Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
究極超人あ~るの新たな単行本が出る?
 うん、るろうに剣心の最新話とか、あ~るの最新の単行本とか、いったい今はいつやねん。

 最新刊10巻は、8月10日発売とのこと。これに伴い、グッズ付き完全版BOXが2セットに分けて発売されるとのことですが、値段が…BOX1は7月12日発売で、既刊1巻から5巻までの完全版を収め、6,480円とのこと。…ろくせん…よんひゃく…はちじゅうえん………。

 各BOXには、100ページを超える限定ファンブックが付くということですが、いやぁ、これはなかなか厳しいですね。

 10巻は間違いなくゲットさせていただくでしょうが、BOXの方は生暖かく様子見かな。すいませんが。

 単行本派の私なので、まだ全く読めていない新作「新九郎、奔(はし)る!」の方も楽しみにしてたりするんですがね。そちらの情報は流石にまだですかそうですか。

 散財の是非は人それぞれとして脇に置くとしても、楽しみなコンテンツのリリースがいくつも控えてるってだけで十分に幸せですね。うん。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
るろうに剣心 北海道編、無事再開するらしい
 6月に発売するジャンプSQ.7月号から連載再開、という情報が流れているようですね。とりあえずは、お帰りなさい、と言っておこうかしら。

 略式起訴で罰金20万円、という件は存じています。その過程がどうであったのかとか、和月先生の心中やら償い方やらは、私のような末端の一ファンがどうこうする話じゃないでしょう。その辺りは、ご本人と関係者の皆様にお任せいたします。

 和月先生が、無事に創作の世界に戻って来れたことを、ファンとしてはお喜び申し上げたい。

 和月先生が引き続き物語を紡いでいってくださることが、私個人としては何よりも嬉しいのです。

 本当に、よくお帰りくださいました。色々とお辛いことも多いと思いますが、単行本派の私は先生の作品がまた本になるのを、心待ちにしております。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
小説家と自動手記人形
 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻」に収録された一つ目の短編、「小説家と自動手記人形」を読みました。

 私は、「原作を全く読まずに、アニメを先に全部見た」口です。しかし、「原作の上下巻を全部読んでからアニメを見始め、その終盤で原作の外伝も入手した」という方も多いことと思います。中には、「原作の上下巻を全部読み、アニメは全く見ないで原作の外伝も入手・読破した。アニメはこれから見る(もしくは見る予定が無い)。」なんて方もおられるかもしれません。

 当ブログでのヴァイオレット・エヴァーガーデン原作に係るレビュー記事は、私自身の辿ってきた道、すなわち「アニメは視聴済み、原作はこれから」というスタンスで書いて参ります。当然そこには、アニメ版のネタバレがいくつも含まれることになりますので、読まれる方はその点をご承知の上でお読みください。

 ……まだ全部書くと決めたわけではないですよ?念のため。
[小説家と自動手記人形]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
「風都探偵」が期待を裏切らない面白さで怖い
 しばらく前に単行本が1巻・2巻同時に発売になり、ちょっとだけ遅れてKindle版も配信されました、仮面ライダーWの公式正当続編であるマンガ「風都探偵」。

 当然のごとく、予約してKindle版の配信も受けていたんですが、時期が時期だったために全く触れることができず、放置プレイ状態となっておりました。

 今日は、クリエイティブなことは一切できなそうだったんで、諦めてマンガか何かを楽しむことに決め、そうだよ風都探偵があるじゃないかと、一気に1巻を読破したわけです。

 いやー。幸せすぎるね、これは。

 同時に、怖いね、これは。

 何が怖いってね、いつかこの幸せが終わってしまうことが、今から怖くてしょうがないですよ。そのぐらい、読んでいて幸せです。もったいなくて2巻が読めません。いやマヂで。ホントに。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
道民?え?道民なの??
 上巻のあとがきを読んでたら、こんな言葉が。

(前略)
三年くらい、毎年北海道神宮とご先祖様に(後略)


 えっ?

 えっ、えっ??

 作者の暁佳奈さん、道民なの?えっ?

 慌てて京アニサイトのインタビュー記事を見に行く私…マヂだ、プロフィールのいっちゃん最初に「北海道在住。」ってバッチリ書いてある…。

 いやぁ、一切のネタバレを避けるくせが付いてるせいか、関連情報も含めてろくすっぽ見に行かないんですよ、私…でもさすがにこれは、「君は本当に世間知らずだな」って呆れられそう…。

 同じ道民だからどう、ということもないですが、地味に誇らしいですね、道産子としては。北海道に所縁のある方のご活躍は、それがどんな形であっても、何か勇気みたいなものをくれます。ましてや、自分が好きになった作品に関わっている方だと、尚更です。しかし、そっかぁ、道民かぁ…どこかでニアミスしてたりして。或いは、これが本名じゃないなら、実はリアルの知り合いにいたりして。んなわけねーか、ははは。

 あ、まだ上巻全部読んだわけではないです、念のため。なんぼ読むのが早くても、さすがにそこまでは。はい。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。