時も死にそうになってた(特にゼロ後半)けど、こうやってまとめて見ると破壊力がダンチだよ!もうね、数多ある積みゲーを忘却の彼方に葬り去って、華麗にELITEをポチリそうになってますよ!「まだ見てないエピソードがアンだろオラァッ!」ってですね、脳内のヤンキーモードてりぃさんが無印コンプリートボックス辺りを買わせようとアタックかけてくるんですよ!

 名作ですわー。少し間は置きますけど、何周かしたいですね、これ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
シュタゲゼロに突入したが
いやもう、第1話ラストの演出がビシッと見事にハマりすぎてて、これだけで号泣したくなるのをグッとこらえてるのですが変なんですかね私!あ、失礼、本日からいよいよシュタインズゲートゼロの一気見に突入した管理人、てりぃです!(^^;;

なんつーんですかね、結構前から「実はオレは割とどうやら演出燃えの人らしい」と思っていたんですけど、ホントもうここまでキレイに決められると、もう感動に打ち震えるしか無いのですよ!もちろん、そのベースとなる舞台の用意、状況の把握、登場人物の心理の描写の丹念な積み上げ等も重要な要素に違いありませんし、それらがあってこその感動という面も否定できないのですが、そうした良質なパーツを編み上げて一層の付加価値を持たせて突きつける力が、「演出」の中にあることもまた事実!あの、オカリンの動揺とシンクロするように高まってきたBGMが、ふっと消え失せての数秒の静寂!カメラが一気に後ろに引かれて、満を持して告げられる唯一無二の固有名詞「Amadeus」!イヤーしびれる!しびれるしかねぇ!しびれいでか!

つーか、第1話からこれか?!如何にゼロとは言え序盤はまだしも平常心で見られるだろうから今日はビール自重とか思ってたけど、これはたまらん!無理!ムーリー!飲まずに見るなんて、ぜってぇむり!!ここはちょっと中断してビール買ってくる!合法ロリもハァハァ!(いや、どさくさに紛れてナニ言ってんのこの人…)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。