Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
エンドレスエイト VIII
 さて。今回は八行で参りましょう。時間もないし、最近結構キツいですから。

 エイトとは8月のことでしょうから、今回は夏休みの話、ということになります。夏休みかぁ…私自身の夏休みになると、もう大学生の当時、20年前まで遡ってしまいますからねぇ…なにぶんにも、色々と記憶があいまいで…。

 …………………………………………えーっと。

 ……………………………………あのー、その。

 ………………………………ほら、あれ、あの。



 ……あれっ?



 …私、ホントに夏休みって過ごしたんでしたっけ?
 
~~~



 楽しかった、夏休み。



 …そう、楽しかったんだよ、ね?



 その、「楽しかった」ことは、とても鮮明な「体験」として残っているんですが…。



 具体的に、何をしたか。



 何時頃にどこに行き、その時の天気はどうだったか。



 どんな会話をし、その時誰がどんな顔で笑ったか。



 このような、詳細な記憶になると、ほとんどの人が答えに詰まることでしょう。なるほど、夏休みの最終日に日記をまとめて書こうと思っても無理な道理です。僕らの記憶というものは、そこまで正確でも厳密でもない。



 だけど。



 覚えてる。あの、楽しかった、ということだけは。



 「誰も計らない時間」。(©池澤夏樹「ローラ・ビーチ」)でも、誰も見ていなくても、覚えていなくても、そこに風景はある、楽しかった時間はある、絶対に。



 誰の記憶に残らなくとも。僕らはあの「時」を過ごした、間違いなく。もう二度と訪れない、貴重な宝石のような時を。






 ループからの脱出、おめでとうございます。…って、誰に言うべきなんでしょうね?作中の彼ら?辛い制作ループを無事完遂されたスタッフの方々?「早く次に進め!」と叫んで止まなかった全国の視聴者?とりあえず私は…上記の全ての方々に加えて、無事にネタ切れを起こさずに終えることができた自分自身へも、その言葉を寄せておきましょう(苦笑)。

 つーわけで。もう終わりでいいよね?え?ダメ?何で?!もう午前4時過ぎだしすんごく暑いしさっきシャワー浴びてビールも飲んじゃったし(飲んじゃったのかよ!)

 …ははは…これから怒涛の勢いで書いても、6時ぐらいにはなりますねぇ…それからフツーに仕事、かぁ…。自業自得とは言え、憂鬱なことこの上ないですなぁ…。orz



【「エンドレス」と「憂鬱」】
 今回のハルヒシリーズ。何と題されてましたっけ。


 「涼宮ハルヒの憂鬱」(あらためて)。


 そう。「涼宮ハルヒの憂鬱」なんですよね。期待されていた「涼宮ハルヒの消失」ではなく、「涼宮ハルヒの憂鬱」なんです。時系列に並び替えなおされていて、「全体が『憂鬱』で括られているわけでもない」のに、シリーズ名が「憂鬱」なんですよ。

 大人の都合、だと思っていました。今シリーズ中での「消失」以降の放映はほぼ無くなり、最後が「サムデイ イン ザ レイン」で終わるのだろうと気付いても、シリーズ名に「憂鬱」が冠されているのは、特に大きな意味はないのだろう、と。


 …意味。大ありなんじゃないか?


 今シリーズの新作部分の過半を占める「エンドレスエイト」自身に、「憂鬱」本編と共通のものが潜んでいたとは、恥ずかしながら今日まで全く気付きませんでしたよ!作中で何度も言われているのにね、「(このループしている時間が)あの閉鎖空間と同じものなのか」って!でも、それをすぐに古泉に否定されているものだから、無関係なのだと思わされてましたよ!畜生、8周も見てきて、そのことに一切思い至らなかったとは!

 「エンドレスエイト」と「憂鬱」。その共通項とは…超常的な能力を持つ誰でもなく、ただの凡人であるキョンによって、閉鎖した世界からの脱出が実現する、という部分です。


~~~


 キョンの宿題がループ脱出のカギになるんだろう、という点は、割と早く予想できていました。2周目を見終わった直後か、3週目を見ている最中ぐらいに。あの、これ見よがしに余白として置かれた「8月31日」という時間、そこに残された「手つかずの宿題」というモチーフ。あの2つがループと無関係ならば、ループは「8月17日~8月30日」で閉じるはずです。だけど、実際には「8月31日まで」がループの対象になっている。ということは、その「8月31日」に、「唯一未処理だった『課題』である宿題をこなすこと」が入るのだろうなと。4周目か5周目には、8月30日の喫茶店でハルヒが他ならぬ「課題」という言葉を発していることにも気付き、ああ、これはやっぱし間違いないなと、そう感じたものです。って、それすら既に3週以上前か…(^_^;。

 でも、わからないことがありました。「ハルヒのやり残したことはそれなのか」という点です。ハルヒは、この夏休みに、何かやり残したと感じたことがあって、それでこの2週間をループさせているはず。だったら、その「やり残した感」が解消されなければ、ループは終わらないはずです。終わっていないキョンの宿題を、実は気にかけていたのか?そんなにもハルヒは優しいのか?いやいや、でもそれじゃあ決定打っぽくないしなぁ…。他に脱出のネタがあるのか…いや、でも、状況的にもう「宿題」しかなさそうだし…。そんなループを、何周も繰り返して…。

 今回の映像を見た瞬間、ストンと胸に落ちました。「宿題」はあってた。そして、それがやはり「ハルヒを満足させるに足りるもの」だったのだ、と。

俺の課題は、まだ終わってねええええ!!


 キョンのこのセリフでわかりました。彼が過ごしていたこれまでのループは、「ハルヒの課題」をこなす過程に過ぎなかったんですよね。そして、15532回目にしてようやくキョンが発したこの言葉、「自分の課題をこなしたい」という明確な意思。これに、ハルヒは満足してるんでしょう。595年も待って、ようやく発せられた、「オレはこれがしたい」というキョンの意志に。

 もちろん、このキョンの行動に対して、表面的なハルヒの表情は「不満たらたら」です。だけど、ハルヒにしてもキョンにしても、気をつけなきゃいけないんですよ、僕らは。「およそ普段の彼らが見せるオモテの表情は、彼らの本心を表してなんかいない」ってことに。そこで注意深く見直すと…キョンに呼び止められた時のハルヒのカットが、ただ立ち止まる足元を映しているのみで、「その瞬間の表情は誰にもわからないように描写されている」ってことが見えてくるじゃないですか。

 結局、ハルヒの内面では、「自分の望みどおりの日々を送る」ってことが至上命題なのではないんですな。自分では思いつきもしないこと、しかもそれを(多分彼女の愛する)キョンの意思で行われることが、多少なりとも入ってこないと、彼女の理想の世界は完成しないんです。


 自分が先導してこなす怒涛のイベント群だけでは、ハルヒは満足できなかった。


 キョン自らが先導して行うイベントがあって始めて、ハルヒは満足したのです。


 つーわけで。もう終わりでいいよね?え?ダメ?何で?!もう午前5時回ったし引き続きすんごく暑いしもうビールのせいでへべれけ気味だし(飲んじゃうからダロー!)


 …もう8周も繰り返したんだし。もう1周だけ、思考をループしてみましょう。ループからの脱出に必要だったものは、ハルヒがキョンに求めたものは、「好きなオトコノコの能動的な行動」ってことでFinal Answerなのか?



【「非日常」と「日常」】
 雨。


 珍しいですよね、雨。


 8周も繰り返してきて、恐らく唯一ではないですか?こんなにしとしとと降りしきる雨が、真っ向から描写されたのって。


 私のトンチン気味の記憶がまだ使用に耐えるものならば、このようなシーンは過去の7回には無かったと思います。雨に濡れて軒先で立ち止まるSOS団。雨にしっとりと濡れてたたずむ、ハルヒの横顔が悶えるほどに美しい…。


 サムデイ イン ザ レイン。「ある雨の日」。


 いわゆる「日々」というものは、「ハレ晴れユカイ」な時間だけではないんですよ。たまには雨も降る、そしてそんな時間さえも、貴重な日常なんです。非常識なほど繰り返した、既に立派な非日常と化しているこの2週間のループにあってすら、こんな「日常」が顔を出すわけですね。

 かつての「一期」、3年前の「憂鬱」シリーズを時系列順に並べ直した時…最後に来るのが「サムデイ イン ザ レイン」です。どこまでも日常そのものを描写した、特異な回。しかしその中で出てくるハルヒの表情は、かつて無かったほどに晴れやかで、憂鬱の欠片も感じさせなくて…。彼女が本来望んでいた、非日常的な何かの中にではなく、淡々とした日常の中に満足を見つけていることはとても印象的です。

 そして、同じく3年前のシャッフル順では…「憂鬱VI」が最終話に放映されました。この回自体は、息もつかせぬスペクタクルとキョンの思いの動揺とががっぷり4つに組んだ傑作でしたが…やはりここでも、「非日常な閉鎖空間」から「日常的な元の世界」への回帰を以て、ストーリーが収束します。つまり、シャッフル順にせよ時系列順にせよ、3年前の「憂鬱」シリーズは、「日常」で幕を閉めたと言えるのです。


 そんなことを思わせる「雨」のシーンが挿入された、最後のエンドレスエイト。この「エンドレスエイト」もまた、非日常なループから日常への帰還を果たしているんですよね。


~~~


 日常というものは、目立ちません。

 ただでさえ曖昧な人間の記憶において、真っ先に忘れられていくのが日常というものでしょう。そこには取り立てて挙げるべきものは特に無く、話のネタにもなりにくい、そういうものです。

 だけど、大事なんですよね、その日常は。日常なくして勝利なし、いやいや(何か変なの混ざった)、日常なくして人間の日々はあり得ないのです。


 朝、起きる。


 朝ご飯食べて学校行く。


 ふぁいとっ、だよ?(違)


 あ、ごめんなさい、ついつい…この最後のはともかく、あえて日記にも書かないような出来事の連なりが、「日々」というものです。だから、その「日々」は誰も記しません、多くの人の記憶にも残りません。だけど、それは確実にあって、人々の暮らしを間違いなく支えています、厳然とそこにあります。




 8月31日。


 ついに訪れたループからの脱出、そのキーであった「夏休み最後の日」は、直接は描写されませんでした。始業式後の部室の会話中で、辛うじてその様が少しだけ回想されるにすぎません。そりゃそうです、みんなでキョンの家に集まって、宿題を協力して片づけた、と。ハルヒはその間、ほとんど妹ちゃんと遊んでいた、と。そのぐらいのことなんですから、特筆すべきことなど何もないんです。

 でも。あえて「直接は描写しない」という造りには、その特性を強調しようという意図が見て取れます。「特筆すべきことは何もなかった」ということを、ことさらに僕らに伝えてくるんですよ。


 「特筆すべきことは何もなかった」ような一日。


 それが直接のカギになって、ループからの脱出が果たされる。


 これが、「日常」の持つ力というものです。それは、595年にようやく一回だけ発動するような地味なものではあるけれど、確実に何かを変える力を持っている。その「日常」をもたらす者が、凡人そのものであるキョンなのですよね。そして、キョンのもたらした「日常」に、ハルヒは満足した。ああ、なるほど、サムデイ イン ザ レインと同じじゃないか。ハルヒの望むものの中には、ちゃんと「日常」も入っているのです。そして、それが欠けているからこそ、このループからは脱出できなかったのではないですかね?


~~~


 「憂鬱VI」において、ハルヒには「自分がキョンと自分をこの変な世界に閉じ込めた」という自覚がありません。


 「エンドレスエイト」においても、ハルヒには「自分がキョンと自分を含む世界全体を特定の時間にループさせている」という自覚がありません。


 そしてともに、「ハルヒ自身ではその中から抜け出すことができない」という事態に陥っています。それを彼女が望んでいる、という側面もあるにはありますが…「彼女が真に望んでいるものは、本当にそれなのか」という疑問が残るんですよね、どちらも。


 その、ハルヒ自身の閉塞状態をぶち破るのは、いつもキョンなのです。日常そのもの、という、ハルヒ一人では絶対に得ることのできない武器を持って。


……………………

……………………くっ!

アタシも行くからね!!


 自分がそれを先導出来なかった悔しさに(表層では)身を震わせながら、それでも彼女はやっぱり「それ」を求めるのです。ずるいじゃない!私も混ぜなさい!そう言いながら、誰も覚えていない貴重な「日常」の一日へと…。




 舌足らず、不足気味な文章に思えて、申し訳ないのですが…この辺でエンドレスエイト最後の記事を締め括らせていただきます。8月30日の喫茶店での特異な演出、そこで鳴る「クラシック然とした曲」の正体(…自分には聞き覚えがないんだけど…既存のクラシックじゃないのかなぁ?それとも、それっぽいだけでオリジナルのBGM?)など、触れられなかった場所がいっぱいあって…。悔しいですなぁ。うむぅ。

 でも。8周に及ぶこのエンドレスエイトのシリーズに、最後まで背を向けずに来れたことはちょっと誇らしく思っていたりもします。その気持ちのまま、またあれらの回を見直してみたいですね。それこそ、最後のシーンでキョンが言っていた通り、誰も見てくれないようなことになってしまっては「彼らの夏がまるで無駄だったと言わんばかり」になってしまいますから…。

 楽しかった夏の日々を、正しく「記憶」とする道に進めた彼らに、乾杯。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 今日は映画の日 (2016/05/01)
 いつの間にか消失サントラ (2010/01/02)
 何故かのグレンラガン祭り (2016/01/07)
 今朝のゾロリからプリキュアまで (2005/05/22)
 リトバス 第1話「チーム名は…リトルバスターズだ」 (2012/10/07)
 Re:キューティーハニー 天の巻 (2007/10/17)
 はみ出し考察~中二病Last Episodeのもう一つの軸 (2012/12/23)

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
天の岩戸伝説と近いものを感じる
断った!キョンが断った!(ループを)

早朝レビューお疲れ様です。最近かなり調子悪そうなのにも拘らずこの長さとクオリティで仕上げてしまう辺り、お身体の心配をしつつもホント尊敬します。

さて、ループ脱出の鍵は「キョンが自分のやりたい事を示した」+「大切な日常への回帰」。これに加えて、俺は「キョンがハルヒをハブった」事も重要だったと思います。

8月30日の喫茶店で、宿題というキーワードに思い至ったキョンは、古泉と長門と‘ついで’に朝比奈さんも誘います。
でも、ハルヒを誘ってないんですよ。古泉と長門に「終わってるトコまで写させろ」と言ってるのに、宿題全部終わらせてるハルヒは無視。ありえないですよね?あの状況で宿題全部終わらせてる奴なんて、一週間昼飯奢ってでも召喚したいトコなのに(実体験 爆)。そもそも‘ループを脱出する為・ハルヒの心残りを解消する為’の行動の筈なのに、ハルヒを除外して話を進めるのが普通に考えたらおかしい。

以前コメントで、俺はハルヒとキョンの関係を「神と人」と評しました。この時点では、まだそれだけの差があると。
今回の事はだから、ささやかな「神への反抗」だったんだと思います。神に供物を捧げるだけだった人間が、突然神を無視して自分達だけで宴を始めた(神前で行う祭ではなく)。それに怒りながらも寂しがり屋な神は、宴に混ざろうと神の座から人間界へと降りてきたと。

神の座から人間界へ。非日常から日常へ。エンドレスループから通常の時間流へ。
つまりはそういう事で、エンドレスエイトとはハルヒを高みから引き摺り下ろす為のお話だったのだろうと。だから俺の考えとしては、ループが終わったのは別にハルヒが満足したからではなく、ただ単にループさせられなくなったからという可能性もあると思ってます。

(追記:更に妄想するなら、もしあの30日の土壇場ではなく17日の時点でキョンが提案していたとしたら、それが宿題であれ何であれ、その時点でハルヒの企画予定に組み込まれる=神の掌の上に乗ってしまうので、ループ脱出は出来なかったんじゃないかとも思ってます。)

ついでに言えば、キョンがハルヒを誘わなかったのは「ハルヒはツンデレだから、素直に誘うよりああした方が乗ってくる」という風にも言えるのですが、これはこれでキョン(人)がハルヒ(神)を自在に操縦しているので、やはり高みから引き摺り下ろしたと言えるでしょう(それまではただ振り回されるだけでしたからね)。

まぁ、今回のは引き摺り下ろしたと言うよりは誘い出したという感じで、まだまだハルヒの神性は健在。なので、それを更に貶める(マテ)であろう来週からの「溜息」がとても楽しみです。
2009/08/11(火) 10:20:36 | URL | 東西南北 #7SMSw2C6[ 編集]
お恥ずかしい・・・
わざわざ、TBを送ってもらったあの記事が実はモブログでしかも中身の半分以上がハルヒとはあんまり関係ないコミケの宣伝で終わっている自分の記事が恥ずかしいです!

というわけで今回はこのコメント蘭でその反省に基づきちょっと論じてみるとしましょう(殴)””
それにしてもこのハルヒのシリーズは本当に、反則ワザをバカスカ使っていていて観ていて飽きないです。同じ話を8回繰り返し、核場面の使いまわしは極力少ないと言う非常に面倒な手段を取っている辺り、物凄いですよ。一部視聴者に、その面白さが判らない、視聴者をなめるなぁ~~的な意見も多々ありますけど、終わってみれば、ハルヒが求めていた夏休みらしいイベントの最後の一つがみんなで集まって宿題をこなすと言う実にギャルゲーらしい事だったというオチ。しかもそれに気が付くまで1万5千回以上ループをしていたと言う…

あ、そういえばナユナユも祐一君と一緒にテスト勉強をするというイベントをこなしていましたよね。それに似た感覚と捉えれば…高校生らしい勉強の仕方なのかも。(自分はしたことないですけど)

今回はこんなところで私は失礼しますね。
ではでは~~~
2009/08/13(木) 02:55:17 | URL | きつねのるーと #LbYl9WXI[ 編集]
相変わらずてりぃさんのレビューは異常(いい意味で)。
本当に頭があがらねぇーなー。

今回は「涼宮ハルヒの憂鬱(あらためて)」じゃなくて
「エンドレスエイト」だな、と思っていましたが、
まさかココまで憂鬱とエンドレス~共通項があるとは…。

サムデイインザレインの時と同じで、視聴者に長門と同じ気分を
味あわせようとしているわけですが。それによって禁則事項の
禁則事項がより盛り上がるわけで。
何回も何回も繰り返される夏休みは禁則事項にとって、
とても禁則事項です。だから禁則事項の話に効果的に繋がります。
ちょっと禁則緩みました。

ラストはどうにかならなかったものかと。
今回のエンドレスエイトはセリフや演出が原作に近いものが
多かったように思います(アドリブ等ぬかして)。
それゆえ?ラストの締め方も原作に近い終わり方なのですが、
もうちょっと詳しくしてくれてもよかったかなぁと。
今まで7回も繰り返してきて、終わりがあっさりと
描かれてるんですよね。もうちょい古泉に詳しく
話させてもよかったのではないかと思います。
「高1の夏休みの宿題」は
「たった1度きりしかない高1の夏休みにしかできないこと」で、
まさにハルヒのしたかったことに当てはまります。
そしてハルヒも8月31日に夏休みの宿題を一気にやる
という話?を聞いたことがあるでしょう。
人によってはある意味毎年の恒例行事です。
実に夏休みらしい行為でしょう。しかしハルヒは
それを知っていても宿題をすでに終わらせているので、
夏休みにやらなきゃいけないもののリストに挙がらないんですよね。
あの「宿題をみんなでやる、31日にまとめてする」という行為は
おそらくハルヒにとって人生初めてのことだったでしょう。
だからこそハルヒは満足に至ったのですね。
そしてこの課題を思いつくのはいろんな意味でおそらくキョンのみ。
憂鬱の閉鎖空間でもキョンのみがあの閉鎖空間の破壊をできた。
キョン無しにハルヒの世界は完成しない。
まさにてりぃさんの言うとおりですよ。
やっぱり、てりぃさんは異常レビュアーナユキストですね。

1万5千回以上の繰り返しは無かったことになっています。
時間がリセットされているので。
しかし長門は全て覚えているので、本当に意味では
無かったことにはなっていません。
そしてそのうちのたった8回でも同じような体験をした視聴者は、
キョンたちよりも長門に近い感覚を共有できたのでしょうね
2009/08/14(金) 00:51:28 | URL | つちむ #-[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/2918-d576f3e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 こんばんは、だんちです。先週金曜日深夜、MXTVとTVKと連続で「涼宮ハルヒの
2009/08/11(火) 22:02:21 | 妄想界の住人は生きている。
エンドレスエイト
2009/08/12(水) 00:56:30 | アニ鳴館 運営日誌【アニメ雑感用】
終わった…。 長かった…。 やっと終わったよ。 8回目ということで期待してたので、いつもは観ないテレ玉でわざわざチェック。 twitterでそ...
2009/08/12(水) 14:41:55 | 蒼碧白闇
涼宮ハルヒの憂鬱 あらためて 第19話を観ましたので、感想などを。。。
2009/08/12(水) 16:52:54 | 丈・獅子丸の咆哮 (新館)
「俺の課題はまだ終わってねえ!」 キョン達が最後のイベントを終わらせ、終わらない夏休みが終わる話。 今回は時系列第19話で、新作第...
2009/08/12(水) 17:20:40 | 日記・・・かも
キョンたちにとっては15,532回目、視聴者にとっては8回目の「エンドレスエイト」
2009/08/12(水) 18:40:35 | ボヘミアンな京都住まい
普段は書いていない番組ですが、今回は書いちゃいますよ~! で、話は変わりますが、今年の夏コミでハルヒ絡みのペライ、コピー誌を造る事にしました。タイトルは『朝比奈みんくるの冒険 準備号』 予定配布価格100円 都バスとみくるさんのフィギュアの写真集(モノクロ)
2009/08/13(木) 02:42:01 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
  「ネ申 降臨」          一応公約?      っざぁ~けんな ば~か! ば~か!!    ・・・ ホントに8話分続...
2009/08/13(木) 05:52:25 | POINT of NO RETURN
涼宮ハルヒの憂鬱5.142857 (第2巻) 限定版 [DVD]クチコミを見る おめでとう!心からおめでとう!!・・・そして虚脱感・・・。俺達は勝ったのか?いや、この物語の先に何を見い出したの言うのだ。夏はまだ始まったばかりだと言うのに・・・。 <緊急企画!!「涼宮ハ
2009/08/13(木) 10:27:58 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
「失った時間は決して取り戻すことはできないのよ。だから今やるの。この、たった一度きりの高一の夏休みに!」 突き抜けるような「楽しさ...
2009/08/13(木) 19:28:13 | みすぼらしいぶろぐ
そして、そこに残されたものは……。 1時間40分の野球延長というクソッタレな出来事も重なり、ワタクシは疲労のみが残りました('・ω・`)ノ 8...
2009/08/14(金) 01:59:10 | 万聞は一見に足るやも
もう、止マレ!(その八) なんというか、ベタだったなと・・・ てーことで涼宮ハルヒの憂鬱新シリーズ第19話は、また×8「エンドレスエイト...
2009/08/14(金) 20:09:53 | 中濃甘口 Second Dining
「あいつ・・・無茶しやがって・・・」 京アニのことですね! ついに8回目。 エンドレスエイトなので、8回も同じ話です。 でも毎回新...
2009/08/15(土) 19:35:16 | 空色きゃんでぃ
もうこれで8回目。エンドレスエイトなんだか、今回で終わるはずだよな?今回で終わらなかったら、エンドレスナインになっちゃうし。そして、プールにいく。ハルヒはオレンジのビキニ。ミクルはピンクに赤のドットのフリフリワンピ。ナガトはミドリで真ん中に黄色の縦ライ...
2009/09/07(月) 21:35:24 | ぺろぺろキャンディー